ダイレクトワンを調査してわかった特徴と利用する前に知っておきたいこと

2.5
ダイレクトワンのバナー画像
ダイレクトワンのココがおすすめ!
  • 店頭にて申し込みすれば即日での借入も可能
  • WEBから24時間申込&全国どこからでも利用可能
  • カードは郵送してもらっても翌日に届く
  • 在籍確認は勤め先の固定電話からかけても確認可能

ダイレクトワンはスルガ銀行グループの消費者金融だ。金利は10万円以下の借入で20%と他の消費者金融と比べると金利は高めだが、ダイレクトワンの店舗に行けば即日融資可能、カードを郵送してもらう場合でも最短翌日に届く(速達で発送)など、融資までの時間はかからない。また在籍確認は相談の上となるが、自身の勤め先(固定電話のみ)からダイレクトワンに電話をしても確認としてくれる。これはダイレクトワン以外では見られない対応だ。10万円以上借りたい、もしくは来店不要で即日融資を希望であれば、他のカードローンを選ぶのがおすすめだ。例えば「プロミス」あたりも一度、検討してほしい

借入限度額実質年率最短融資時間土日融資WEB契約完結
1~300万円4.9%~20.0%最短即日(店頭契約)×
パート・アルバイト専業主婦電話以外の在籍確認総量規制保証人
××対象不要

ダイレクトワンの公式サイトはこちら

ダイレクトワンってどんなキャッシング?

スルガ銀行グループのダイレクトワンは、
東京、神奈川、静岡、山梨、愛知に店舗を構える。

ダイレクトワンの店舗、営業エリア

銀行カードローンと錯覚しがちだが、
グループ内の消費者金融的位置付けの会社だ。

ダイレクトワンは店舗を構える、
エリア外に住んでいる人でも利用できるので、
全国どこからでも借入可能だ。

ダイレクトワンに申込できる人

会社員派遣社員公務員アルバイトパート
自営業水商売専業主婦学生年金受給者
××
  • 20~69歳までの人で安定した収入がある人

ダイレクトワンで申込する時に必要な書類について

必要となるのは本人確認書類、
あと借入額によっては収入証明が必要となる。

本人確認書類について

ダイレクトワンに申し込む際に必要な本人確認書類一式

住民票の代わりに公共料金の領収書、納税証明書なども可

収入証明について

借入額が50万円を超える、
もしくは他社からの借入額と合わせ、
100万円を超える場合は収入証明の書類が必要となる。

収入証明と認められる書類
源泉徴収票、給与明細(直近2か月分以上)、所得証明または所得課税証明 etc.
(個人事業主の場合はダイレクトワンに要相談)

ダイレクトワンの金利について

ダイレクトワンの金利で特徴的なのが、
上限金利が20%ということだ。

借入額(元本)利息制限法で定められた金利
~10万円20.0%
10~100万円18.0%
100万円~15.0%

金利20%は利息制限法(※)でいう、
10万円以下の貸付に対して適用できるMAXの金利だ。

この利息制限法に基づく貸付は法律で決められているため、
ダイレクトワンが金利20%で貸付するのは10万円までだ。

また利息制限法では10万円以上の貸付に対しては、
20%ではなく、18%以下での貸付が決められている。

そしてダイレクトワンの場合、
この利息制限法の上限金利に従った金利で貸付をしている。

ただし、10万円以下の借り入れを考えると、
20%での貸付条件は良いとは言えないのも事実だ。

10万円以下の借り入れで、
より良い条件で借りたい人はこちらをご覧いただきたい↓

ダイレクトワンの申込から融資までの流れについて

ダイレクトワンの申込~契約までの手順について

審査結果は全てメールで行われる。

はじめに送られてくる、
自動審査の結果もメールで送られるため、
申込時に入力したEメールとパスワードが必要となる。

この申込時に入力したEメール、
パスワードに関してはダイレクトワン側でもわからない。

もし入力ミスや忘れてしまうと、
再度、申し込みが必要となってしまうので、
注意してくださいとのことだった。

2回申込すると重複申込や複数申込になるのでは?

借入の申込を短期間に複数回行うと、
信用情報機関に登録され、以後の借入に支障をきたす場合がある。

間違いであるとわかった申込に関しては、
1回目の申込は取り消すため、信用情報に影響しないとのこと。

できれば、間違えないでほしいとのことだが、
「間違えても安心してください」と言っていた。

それとダイレクトワンの手続きで特徴的なのは、
本人確認書類提出後、本人宛にかかってくる確認電話だ。

この電話で申込の確認や審査にあたり必要な情報、
後述するが在籍確認について、打ち合わせをするそうだ。

ダイレクトワンは即日融資してもらえる?

