三菱UFJ銀行バンクイックの仮審査と本審査について落ちた経験から解説しよう

ここではバンクイックの審査について、
疑問として聞かれることが多い内容を調査、
実際に申し込みし、審査に落ちた経験から解説しよう。

筆者がバンクイックの仮審査に落ちた時の審査結果画面だ。
三菱UFJ銀行バンクイックで審査に落ちた時の画像

この記事ではバンクイックの審査における、疑問などが解消されれば幸いだ。またバンクイックの詳細はまとめ記事をご覧いただきたい。

スポンサーリンク

バンクイックの審査は仮審査と本審査に分かれている

バンクイックの審査は、
仮審査と本審査に分かれている

申込後、まず仮審査が行われ、
仮審査に通過後、本審査に進む。

本審査においては、
本人確認書類などの提出が必要となる場合がある。

バンクイックの審査に必要な物

仮審査に通った後の話だが、
本審査に必要な書類等の提出が必要となる。

バンクイックで本人確認書類と認められるもの

バンクイックの審査に必要な本人確認書類一覧

収入証明書(バンクイックで50万円以上の融資を希望する場合は必要)

バンクイックの審査で必要となる収入証明書一覧(源泉徴収票,確定申告書等)

本審査に進んだ時のことを考え、
申込時にはこれら、本人確認書類は用意しておきたい。

バンクイックの審査は保証会社が関係している

バンクイックの審査を知る上で、
保証会社は知っておきたい。

銀行カードローンの場合、
銀行自身も借入状況などから審査を行うが、
保証会社も審査を行っている

ちなみにバンクイックの保証会社は、
大手消費者金融のアコムだ。

バンクイックの商品概要
バンクイックの審査にアコムが関係している証拠画像
バンクイックに申し込みした時のURLを確認すればわかる

このアコムは貸付実績、
審査通過率が業界トップの消費者金融と言われている。

そして今年度の審査通過率を見る結果はこうだった。

大手消費者金融3社の審査通過率(2019年5月~7月)
消費者金融名消費者金融名消費者金融名審査通過率平均各月の審査通過率
平均審査通過率2019/52019/62019/7
プロミス45.07%44.0%46.0%45.2%
アイフル43.17%42.4%44.0%43.1%
アコム45.6%44.0%48.0%44.8%

※データは各消費者金融月次データを参照

審査通過率は高めであることがわかる。

この審査通過率が高いということは、
申し込み後の審査に通った人の割合が多いことを指す

つまり、バンクイックは審査が甘いという情報も見かけるが、
今年度の審査通過率を見ると可能性としてあり得る話であるとも思える。

しかし、この審査通過率はあくまで目安であり、
実際のバンクイックの審査は様々な項目から判断される

審査を行う保証会社(アコム)の役割も知っておこう

保証会社は審査だけでなく、
もし返済が滞った場合などであればまず、
アコムがバンクイックに代位弁済する。

~代位弁済とは~
金融機関は融資を行なう際に、万が一返済できなくなったときに備えて、融資を受ける人に対して保証人を立てるよう求めることがあります。一般的に、住宅ローンなどの有担保ローンにおいては、信用力のある人を保証人として立てることが融資の条件になっていることが多いです。保証人は、融資を受けた本人が何らかの理由により返済不能に陥ったとき、債務者に代わって返済を行ないます。

引用元:代位弁済とは?

あとは借り手に対し、
アコムが返済を請求していく形となる。

バンクイックの審査時間について

バンクイックの審査時間だが、
仮審査から本審査まで進んだ場合であれば、
申込してから本審査完了まで最短でも2日はかかる

ただ審査時間は借入希望額、
申込が殺到している時など状況で異なるため、
審査結果が出るまで2日以上はかかると考えておこう。

バンクイックは即日の審査はしていない

バンクイックも以前は、
即日での審査に対応していた。

しかし2018年1月以降、
銀行カードローンは即日の審査ができなくなったため、
バンクイックも審査に時間がかかるようになった。

バンクイックの審査に時間がかかる理由

バンクイックの審査に時間が理由だが、
保証会社(アコム)とバンクイックの審査、
さらに第三者機関の審査も行うためだ。

図解で説明しよう。

2018年1月以降のバンクイックにおける審査の仕組みイメージ図(銀行,保証会社,CICといった信用情報機関以外に全国信用情報センターや日本信用情報機構の情報も参照し審査を行っている)

