在籍確認なしにキャッシングできるカードローンはどこか?を調査、紹介しよう

一般的にキャッシングするとなると、
申し込みしたカードローン会社からご自身の働き先へ、
在籍確認の電話がかかってくる

カードローンの審査で行われる在籍確認の図解

電話は審査の一つとして行われるため、
貸し手側としても重要視している審査項目の一つとなる

そしてこの在籍確認の電話だが、
申込時に記載した勤め先の電話番号にかけてくる。

プロミスの申込画面

在籍確認の電話は時間の指定はできないため、
申込完了後にかかってくると考えておこう。

ちなみに筆者が受ける相談に多いのが、
在籍確認なしに借り入れすることはできないか?という相談だ。

筆者自身もこの在籍確認の電話が、
勤め先にかかってきたことで嫌な思いをしたことがある。

そこで在籍確認について、
また在籍確認なしでキャッシングする方法や、
選ぶべきカードローンを調査したので、紹介してこう。

スポンサーリンク

カードローンでキャッシングする時、在籍確認が必要な理由

カードローンでキャッシングする場合、
必ず行われるのが勤め先への「在籍確認」の電話だ。

そして借入先のカードローンから、
勤め先に電話があることを喜ぶ人は少ないのではないだろうか。

ではなぜ敬遠されがちな在籍確認の電話をわざわざ行うか?だ。

安定した収入があるかを判断するために在籍確認を行う

在籍確認を行う理由の一つとして、
借り手側に安定した収入があることを確認したいからだ。

もし収入がなければ、
返済してもらえないリスクは高くなる。

また消費者金融の場合であれば、
返済能力を超えた貸付はできない(※)面も挙げられる。

※引用元:貸金業法概要

申込時に記載してきた働き先で、
「本当に働いているのか?」を確認することは、
貸し手側からすれば重要な審査項目の一つなのだ。

つまり申込してきた時点において、
どんな仕事をしていて、返済もきちんとしてくれるのか?
判断するためにも重要な指標となるのだ。

在籍確認が行われるタイミングについて

在籍確認が行われるのは、
最終的な本審査の時が一般的だ。

申込後に行われる審査手順について

 申込後に行われる審査手順イメージ図

また、仮審査で確認される信用情報機関の情報から、
他社で契約していることや未払い(返済状況)があれば、仮審査で発覚する。

在籍確認の電話なしでキャッシングしたい理由を読者に調査してみた

当サイトの読者に在籍確認について、
どのようなイメージを持っているのか調査したところ、
在籍確認の電話を避けたい理由として、以下のような声が多かった。

  • 会社に電話されると変に怪しまれる
  • 契約社員で出向しているのでどこに電話がかかってくるか不安
  • カードローンを利用していることを会社に知られたくない
  • 在籍確認の電話を個人情報保護の観点から取り合ってくれない
  • 実際、今は働いていない(無職である)ため

