当サイト「カードローン新聞」はカードローン利用暦19年の管理人が情報発信するWEB新聞だ。

当サイト、「カードローン新聞」は、
カードローン利用歴19年の管理人が運営するサイトだ。

管理人
管理人

私はカードローンを19年近く利用しているが、今まで利用してきた経験から言えること…それは借りる前に、”知っておいたほうが賢く借入できる情報がたくさんある”ということだった。

当サイトでは筆者自身の実体験、
さらにカードローン会社に聞き込みを行うことで、
正確な情報を伝えることに重きを置いている

カードローンでお金を借りる人は勿論、
お金に関する時事ネタ、お金の工面に役立つ裏情報、
ニュースも随時更新しているので是非、参考いただければ幸いだ。

スポンサーリンク
  1. 「カードローン」ニュース
    1. 楽天銀行スーパーローンが金利30%OFFにて融資を実施中
    2. りそなフリーローンが「りそなプレミアムフリーローン」に名称変更
    3. 2021年度以降、銀行は貸金業と信用情報を共有へ
    4. 「関西みらい銀行」がカードローン、フリーローンをスタート
    5. 2019年4月1日より近畿大阪銀行、関西アーバン銀行が合併し「関西みらい銀行」に
    6. LINEが信用スコア事業に参入、個人向けローン開始へ
    7. レイクがレイクALSAとして新サービス開始
    8. いよいよ銀行カードローンの即日融資が停止に
  2. カードローンは時代と共に進化、どこで借りるべきか?よく考えるべし
  3. 銀行カードローンの審査は厳しい?借り入れしやすいところとは
  4. カードローンを有効利用した手数料の節約方法とは
  5. カードローンは審査なしでは借りられない!審査落ちしないためには?
  6. どうしても今日借りたい!即日融資が可能なカードローンを探すには
    1. 即日融資は当たり前、さらに嬉しい無利息で借りられるサービスも要チェック
  7. 時代はアプリから借りる!アプリローンなどスマホから借入・返済が便利
  8. カードローンは借り換え可能?どこなら利用できる?
  9. 利用するシーンに合ったローンを選ぶことも覚えておきたい
    1. カードローンも利用方法次第では銀行に迫る条件で利用できる
  10. あなたに合ったおすすめのカードローンを探すには?
    1. 楽天銀行スーパーローンは当サイトでも借りられた人が多い銀行カードローン
    2. プロミスはとにかくすぐに借入したいという人に人気!
    3. 60日間無利息で借りられるのはレイクALSAだけ!最短最速融資も可能!

「カードローン」ニュース

2019/10/9

楽天銀行スーパーローンが金利30%OFFにて融資を実施中

2019年12月5日まで楽天銀行スーパーローンが期間限定金利3%OFFで融資を実施中だ。上限金利が10.15%で借りられるのは他カードローンと比較しても低め、元々人気のカードローンだが、さらに利用する人が増えそうだ。

2019/7/8

りそなフリーローンが「りそなプレミアムフリーローン」に名称変更

りそな銀行フリーローンが「りそなプレミアムフリーローン」に名称変更した。スペック等は変わらず、名称変更のみとのことだ。

2019/5/21

2021年度以降、銀行は貸金業と信用情報を共有へ

2021年度に銀行、貸金業と信用情報を共有、金融事故、ローン、残高、返済状況などの情報を把握し、より厳正な審査を行う流れだ。日本経済新聞の記事によると、

全国銀行協会が運営する信用情報機関の全国銀行個人信用情報センターが貸金業界系の日本信用情報機構(JICC)やシー・アイ・シー(CIC)と個人の信用情報を共有する。システム改修を経て、早ければ21年度にも実現する

引用元:https://www.nikkei.com/article/DGXMZO44785010U9A510C1EE9000/とのこと。

今後はより他社からの借り入れに対してもシビアな対応を取られていくことになりそうだ。

2019/4/1

「関西みらい銀行」がカードローン、フリーローンをスタート

「関西みらい銀行」が新たにカードローン(関西みらいカードローン)、フリーローン(関西みらいフリーローン)などのローン商品をスタートさせた。借入条件を見る限り、近畿大阪銀行で取り扱われていたローン商品のスペックを引き継ぐ形で案内されている。また関西アーバン銀行のカードローン「アーバンカードローン」もシステムが統合されるまで取り扱いはあるようだ。

