三菱UFJ銀行バンクイックを調査してわかった特徴と利用する前に知っておきたいこと

4
三菱UFJ銀行バンクイックのバナー画像
バンクイックの特徴
  • 三菱UFJ銀行口座がなくても借入可能
  • テレビ窓口なら即日にローン専用カードを発行可能
  • 提携ATMなら手数料無料で利用可能
  • 三菱UFJ銀行口座があれば簡単申込可能
借入限度額実質年率最短融資時間土日融資WEB契約完結
10~500万円1.8%~14.6%2日
パート・アルバイト専業主婦電話以外の在籍確認総量規制保証人
××対象外不要

バンクイックってどんなカードローン?

バンクイックは三菱UFJ銀行のカードローンだ。

インターネットサービスで利用できる、
会員サービスなら利用残高照会や振込融資、
返済期日を知らせるEメールサービスも設定可能だ。

また認知度が高いためか、
幅広い層の人に利用されているのも特徴。

三尾字UFJ銀行バンクイックの利用者層円グラフ画像

特に30~50歳の男性を中心に利用されている銀行カードローンだ。

バンクイックに申込できる人

会社員派遣社員公務員アルバイトパート
自営業水商売専業主婦学生年金受給者
××
  • 20~65歳までの人で安定した収入がある人
  • 保証会社であるアコム(株)の保証を受けられる人

バンクイックだが年金収入しかない人も、
安定した収入とみなすため、利用可能だ(※)。

バンクイックの金利について

利用限度額金利
400~500万円1.8%~6.1%
300~400万円6.1%~7.6%
200~300万円7.6%~10.6%
100~200万円10.6%~13.6%
10~100万円13.6%~14.6%

金利自体は銀行カードローンとしてはやや高め、
特に100万円以下の場合で見ると、他銀行カードローンのほうが低金利だ。

バンクイックは三菱UFJ銀行の口座があれば、申し込み時の手間が省ける

また三菱UFJ銀行の口座がある場合、
申込時の入力項目は少ないため、手間はかなり省ける。

  • 店番
  • 口座番号
  • 名前

この三つを入力すればOKだ。

三菱UFJ銀行に口座がある時のバンクイック申込画面

カードローンの申し込み画面は何かと入力する項目が多い。

申し込み時に入力する手間が省けるのはメリットといえるだろう。

バンクイックはインターネット申込→テレビ窓口でカード発行が最速借入

バンクイックは借入まで最短で2日かかるため即日融資は難しい。

申し込み自体はインターネット、
またテレビ窓口、電話で申込しても、
仮審査結果が出るまで2~3営業日かかるためだ。

バンクイックで最短最速で借りるためのポイント

インターネット申し込み、
仮審査&本審査に通過した後の、
手続きをスムーズに完了させることがポイントとなる。

それは審査通過後に「テレビ窓口」にて、
ローン専用カードを発行するのが最短で利用する方法だ。

カードの受け取りは審査に通過した後だ。いきなりテレビ窓口にて申し込み→ローン専用カードを発行することはできない。

ちなみに込み具合にもよるが、
テレビ窓口での発行所要時間は20分程度

テレビ窓口は三菱UFJ銀行内に設置されている。

バンクイックのテレビ窓口写真

テレビ窓口の設置場所は、
公式サイト:ATM・店舗のご案内で検索してみてほしい

バンクイックの審査は仮審査と本審査、2段階で行われる

バンクイックの審査は仮審査と本審査、
2段階に分かれ審査が行われていると考えている。

なぜなら、申し込み後の審査の後、
本人確認書類など必要書類を照らし合わせ、
最終的に融資するかを判断すると言っていたからだ。

まず仮審査では申し込み内容、
信用情報機関などの情報と照らし合わせ、
そこで融資の可否の第一判断する。

実は電話調査中、バンクイックのスタッフから、
「仮審査」というワードが挙がっていたことからも正しい解釈だと考えている。

そして本審査では申込時の情報の真偽を確かめるため、
本人確認書類など書類で照らし合わせ、融資するか決定する流れだ。

また現在であれば、第三者機関による審査も行われるため、
以前よりもバンクイックの審査難易度は高くなっていると体感している。

バンクイックの審査については「三菱UFJ銀行バンクイックの審査について審査落ちした経験を踏まえ解説しよう」で審査落ちした体験談を交え詳しく解説している。併せてご覧いただきたい。

