専業主婦のキャッシングについて最新情報から解説しよう

更新日:

専業主婦がキャッシングするとなると、
なかなかご自身の名義だけで借りることができないのが現状だ。

では専業主婦の場合、お金を借りることは不可能なのか?

専業主婦でもキャッシングするための方法、
知っておくべき情報を調査した。是非、最後までご覧いただきたい。

    主婦でもパートをしている人ならどこでも借りられる

    結論から言うと、パートをしている人であれば、
    専業主婦という扱いにはならず、基本、どこでも借り入れは可能(※)だ。

    ※詳しくは「パート・アルバイトの借り入れについて」の記事をご覧いただきたい。

    これはパートをしていれば、
    安定した収入があると見込まれるためであり、
    キャッシングする上では必須条件となる。

    しかし、専業主婦の場合、
    自らの収入がないものとみなされるため、
    安定した収入がないと判断される。

    専業主婦がキャッシングできない理由

    そのため、専業主婦である以上、
    なかなか借り入れ先がないというのが現状だ。

    専業主婦がキャッシングするには配偶者貸付という方法がある

    では全く専業主婦がキャッシングできないのか?
    というと「配偶者貸付」という方法がある。

    この「配偶者貸付」とは、
    総量規制の「例外貸付け」に分類されるものだ。

    配偶者貸付とは

    配偶者の同意を得る必要がありますが、借入本人と配偶者の収入を合算して、その3分の1までの借入れを可能とする「配偶者貸付」という総量規制の「例外」制度があります。

    1. 配偶者の収入を証明する書類
    2. 夫婦間の身分関係を証明する公的書類(住民票・戸籍抄本など)
    3. 配偶者貸付を締結することについての配偶者の同意書
    4. 指定信用情報機関への信用情報の提供などに関する配偶者の同意書

    を提出することが必要です。

    引用元:日本貸金業協会 総量規制が適用されない場合について

    この配偶者貸付を利用すれば、
    専業主婦であっても、キャッシングできる可能性があるわけだ。

    配偶者貸付で専業主婦はいくらまで借りられるのか?

    配偶者貸付で専業主婦が借りられるのは、
    配偶者との年収を合算した額の3分の1までとなる。

    …が専業主婦の場合、収入はないはずなので、
    配偶者の年収の3分の1と考えることになる。

    配偶者貸付の利用限度額について

    ただし、配偶者が審査を受けることになるので、
    配偶者が過去の借入でもし問題を起こしている場合(※)ならば、
    新規で融資してもらうことは難しいことになる。

    ※過去に起こした借入の問題については「金融事故を起こすとキャッシングはできない!」の記事を参考にしてほしい

    ここまでの話は配偶者が、
    キャッシングすること知っている、認めている場合だ。

    ただ、専業主婦がキャッシングする時、
    悩みとして多いのが配偶者に内緒でお金を借りたい場合だ。

    専業主婦が配偶者に内緒でキャッシングしたい時に直面する問題点

    収入証明書は会社から配布される、
    源泉徴収票を見せてもらいコピーをとればOKだ。

    問題なのが配偶者の「同意書」だ。

    同意書は配偶者に記入してもらう必要がある(※)ため、
    キャッシングすることを知られてしまう可能性が高くなる

    ※同意書は自分で勝手に作っても無効となる。

    では配偶者に内緒で借りられないのか?というと、
    以前は銀行のカードローンを利用すれば、内緒に借りることができた。

    しかし銀行の過剰融資(※)が問題となって以降、
    専業主婦はキャッシングできなくなってしまったのだ。

    ※詳しくは「問題となった過剰融資について」の記事をご覧いただきたい

    専業主婦が配偶者貸付でキャッシングできるところはどこか?

    ちなみに配偶者貸付を利用したキャッシングは可能か?だが、

    消費者金融、銀行カードローンを中心に調査したのだが、
    配偶者貸付は利用できない、貸すことはできないとの回答だった。

    要するに専業主婦が内緒にキャッシングしようにも、
    消費者金融、銀行カードローンから借りるはできないのだ。

    旦那のローンカードでキャッシングしたら犯罪になりますか?

