パート・アルバイトが借り入れする時に必要な年収や条件って?解説しよう

結論からいうと、
パート、アルバイトをしていれば、
一定の安定した収入があると判断される。

つまり消費者金融であろうと、
銀行カードローンであろうと借入可能だ(※)。

※地方銀行のカードローン、フリーローンは利用できないところはある

ではパート、アルバイトの人が、
借入するために必要な情報を解説していこう。

「プロミス」ならパート、アルバイトの人も利用しやすい
プロミスのバナー画像
プロミスを利用するメリット
  • 30日間無利息で借りれる
  • 申込から最短1時間で借りれる
  • アプリローンならスマホから申込、借入・返済も可能
  • 提携のコンビニATMでいつでも借入、返済可能
  • インターネットでの借入、返済は手数料無料

数あるカードローンの中でプロミスをお勧めする理由は「融資まで時間がかからない」「申し込みがかんたん」「スマホなどインターネットサービスとの連携が充実」しており、30日間の無利息で利用可能( メールアドレスとWEB明細の利用登録は必要 )だ。いくらまで借入できるかはどのくらい稼ぎがあるかによるが、今までお金を借りたことがない人なら「月のバイト代×12÷3」で計算した金額まで最大借りられる可能性はある。また50万円以下の利用であれば、本人確認書類のみで借らりれるのも魅力だ。

借入限度額実質年率最短融資時間土日融資WEB契約完結
1~500万円4.5%~17.8%最短1時間
パート・アルバイト専業主婦電話以外の在籍確認総量規制保証人
×
(申込完了後すぐ相談)
対象不要
スポンサーリンク

パート、アルバイトだと貸してもらえる金額は少なくなる?

借り入れできる金額は、
パート、アルバイトだからといって、
融資してもらえる金額を大きく減らされるわけではない。

いくらまで借り入れできるかは、

  • いくらぐらいお金が必要なのか
  • どのくらい稼ぎ(年収)が平均してあるか
  • 既に他社から借り入れしているか
  • 今の仕事でどのくらいの期間働いているのか
  • 居住形態(持ち家か賃貸か)や家族構成(独身か既婚か)など

上記を総合的に判断し決められるため、
「パート、アルバイトだから10万円までしか借りられない」
ということはないのだ。

【質問】パートの場合、いくらまで借り入れできる?

私は現在、パートでテレアポをしています。今までの時給は1200円とわりと良かったのですが、 先月から基本時給が900円になり、あとはアポイントが取れたらインセンティブが付くという仕組みに変わりました。 実は来月、現在住んでいる賃貸マンションの更新月で更新料を10万円支払わないといけないのですが、 今月もなかなかアポイントを取れず、来月のお給料では足りないので困っています。 足りない分を借りようと考えていますが、パートの私なら一体いくらまで借り入れできるのか気になっています。 あとおそらく…このまま働けないので、違う仕事を探そうと考えているので、多めに借りれたら嬉しいです。 もし借りれるなら20万円は借りたいとは考えていますが、やはりパートだと難しいでしょうか。

