秋田銀行カードローン「スマートネクスト」

更新日:
秋田銀行カードローン スマートネクストのバナー画像

秋田銀行カードローン「スマートネクスト」のココがおすすめ

全国融資対応の地方銀行カードローン

WEB契約なら来店不要で契約可能

利用限度額別に金利も明示

借換えにも積極的なカードローン!

秋田銀行の普通預金口座がある人なら利用できるWEB契約で契約まで可能だ。もし秋田銀行の口座がない場合もスマホアプリから口座開設ができる(1~2日で開設できる)などの独自サービスも特徴だ。ちなみにもし口座開設等手間がかかる、より最短で借りたい場合であれば、金利条件も良いネット銀行のカードローン、「楽天銀行スーパーローン」も一択だ。

借入限度額 金利 最短融資時間 土日融資 WEB契約完結
~500万円 5.8%~14.8% 2日~ ×
パート・アルバイト 専業主婦 電話以外の在籍確認 総量規制 保証人
× 対象外 不要

秋田銀行 スマートネクストの公式サイトはこちら

秋田銀行カードローン スマートネクストの借入で気になることを調査した

秋田銀行カードローンのスマートネクスト(※)へ、
フリーダイヤルに問い合わせし調査したところ、
問い合わせする先が3種類あった。

※以下、スマートネクスト

申込に関する問い合わせは1番、
その他の問い合わせに関しては3番だった。

1番は保証会社、3番は秋田銀行へ繋がるようで、
秋田銀行は秋田なまりを感じる男性スタッフが対応してくれた。

ただ、秋田銀行のスタッフの場合、
スマートネクストについて、よく理解していない、
というのが正直な印象で核心を聞けないことも多かった。

また3番は銀行営業日しか対応していない。

以下、情報は複数回問い合わせをし、
得た情報を元に記事にしてみたので参考にしてみてほしい。

    スマートネクストってどんなカードローン?

    秋田銀行カードローン、スマートネクストだが、
    秋田銀行の営業区域内(※)に住んでいなくても利用可能だ。

    ※秋田銀行の営業区域は主に秋田県が中心

    秋田銀行に口座があれば、
    そのままその口座を利用すればOKだ。

    もし口座がない場合、
    開設するのはネット支店(※)のため、
    特に住んでいる地域関係なく融資は可能とのことだった。

    ※あきぎんこまち支店でスマホから開設可能

    以上のことからも秋田銀行のスマートネクストは、
    全国対応している地方銀行カードローンといえるわけだ。

    秋田銀行カードローン スマートネクストに申込できる人

    会社員 派遣社員 公務員 アルバイト パート
    自営業 水商売 専業主婦 学生 年金受給者
    × × ×

    20~69歳までの人で安定した収入がある人

    保証会社であるエム・ユー信用保証株式会社の保証を受けられる人

    エム・ユー信用保証って?

    エム・ユー信用保証は地方銀行をはじめ、
    三菱UFJ銀行バンクイックの審査も担当する、
    三菱UFJフィナンシャルグループの会社なのだ。

    聞き慣れない名前ではあるが、
    決して怪しい機関ではない信用保証会社だ。

    金利について

    利用限度額 金利
    30万円・50万円・70万円 14.8%
    100万円・150万円・200万円 12.0%
    250万円・300万円 7.8%
    400万円 6.8%
    500万円 5.8%

    融資額は1万円単位ではなく、
    最低でも30万円からの融資となっている。

    下限金利は「14.8%」と、
    銀行カードローンとしては、一般的な金利条件で借りられる。

    また利用限度額別に借入時の金利がハッキリとわかるのも特徴だ。

    スマートネクストの申し込みから融資までの流れが知りたい

    秋田銀行のスマートネクストだが、
    WEB契約か、電話・FAX・郵送から申込では手順が異なる。

    また秋田銀行の普通預金口座の有無でも異なる。

    WEB契約で秋田銀行に口座を持っている人の場合

    • 申込(インターネット…パソコン、スマートフォン)
    • 申込確認
    • 在籍確認(審査)
    • 契約
    • 融資

    すでに口座を持っているため、
    本人確認書類など提出もなく、契約もWEB上で行えるため、
    来店も必要もないなど、手続きの手間もかからない。

    秋田銀行普通預金口座があり、WEB契約なら即日融資が可能
    スマートネクストは即日融資ができなくなった

    2018年1月から銀行カードローンの即日融資が停止となり、
    スマートネクストも例外なく、即日での融資ができなくなった。

    これは審査が申込した日中に終わらないからだ。/p>

    また以前はWEB契約では本人確認書類は要らなかったが、
    審査の関係上、本人確認の提出が必須となった。

    WEB契約で秋田銀行に口座を持っていない人の場合

    スマートネクストで融資してもらうには、
    秋田銀行の普通預金口座は必要となるが、申込時に同時開設が可能だ。

    1. 申込(インターネット…スマートフォン)
    2. 口座開設
    3. 申込確認
    4. 在籍確認(審査)
    5. 契約
    6. 融資

    申込はスマートフォンからとなり、
    スマホアプリから口座開設手続きが可能だ。

    秋田銀行カードローン スマートネクストのスマホアプリ

    アプリから必要な物もアップロードできる。

    秋田銀行の口座開設にはどのくらい時間がかかる?

