収入証明書不要で借りるためには?必要な条件などを調査、その方法を解説しよう

カードローンを利用する時、
「収入証明書」の提出を借入先から促される場合がある。

しかし、借りる金額によっては、
収入証明書の提出が不要な場合もある

では消費者金融や銀行のカードローンを例に、
収入証明書なしで借りるメリットや方法を解説していこう。

そもそも収入証明書は何のために利用するのか?

消費者金融や銀行から借入する時に、
収入証明書の提出を促される場合がある。

この「収入証明書」とは、
年収や所得はどのくらいあるのか?確認する書類なのだ。

源泉徴収票から見る年収の見方

年収を確認するのは返済能力の把握や、
過剰な融資を防止するため、また総量規制など、
法律に触れた貸付をしないために必要となるのだ。

収入証明書として認められているもの

  • 源泉徴収票
  • 給与明細書…例)直近2か月分
  • 確定申告書
  • 所得(課税)証明書
  • 住民税課税決定通知書
収集証明書となる書類について

収入証明書不要だった楽天銀行のカードローンも提出が必要になった

現在では借入額に関係なく、
収入証明書不要で借りられるカードローンはない。

以前であれば、楽天銀行スーパーローンなど、
収入証明書不要で借りられるとアピールしていた銀行のカードローンも、
現在は収入証明書の提出を促すようになっている。

楽天銀行スーパーローンの場合であれば、公式サイトにも収入証明書不要で借りられることをアピールしていたが全て削除、収入証明書なしで借りられる記載がすべて削除されている。

ただこの年収の確認は全ての借入に必要ではなく、
収入証明書の提出をしなくても良いケースがあるのだ。

カードローン各社の収入証明書を提出するケースを調査してみた

消費者金融のカードローンの場合、
50万円以下借りる場合であれば、収入証明書の提出は不要だ。

大手消費者金融カードローンにおける収入証明書の提出が必要な場合

プロミス 公式サイトより・ご提出いただいた収入証明書類の発行日から、3年以上が経過した方
・ご利用限度額が50万円を超える方
・ご利用限度額と他の貸金業者からのお借入の合計が100万円を超える方
アコム 公式サイトより
アイフル 公式サイトより
レイクアルサ 公式サイトより
SMBCモビット公式サイトに明記なし

ご覧の通り、大手消費者金融の対応はほぼ変わらない。

借入で収入証明書がいらないケースイメージ

ちなみに銀行カードローンは審査によって等、
収入証明書の提出を求められる場合もある。詳しくは後述しよう。

さて他社からの借入がある場合、50万円以下借りる時でも、
収入証明書の提出が必要となるケースについて詳しく解説していこう。

50万円以下借りる時でも収入証明書の提出が必要なケース

新規借入を希望する額が50万円以下でも、
既に他社から借りている場合だ。

他社からの借入額合計と併せ、
新規借入分で100万円を超えてしまう場合、
収入証明書の提出が必要となるのだ。

新規借入と合わせ他社からの借入額が100万円を超える場合とは

A社B社C社
40万円30万円35万円(新規借入希望額)

A社40万円 + B社30万円 + C社35万円(新規借入希望額) = 105万円

このように新規借入分が35万円であっても、
他社借入額と合わせることで100万円を超えるため、
収入証明書の提出は必要となってくる。

また他社借入がない場合で、
50万円以下の借入であっても貸付時の審査次第で、
収入証明書の提出が必要となる場合もある。

つまりカードローンで収入証明書の提出が必要となる場合とは

カードローンを利用する場合、
収入証明書の提出が必要となる可能性があるのは、
以下の条件に当てはまる場合だ。

  • 50万円以上借りる場合
  • 他社の借入と新規で借りる金額と合わせ100万円を超える場合
  • 審査で収入証明書が必要と判断された場合
  • 銀行カードローンなど利用金額に関係なく、提出を求められた場合

もし該当しないのであれば、
収入証明書や所得証明不要で借りることは可能だ。

収入証明書の提出に抵抗がなければ、 気にすることではないようにも思われるが、 収入証明書の提出なしで借りられるメリットがあるのだ。

収入証明書なしで借られるメリットとは

収入証明書不要で借りるメリット、
これは契約までの手続き等の煩わしさが少なくなるからだ。

例えば「給与明細書」など、
普段から収入証明書の類を持ち歩いているだろうか?