即日融資は審査通過後、
ダイレクトワンの店舗で手続きを行えば可能だ。

申込時間は早いに越したことはないが、
遅くても正午前後までには申込は完了させておきたい。

店舗が近くにない場合はカードを郵送してもらう

近くに店舗がない場合は、
カード(ローン専用カード)を郵送してもらう必要がある。

カード発送だが契約手続き完了後、
速達で送ってくれるとのことなので、最短翌日には届く。

つまり、店舗で手続きをしない場合でも翌日には借入できるわけだ。

翌日にカードを受け取るためには

ちなみに翌日にカードを受け取りたければ、
申込した日にカードを発送してもらう必要がある。

当日中にカード発送をしてもらうには、
16時半頃までに全ての手続きが完了しておけば間に合うそうだ。

それと余談だが自宅にカードを郵送されたくない時も、
店舗に出向き手続きすればよいだろう。

ダイレクトワンの在籍確認について

在籍確認は本人確認書類の提出、
本人宛に申込内容の確認電話がかかってきた後、
審査の最終段階で行われ、勤め先への電話で確認される。

電話自体は個人名でかけることも、
他業者(保険会社)を装ってかけることも可能だそうだ。

在籍確認の電話についてはダイレクトワンと相談可能

どのように電話をかけてもらうかは、
本人確認書類を提出した後にダイレクトワンからかかってくる、
電話で打ち合わせするので相談してほしいとのこと。

ちなみに電話での確認は必須であり、
健康保険証などだけで確認は取れないとのこと。

では電話での確認が難しい場合、
在籍確認はどうしたらよいのか?聞いてみた。

電話で在籍確認が取れない場合はどうしたらよいか

電話での確認は必須だが、
ダイレクトワンからの電話でなくても、
自身の勤め先からダイレクトワンにかける(※)ことで、
在籍確認としてくれるとのことだった。

※勤め先の電話が固定電話であることが条件だ

理由としては申込した時点において、
毎日きちんと働いているか?電話をかけることで、
確認することが決まりだからだそうだ。

なので、勤め先からダイレクトワンに電話することで、
きちんと会社に出社している=働いていると判断するというわけだ。

ちなみにもし、会社に固定電話がない、
電話が取れない場合は「別途相談してください」とのこと。
在籍確認に柔軟な姿勢だった。

ダイレクトワンの借入と返済について

借入方法について 下記方法、ATMで借入可能

  • 振込融資( 初回契約時は不可 )
  • 店頭窓口
  • 提携ATM

返済方法について 下記方法、ATMで返済可能

  • ダイレクトワン指定の銀行口座へ振込(※)
  • 店頭窓口
  • 提携ATM

※契約する店舗によって返済金融機関は異なる

提携ATMについて

ダイレクトワンの提携ATM一覧

ゆうちょ銀行ATMも利用可能(2018年10月1日より)

提携ATM利用可能時間
スルガ銀行、セブン銀行、
イオン銀行、タウンネットワークサービスATM
平日:7:00~23:00
土日祝日:7:00~21:00
E-net月~金:7:00~23:00
土祝:7:00~21:00
日:7:30~21:00
プロミスATM全日:7:00~21:00
ZERO BANK月~金:8:00~21:00
土日祝:8:00~20:00
ゆうちょ銀行ATM平日:9:00~21:00
土日:9:00~17:00

提携ATM手数料

1万円以下の利用時1万円以上の利用時
108円216円

返済期日について

  • 自身で設定可能

借入額に対する金利と月々の最低返済額

利用残高金利最低返済額
1~100,000円20.0%4,000円
100,001~200,000円20.0%8,000円
200,001~300,000円20.0%12,000円
300,001~400,000円20.0%12,000円
400,001~500,000円20.0%15,000円

ダイレクトワンで借入した場合、
注意したいのが10万円以下で借りた時だ。

他社と比べても金利が高いため、
最低返済額での返済では利息も増えてしまうのだ。

理想としては下記シミュレーションぐらいの返済額か、
もしくはそれ以上に上乗せして返済できるのが好ましいだろう。

返済シミュレーション

ダイレクトワンで10万円、金利20.0%で借入し、毎月1万円返済した場合

返済回数元金返済額利息
1¥100,000¥10,000¥1,644
2¥91,644¥10,000¥1,506
3¥83,150¥10,000¥1,367
4¥74,517¥10,000¥1,225
5¥65,742¥10,000¥1,081
6¥56,823¥10,000¥934
7¥47,757¥10,000¥785
8¥38,542¥10,000¥634
9¥29,175¥10,000¥480
10¥19,655¥10,000¥323
11¥9,978¥10,142¥164
利息合計¥10,142

上記表のように上乗せ返済したとしても、
他社で借入した場合と比べると2~3,000円利息は高くなる。

利息だけでみれば、
他の消費者金融で借入がよいだろう。

ただこれは上限金利の20%で借入した時の話だ。

審査次第では大手消費者金融と同様、
18%程度の金利で利用できる可能性もある

金利18%以下で利用できれば、
ダイレクトワンのウィークポイントはなくなるといえるだろう。

まとめ!ダイレクトワンはこんな人におすすめ!

借入時の金利は高めであるが、
来店で即日融資可能、カードを郵送してもらっても、
手続き次第では翌日にはカードが届く

この融資までのスピードも魅力だが、
在籍確認の取り方も融通を利かせてくれるなど、
何かと借入しやすいと感じる消費者金融だった

またスタッフの対応も非常に良く、
わからないことも親切、丁寧に教えてくれたのも好印象だった。

ダイレクトワンの公式サイトはこちら

タイトルとURLをコピーしました