    開設するのはネット支店のため、
    たいていが1~2日で口座開設は可能とのこと。

    審査に2日以上かかるが、
    同時並行して口座開設手続きが行われるため、
    審査が完了するタイミングで融資は可能とのことだ。

    電話・FAX・郵送から申込する場合

    申込できる時間帯は電話、FAXで異なる。

    • 電話→365日 7時~23時の間
    • FAX→365日 24時間対応

    また基本的に申込~融資手順は変わらないが、
    口座を持っておらず、スマホを利用できない人の場合、
    店頭窓口にて口座開設が必要となる。

    ちなみにWEBからの申込の場合、
    契約書などは後日郵送されないのだが、
    その他の申込方法では契約書等は郵送されるのは覚えておこう。

    スマートネクストへ申込する時に必要な書類について

    まずWEB契約の場合、特に必要な書類はない。

    ↑提出が必要となった

    運転免許証などの本人確認書類が必要となるには、
    WEB契約以外の場合となる。

    本人確認書類は「運転免許証」、
    「マイナンバーカード」が望ましいとのことだ

    秋田銀行カードローン スマートネクストに申込する時に必要な本人確認書類一覧

    あとどの申込方法でも源泉徴収票などの、
    収入証明書の提出は必要ないそうだ。

    スマートネクストの在籍確認について

    在籍確認ついてだが、
    保証会社に任せているので問い合わせ窓口である、
    秋田銀行ではわからないとの回答だった。

    ただ、在籍確認の電話は申込の受付完了後、
    勤め先の会社の固定電話にかけて行うということはわかった。

    なので、公式サイトにも書かれている、
    ご自身の携帯電話、自宅、もしくは勤め先に電話をかける、
    というのは在籍確認のことではないのだ。

    在籍確認の電話をかけるのが絶対とのこと。

    在籍確認の電話を確認できない場合の対処法について

    例えば、個人情報保護などの理由で、
    在籍の確認を答えてくれない場合だが、
    まずは申込した本人宛に電話にて連絡するとのこと。

    その後、在籍を確認するために、

    • 社会保険証
    • 給与明細

    といった、勤め先の会社名を確認できるもので、
    在籍確認をすることも可能だ。

    ただし、あくまで上記書類で確認するのは、
    個人情報保護の理由で会社が答えてくれない場合のみ。

    まず電話で確認するのが絶対だそうで、
    いきなり社会保険証などで在籍確認をすることはできないそうだ。

    スマートネクストの一括借入型について

    公式サイトはこちらとスマートネクストには、
    カードローン型の他に「一括借入型」というものがある。

    秋田銀行カードローン スマートネクスト 一括借入型

    一括借入型は複数の他社、
    借入分を1つにまとめる、おまとめローンなのだ。

    おまとめローンのイメージ

    他社借入分を合計した金額が、
    自身の秋田銀行普通預金口座に融資されるといったものだ。

    審査を行う保証会社なども同じで、
    金利や返済方法などはカードローン型と変わらないが、
    カードローン型のように利用限度額内で何度も借入することはできない。

    一括借入型で融資されたお金の使い道は自由

    また審査後に決められた融資額のみ振込されるが、
    実は使い道は自由なので、他社返済に必ず充てなくてもよいのだ。

    しかし他社借入分も含め、
    借金は増えることは確実なので、
    もし融資された場合は素直に他社返済に充てるのが賢明だろう。

    スマートネクストの借入と返済について

    借入方法について 下記方法、ATMで借入可能

    • 振込融資(※)
    • 秋田銀行ATM
    • 提携ATM

    ※秋田銀行の普通預金口座のみ振込可能

    返済方法について 下記ATMで返済可能

    • 秋田銀行普通預金口座より自動引落
    • 秋田銀行ATM
    • 提携ATM

    秋田銀行、提携ATM(コンビニ)にて随時(上乗せ)返済が可能

    提携ATMについて

    秋田銀行カードローン スマートネクストの提携ATM

    提携ATM手数料

    手数料は利用する提携ATMによるが手数料は108円~216円で利用可能だ。

    返済期日について

    • 毎月5日

    借入額50万円までに対する金利と月々の最低返済額

    利用残高 金利 最低返済額
    ~100,000円 14.8% 2,000円
    100,001~300,000円 14.8% 5,000円
    300,001~500,000円 14.8% 10,000円

    返済シミュレーション

    秋田銀行カードローンで10万円、金利14.8%で借入し、毎月1万円返済した場合

    返済回数 元金 返済額 利息
    1 ¥100,000 ¥10,000 ¥1,216
    2 ¥91,216 ¥10,000 ¥1,110
    3 ¥82,326 ¥10,000 ¥1,001
    4 ¥73,327 ¥10,000 ¥892
    5 ¥64,219 ¥10,000 ¥781
    6 ¥55,001 ¥10,000 ¥669
    7 ¥45,670 ¥10,000 ¥556
    8 ¥36,225 ¥10,000 ¥441
    9 ¥26,666 ¥10,000 ¥324
    10 ¥16,990 ¥10,000 ¥207
    11 ¥7,197 ¥7,284 ¥88
    利息合計 ¥7,284

    秋田銀行のスマートネクストだが、
    10万円借入した時は最低で毎月2,000円の返済でも大丈夫だ。

    しかし上記シミュレーションのように、
    多めの返済(上乗せ返済)を行わなければ、利息は増えるのだ。

    余裕のある時はATMなどから、
    最低返済額以上の返済をしていくことが、
    利息を減らし、賢くカードローンを利用するコツだろう。

    まとめ!秋田銀行カードローン スマートネクストはこんな人におすすめ!

    口座開設まで時間はかからないので、
    口座がなくても、契約までは早い銀行カードローンだ。

    また公式サイトにも書かれているが、
    借換えにも積極的なカードローンの一つといえるだろう。

    秋田銀行 スマートネクストの公式サイトはこちら