やはり、お金を借りることが知られたくない、
在籍確認が取りにくい状況に置かれている人がいることもわかった。

「在籍確認の審査」をクリアしなければ借り入れは不可能

在籍確認が取れなければ、
借入することはほぼ100%不可能だ。

実際に筆者もかつて、
在籍確認が取れなかったがことが理由で、
借入の審査に落ちた経験がある。

審査に通過するためには、
何としても在籍確認はクリアしておきたい、
借り入れ成功のためには避けては通れない道なのだ。

在籍確認には会社の代表番号でなくてもOK

在籍確認は申込時に記載する、
働いている会社の電話番号にかかってくる。

なので、かかってきても支障がない、
電話番号を記載しておいたほうがよいだろう。

代表番号などかかってくると困る場合、
他の電話番号でも申込した本人が働いていることがわかる、
つまりは在籍していることが確認できる電話番号であればOKだ。

勤め先に自分宛の電話があることを事前に伝えておこう

なぜなら在籍確認で在籍しているのか?を答えることは、
個人情報保護法に抵触すると考えている企業もあるからだ。

解決策としては、事前に自分宛の電話があることを会社側に伝えておくことだ。

なぜなら個人情報保護法からすると、
本人の同意があった場合は可能という見解となるから(※)だ。

引用元:個人情報保護委員会

ここで問題となるのが「誰からかかってきますか?」と会社の人に聞かれた場合だ。

ここでポイントとなるのが借入先の審査担当者が、
偽名等を含む、固有名詞で電話をかけてくれるかどうかだ。

例えば、「鈴木」という名前で電話をかけてくれるとすれば、

「鈴木さんという人から電話があると思うから、席を外していると伝えておいて」

と会社の人に言っておくことで会社側も、

会社の電話受付
「○○は席を外しております」

と答えることができ、在籍確認もとることができるわけだ。

そこでカードローン利用時、
会社に個人名(鈴木さん等)で電話をかけてくれる、
大手消費者金融とメガバンクを調査してみた。

在籍確認時に個人名で確認可能な消費者金融及びメガバンク

金融機関名個人名での在籍確認の確認
プロミス
アコム
アイフル
SMBCモビット
レイクアルサ
ダイレクトワン
Sulali
三井住友銀行
三菱UFJ銀行要相談
みずほ銀行要相談

ほとんどが対応してくれることがわかった。

在籍確認の電話が会社にかかってきた時の対応方法について

勘の鋭い電話受付の人なら、
会社名を名乗らないことに「怪しい」と勘ぐられるだろう。

噂好きの人であれば…
「◯◯さん、借金しているよ、きっと。」
なんて言いふらされる可能性もある(筆者は正に噂された)。

在籍確認でキャッシングしたことが知られる可能性もある

在籍確認を怪しまれることなく済ます方法として、
筆者がおすすめしているのは以下のパターンだ。

取引先からの電話があると伝える

「私宛に電話がかかってきますので、
席を空けていると伝えておいてください。
ちなみに先方の名前ですが忘れてしまったので、
聞いておいてもらえますか?」

クレジットカードなどを契約したと伝える

クレジットカードを作っても疑う人は少ないはずだ。

「昨日、○○カード(クレジットカード)に申し込んだので、
私宛に電話があります。在籍していますと伝えておいてください。」

特に怪しまれることなく、在籍確認が取れるはずだ。

友人から電話があると伝える(個人名で在籍確認をしてくれる場合)

「あとで友人から電話があるので、
よろしくお願いします(…といって、早々に席を外す)」

といったことを伝えることだ。
一芝居は打つわけなので、サラッと伝えることが大切だ。

派遣会社勤めの場合、在籍確認の電話はどこにかかってくるのか?

在籍確認の電話がかかってくるのは、
派遣元であるため、派遣先に電話がかかってくることない

申込時に入力する勤務先情報は、
派遣元の情報を書いておこう。

しかし、派遣元によっては、
在籍確認を取り次いでくれない可能性もある

引用元:テンプスタッフ 在籍確認・各種証明書について

事前に在籍確認の電話をとってくれるのか?
確認しておくか、必要であれば応対をしてくれるよう、
頼んでおくとよいだろう。

派遣会社に登録しているだけだと在籍確認は取れない場合もある

派遣会社に登録しているだけでは、
在籍確認を取り次いでくれない場合もある。

あくまで派遣されている期間中であれば、
雇用契約を結んでいるため、在籍確認に対応してくれるというケースが多い。

会社への電話連絡なしで借りられるカードローンもある

ここまで在籍確認について書いたが、
正直なところ、会社にかかってくることで色々と煩わしい。

そこで紹介しておきたいのが、
電話以外の方法で在籍確認がしてくれるカードローンについてだ。

以下のカードローンであれば、
電話以外の方法で在籍確認が可能だ。

  • プロミス
  • アコム
  • SMBCモビット
  • アイフル
  • レディースローン「Sulali」
  • 三井住友銀行カードローン

また在籍確認を電話以外で行う場合、
電話以外の方法で確認してほしいと借入先に伝える必要がある。

では借入先に在籍確認を電話以外の方法で、
と伝えるタイミングを見てみよう。

会社(サービス)名電話以外の方法を伝えるタイミング
プロミス申込後、本人確認の電話にて伝える
アコム申込後、仮審査の結果メールがきた後に伝える
SMBCモビットWEB完結なら電話連絡なし
アイフル申込後、本人確認の電話にて伝える
Sulali基本的に電話連絡なし
三井住友銀行申込後、本人確認の電話にて伝える