土日に申し込みした場合の審査について

土日に申し込みした場合だが、
仮審査結果が分かるのは最短で火曜日とのことだ。

つまり、土日も仮審査は行われているというわけだ。

バンクイックなら土日に申し込みしても、
大幅に審査時間がかかるというわけではないことがわかった。

仮審査通過後、本審査に必要な提出書類について

仮審査通過後、下記書類の提出が必要となる。

本人確認書類

バンクイックで契約する時に必要な本人確認書類一覧

これら本人確認書類の提出は、
仮審査が終わった後、本審査前に提出するわけだが、
提出方法はFAX、もしくはメールに添付、アプリからも可能だ。

ちなみに審査結果はメールと電話で連絡があり、
手続きの詳細は電話にて説明するとのこと。

「0120-959-555」の電話番号からの着信があれば、
折り返し電話するようにしよう。

収入証明書(50万円以上の融資を希望する場合)

もし融資額が50万円以上希望する場合、
収入証明書の提出が必要となる。準備しておこう。

バンクイックで必要となる収入証明書一覧

テレビ窓口でローン専用カードを受け取れば、自宅への郵送物はなし

バンクイックだがテレビ窓口で、
ローン専用カードを受けとることができれば、
契約書などの書面は自宅に郵送されることはない

自宅に郵送物が届くと困るという人は、
テレビ窓口でローン専用カードを発行するのが得策だ。

バンクイックのテレビ窓口で申し込みしても、すぐに借入はできない

バンクイックだが、
テレビ窓口で申し込みをしてもすぐに借りることはできない

つまり、テレビ窓口で申し込みしても、
申し込みした日に融資してもらえるわけでもなく、
しかも、手続きする時間(40分ほど)がかかるため、
メリットになることは一つもない。

インターネット申込のほうが確実にメリットはあると筆者は考えている。

おすすめはインターネット申込からテレビ窓口でカードを受け取る!

バンクイックを最短で利用したいのであれば、
インターネット申込→カードをテレビ窓口で受け取ることだ。

インターネット申込の場合は本審査完了後、
契約できる状態になって、カード受け取りの案内がされる。

テレビ窓口で申込するよりもスマートな手続きができるわけだ。

ちなみにインターネット申込の場合でも、
テレビ窓口で受け取る時は同様に運転免許証が必要となる。

バンクイックを最短で利用するには運転免許証が必須!

テレビ窓口でローン専用カードを発行するには、
運転免許証が必須となる

テレビ窓口でローン専用カード発行時に必要な運転免許証の条件

パスポートなど他の物は利用できないのだ。

もし運転免許証なければ、
ローン専用カードは郵送で送られることになる。

この場合、本人確認書類など、
必要書類をインターネット、アプリで提出していれば、
手元にカードが届くまでは約一週間となる。

バンクイックの手続きを郵送で行った場合は借入まで最短10日はかかる

テレビ窓口にてローン専用カードを発行できない、
必要書類をインターネット、アプリで提出できない場合、
全て郵送での対応となり、手元にカードが届くまで最短10日程度かかる

郵送で手続きした時の手順

バンクイックで郵送契約する時の手続きの手順(インターネット申し込み→審査→契約書類の郵送、もしくはFAX→バンクイックにて契約処理→ローン専用カードの郵送→10日前後で到着、それからバンクイックを利用開始)

ただ10日程度で利用できるかは、
バンクイックへの返送物も速やかに行った場合となる

手続き等に不備があれば、
ローン専用カードが届くのは遅くなるので注意が必要だ。

バンクイックで振込サービスを利用するための条件とは

バンクイックの振込サービスを利用するには、

  • 三菱UFJ銀行の普通預金口座を持っていること
  • インターネット申込(WEB完結)
  • Eメールサービスへの登録

が条件となる。

しかし、契約直後に振込サービスが利用できるかは、
審査次第で必ず振込サービスが利用できるわけではないのだ。

バンクイックの振込サービスは審査次第
バンクイックで契約後すぐに振込み融資してもらえるかは審査次第

振込融資自体は契約して数日後であれば、インターネットの振込サービス自体は利用できる

借入するまでの時間を確実に短縮したいなら、
テレビ窓口での手続きをするしかない。

テレビ窓口に出向けない場合であれば、
他のカードローンを選ぶほうが最短で融資してもらえるだろう。

開設したばかりの三菱UFJ銀行口座へは振込融資はしてもらえない

先に口座を開設してからなら、
振込融資で早く借りることができるのでは?
そう考え、バンクイックに確認してみた。

だが開設して、一ヶ月以内の口座には、
契約直後の振込融資は対応できない決まりとのこと。

つまり三菱UFJ銀行の口座がなく、
テレビ窓口を利用できない人の場合、
利用までに~10日はかかるという結論に至った。

バンクイックは開設して一ヶ月以上経つ三菱UFJ銀行口座がなければ振込融資は利用できない

バンクイックは三菱UFJ銀行の口座がなくても利用可能(口座開設不要)