    「勝手にキャッシングしたら夫婦とはいえ犯罪じゃないの?」
    と思うかもしれないが、実は犯罪にはならない。

    これは夫婦間の共有の財産として認められているためだ。

    なので、配偶者の借入用のカードがあり、
    要は暗証番号さえわかっていれば、借りることは可能のだ。

    ただ返済時、引落口座が旦那さんの口座の場合、
    勝手に借りたことを知られる可能性はあることは覚悟しておこう。

    何とか夫に知られずキャッシングしたいのですが…

    30歳の専業主婦です。夫に内緒で矯正下着を買いました。貯金を崩して買ったのですが色々と出費が重なり、今月の返済が難しいのでとりあえず一時しのぎでどこかで借りたいと思います。ただ事情が事情なので誰にも知られたくありません。夫はもちろんですが、近所の人にも知られずに借りれるところはありますか?

    以前は利用できたネットバンク、
    楽天銀行も配偶者貸付をしていないため、
    現在では知られずに借りられるところはなくなった。

    専業主婦である以上、
    自分の名義だけでは借りられないのが現状だ。

    専業主婦をやめて働き始めてもすぐに借りることはできない?

    もしどうしても知られたくないのであれば、
    借りることを諦めるか、収入を証明するために働きに出るしかない。

    しかし、働き始めたとしても、
    すぐにキャッシングは難しいのも現実だ。

    なぜなら就労してから最低でも、
    6ヶ月程度は経たなければ、審査に通ることが難しいためだ。

    ここまでの情報を見ると、
    専業主婦はどこからもキャッシングできない、
    と悲観的に考えてしまうだろう。

    しかし実は配偶者貸付を利用し、
    キャッシングできる借り入れ先が存在するのだ。

    専業主婦が配偶者貸付を利用しキャッシングできるのはココ!

    専業主婦がキャッシングするなら、
    セディナのクレジットカード「Jiyu!da!」の、
    キャッシング枠を利用する方法があるのだ。

    この「Jiyu!da!」は数あるクレジットカード(クレカ)の中で、
    審査に寛容であり、公式サイトでも主婦の利用はOKと記載している

    そして、収入がない専業主婦であっても、
    配偶者貸付け申込書の提出でキャッシングすることができるのだ。

    セディナ「Jiyu!da!」

    3316

    初回申込後の利用できる限度額は50万円、もしこの金額で必要に足るのであれば、この「Jiyu!da!」は利用する価値はあるだろう。またクレカならではの様々な付帯サービスもある(ダイエー、イオンなどで買い物をした時に毎日ポイントが3倍たまる)ので、今すぐお金を借りない場合でも持っていて損はしないのもポイントだ。

    借入限度額 実質年率 専業主婦
    の借入
    WEBで手続き申込
    1~200万円
    (新規申込は50万円まで)
    上限18.0%
    最低返済額 利用できる年齢 年会費 特典
    5,000円~ 18歳以上
    (高校生を除く、電話連絡が可能な方)
    無料 ・買い物利用時に毎日ポイント3倍、
    ・セディナメディカルコール etc.

    「Jiyu!da!」の公式サイトはこちら

    まとめ!専業主婦がキャンシングについて

    残念ながら現在、専業主婦が、
    カードローンでキャッシングするなら、
    配偶者貸付を利用してもキャッシングすることはできない。

    借りられる可能性があるとすれば、
    セディナのクレカ「Jiyu!da!」のキャッシング枠を利用する方法だ。

    しかし、もし「Jiyu!da!」でお金借りられない場合ならば、
    働きに出るか、配偶者に借りなければならない理由をきちんと伝えるべきだ。

    もし借りる原因が夫の浪費癖が問題であるのに、
    真剣に向き合ってくれない状況なのであれば、両親、
    もしくは弁護士に相談する方法もある。もちろん、筆者も話を聞こう。

    1人で抱え込むことはないのだ。