カードローンを中心にローン全般の情報発信するWEB新聞です

管理人
管理人

「カードローン新聞」は、カードローン利用歴19年の管理人が運営するサイトです。

私は現在もカードローンを利用していますが、今まで利用してきた経験から言えること…それは借りる前に、”知っておいたほうが賢く借入できる情報がたくさんある”ということでした。

当サイトでは筆者自身の実体験、
さらにカードローン各社に聞き込み調査を行うなど、
正確な情報を伝えることに重きを置いています

カードローンでお金を借りる人は勿論、
お金に関する時事ネタ、お金の工面に役立つ裏情報、
ニュースも随時更新しています。是非、参考いただければ幸いです。

スポンサーリンク

申し込み者数が多く、満足度の高いカードローンとは

どのカードローンがおすすめか?
は借りる人によっても異なるものです。

とにかく急いで借りたい人、金利が低いほうが良い人、
できるだけ高確率で融資をしてもらいたい人…要望は様々です。

ユーザーニーズの数だけ、
個人個人にあったカードローンがあるのが現実です。

そこで当サイトで申し込みしたユーザーが多い、
満足度が高いカードローンをピックアップしてみましょう。

楽天銀行スーパーローンは当サイトでも借りられた人が多い銀行カードローン

楽天銀行スーパーローンバナー画像

融資に積極的で申込特典も豊富な銀行カードローンです。金利などのスペックを見ても良く、申し込みをして楽天銀行スーパーローン会員にさえなれば、もれなく楽天ポイントがもらえるのも魅力の一つです。当サイトからの申込した人達を見ても、他銀行カードローンと比較して、申込から融資まで完了している実績の多いのでおすすめしたいカードローンです。

借入限度額実質年率土日融資WEB契約完結
最大800万円1.9%~14.5%×
パート・アルバイト電話以外の在籍確認総量規制保証人
×不要

プロミスはとにかくすぐに借入したいという人に人気!

プロミスのバナー画像

とにかくすぐにお金が必要という人には向いています。申込から融資実行まで最短1時間で完了するのは驚きとしか言いようがない。筆者も申込しましたが確かに融資できる状態までの手続きはピカイチに早かったのが印象的なカードローンでした。またインターネットで全て手続きが完了するWEB完結やカード発行なし、WEB上で振込融資や返済もできるので非常に利便性が高いカードローンです。さらに30日無利息で借入できるサービス(メールアドレスとWEB明細の利用登録は必要)など豊富なサービスも魅力です。

借入限度額実質年率最短融資時間土日融資WEB契約完結
1~500万円4.5%~17.8%最短1時間
パート・アルバイト専業主婦電話以外の在籍確認総量規制保証人
×
(申込完了後すぐ相談)
対象不要

60日間無利息で借りられるのはレイクALSAだけ!最短最速融資も可能!

レイクアルサのバナー画像

WEB申込限定!60日間無利息で借りられるカードローン!

レイクALSAはとにかく審査回答の時間も早く、最短最速での即日融資が可能です。最速で借りるならインターネット契約から振込融資を利用することで、Webで申し込みすれば最短60分融資も可能です。また最大の特徴として、借入額5万円まで180日間(契約額1万円~200万円まで)or借入額全額を60日間は無利息で借りられる(WEB申込限定、Web申込でも契約額200万円を超えた場合30日間無利息)ことです。例えば、20万円までの借り入れであれば「180日間無利息」を、20万円以上の借り入れであれば「60日間無利息」を活用することで、カードローントップクラスの好条件(低金利)で借りられるのが大きな魅力です。またスマホアプリからかんたん申し込み可能、近くのセブン銀行ATMからアプリを使って出金可能、使い勝手もバツグンです。

借入限度額実質年率最短融資時間土日融資WEB契約完結
1~500万円4.5%~18.0%Webで最短60分融資も可能(※)
パート・アルバイト専業主婦電話以外の在籍確認総量規制保証人

(一定の収入がある人)
××対象不要

※21時(日曜日は18時)までの契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能 (一部金融機関および、メンテナンス時間等を除く)