27歳 女性 アルバイト 質問より

借り入れできる金額を考えた時、
重要なのがご自身の「年収」がどのくらいあるかだ。

なので、いくらまで借りることができるかは、
自分の年収をしっかり把握しておくことがポイントとなる。

自分の年収を知ることでいくら借りられるか予想できる

なぜなら年収によって、
借り入れできる金額の予想がつくからだ。

しかし、パートやアルバイトの場合、
年収と聞かれてもピンとこない人もいるかもしれない。

ザックリだが計算方法はこうだ。

パート、アルバイトの人が年収を計算する方法

「時給×労働時間×労働日数×12ヶ月」
と考えてもらえばよいだろう。

例えば、時給900円で1日6時間、
一ヶ月で15日間、働いた場合の年収を見てみよう。

900円×6×15×12=972,000円

年収は972,000円となる

ただしパート、アルバイトの場合、
年間で考えると時間や日数にバラつきが生じる。

より確実に年収を知りたければ、
公的に年収がわかる書類を確認することだ。

例えば、働いている先から渡される、
「源泉徴収票」を確認してみよう。

源泉徴収票

もし源泉徴収票がない場合なら、
「課税証明書」を確認してみるのも一つの手段だ。

課税証明書

課税証明書は市役所などで、
一枚300円で発行してもらうことができる。

もし自分の年収を確認したことがなければ、
一度どのくらいの年収があるのか?確認してみてほしい。

では、年収がわかったら、
希望する金額を融資してもらうために、
借入する先をどこがよいのか?考えていこう。

パート、アルバイトの人が借りられるところって?

では借入先としてよく知られる、
大手消費者金融や銀行カードローンで、
借り入れできる人の属性を調査してみた結果だ。

会社名実質年率
(%)
対象者
会社員
公務員
契約社員
派遣社員
自営
業者
パート、
アルバイト
年金受給者
(~70歳未満)
プロミス4.5~17.8×
アコム4.7~18.0
アイフル4.5~18.0
SMBCモビット3.0~18.0○(※)×
Sulali18.0×
ソニー銀行カードローン2.5~13.8
三井住友銀行カードローン4.0~14.5×
みずほ銀行カードローン3.5~14.0×
三菱UFJ銀行 バンクイック4.6~14.6×
楽天銀行スーパーローン4.9~14.5×
オリックス銀行カードローン1.7~17.8×
じぶん銀行カードローン2.4~17.5
住信SBIネット銀行カードローン1.59~14.79×

※安定した収入があること

見ての通り、
パート・アルバイトの人なら融資はしてもらえる。

もし20万円借りたい場合、
消費者金融からか?銀行カードローンからか?
どちらを利用するかで借り入れに必要な条件が異なってくるのだ。

ではまず、基本的な考え方を解説しよう。

消費者金融から借り入れする場合

20万円借りたいのであれば基本、
消費者金融の場合なら年収60万円は必要となる。

これは消費者金融(※1)からの借り入れが、
「総量規制」の対象となってしまうためであり、
年収の3分の1以上借りられないと貸金業法(※2)で定められているからだ。

以上のことから、もし60万円借りたければ、
3倍の年収である180万円は最低、必要となるわけだ。

既に消費者金融からいくらか借りている場合

もし他の消費者金融から、
すでに借り入れしている場合は話が変わってくる。

それは他社、消費者金融からの借り入れも、
総量規制の対象となるからだ。

例えば、消費者金融から15万円借り入れがある場合だと、
「希望額の20万円-既に借入している金額15万円」と考えるので、
借入できる金額としては「5万円」となる。