ちなみに銀行カードローンの場合、 ほぼ100%、電話での在籍確認が必要としている。

しかし銀行カードローンでも、
在籍確認の電話連絡なしで借りられるところもあるのだ。

  • セブン銀行カードローン
  • 三井住友銀行カードローン

これら2つの銀行であれば、
電話以外での在籍確認も行ってくれる、
数少ない銀行カードローンなのだ。

では、電話以外の在籍確認はどのように行われるのか?解説していこう。

カードローンにおける【電話以外の方法で在籍確認を行う方法】について

結論から言えば、在籍を確認するためには、
会社で働いていることさえ、証明できればよい

働いていることを証明できる物

  • 運転免許証やパスポート(顔写真付のもの)
  • 健康保険証
  • 給与明細
  • 源泉徴収票
  • 社員証

ただ、これらのもの全て、
提出する必要はなく、提出物は借入先によって異なる。

では借入先において在籍確認として、
利用できる提出物をまとめてみたので見てみよう。

会社(サービス)名必要なもの(基本的にコピー)

プロミス
プロミスのバナー画像

電話での在籍確認に対して要望がある場合は申込完了後、すぐに相談が必要

・顔写真付きのもの
…ex)運転免許証(ない場合はパスポート)

・外国籍の人は「在留カード」または「特別永住者証明書」
(法令により、有効とみなされる期間内は外国人登録証明書を含む) をあわせて用意

・借入総額次第で収入証明書類(源泉徴収票等)が必要

・個人事業主は確定申告書(写し)等が必要

アコム
アコムのバナー画像

・運転免許証など(パスポートも可能…顔写真付きのもの)

・社会保険証

・外国籍の人は「在留カード」または「特別永住者証明書」

・個人事業主は確定申告書(写し)を提出

アイフル
アイフルのバナー画像

・運転免許証
(交付を受けていない人はその他身分証明書等)

・源泉徴収票、確定申告書、給料明細書(直近2ヶ月分)など

※下記いずれかの場合には上記、収入証明書の提出が必要
1.他社を含めた借入総額が100万円を超える場合、
2.アイフルでの利用で50万円を超える契約を行う場合

SuLaLi
アイフル「SuLaLi」のバナー画像

・顔写真付きの身分証明書(運転免許証、パスポートなど)

・携帯で撮った顔写真

三井住友銀行カードローン
三井住友銀行カードローンのバナー画像

・収入証明書(会社名と申込者の名前がわかるもの)

・運転免許証、個人番号カード、パスポート、住民基本台帳カ-ド(顔写真付き)等(※)

※本人確認書類については、三井住友銀行のホームページをご覧ください

各社、必要なものは微妙に異なるがまとめると、

  • 運転免許証 or パスポート
  • 源泉徴収票
  • 健康保険証
  • 給与明細

の4点が揃っていれば、
まず利用できないカードローンはないと言える。

特に健康保険証に関して言えば、
いつ会社に入社したのか?一目でわかる証明書であり、
資格取得日が正に雇用された日=入社日もわかるためだ。

健康保険証で入社日を確認する箇所

つまり、いつから在籍しているのか、
何年働いているのかを知ることができるため、
在籍を証明する上では信憑性が高い書類といえるのだ。

「在籍証明書」の提出が必要な場合もある

銀行カードローンの場合、在籍確認を証明する物として、
「在籍証明書」の提出を言われることがある。

特に地方銀行のカードローンで、
電話確認ができない時に必要になる時があるのだ。

「在籍証明書」はどんな書類なのか?