2019/3/30

2019年4月1日より近畿大阪銀行、関西アーバン銀行が合併し「関西みらい銀行」に

2019年4月1日より近畿大阪銀行、関西アーバン銀行、みなと銀行が合併、「関西みらい銀行」としてスタートする。各銀行で取り扱われていたローンだが、今まで利用した場合、特に手続きの必要はないとのこと(参照元:関西みらい銀行 合併に伴うお知らせ Q&A Q18)。新商品他、情報はわかり次第、当サイトでもお伝えしていくつもりだ。

2018/11/27

LINEが信用スコア事業に参入、個人向けローン開始へ

普段利用している人も多いだろう。あのLINEが信用スコア(LINE Score)を用いた個人向けローン(LINE Pocket Money)を展開していくとのこと(引用元:ITmedia News)だ。信用スコアを用いた個人向けローンは「J.Score」「レイクALSA」がすでにサービスとして提供している。審査時間も早いだけでなく、利用する人の個人情報(ライフスタイルなども含め)を把握できるも狙いだろう。

2018/4/1

レイクがレイクALSAとして新サービス開始

レイクALSAのサービスが開始した。銀行カードローンから消費者金融に戻る形になったレイクだが、新たなブランドコンセプトから新規顧客獲得に乗り出している。若年層をターゲットにしているため、今後はアプリサービスなどにも力をいれていくとのこと。スペックは以前のレイクと変わりないが、AIスコアリングの導入は明言されていないものの審査時間を短縮、結果、融資時間短縮に力を入れている。

2018/1/4

いよいよ銀行カードローンの即日融資が停止に

三井住友銀行をはじめ、銀行カードローン公式サイトから即日審査の記載が変更され、審査結果については「最短で翌営業日」と記載されているのを確認した引用元:三井住友銀行 カードローンのお申込方法。実際に三井住友銀行にも確認したが、最短で2日、長ければ一週間ほどかかると言われた。だが一週間ほどかかると考えておいてくださいと念を押されたことが印象的だった。

カードローンは時代と共に進化、どこで借りるべきか?よく考えるべし

カードローン、いわゆる個人向け融資商品だが、
年々、より好条件で借り入れできるよう進化している。

また近年では数年前までは、
メガバンクのカードローンでしか見られなかった、
低金利での融資もネットバンク、地方銀行でも取り扱うようになった。

その反面、銀行の過剰な融資により、
自己破産する人も増加しているという暗い話題も目にする。

審査は厳しくなっている背景はあるが、借りる側からすると、
以前より、確実に好条件で融資してもらえる状況になっているのは確かだ。

また消費者金融に関しても、様々なサービスを展開、
借りる側にとってメリットの多い条件で利用できるところも多い。

例えば、消費者金融でも「ジェイスコア」のように、
銀行カードローン以上の低金利で融資するところも登場してきた。

要するに借りる側に情報、知識があれば、
ご自身にとって好条件で借りることができるわけだ。

「とりあえず借りよう」ではなく、
しっかりと借入先を見極め、自身にとってメリットがある、
カードローンを選ぶことが大切な世の中になっているといえるだろう。

銀行カードローンの審査は厳しい?借り入れしやすいところとは

銀行カードローンの審査が厳しくなり、
以前よりも借りにくいのが昨今の銀行カードローン事情である。

借入する金額によっては各銀行も、
収入証明書の提出を促すケースも増えてきたのが現状であり、
融資時の審査も厳しくなってきているのは確かだ。

ただ、全く借りることができなくなったわけではない。

事実、当サイトにおいても、
「楽天銀行スーパーローン」は借入できたという声もあり、
借り入れできるか?は申し込みする人次第というのもまた事実だ。

今後、銀行の融資に対し総量規制など、
大きな規制がかからない限り、致命的に借入できない状態にはならないと考えている。

カードローンを有効利用した手数料の節約方法とは

利用する人もお金がないから借りる、
という人ではなく、カードローンの持つ商品特性を活かし、
賢く利用している人も増えているのだ。

例えば、無利息で貸してくれるところを利用し、
給料日までの数日を利息なしで借りるといった使い方、
金利の低いところを利用し、銀行手数料以下で借りる人もいる。

銀行手数料を例にみると、
例えば、昨今、銀行からお金を引き出す時、
220円の手数料を払うとする。

しかしこれを借り入れ時の、
手数料無料のカードローンで借りることで、
220円以下の利息で利用する方法(※)もあるのだ。

※1万円を金利18%で借りたとしても1週間の利息は148円。

さらに無利息で借りられるカードローンを利用すれば、
手数料も利息もかからないと使い方次第でちょっとした節約が可能だ。

カードローンは審査なしでは借りられない!審査落ちしないためには?

