千葉銀行のちばぎんカードローン

更新日:
ちばぎんカードローンのバナー画像

ちばぎんカードローンのココがおすすめ

千葉銀行の口座&キャッシュカードがあればWEBで手続き完了

電話以外でも在籍確認をとることが可能

関東中心を営業区域とする千葉銀行のカードローンだ。利用には口座が必要だが、口座は運転免許証があればスマホアプリから開設できる。営業区域外の人は利用できないため、全国対応はしていないが、普段から千葉銀行を利用している人なら利用価値はあるカードローンだ。また在籍確認も電話以外の方法で確認してくれるので、勤め先に電話があると困る人には向いているだろう。

借入限度額 金利 最短融資時間 土日融資 WEB契約完結
10~800万円 1.7%~14.8% 2日~ 申込は可能
パート・アルバイト 専業主婦 電話以外の在籍確認 総量規制 保証人
対象外 不要

ちばぎんカードローンの公式サイトはこちら

    ちばぎんカードローンってどんなカードローン?

    ちばぎんカードローンは千葉銀行のカードローンで、
    営業区域は千葉県の他、東京、茨城、埼玉県全域としている。

    またインターネット支店を利用すれば、
    下記、表の地域に住んでいる人も借入は可能だ。

    インターネットバンクの対応エリア
    千葉県、東京都、茨城県、埼玉県、神奈川県(横浜市・川崎市)

    ただ、インターネット支店とはいえ、
    あくまで利用できる人は関東地域に絞られているため、
    全国対応の地方銀行カードローンではない。

    ちばぎんカードローンに申込できる人

    会社員 派遣社員 公務員 アルバイト パート
    自営業 水商売 専業主婦 学生 年金受給者
    △(※) ×

    ※配偶者に収入があり確認できる場合は可能

    20~65歳未満の人で安定した収入がある人

    エム・ユー信用保証(株)の保証を受けられる人

    ちばぎんカードローンの金利について

    利用限度額 金利
    ~100万円 14.8%
    100万円~290万円 9.0%~12.0%
    300万円~340万円 6.0%~12.0%
    350万円~400万円 5.5%
    410万円~500万円 4.3%
    510万円~650万円 4.0%
    660万円~790万円 3.5%
    800万円 1.7%

    100万円以下の融資で適用される金利は、
    銀行カードローンとしては一般的な金利設定だ。

    だが100万円~300万円までの融資で、
    もし下限金利である9.0%で借りることできれば、
    メガバンク同等の借入条件で利用できる

    下限金利で利用できるかは審査次第となるが、
    もし金利が適用されれば、利用価値は十分にあるだろう。

    ちばぎんカードローンの申込から融資までの流れについて

    ちばぎんカードローンの申し込む際だが、
    千葉銀行の普通預金口座の有無でやや異なる。

    普通預金口座を持っている人の場合

    千葉銀行の普通預金口座があり、
    キャッシュカードを持っている人なら、
    インターネット上で全て手続きを行うことができる

    また書類の手続きもなく、来店不要で契約完了だ。

    なので、審査に通過してしまえば後は、
    ご自身の千葉銀行の口座に振込融資も可能だだ。

    ちばぎんカードローンはWEB申込を利用しよう

    ちなみに口座がある場合でも、
    電話申込だと書類の提出が必要となるからだ。

    WEB申込の場合なら、
    基本的に必要書類の提出はないので、
    千葉銀行としてもWEB申込をお勧めしているとのことだ。

    ただしWEB申込でも、
    千葉銀行側の情報と申込時の情報が違う場合、
    必要書類の提出が必要となる(※)のは覚えておこう。

    ※住所が違う、名前が変わっているなど

    普通預金口座を持っていない人の場合

    ちばぎんカードローンを利用するには、
    千葉銀行の口座が必要なため、申込と同時に口座開設も必要だ。

    申込方法について

    申込方法はインターネット、
    電話、FAX、郵送、モバイルからとなり、
    口座がある時と手順は基本的に変わるものではない。

    違いとしては審査完了後、
    「利用申込書」「本人確認書類」の提出が必要なことだ。

    >>>利用申込書ダウンロードページ

    提出可能な本人確認書類(下記いずれのコピー)

    ちばぎんカードローン申込に必要な本人確認書類

    ※他…住民基本台帳カード、外国の方は在留カードが必要

    上記書類はFAXか郵送で送付(※)、
    千葉銀行に届き次第、契約の手続きが行われる。

    ※本人確認書類を送付時、顔写真や住所が記載された箇所をコピーすること

    ただ本人確認書類は口座開設にも必要となる。

    口座開設には「印鑑」、
    そして申込時と同じ「本人確認書類」が必要だ。

    口座開設について

    口座開設する方法は来店、
    インターネットや口座開設アプリで開設できる。

    結論を言えば、運転免許証さえあれば、
    口座開設アプリで口座開設が可能、申込もできる

    では詳しく解説していこう。

    来店で口座開設した場合にかかる時間について

    口座開設までは来店する窓口の混み具合によるが、
    おおよそ開設までは1時間程度で完了する

    また申込も考えているなら口座開設と同時に、
    そのまま窓口で申込すればよいだろう。

    口座開設アプリでの口座開設にかかる時間

    スマートフォンなら口座開設アプリから、
    口座開設が可能だ。

    千葉銀行の口座開設用アプリ

    しかし開設するまでには、
    最短でも約1週間かかるとのことだった。

    ※口座開設アプリは運転免許証が必要となる

    またインターネット開設だと、
    さらに時間がかかり、最長で2週間程度かかる。
    なぜなら郵送での手続きが必要だからだ。

    ちなみにアプリ、インターネットから開設すると、
    支店はインターネット支店となる。

    来店しようにも近くに支店がない、もしくは、
    インターネット支店なら営業区域内となり利用できるなら、
    融資までは時間がかかるがインターネット支店を開設しよう。