つまり20万円借りたくても、
新規に融資してもらうことは不可能なのだ。

年収60万円の人がいくらまで借りられるか?20万円以下の借入なら可能であることを図解で説明

…とここまでは一般的な考えだが、
実は利用額、条件によっては年収に関係なく借りられるのだ。

実は利用額、条件によっては年収に関係なく借りられる

総量規制の観点からいえば、
年収に応じて借りられる額面は変わるのだが、
実は下記の条件を満たすのであれば基本、
借り入れ時に年収は確認されない

  • 初めての借入で50万円以下借りる場合
  • 他社からの借入を合わせ100万円は超えない場合

これらの条件を満たしているかは、
CICなどの信用情報機関(※)のデータを照会、確認される。

※信用情報機関には現在、過去の借入状況のデータが保管されている

CICに登録されている借入状況を偽ることはできないが、
もし上記の条件に合致するなら年収は意識しなくても大丈夫だ。

ただし、50万円以上借りたい、
他社から既に借りていている場合であれば、
総量規制も含め、年収の確認は必要となることは覚えておきたい。

では、もし総量規制の対象になる、
借り入れをしている状況であるならば、
銀行カードローンでの借り入れを検討してみよう。

銀行カードローンから借り入れは総量規制対象外

銀行からの借り入れは、
総量規制の対象外となるからだ。

また年収から融資額を決める基準も、
消費者金融とは異なるといわれている。

…とはいうものの実際、
いくらまで借り入れできるものなのか?
いくつかの銀行に調査、問い合わせしてみた。

銀行の年収に対する融資基準について

基本的に融資額は、
「審査次第」という回答が多かった。

実は銀行の場合、融資基準は不透明な部分が多く、
結果、問題となっている過剰融資にも関係している。

しかし一つの融資基準になる情報が、
オリックス銀行の回答で得られた。それは、

融資額の最高は年収の約半分ぐらいで限界

とのことだった。

仮に年収が60万円ある人であれば、
30万円まで融資してくれる可能性はあることになる。

年収60万円の人が30万円借りられる可能性アリ

つまり、銀行カードローンであれば、
20万円の借り入れなら、年収40万円以上あれば、
融資してくれる可能性があるというわけだ。

銀行カードローンの審査は厳しいのが現実

銀行カードローンの場合、
消費者金融よりも審査が厳しいのが通説だ。

ただ先ほど書いたように、
銀行の審査基準は過剰融資問題以降、
厳しくなっているのも現状だ。

さらに過剰融資問題で、
メガバンクの審査はさらにシビアになっている。

借り入れを成功させたいのであれば、
消費者金融を選ぶほうが無難と言えるだろう。

融資を決定する審査で重要視するのが、
年収はもちろん、きちんと返済してくれる人であることだ。

そして返済してくれるかを判断する時、
今の職場で働いている期間や他の情報を参照に判断するのだ。

勤続年数や居住形態や家族構成なども融資の判断材料となる

審査においては勤続年数や家族構成、独身なのか、
すでに結婚しているのかなどなど、総合的に判断される。

ちなみにこれは各社に申込時、
入力する項目と合致しているので理解してもらえるはずだ。

裏を返せば、申込時に入力する情報は全て、
審査に活かされるわけだ。

勤続年数の考え方について

働いている年数=安定した収入があり、
返済してくれる可能性が高いという判断材料になる。

どのくらい働いていれば良いのかは、
長ければ長いほど良いとのこと。

期間で言えば、最低でも6か月以上働いていることと、
銀行、消費者金融へ調査した時に聞くことができた。

正直なところ、アルバイトの場合、
いつ辞めるかわからないという点も否めないため、
信用を得るためにも1年以上の勤務実績があるのが望ましいとのこと。

居住形態や家族構成について

審査基準を公表していないのだが、
審査において優位、プラス評価になることは予想できるものだ。

まず居住形態でいえば、例えばだが、
親の持ち家に住んでいる場合、融資においてプラス評価になる

親の持ち家であれば、借入する本人は家賃など、
支払う義務のある支出がないためだ。

また家族構成はケースバイケースだが、
例えば、既婚の子供がいる人よりも独身のほうが、
プラス評価となるといわれている。

これは単純に独身よりも家族がいるほうが、
お金がかかるという判断をされるためだ。

今挙げた例はあくまで一例だが、
融資において貸し手側はチェックしていることは覚えておきたい。

パート・アルバイトが借り入れするならココがおすすめ!

年収と審査は厳しくなるが、
金利で選ぶなら銀行カードローンがおすすめだ。

ただ銀行の審査が厳しくなってきていることもあり、
審査に通る自信がない、不安があるなら消費者金融がよいだろう。

また銀行カードローンの場合、
金利は低いのだが毎月の返済額には注意したい

なぜなら毎月の最低返済額が低く設定されているため、
完済までが長期し、結果、利息を多く支払うことになるからだ。

銀行カードローンの落とし穴、返済額に注意しよう

例えば、銀行カードローンと消費者金融、
各々で10万円借りた時の一般的な金利で毎月、
最低返済額で返済した時に支払う利息合計をみてみよう。

銀行と消費者金融で10万円借り、最低返済額で返済し続けた場合に支払う利息合計
借入先金利最低返済額完済までに支払う利息合計
銀行カードローン14.5%¥2,000¥52,960
消費者金融17.8%¥4,000¥25,403