銀行、消費者金融のカードローン共に、
借り入れする時には必ず審査が行われる。

借り入れ先によって手順はやや異なるが、
仮審査と本審査に分かれていることが多い。

この仮審査、本審査で審査される項目としては、

  • 今までの借り入れで問題がなかったか?返済をきちんとしてきた人か
  • 過去に自己破産や踏み倒しなどをしたリスクのある人ではないか
  • 申し込みしてきた人物が実在し、他人が申し込みしていないか
  • 無理な借り入れ(多重債務)をしていないか

などなど、信用情報機関や勤め先への在籍確認、
提出する本人書類から行われる。

当然のことだが、過去の借り入れで問題を起こした人物であれば、
新規での借り入れは難しく、審査に落とされる可能性も高くなる。

カードローンは申し込み条件を満たしていれば、
誰でも申し込みできるが、借り入れできるかは審査次第となる。

上記に挙げたようなことを過去5年以内に起こしている人は、
申し込みしても借り入れは難しいと考えてほしい。

どうしても今日借りたい!即日融資が可能なカードローンを探すには

急ぎでお金を借りたい場合、
即日で融資してもらえるカードローンを選ぶべきだ。

現在、即日で融資可能なカードローンと言えば、
大手消費者金融のカードローンが筆頭に挙げられる。中でも、

  • プロミス
  • レイクALSA

この2社は最短で即日融資(申し込みから60分以内に融資)が可能なだけでなく、
利用者にとって嬉しいサービスを多く取り扱っている。

即日融資は当たり前、さらに嬉しい無利息で借りられるサービスも要チェック

サービスの中で注目したいのが、無利息で借りられるサービスだ。

  • プロミス↓
    初めての利用で借り入れした翌日から30日間無利息
  • レイクALSA↓
    初めての利用で契約日翌日から利用限度額200万円まで、
    60日間無利息(WEB申込限定)、もしくは5万円まで180日間無利息

短期間で返済する人にとっては、
無利息で借りられるため、利用してほしいサービスだ。

特にレイクALSAの長期間無利息サービスは使い方次第で、
カードローントップクラスの低金利で利息を減らすことも可能だ。

時代はアプリから借りる!アプリローンなどスマホから借入・返済が便利

スマートフォン利用者が多い中、
各社カードローンもスマホアプリを利用した申し込み、
さらには借入・返済ができるサービスを展開している。

アプリを利用した場合、カードローンと言いつつも、
カードを持たない、カードレスで借入・返済ができるのだ。

このアプリを利用したサービスは筆頭に大手消費者金融であれば利用できる。

特にアプリを利用したサービスの先駆けとなる、
プロミスの「アプリローン」は、サービス内容、使い勝手共にトップクラスだ。

プロミス アプリローンバナー
アプリを利用したサービスの先駆け的存在のプロミス「アプリローン」

これからの時代、カードを持たず、スマホ一台で完結してしまうスタイルが主流になると考えている。

カードローンは借り換え可能?どこなら利用できる?

借り換えすることで、完済時までに支払う利息の圧縮、
もしくは毎月の返済額を軽減できるメリットがあるのだが、
そのためには金利は現在借りている先よりも低金利であるところを選ばなければならない。

しかし、カードローンで借り換えに利用できるところは限られる。

以前は銀行カードローンをはじめ、
様々なところで案内されていたが、現在、
借り換えに利用できるカードローンはほぼない。

借り換え時の金利条件を考えた時に利用価値があるのは、
借り換えでの利用を公式サイトで案内しているネットバンク、
「楽天銀行スーパーローン」ぐらいだろう。

借り換えするメリットを最大限に活かすことを考えるなら、
楽天銀行スーパーローンは是非候補に入れてみてほしい。

利用するシーンに合ったローンを選ぶことも覚えておきたい

当サイトはカードローンを中心に紹介しているが、
利用するシーンによってはカードローン以外がベストチョイスとなることもある。

銀行のフリーローンや目的別ローン、
ショッピングローン、医療ローンなどなど、
借りる用途にあった様々なローンが世の中には存在するからだ。

特に銀行のローンに関して言えば、
他のローンと比較しても低金利であることが多い。

その分、借り入れ時の審査は厳しくなってしまうが、
利用できれば、かなりの好条件で借り入れできることは魅力だ。

カードローンも利用方法次第では銀行に迫る条件で利用できる

カードローンも利用方法次第では、
審査難易度を下げつつ、銀行のローンに迫る条件で利用できる場合もある。

ローンの利用目的と利用方法を知ることで、
ご自身にとってベストな選択ができるというわけだ。

あなたに合ったおすすめのカードローンを探すには?