  • 初めてなら初回契約翌日から無利息
  • 無利息期間経過後は通常金利適用
  • 30日間無利息、60日間無利息、180日間(※)無利息は併用不可

※契約額が200万超(200万円は含まず)の方は30日無利息のみとなります

  • 必要書類:運転免許証等
  • 収入証明(契約額に応じて、レイクALSAが必要とする場合)
  • 利用対象:年齢が満20歳以上70歳以下の国内に居住する方,自分のメールアドレスをお持ちの方
  • 日本の永住権を取得されている方
  • 遅延損害金(年率):20.0%
  • 返済方式:残高スライドリボルビング/元利定額リボルビング
  • 返済期間・回数:最長8年、最大96回

※商号:新生フィナンシャル株式会社
※貸金業登録番号:関東財務局長(9) 第01024号 日本貸金業協会会員第000003号

カードローンはどこで借りるべきか?よく考えよう

カードローン、いわゆる個人向け融資商品ですが、
年々、より好条件で借り入れできるよう進化しています。

また近年では数年前までは、
メガバンクのカードローンでしか見られなかった、
低金利での融資もネットバンク、地方銀行でも取り扱うようになりました。

その反面、銀行の過剰な融資により、
自己破産する人も増加している暗い話題も目にします。

審査は厳しくなっている背景はあるが、借りる側からすると、
以前より、確実に好条件で融資してもらえる状況になっているのは確かです。

また消費者金融に関しても、様々なサービスを展開、
借りる側にとってメリットの多い条件で利用できるところもあります。

例えば、消費者金融でも「ジェイスコア」のように、
銀行カードローン以上の低金利で融資するところも登場してきた。

要するに借りる側に情報、知識があれば、
ご自身にとって好条件で借りることができるわけです。

「とりあえず借りよう」ではなく、
しっかりと借入先を見極め、自身にとってメリットがある、
カードローンを選ぶことが大切な世の中になっているといえるでしょう。

利用目的に合ったローンを選ぶことが大事

当サイトはカードローンを中心に紹介していますが、
利用するシーンによってはカードローン以外がベストチョイスとなることもあります。

銀行のフリーローンや目的別ローン、
ショッピングローン、医療ローンなどなど、
借りる用途にあった様々なローンが世の中には存在するからです。

筆者もカードローンと共によく利用してきたのが、ショッピングローン(クレジット)です。楽器を購入した体験もあります。

特に銀行のローンに関して言えば、
他のローンと比較しても低金利で借りられます。

その分、借り入れ時の審査は厳しくなってしまいますが、
利用できれば、かなりの好条件で借り入れできることは魅力です。

今日借りたい!即日融資が可能なカードローンを探すには

急ぎでお金を借りたい場合、
即日で融資してもらえるカードローンを選ぶべきです。

現在、即日で融資可能なカードローンと言えば、
大手消費者金融のカードローンが筆頭に挙げられる。中でも、

  • プロミス
  • レイクALSA

この2社は最短で即日融資(申し込みから60分以内に融資)が可能なだけでなく、
利用者にとって嬉しいサービスを多く取り扱っています。

即日融資は当たり前、さらに嬉しい無利息で借りられるサービスも要チェック

サービスの中で注目したいのが、無利息で借りられるサービスです。

  • プロミス↓
    初めての利用で借り入れした翌日から30日間無利息
  • レイクALSA↓
    初めての利用で契約日翌日から契約額200万円まで、
    60日間無利息(WEB申込限定)、もしくは5万円まで180日間無利息

短期間で返済する人にとっては、
無利息で借りられるため、利用してほしいサービスです。

カードローンを有効利用した手数料の節約方法とは

利用する人もお金がないから借りる、
という人ではなく、カードローンの持つ商品特性を活かし、
賢く利用している人も増えています

例えば、無利息で貸してくれるところを利用し、
給料日までの数日を利息なしで借りるといった使い方、
金利の低いところを利用し、銀行手数料以下で借りる人もいます。

銀行手数料を例にみると、
例えば、昨今、銀行からお金を引き出す時、
220円の手数料を払うとします。

しかしこれを借り入れ時の、
手数料無料のカードローンで借りることで、
220円以下の利息で利用する方法(※)もあるのです。

※1万円を金利18%で借りたとしても1週間の利息は148円。

さらに無利息で借りられるカードローンを利用すれば、
手数料も利息もかからないと使い方次第でちょっとした節約が可能です。

消費者金融でも銀行カードローンの金利条件で利用できる裏技

カードローンも利用方法次第では、
審査難易度を下げつつ、銀行のローンに迫る、
もしくは好条件で利用できる場合もあり。

例えば、レイクALSAの長期間無利息を利用すれば、
使い方次第でカードローントップクラスの低金利で借りることも可能です。

ローンの利用目的と利用方法を知ることで、
ご自身にとってベストな選択ができるというわけです。

カードローンで無職の人がお金を借りるには?