銀行カードローンのほうが3.3%、
金利は低いが、支払う利息差は多くなってしまうのだ。

つまり、銀行カードローンを利用しても、
毎月の返済額は多めに返済していかなければ、
低金利の恩恵を最大限に活かせないのだ。

逆に毎月の返済額を増やしていけば、
結果的に銀行カードローンは支払う利息を減らすことができる。

消費者金融と同額に返済した場合の銀行カードローンの支払う利息合計
借入先金利毎月の返済額完済までに支払う利息合計
銀行カードローン14.5%¥4,000¥19,437
消費者金融17.8%¥4,000¥25,403

これは逆に消費者金融から借りても、
返済額を増額できれば、金利を気にする必要はないとも言える。

借入先金利毎月の返済額完済までに支払う利息合計
銀行カードローン14.5%¥4,000¥19,437
消費者金融17.8%¥6,000¥15,469

このことからパート・アルバイトの人が借りるなら、
借りやすさ、審査難易度、毎月の返済額を増やせるのであれば、
消費者金融からの借りるのがおすすめといえる。

消費者金融で選ぶならおすすめは「プロミス」
プロミスのバナー画像

消費者金融ならプロミスもおすすめだ。最短1時間でのスピード融資、ネット申込(WEB完結)ならカードレス(カード発行なし)で利用できるだけでなく、振込融資にも対応など、使い勝手の良さは抜群に良い。さらに金利も大手消費者金融の中で一番低いのもポイントだ。それと銀行カードローンの審査に不安がある人ならプロミスを利用したほうが満足のいく結果が得られやすいだろう。

借入限度額実質年率最短融資時間土日融資WEB契約完結
~500万円4.5%~17.8%最短1時間
振込融資最低返済額電話以外の在籍確認総量規制保証人
4,000円~
(申込完了後すぐ相談)
対象不要
銀行カードローンで選ぶなら楽天銀行スーパーローン
楽天銀行スーパーローンバナー画像

審査が厳しい銀行カードローンだが、楽天銀行スーパーローンをおすすする理由がある。なぜなら審査はCMでも見かける同楽天グループの楽天カードが行っていることだ。実は楽天カードは発行枚数が非常に多く、カード発行実績も非常に多い。そして、自社の銀行カードローンである楽天銀行スーパーローンも利用者数が年々増加しているのだ。実際、当サイトでも申込数が多く、利用できた!という声も多いカードローンであることからも実感してる。

借入限度額実質年率土日融資WEB契約完結
最大800万円1.9%~14.5%×
パート・アルバイト電話以外の在籍確認借り換え保証人
×不要
審査に不安があるならセディナ「Jiyu!da!」
セディナカード「Jiyu!da!」のバナー画像

セディナの「Jiyu!da!」であれば、専業主婦でも申し込みできる(収入がなくても配偶者貸付け申込書を提出でOK)ため、一般的なカードローンよりも審査が甘いクレジットカードだ。初回申込後の利用できる限度額は50万円だが、借りなくてもダイエー、イオンなどで買い物をした時に毎日ポイントが3倍たまるなどの特典付きだ。もし今すぐお金を借りない場合でも持っているだけでお得なカードといえるだろう。

借入限度額実質年率専業主婦
の借入
WEBで手続き申込
1~200万円
新規申込は50万円まで
上限18.0%
最低返済額利用できる年齢年会費特典
5,000円~18歳以上
高校生を除く、
電話連絡が可能な方
無料・買い物利用時に毎日ポイント3倍、
・セディナメディカルコール etc.
タイトルとURLをコピーしました