どのカードローンがおすすめか?
は借りる人によっても異なるものだ。

とにかく急いで借りたい人、金利が低いほうが良い人、
できるだけ高確率で融資をしてもらいたい人…要望は様々だ。

ユーザニーズの数だけ、
個人個人にあったカードローンがあるのが現実だ。

そこで当サイトで申し込みしたユーザーが多い、
満足度が高いカードローンをピックアップしてみよう。

楽天銀行スーパーローンは当サイトでも借りられた人が多い銀行カードローン

楽天銀行スーパーローンバナー画像

融資に積極的で申込特典も豊富な銀行カードローンだ。金利などのスペックを見ても良く、申し込みをして楽天銀行スーパーローン会員にさえなれば、もれなく楽天スーパーポイントがもらえるのも魅力の一つだ。当サイトからの申込した人達を見ても、他銀行カードローンと比較して、申込から融資まで完了している実績の多いのでおすすめしたいカードローンだ。

借入限度額実質年率土日融資WEB契約完結
最大800万円1.9%~14.5%×
パート・アルバイト電話以外の在籍確認総量規制保証人
×不要

プロミスはとにかくすぐに借入したいという人に人気!

プロミスのバナー画像

とにかくすぐにお金が必要という人には向いている。申込から融資実行まで最短1時間で完了するのは驚きとしか言いようがない。筆者も申込したが確かに融資できる状態までの手続きはピカイチに早かったのが印象的なカードローンだった。またインターネットで全て手続きが完了するWEB完結やカード発行なし、WEB上で振込融資や返済もできるので非常に利便性が高いカードローンだ。さらに30日無利息で借入できるサービス(メールアドレスとWEB明細の利用登録は必要)など豊富なサービスも魅力だ。

借入限度額実質年率最短融資時間土日融資WEB契約完結
1~500万円4.5%~17.8%最短1時間
パート・アルバイト専業主婦電話以外の在籍確認総量規制保証人
×
(申込完了後すぐ相談)
対象不要

60日間無利息で借りられるのはレイクALSAだけ!最短最速融資も可能!

レイクアルサのバナー画像

WEB申込限定!60日間無利息で借りられるカードローン!

レイクALSAはとにかく審査回答の時間も早く、最短最速での即日融資が可能だ。最速で借りるならインターネット契約から振込融資を利用することで、申し込みから最短1時間で借りることができるのだ。また最大の特徴として、借入額5万円まで180日間(契約額1万円~200万円まで)or借入額200万円まで60日間は無利息で借りられる(WEB申込限定、Web申込でも契約額200万円を超えた場合30日間無利息)ことだ。例えば、20万円までの借り入れであれば「180日間無利息」を、20万円以上の借り入れであれば「60日間無利息」を活用することで、カードローントップクラスの好条件(低金利)で借りられるのが大きな魅力だ。またスマホアプリからかんたん申し込み可能、近くのセブン銀行ATMからアプリを使って出金可能、使い勝手もバツグンだ。

借入限度額実質年率最短融資時間土日融資WEB契約完結
1~500万円4.5%~18.0%最短1時間(※)
パート・アルバイト専業主婦電話以外の在籍確認総量規制保証人

(一定の収入がある人)
××対象不要

※ 21時(日曜日は18時)までの契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能 (一部金融機関および、メンテナンス時間等を除く)

  • 初めてなら初回契約翌日から無利息
  • 無利息期間経過後は通常金利適用
  • 30日間無利息、60日間無利息、180日間無利息は併用不可
  • 利用対象:年齢が満20歳以上70歳以下の国内に居住する方,自分のメールアドレスをお持ちの方
  • 遅延損害金(年率):20.0%
  • 返済方式:残高スライドリボルビング/元利定額リボルビング
  • 返済期間・回数:最長8年、最大96回


タイトルとURLをコピーしました