カードローンで審査の通りやすいところはあるのか?検証してみた

更新日:

カードローンで審査なしで借りたい、
審査に通りやすいところはないのか?考える人もいるだろう。

実はカードローンにおいて、
審査の通りやすさ、即ち審査難易度は借りる先で異なるのだ。

では当サイトでも紹介している、
消費者金融や銀行のカードローンから検証、
審査に通りやすいカードローンをピックアップしていこう。

    そもそもカードローンの審査は何を行うのか?

    まずはじめにいっておくがカードローンにおいて、
    審査をなしでお金を借りることは無理だ。

    審査は必須、借り入れする上で避けては通れない道なのだ。

    カードローンの審査は基本、仮審査&本審査が行われる

    カードローンの審査は、

    • 仮審査
    • 本審査

    に分かれており、
    まずは仮審査に通らなければならない。

    仮審査を一次審査、本審査を二次審査としているところもある。また「審査」とだけ記載している場合もある

    もちろん、仮審査に通らなければ本審査に進めず、
    この仮審査、本審査は消費者金融と銀行カードローンでは、
    行われ方が異なってくるだけでなく、通りやすさも異なってくる。

    消費者金融と銀行のカードローンではどちらが審査に通りやすいのか?

    結論から言うと、
    消費者金融のカードローンのほうが審査には通りやすい。

    これは銀行カードローンの場合、
    数年前に問題となった、銀行の過剰融資がきっかけで、
    審査が厳しくなってしまった背景がある。

    銀行カードローンの審査が厳しい理由

    銀行カードローンの審査が厳しい理由だが、
    以前は保証会社と銀行だけの審査だったのが現在では、

    • 預金機構機関(DICJ)
    • 他行
    • 警視庁

    へ専用回線を介し、審査を行っているためだ。

    この審査の目的としては「反社会的勢力への融資をしないこと」を目的としている。

    銀行カードローンは審査が厳正化されただけでなく、
    積極的な融資をしにくい状況であり、審査に通りにくくなっているのが現状なのだ。

    現状、消費者金融のカードローンのほうが審査の通りやすい

    現状、審査に通りやすいカードローンとは、
    自社で審査をしている消費者金融のカードローンを選ぶべきと言えるだろう。

    消費者金融の審査は、

    • 信用情報機関のデータを参照
    • 自社での審査

    で行われる。

    信用情報機関のデータは過去、現在に至るまで、
    借入状況を把握し、過去に金融事故歴がないかを調べる。

    金融事故とは?詳しくは「金融事故を起こした人がキャッシングできない理由と確認方法を説明しよう」をご覧いただきたい。

    ただ、消費者金融の場合、
    審査自体がかなりスピーディーであるため、
    信用情報機関のデータに重きを置いていると考えられる。

    つまり、過去に金融事故歴などがなければ、
    高確率で審査に通るとも考えることができるのだ。

    さて、この消費者金融の審査の通りやすさだが、
    「審査通過率」を参考に把握する方法がよく知られている。

    カードローンの審査に通りやすさを審査通過率から考えてみた

    審査通過率とは審査を担当する、
    消費者金融が公表しているデータであり、
    どのくらいの割合で貸付しているかを数値化したものだ。

    カードローンを利用する上で、
    審査通過率が高い消費者金融に申込したほうが、
    借りれた人が多い統計情報なのだ。

    つまり、この審査通過率(※)が高いほうが、
    審査に通りやすさをはかる指標の一つになり得ると考えた。

    ちなみに審査通過率のデータは、
    各消費者金融の企業ホームページから閲覧可能だ。

    SMBCコンシューマーファイナンス プロミス

    プロミスの月次データ画面

    参照元:月次データ

    アコム

    アコムの月次データ画面

    参照元:マンスリーレポート

    アイフル

    アイフルの月次データ画面

    参照元:月次データ

    いわゆる企業の月次データに記載され、
    PDF等でも閲覧可能なのだ。

    審査通過率はどこを見ればよいのか?

    例えば、プロミスであれば、
    「無担保ローン新規申込数および新規顧客数」の項目。

    アコムの場合であれば、
    「ローン事業新規申込数、新客数及び新規貸付率」の項目だ。

    アコムの貸付率の画面

    アコムの「新規貸付率」は審査通過率と同じ意味だ。

    では大手消費者金融で公開されている、
    審査通過率を一覧表にまとめてみたのでご覧いただきたい。

    大手消費者金融3社の審査通過率(2019年5月~8月)

    消費者金融名 審査通過率平均 各月の審査通過率
    2018/4 2018/5 2018/6
    プロミス 45.07% 44.0% 46.0% 45.2%
    アイフル 43.17% 42.4% 44.0% 43.1%
    アコム 45.6% 44.0% 48.0% 44.8%

    ※データは各消費者金融月次データを参照

    つまり、審査通過率で選ぶならアコムとなる。

    しかし、当サイトで申し込みから契約までのデータを見ると、
    一概にこのデータだけでは判断できないこともわかった。

    カードローンに申し込み、実際に契約できた人の割合から検証した

    審査通過率は消費者金融側のデータだが、
    実際にカードローンに申し込み、契約できた人の割合から、
    どこのカードローンが借りやすいか?読者のデータから検証してみた。

    検証には過去3ヶ月の使用したデータを使用した。

    大手消費者金融で申し込みから契約まで至った人の割合一覧表

    消費者金融名 申込から契約できた人の割合
    プロミス 73%
    アコム 56%
    アイフル 63%
    SMBCモビット 72%
    レイクALSA 49%

    審査に通過し、契約できた人は
    プロミスが最も借りれられるカードローンという結果だった。

    審査通過率で見た時と異なり、
    アコムで借りられた人は少なかったのだ。

    まとめ!審査に通りやすいカードローンはココ

    カードローンの審査に通りやすいところだが、

    • 審査通過率
    • 申し込みから契約できた割合

    を参考に考えた時に、
    消費者金融のカードローンからピックアップするとココだ。

    プロミス

    プロミスのバナー画像
    借入限度額 実質年率 最短融資時間 土日融資 WEB契約完結
    1~500万円 4.5%~17.8% 最短1時間
    パート・アルバイト 専業主婦 電話以外の在籍確認 総量規制 保証人
    ×
    (申込完了後すぐ相談)
    対象 不要

    プロミスの公式サイトはこちら

    自社で審査をしている銀行カードローンも存在する

    自社で審査している銀行カードローンも存在する。

    それが楽天銀行のカードローンだ。

    審査は自社グループの楽天カードが担当、
    この仕組みは他の銀行カードローンでは見られない。

    プロミスと併せ、検討してみてほしいカードローンだ。

    楽天銀行カードローン(楽天銀行スーパーローン)

    楽天銀行スーパーローンバナー画像
    借入限度額 実質年率 融資時間 土日融資 WEB契約完結
    最大800万円 1.9%~14.5% 2日~ ×
    パート・アルバイト 電話以外の在籍確認 借り換え 総量規制 保証人
    × - 不要

    楽天銀行スーパーローンの公式サイトはこちら

    関連記事一覧