バンクイックなら、
三菱UFJ銀行の口座がなくても利用することは可能だ。

なぜなら契約と同時に、
ローン専用の口座を開設するためだ。

また口座がない場合、
借入、返済はローン専用カードで行う。

口座がない場合でも申込自体は5分程度で完了する

インターネット(WEB)申込の場合、
三菱UFJ銀行の口座がない人であっても、
5分もあれば必要な情報を入力、申し込みできる。

バンクイックへ実際に申込した時にかかった時間の証拠画像

入力する項目もそこまで多くない。

ただし入力を誤った場合、
ブラウザの「戻る」ボタンでも、
入力内容が消えてしまうことがあるので、
間違えないようにしたほうが無難だ。

バンクイックに申込画面の入力項目について

あとは三菱UFJ銀行のテレビ窓口にて、
ローン専用カードを発行できれば、口座がなくても最短で借入できる

バンクイックの借入と返済について

借入方法について 下記方法、ATMで借入可能

  • 振込サービス(※)
  • 三菱UFJ銀行ATM
  • 提携ATM

※初回契約時に利用できるのは口座があり、インターネット申込を利用、審査次第で利用可能

返済方法について 下記方法、ATMで借入可能

  • 自動支払い(引き落とし)(※)
  • 三菱東京UFJダイレクトへ振込
  • 三菱UFJ銀行ATM
  • 提携ATM

※返済日は指定可能、本人名義の三菱UFJ銀行普通預金口座が必要

提携ATMについて

提携ATMは大手コンビニチェーンである、
セブンイレブンやローソンなどのATMで利用可能だ。

下記マークがある施設なら利用可能なだけでなく、

バンクイックの提携ATM一覧(セブン銀行ATM,ローソンATM,E-net)

利用可能な主なサービス施設も↓これだけある。

バンクイックが利用できる提携ATM一覧(ファミリーマートATM,イトーヨーカドー他)

借入、返済に困るということはないはずだ。

ATM手数料について

三菱UFJ銀行・提携ATM共に、
借入・返済時の手数料は無料で利用できる

利用時間はほぼ24時間、
0:10~23:50での利用が可能だ(※)。

※メンテナンス時間の毎週月曜1:00~5:00、第二土曜21:00~7:00以外で利用可能

返済期日について

  • 35日ごとに返済
  • 指定日を決めて毎月返済

借入額に対する金利と月々の最低返済額

利用限度額最低返済額(月)
借入時の金利(年)
8.1%未満8.1%以上
~10万円1,000円2,000円
10~20万円2,000円4,000円
20~30万円3,000円6,000円
30~40万円4,000円8,000円
40万円~10万円増すごとに
1,000円追加
10万円増すごとに
2,000円追加

返済額設定は低めに設定されているため、
月々の返済額を抑えたい人には向いているカードローンだ。

特に~10万円未満の借入でいうと、
月々2000円というのはかなり低い設定で利用可能だ。

返済シミュレーション

バンクイックで10万円、金利14.6%で借入し、毎月1万円返済した場合

返済回数元金返済額利息
1¥100,000¥10,000¥1,200
2¥91,200¥10,000¥1,094
3¥82,294¥10,000¥988
4¥73,282¥10,000¥879
5¥64,161¥10,000¥770
6¥54,931¥10,000¥659
7¥45,590¥10,000¥547
8¥36,138¥10,000¥434
9¥26,571¥10,000¥319
10¥16,890¥10,000¥203
11¥7,093¥7,178¥85
利息合計¥7,178

バンクイックで10万円借り、
毎月2,000円の返済をしていった場合、
完済までの返済回数と利息合計を計算してみたところ、

金利14.6%
返済回数77回
支払う利息の合計53,631円

となった。

つまり最低返済額で返済していくと、
借入した金額の約半分が利息として取られることになる。

支払う利息を減らしたければ、
余裕のある時には毎月返済額以上の返済か、
一括返済をしていきたいところだ。

まとめ!バンクイックはこんな人におすすめ!

三菱UFJ銀行の口座を持っていて、
テレビ窓口が近くにあり、免許証があれば、
バンクイックは最短2日で借入できる可能性がある。

条件が合う人なら急ぎの借入にも応えてくれるだろう。

また提携ATMの数が多く、手数料無料で利用できるため、
ローン専用カードだけの取引でもデメリットは少なく、おすすめだ。

タイトルとURLをコピーしました