人によっては給与明細を、
奥さんに渡してしまっている人もいるかもしれない。

「お金を借りたいから給与明細書をもらえる?」
なんて聞くことはなかなかできないだろう。

収入証明書を妻にお願いする夫

つまり収入証明が必要となれば、
借入を家族に知られる可能性も出てくるわけだ。

ちなみに収入証明書なしで借りるメリットについて、
「会社員」と「個人事業主」が借りる時を例に見ていこう。

会社員が収入証明書なしで借りられるメリットとは

会社員が収入証明書なしで借りれるということは、

  • 源泉徴収票
  • 給与明細

が不要で借りられるというわけだ。

また実際に源泉徴収票か給与明細を提出する場合だが、
いずれかのコピーを提出すれば大丈夫だ。

では源泉徴収票や給与明細をを提出しないメリットはどんなことがあるのか?見ていこう。

源泉徴収票不要で借りられるメリットとは

源泉徴収票を借入先に提出するということは、
前年度の年収に応じて、利用限度額が決められるということだ。

「源泉徴収票」とは会社勤めの人なら年末調整後、受け取る前年度の収入を証明する書類のことだ

筆者の源泉徴収票

例えば、前年度の年収が低く、
借りたい金額に対し、年収が届いていない(※)場合、
源泉徴収票なしで借りれるメリットはあるだろう。

※借入できる額は年収の半分、もしくは3分の1までだからだ。

給与明細なしで借りるメリットとは

給与明細を提出する場合、
提出する給与明細は直近2ヶ月分を言われることが多い。

収入証明書となる給与明細書について

給与に変動がない人や、
直近で手取りが増えている人は、
給与明細を提出しても構わないだろう。

しかし、歩合制などで給与が変動し、
直近の給与所得が下がっているなら、
借入額に影響がでてしてしまう可能性があるからだ。

個人事業主が収入証明書なしで借りられるメリットとは

個人事業主がカードローンで借り入れする時、
収入を証明するものとして確定申告書の提出が求められる。

この確定申告書で問題となるのが、
実際の売上などよりも低く申告した=過少申告している場合だ。

この場合、借り入れできる金額を減らされてしまう可能性があるのだ。

経費などで所得を減らすと借入金額は目減りする

税金逃れのための過少申告は税制上でも罰せられるが、
借入時にもデメリットが生じてしまうわけだ。

また経費などで利益を圧縮している場合も同様だ。

つまり、個人事業主にとって収入証明なしで借りられることは、
メリットとなる人も多いのではないだろうか。

所得証明書不要で借りられるメリットとは

特に収入を証明できる物がない、
もしくは証明できるもの失くしてしまった場合など、
自治体の発行する証明書が必要となる。

市町村の役所など自治体で発行される、
収入を証明できるものといえば、「所得(課税)証明書」が挙げられる。

当然のことながらこの所得証明書は、
市役所などに出向くか郵送にて発行してもらう物だ。

発行してもらうには基本、
本人が申請し、発行には手数料として300円かかる

急ぎで借りたい場合など、
申請手続きをするのは面倒であり、
手数料も300円とはいえ、支払うのも煩わしい。

なので、所得証明書不要で利用できるとなれば、
この手間がかからないのはメリットだろう。

収入証明不要なら自己破産している人でも借入できる?