    ちばぎんカードローンの融資までにかかる時間について

    即日での融資を希望するなら、
    千葉銀行の口座を持っていることが大前提だ。

    公式サイトにも記載されているが、
    口座があり、正午までに契約手続きが完了すれば、
    即日融資は可能であると言っている。

    ただ、即日で融資してもらえるかは、
    審査がスムーズに行われることが条件となる

    上記のように以前は可能だったが、
    現在は審査完了までに最低でも2~3日はかかるためだ。

    口座がない場合は融資までにどのくらい時間がかかるのか

    ちなみに口座がない場合だが、
    審査や手続き、そして手元にカードが届くまで、
    最短でも10~14日ほどかかる。

    振込融資を希望した場合でも、
    口座開設~融資までは10日前後かかるそうだ。

    以上のことからも、
    もし即日で借りたければ、
    銀行カードローン以外を利用するしかない。

    ちばぎんカードローンの在籍確認について

    申込完了後、そのまま審査に進み、
    審査過程の中で在籍確認が行われる。

    在籍確認は申込時に記載した、
    勤め先電話番号に電話にて確認される

    この電話だが事情があり、
    電話での確認ができない場合(※)の対処方法について聞いてみた。

    ※勤め先の会社が個人情報保護の理由で答えてくれない時など

    電話での在籍確認が難しい場合について

    もし電話で在籍確認が難しい場合、
    一度、千葉銀行に相談してほしいとのことだった。

    相談時には電話での確認ができない理由を伝え、
    在籍を証明できる書類等の提出をする。

    在籍確認ができる物は社名の入った、

    • 直近二か月分の給与明細
    • 健康保険証

    のいずれかがあれば大丈夫とのこと。

    また電話以外の方法で在籍確認を相談し、
    依頼するタイミングだが、

    • 電話で申込した場合は申込時に伝える
    • WEB申込の場合は申込して1時間後ぐらい(※)に電話をかけ伝える

    とのことだ。

    ※申込した情報がシステムに反映されるまでにかかる時間だそうだ

    ちなみに電話をかけられるのが困る人が、
    用意しておく真っ当な理由としてはやはり、
    個人情報保護で電話での確認が難しいと伝えることだろう。

    ちばぎんカードローンの借入と返済について

    借入方法について 下記方法、ATMで借入可能

    • 振込融資
    • 千葉銀行ATM
    • 提携ATM

    返済方法について 下記ATMで返済可能

    • 千葉銀行普通預金口座より自動引落
    • 銀行ATM(※)
    • 提携ATM(※)

    ※随時返済(上乗せ返済)は可能

    提携ATMについて

    ちばぎんカードローンの提携ATM一覧

    提携ATM手数料

    手数料 時間帯
    108円 月~金曜日の8:45~18:00
    216円 月~金曜0:00~8:45&18:00~24:00
    月曜8:00~8:45、土曜は終日、日曜0:00~21:00

    返済期日について

    • 毎月1日

    借入額50万円までの金利と月々の最低返済額

    利用残高 金利 最低返済額
    1~100,000円 14.8% 2,000円
    100,001~200,000円 14.8% 4,000円
    200,001~300,000円 14.8% 6,000円
    300,001~400,000円 14.8% 8,000円
    400,001~500,000円 14.8% 10,000円

    最低返済額は非常に低く設定されている。

    毎月の返済を少なくしたい人には向いているが、
    この設定額で返済し続けることは利息が高くつくためおすすめしない

    毎月、口座から自動引落される最低返済額だけでなく、
    ATM等から随時返済で上乗せして多めに返済できるのが理想だ。

    例えば、10万円借りた時なら、
    下記のシミュレーションのように返済するかだ。

    返済シミュレーション

    ちばぎんカードローンで10万円、金利14.8%で借入し、毎月1万円返済した場合

    返済回数 元金 返済額 利息
    1 ¥100,000 ¥10,000 ¥1,200
    2 ¥91,200 ¥10,000 ¥1,094
    3 ¥82,294 ¥10,000 ¥988
    4 ¥73,282 ¥10,000 ¥879
    5 ¥64,161 ¥10,000 ¥770
    6 ¥54,931 ¥10,000 ¥659
    7 ¥45,590 ¥10,000 ¥547
    8 ¥36,138 ¥10,000 ¥434
    9 ¥26,571 ¥10,000 ¥319
    10 ¥16,890 ¥10,000 ¥203
    11 ¥7,093 ¥7,178 ¥85
    利息合計 ¥7,178

    最低返済額の約5倍の返済額で返済しての利息なので、
    もし最低返済額2,000円で払い続ければ、利息も約5倍になるからだ。

    どうしても返済が苦しい月は2,000円で構わないが、
    余裕がある時は多めに返済していくのが賢い使い方だといえるだろう。

    まとめ!ちばぎんカードローンはこんな人におすすめ!

    普段から千葉銀行を利用していれば、
    口座から自動引落もできるので返済管理もしやすい。

    しかし口座がない人や、
    営業区域外に住んでいて利用できない人なら、
    メガバンクをはじめ、他のカードローンを利用すべきだろう。

    ちばぎんカードローンの公式サイトはこちら