在籍証明書はいくつか書式があるが、
要するに会社に在籍していることが分かればよい

ただし用意はご自身でするものではなく、
勤め先の会社に作成、記入してもらう必要がある(※)。

※もし勤め先で用意できなければ、ご自身で雛形を用意し記載してもらおう

在籍証明書の雛形

書式によっては印鑑を押す箇所がない場合もあるが、
会社印は必ず必要なため、捺印は忘れずしてもらおう

在籍確認の【電話連絡なしで借りたい】ならココを選ぼう

では電話連絡なしで借りるならどこかよいのか?
おすすめのカードローンを紹介しよう。

融資まで時間が短く、24時間365日振込融資も対応、
無利息で借りられる「プロミス」がトータル的に見ておすすめだ。

電話連絡なし、サービス豊富な「プロミス」

プロミスのバナー画像

無利息期間で借りられるのはアイフルやアコムなど、
他の消費者金融も同様のサービスを行っているのだが、
無利息となる対象期間が他社とは全く異なるのだ。

アコム、アイフルの場合は契約した日から、
無利息期間がスタートするのだがプロミスであれば、
実際に利用し始めた日から無利息期間がスタートするのだ。

プロミスの無利息サービスについて

上記条件を満たす人であれば、
好きなタイミングから30日間無利息で利用できるわけだ。

それとプロミスは申込から借入まで、
最短で1時間以内に借りられるケースが多いのだ。
これも他社が同様に謳っているがプロミスの速さはダントツだ。

また消費者金融の中で微差ではあるが、
100万円以下の借入する時に適用される上限金利でみると、
17.8%と金利設定が最も低いのがプロミスなのだ。

会社(サービス)名金利
プロミス4.5%~17.8%
アコム3.0%~18.0%
SMBCモビット3.0%~18.0%
アイフル4.5%~18.0%
Sulali18.0%
三井住友銀行カードローン年4.0%~14.5%

電話連絡なしで借りたければ申込後、
プロミスからご自身宛にかかってくる申込確認の電話にて、
「在籍確認を電話以外の方法でお願いします」と伝えればOKだ。

WEB完結なら電話連絡がない「SMBCモビット」もおすすめ

WEB完結なら電話連絡のない、
SMBCモビットもおすすめしたいキャッシングだ。

SMBCモビットのバナー画像

ただしSMBCモビットのWEB完結で申し込むには、
健康保険証が必要であり、健康保険証の種類は下記のものに限られる。

  • 社会保険証
  • 組合保険証

要するに会社に勤めている会社員、
もしくは公務員であれば利用することが可能なので、
条件を満たしている人にはおすすめしたい。

10万円以下の借入希望なら「SuLaLi」もアリ

「Sulali」のバナー画像

「SuLaLi」を利用する場合、
基本的に在籍確認の電話はないが、
SMBCモビットのような提出物に条件はない。

ただし利用に関して、
利用限度額が10万円までと限られる。

10万円以下の借入でもOKという人なら、
「SuLaLi」も選択肢としてアリだろう。

【好条件の金利で借りたい】なら銀行カードローンを選ぼう

とにかく金利面で選ぶなら、
「三井住友銀行カードローン」がおすすめだ。

三井住友銀行カードローンのバナー画像

今までに紹介した、
消費者金融と比較してみると一目瞭然だ。

会社(サービス)名金利
プロミス4.5%~17.8%
Sulali18.0%
三井住友銀行カードローン年4.0%~14.5%

銀行からの融資となるため、
審査はプロミス等、消費者金融より甘くないが、
金利条件で考えるなら三井住友銀行カードローンはおすすめだ。

まとめ!カードローンで在籍確認なしにキャッシングしたいなら

キャッシングには在籍確認が必須な以上、
確実に確認が取れる方法、カードローンを選択すべきだ。

また昨今、個人情報保護などの兼ね合いもあり、
電話での在籍確認が難しくなってきていることから、
カードローン各社も柔軟に対応してくれるところが増えてきている。

もし、電話での在籍確認が難しい場合、
電話なしで確認が可能なカードローンを選ぶことで、
在籍確認なし同様のキャッシングができることも覚えておきたい。

タイトルとURLをコピーしました