カードローンに限らず、
無職の人の場合はお金を借りることは不可能です。

例えば、カードローンの場合、
安定した収入が申し込み条件となるため、
無職の人では安定した収入があると判断されません。

また、無職であることを偽って借りたとしても、
勤め先への在籍確認が取れなければ借り入れはできません。

…というのが一般的に知られるところですが、
無職でもお金を工面する方法もあります。

当サイトでも特集していますが、
もしもの時のため、知っておいて損はしないはずです。

銀行カードローンの審査は厳しい?借り入れしやすいところとは

銀行カードローンの審査が厳しくなり、
以前よりも借りにくいのが昨今の銀行カードローン事情です。

借入する金額によっては各銀行も、
収入証明書の提出を促すケースも増えてきたのが現状であり、
融資時の審査も厳しくなってきているのは確かです。

ただ、全く借りることができなくなったわけではありません。

事実、当サイトにおいても、
「楽天銀行スーパーローン」は借入できたという声もあり、
借り入れできるか?は申し込みする人次第というのもまた事実です。

カードローンで審査落ちしないためには?

銀行、消費者金融のカードローン共に、
借り入れする時には必ず審査が行われます。

借り入れ先によって手順はやや異なりますが、
仮審査と本審査に分かれています。

この仮審査、本審査で審査される項目としては、

  • 今までの借り入れで問題がなかったか?返済をきちんとしてきた人か
  • 過去に自己破産や踏み倒しなどをしたリスクのある人ではないか
  • 申し込みしてきた人物が実在し、他人が申し込みしていないか
  • 無理な借り入れ(多重債務)をしていないか

などなど、信用情報機関や勤め先への在籍確認、
提出する本人書類から行われます。

当然のことですが、過去の借り入れで問題を起こした人物であれば、
新規での借り入れは難しく、審査に落とされる可能性も高くなります。

カードローンは申し込み条件を満たしていれば、
誰でも申し込みできるが、借り入れできるかは審査次第です。

上記に挙げたようなことを過去5年以内に起こしている人は、
申し込みしても借り入れは難しいと考えたほうがよいでしょう。

時代はアプリで借りる!スマホから借入・返済が便利

スマートフォン利用者が多い中、
各社カードローンもスマホアプリを利用した申し込み、
さらには借入・返済ができるサービスを展開しています。

アプリを利用した場合、カードローンと言いつつも、
カードを持たない、カードレスで借入・返済ができるのです。

このアプリを利用したサービスは、
大手消費者金融を筆頭に利用できるところが増えています。

特にアプリを利用したサービスの先駆けとなる、
プロミスの「アプリローン」は、サービス内容、使い勝手共にトップクラスです。

プロミス アプリローンバナー
アプリを利用したサービスの先駆け的存在のプロミス「アプリローン」

これからの時代、カードを持たず、
スマホ一台で完結させるスタイルが主流になると考えています。

カードローンは借り換え可能?どこなら利用できる?

借り換えすることで、完済時までに支払う利息の圧縮、
もしくは毎月の返済額を軽減できるメリットがあります。

そのためには金利は現在の借り入れ先よりも、
低金利であるカードローンを選ばなければなりません。

しかし、カードローンで借り換えに利用できるところは限られます。

以前は銀行カードローンをはじめ、
様々なところで案内されていたが、現在、
借り換えに利用できるカードローンはほぼありません。

借り換え時の金利条件を考えた時に利用価値があるのは、
借り換えでの利用を公式サイトで案内しているネットバンク、
「楽天銀行スーパーローン」ぐらいでしょう。

借り換えするメリットを最大限に活かすことを考えるなら、
楽天銀行スーパーローンは是非、候補に入れてみてください。

カードローン新聞 ニュース一覧

2020/4/16

新型コロナウイルス感染症の影響によりバンクイックの審査に時間がかかる旨を公式サイトに掲載

三菱UFJ銀行のバンクイックですが、審査担当の職員が交代勤務等のため、審査に時間がかかると公式サイトに掲載されています。銀行カードローン自体、審査時間が最短でも2日以上かかっていたが、より融資までに時間がかかる現状です。また現時点において、コロナウイルスによる審査時間の遅れる旨は三井住友銀行カードローン、みずほ銀行カードローンでは告知していない。