収入証明を出さなくてもよいのであれば、
自己破産していてもわからないから借入できるのでは?と質問をされたことがある。

しかし収入証明書なしで借入できる場合でも、
自己破産した後、5~10年以内の人であれば、借入は不可能だ。

これは融資においては必ず、
信用情報機関のデータを参照に審査するからだ(※)。

自己破産は金融事故として扱われるため。詳細は金融事故を起こすとキャッシングはできない!のページを参照

今、銀行カードローンを利用するメリットについて考察してみた

収入証明不要ではなくなった、
現時点での銀行カードローンのメリットは、
消費者金融よりも借入時の金利が低いという点となる。

銀行カードローンは消費者金融よりも良い金利条件で借りられる

銀行カードローンは消費者金融と比べ、
上限金利が「3~4%」だけ低く借りることができる。

しかし借入時の審査は今回の過剰融資の指摘から、
今まで以上に厳格化され、厳しくなっている。

つまり借りやすさでいえば、
銀行カードローンよりも消費者金融となる。

金利と利息の関係から最適な借入先を探そう

ここでチェックしてほしいのが、
消費者金融と銀行カードローンを比べた時、
借入する金額によってはそこまで利息差はないことだ。

例えば10万円借りた時、
消費者金融の金利(実質年率)18%と、
銀行カードローンの金利14%で生じる、
一ヶ月の利息を見てみよう。

金利18%で消費者金融から10万円借入した時の一か月の利息

100,000×18%÷365×30=1,479円

金利14%で銀行から10万円借入した時の一か月の利息

100,000×14%÷365×30=1,151円

その差はわずか「328円」だ

ただこれは1か月分の金利差なので、
例えば、10万円借入し、毎月1万円返済したと仮定、
金利14%と18%で生じる利息の支払い合計を見てみよう。

消費者金融と銀行カードローンから10万円借り、1万円返済した時の利息

返済回数元金返済額利息
金利14%金利18%
1¥100,000¥10,000¥1,151¥1,479
2¥91,479¥10,000¥1,049¥1,353
3¥82,833¥10,000¥946¥1,225
4¥74,058¥10,000¥842¥1,096
5¥65,154¥10,000¥736¥964
6¥56,118¥10,000¥630¥830
7¥46,948¥10,000¥522¥695
8¥37,643¥10,000¥413¥557
9¥28,200¥10,000¥302¥417
10¥18,617¥10,000¥191¥275
11¥8,892¥9,024¥78¥132
利息合計¥6,859¥9,024

完済までに支払う利息差は2,165円だ。

もし10万円以下の借入なら、
この利息差と審査の難しさを天秤にかけた時、
銀行カードローンのメリットは少ないと筆者は考えている。

となると、10万円以下の借入であれば、
プロミスやレイクアルサといった消費者金融の利用も一つだ。

30万円、50万円借りた時の消費者金融と銀行カードローンの利息について

ちなみに30万円、
50万円借りた時の利息も見てみよう。

今回は比較のため、わかりやすく同様の毎月1万円としたが、30万円以上の利用なら、1万円以上の返済額設定されているところが多い。実際の利息は上記表より少なることはご理解いただきたい。

借入額
1万円/月
支払う利息合計
金利14%の場合金利18%の場合
30万円70,098円99,490円
50万円248,596円416,540円

いかがだろうか。
50万円借入すると、利息差が大きくなるのがわかるだろう。

ただこの利息差も毎月の返済額を増やせば、縮めることは可能だ。

借入額
2万円/月
支払う利息合計
金利14%の場合金利18%の場合
50万円93,001円128,953円

つまり、利用額に対し、毎月の返済額を多めに支払えるのであれば、
金利差はそこまで大きなメリットにはならないということだ。

例えば、50万円借入した場合で金利18%でも、
毎月の返済額を少し増やせば、利息は以下のようになる。

借入額支払う利息合計
金利14%金利18%
毎月20,000万円返済毎月26,000円返済
50万円93,001円92,731円

金利が高くても利息を減らすことが可能なのだ。

ただ、10万円以上の借入をする人で、
毎月の返済額を増やせない人であればやはり、
3~4%の金利差でも馬鹿にできないのは確かだ。

利息が増えることは覚悟の上だが、
銀行カードローンは月々の返済額が少額設定のため、
毎月の返済を減らしたい人にはメリットはあるはずだ。

まとめ!収入証明書不要で借入するカードローンならココ!

消費者金融ならプロミスがおすすめ

プロミスのバナー画像

大手消費者金融の中では一番金利設定が低いのがこのプロミスだ。またサービス面でも充実しており、30日間の無利息で借入も可能(メールアドレスとWEB明細の利用登録は必要)、WEB完結を利用すればカード発行なし(カードレス)で利用も可能だ(WEB取引でも対象金融機関は200行以上)。当サイトでも申込数、利用できた声も多くおすすめだ。

借入限度額実質年率最短融資時間土日融資WEB契約完結
1~500万円4.5%~17.8%最短1時間
パート・アルバイト専業主婦個人事業主総量規制保証人
×対象不要

銀行カードローンなら楽天銀行スーパーローンがおすすめ

楽天銀行スーパーローンバナー画像

収入証明書不要とはいかないが、銀行カードローンでいえば、融資の積極性を考え、楽天銀行スーパーローンは利用価値大だ。貸付の積極性を裏付けているのは、審査を行うのがクレジットカードの作りやすさで知られる楽天カードだからだ。事実、当サイト経由で申込した人で借入できたという声も多い銀行カードローンだ。

借入限度額実質年率融資時間土日融資WEB契約完結
最大800万円1.9%~14.5%2日~×
パート・アルバイト電話以外の在籍確認借り換え総量規制保証人
×不要
タイトルとURLをコピーしました