複数機関で審査が行われるため、
どうしても審査結果が出るまで時間がかかるわけだ。

「仮審査」結果は即日に届くこともある

ただし、仮審査で落ちた場合、
申込した当日に審査結果が届くケースもある。

これは実際に筆者が申し込み、
仮審査でバンクイックに落ちた時がそうだった。

仮審査も翌日以降の連絡と考えていたので驚きだった。

バンクイックへ申込した日に審査結果の連絡があったケース

筆者が申込した時の情報だが、

申込日2018年3月20日
申込時間9時39分
申込完了時間9時45分
審査結果メール到着時間10時21分

仮審査で落ちた場合、
申込後、1時間程度で結果がわかったのだ。

申込から仮審査の結果メールが届くまでの時間経過と結果内容

仮審査の結果は申込時、
登録したメールアドレスに届いたが、
仮審査に落ちた場合は非常にあっさりしたものだった。

以下、申込画面のキャプチャ画像だ。
まず申込完了までおおよそ5分程度だった。

実査にバンクイックに申込した時にかかった時間

申込から1時間経たない間に、
バンクイックから審査結果のメールが届いていた。

バンクイックから届いた審査結果メール画像

メールに記載されていたURLをクリックすると、
審査結果ページへのログイン画面が開く。

ログイン画面で暗証番号を入力してすすむ。

バンクイックの審査結果ログイン画面

↓審査結果が表示される。

バンクイックの仮審査で落ちた時の画面

このように約1時間以内に、
バンクイックから審査結果の連絡がきたことがわかる。

仮審査結果だけなら時間がかからない理由を考察してみた

仮審査は信用情報機関のデータを参照、
過去の借入状況などから審査(与信判断)される。

バンクイックの個人情報の取り扱いに関する同意書にある与信判断に利用される信用情報機関一覧

仮審査はこの信用情報機関のデータから、
他社借入状況や過去の金融事故歴などを自動審査
融資可能かを判断するため、時間がかからないわけだ。

バンクイックの審査結果が遅い場合に考えられること

もしバンクイックの審査結果が遅い場合、
考えられるケースを挙げてみよう。

  • 仮審査に通過、本審査へ進んでいる場合
  • 申込情報に相違がある(他社借入状況など)
  • 大型融資(50万円以上)を希望している場合
  • 本審査において勤め先への在籍確認が取れない

などが考えられる。

記事冒頭にも説明したが、
2018年以降の銀行カードローンの審査は、
即日での回答は不可能であり、時間がかかる

とはいえ、まずありえないが、
~1週間程経っても連絡がない場合、
審査結果がこない理由を考えたほうがよいだろう。

バンクイックから審査結果がこない時はどうしたらいいのか

時間が経ってもバンクイックから、
審査結果がなかなかこない事由となると、
申込時に記載した連絡先の間違っている場合だ。

例えば、インターネット申込をした場合、
審査結果は申し込み時に入力したメールアドレスに届く(※)。

※電話申込の場合は電話、もしくは郵送にて審査結果を連絡

つまり、メールアドレスが間違っていて、
審査結果が届かない可能性をまず考えるべきだ。

申し込み時の入力情報を確認するには

申し込みした時の情報は、
申込完了画面からダウンロードできる、
「申込内容控え」で確認できる。

バンクイック申込完了画面にある申込内容控えダウンロード方法

申し込み時には念のため、
ダウンロードしておくことをおすすめする。

もしダウンロードしていない、
入力情報も間違っていない場合であれば、
バンクイックに連絡(※)し、審査状況を確認してみてほしい。

※フリーダイヤル:0120-959-555

バンクイックの本審査では職場に連絡(在籍確認)がある

仮審査の段階ではないが、
本審査に進むと職場に在籍確認の連絡がある

バンクイックの名は名乗らず、
個人名等で電話をしてくるので、
バンクイックと知られることはまずない。

だが、会社名を名乗らないため、
電話を不審に思われる可能性も否定できない

もし、この在籍確認の電話を避けたいなら、
仮審査結果メールに記載されている連絡先に相談しよう

バンクイックの審査関連の相談連絡先情報

バンクイックの審査に通らない可能性が高いのはこんな人

審査に通らない人の条件として、
挙げられるのは以下のようなことに該当している場合だ。

  • 専業主婦の人
  • 無職の人
  • 過去5年以内に債務整理を行った人
  • 審査通過を目的に嘘の個人情報で申込した人
  • 既に他社の借入(借入枠)がある

つまり審査に通らない、落ちる人は、

  • 金融事故や虚偽の内容で申込してきた人
  • 安定した収入がない人
  • 既に他社で借りている(借りることができる)人

というわけだ。

金融事故についてだが、
債務整理以外、過去に他社から借りた際、
踏み倒し(時効の成立)をしている人も該当する。

金融事故などを起こしていなければ、
あとは安定した収入があるかどうか?他社からの借入状況だ。

ちなみに派遣社員はもちろん、
主婦でもパートをしていれば、安定した収入はあるとみなされる。

つまり審査に通る可能性はあるというわけだ。

さて、筆者がバンクイックの審査に落ちた理由だが、
筆者は金融事故も起こしていなければ、安定した収入もあった。

ではなぜ審査に落ちたのか?

これは他社カードローンの借入枠があったためではないか?と考えた。

筆者がバンクイックの審査に落ちた理由を検証してみた

筆者は過去に支払いの延滞や、
踏み倒しなど…問題は起こしていなかった。

唯一、考えられたのは、
他社カードローンで借入できる枠が残っていたことだ。

他社カードローンの利用枠内訳
契約していたカードローン利用枠から借入できた金額
プロミス50万円
SMBCモビット50万円
三井住友銀行カードローン80万円

実は他社で借入できる枠があるのに、
新規契約をしようとすると難しい場合があるのだ。

要するにまだ他社で借りられるのに、
今回の新規申込したことが貸し手側からすると、
「今以上の借入する理由にリスクがある」と判断した可能性だ(※)。

※借り手も返済するつもりがない、踏み倒される可能性があるなど

また年収、返済能力に対し、
過剰融資になると判断したとも考えている。

まとめ!バンクイックの審査について

バンクイックの審査だが、
早いタイミングで審査結果がきた場合、
審査落ちしている可能性が高い

また本審査に進むことを考えれば、
2~3日は最低でもかかると考えておこう。

バンクイックの審査は甘いのか?筆者の所感では

審査難易度は筆者の体感としては、
低くはないと感じた。

つまり、バンクイックが審査が甘いとは考えられなかった

それと申し込みした即日に借入したければ、
銀行ではなく、消費者金融のカードローンを選ぶしかない

いつまでに借りたいのか?
そこもバンクイックを利用するかどうか?判断基準になるだろう。