2020/4/15

新型コロナウイルス感染症の影響から緊急小口資金等の特例貸付を実施

猛威を振るっている新型コロナウィルスの影響から生活福祉資金貸付制度の緊急小口資金等の特例貸付が実施されています。詳しくは厚生労働省の生活福祉資金貸付制度をご覧いただきたいが、貸付上限額が20万円(従来は10万円限度)へ、等据置期間や償還期限の拡大や無利子での貸付などに変更されています。また総合支援資金もコロナによる特別措置が実施されています。メディアではあまり報道されない情報ですが、お金を工面したいは是非チェックしてみてほしい。

2020/4/8

プロミスが新型コロナウイルス感染症拡大防止措置として自動契約機の営業時間を短縮

プロミスは新型コロナウイルス感染症拡大防止措置として全国の自動契約機営業時間を9:00~18:00へと短縮しています。

政府による緊急事態宣言発令を受けた新型コロナウイルス感染症拡大防止措置として、2020年4月8日以降当面の間、全国の自動契約機の営業時間を9:00~18:00に短縮させていただきます。

感染拡大防止のためにこのような対応を取る姿勢は借りる側からしても信頼度が上がる処置だと感じています。

2020/4/1

アコム、アイフルが自動契約機の営業時間変更へ

アコム、アイフルの営業時間が2020年4月1日より営業時間が短縮された。営業時間は9:00~21:00、以前のように早朝からの契約ができなくなったのは残念です。

2019/11/28

新生銀行カードローンレイクが「新生銀行カードローン エル」へ名称変更

新生銀行カードローンレイクは2018年4月より新規申し込みの受付を停止していたが、2019年11月28日で新生銀行カードローン エルへ名称を変更した。この新生銀行カードローン エルだが新規契約は受け付けておらず、過去にレイクで契約した人を対象に追加融資を行っていくとのこと。新規契約等はレイクALSAで引き続き受け入れていくとのことです。エルとなってもサービス内容等は変わらないとのことなので、単に名称が変更されただけというわけです。ただし、公式アプリ「Lアプリ」などサービスの提供もあり、既契約者の利便性も図っているなど、レイクALSA同様、利用者の利用満足度は高まると考えています。

2019/10/9

楽天銀行スーパーローンが金利30%OFFにて融資を実施中

2019年12月5日まで楽天銀行スーパーローンが期間限定金利3%OFFで融資を実施中です。上限金利が10.15%で借りられるのは他カードローンと比較しても低め、元々人気のカードローンですが、さらに利用する人が増えそうです。

2019/7/8

りそなフリーローンが「りそなプレミアムフリーローン」に名称変更

りそな銀行フリーローンが「りそなプレミアムフリーローン」に名称変更した。スペック等は変わらず、名称変更のみとのことです。

2019/5/21

2021年度以降、銀行は貸金業と信用情報を共有へ

2021年度に銀行、貸金業と信用情報を共有、金融事故、ローン、残高、返済状況などの情報を把握し、より厳正な審査を行う流れです。日本経済新聞の記事によると、

全国銀行協会が運営する信用情報機関の全国銀行個人信用情報センターが貸金業界系の日本信用情報機構(JICC)やシー・アイ・シー(CIC)と個人の信用情報を共有します。システム改修を経て、早ければ21年度にも実現する

引用元:日経新聞とのこと。

今後はより他社からの借り入れに対してもシビアな対応を取られていくことになりそうです。

2019/4/1

「関西みらい銀行」がカードローン、フリーローンをスタート

「関西みらい銀行」が新たにカードローン(関西みらいカードローン)、フリーローン(関西みらいフリーローン)などのローン商品をスタートさせた。借入条件を見る限り、近畿大阪銀行で取り扱われていたローン商品のスペックを引き継ぐ形で案内されています。また関西アーバン銀行のカードローン「アーバンカードローン」もシステムが統合されるまで取り扱いはあるようです。

2019/3/30

2019年4月1日より近畿大阪銀行、関西アーバン銀行が合併し「関西みらい銀行」に

2019年4月1日より近畿大阪銀行、関西アーバン銀行、みなと銀行が合併、「関西みらい銀行」としてスタートします。各銀行で取り扱われていたローンですが、今まで利用した場合、特に手続きの必要はないとのこと(参照元:関西みらい銀行 合併に伴うお知らせ Q&A Q18)。新商品他、情報はわかり次第、当サイトでもお伝えしていくつもりです。