複数借入がカードローンの新規借入に及ぼす影響と総量規制について調査

更新日:

カードローンで新規に借りたい時、
すでに数社から複数の借り入れしている人は難しいものだ。

ではなぜ借り入れが難しいのかを調査、
総量規制の話などを絡め、解説していこう。

    そもそもカードローンは複数借入って扱いになるのは何社から?

    カードローンにおいて、
    複数借入をしていると判断されてしまうのは、
    3社以上から借り入れしている場合だ。

    例えば、今3社から借り入れしている場合、
    次に借りる先で合計4社となり、3社以上となってしまう。

    実は返済先が4社ある、
    それもカードローンの返済で…というのは、
    借入状況的に危険な状態であることを認識すべきだ。

    それが仮に借りている金額が少額であってもだ。

    そして複数の借りている状況は、
    貸金業法からみても難しくなるのだ。

    総量規制の対象となる借り入れをしている場合とは

    2010年6月18日に施行された、
    貸金業法の「総量規制の導入」により、
    貸金業者(消費者金融や信販会社)などから、
    年収の3分の1以上の借り入れができなくなった。

    総量規制の導入

    貸金業者が個人へ貸し付ける場合には、
    指定信用情報機関の信用情報を利用した返済能力調査が義務付けられました。

    また、個人への貸付けについて、

    1) 自社からの借入残高が50万円超となる貸付け、又は、

    2) 総借入残高が100万円超となる貸付け

    の場合には、貸金業者に年収等を証する資料の取得が義務付けられました。

    調査の結果、総借入残高が年収の3分の1を超える貸付けなど、返済能力を超えた貸付けが禁止されました。

    ※売却可能な資産がある場合など除外・例外貸付けは除かれます。

    引用元:貸金業法について 貸金業法概要

    複数借入している場合、
    新規融資してもらえない可能性として高いのは、
    すでに総量規制の対象となっていることも多いのだ。

    なので、新規融資を希望していても、
    融資はしてもらえないわけだ。

    総量規制の対象になっているかを確認するには

    総量規制に触れる借り入れをしているかは、
    CICやJICC、JBAといった信用情報機関の情報を参照する。

    プロミスの同意事項画面

    ちなみに借り入れをせずとも、
    カードローンに申込を行った場合でも、
    信用情報機関に「申込した」という情報が登録される。

    要するに借入に関する全ての情報が、
    信用情報機関に記録され、残るというわけだ。

    総量規制に触れる借り入れとは何か?

    総量規制の考えからすると、
    年収が360万円の人で年収の3分の1となれば、
    120万円までの借り入れは可能だ。

    しかし既に3社からの借入を合わせ、
    130万借りているなら総量規制の対象になってしまう。

    年収360万円で既に100万円借入している人が新規で借りられるのはいくら?

    例えば、年収360万円の人が今、
    既に他社から100万円借入しているとしよう。

    このケースの場合、総量規制から考えれば、
    借り入れできる金額はあと20万円となる。

    要するに30万円借りたい!と考えていても、
    20万円までしか借りられないわけだ。

    年収360万円の人が総量規制によって借りれる金額イメージ図

    ちなみに130万円借りている場合、
    10万円は総量規制を超えてしまっている。

    このような状況の場合、
    仮に超えていることが判明したとしても、
    すぐに一括返済する必要もなく、罰則もない

    新規で借り入れすることができないだけだ。

    それと貸し手側(消費者金融など)も、
    総量規制に触れる融資ができない理由があるのだ。

    総量規制の対象となっている人に融資ができない理由

    なぜなら、総量規制を超える融資をした場合、
    業務停止処分などを課せられるリスクがあるためだ。

    要するに貸し手側としても、
    貸したくても貸せないのである。

    ではどうしても30万円借りたい場合、
    その方法として挙げられるのが銀行からの借入だ。

    銀行からの融資は総量規制に触れない=対象外である

    消費者金融や信販会社から、
    借り入れした場合は総量規制の対象となる。

    しかし、銀行からの借り入れなら総量規制は関係ないのだ。

    年収360万円の人の総量規制イメージ図

    銀行からの借入が総量規制の対象にならないのはなぜ?

    これはそもそも貸金業法ではなく、
    銀行法に基づく貸付しているためである。

    ただし、年収に関係なく融資しているのかというと、
    銀行側も年収に対しての貸付基準があり、

    ”無担保の融資は年収の半分まで”

    と決めているところが多い。

    しかし実は昨今、
    この基準が変わりつつあるのだ。

    2017年4月を境に銀行の融資基準が変わった

    2017年4月に銀行の融資(貸付)基準について、
    日弁連が改善を求める動きがあったことを発端に、
    銀行は年収に対して、融資基準の見直しを計ったからだ。

    メガバンクの融資基準はこう変わった

    例えば、みずほ銀行カードローンの場合、
    今までは年収の2分の1までだった融資基準を、
    年収の3分の1までに引き下げたのだ。

    みずほ銀行カードローンの収入証明書提出について

    また融資額が50万円を超える場合、
    収入証明書の提出が必要と促す銀行も増えている。

    50万円を超える借入の場合に収入証明書の提出が必要となった銀行カードローン

    銀行名(※随時更新)
    みずほ銀行カードローン、三井住友銀行カードローン、静岡銀行カードローン…他

    年収に対する融資基準と総量規制は別の話である

    「年収の3分の1以上、融資しない」ということは、
    総量規制の対象になるのでは?と思う人もいるかもしれない。

    実は銀行カードローンも総量規制の対象に、
    という動きはないわけではない。

    ただ現時点でいえば、
    銀行からの融資は総量規制の対象ではない

    つまり年収の3分の1以上の融資は自重するが、
    3分の1を超えていたとしても、融資自体は可能なのだ。

    総量規制対象外の銀行からの借入イメージ図

    銀行が融資可能額を年収から決めているわけではない

    筆者が銀行に問い合わせ調査したところ、
    融資可能額は年収だけで判断はしていないとのことだった。

    ただ審査自体が厳しくなり、
    保証会社である消費者金融だけでなく、
    第三者機関の審査も行われるようになったため、
    以前よりも借りにくくなってきているのが現状だ。

    現在の銀行カードローンの審査体制

    銀行カードローンの審査が厳しくなっている理由の図解

    消費者金融や信販会社でも総量規制に触れない借入はある

    ちなみに消費者金融からの借り入れでも、
    総量規制の対象にならない場合がある。

    代表的なものでいうと、

    1. 今よりも有利な金利(低金利)での借り入れ
    2. 医療費(緊急を要する)の借り入れ
    3. 個人事業主が事業資金として利用する借り入れ

    これらは総量規制の対象にならない。

    情報参照元:貸金業法について

    今よりも有利な金利(低金利)での借り入れとは

    今よりも有利な金利(低金利)での借りる、
    これは返済専用のおまとめローンなどが該当する。

    おまとめローンを利用すれば、
    月々の支払いも減らせる可能性もあるので、
    返済に困っている人は検討すべきだ。

    おまとめローンのイメージ

    しかしこのおまとめローンも複数借入をしていると、
    ローンの審査に通りにくいのも実情だ(※)。

    おまとめローンについては「おまとめローンの最新事情と今利用すべき借り入れ先を選ぶ方法!」の記事をご覧いただきたい。

    緊急を要する医療費なら総量規制の対象にならない

    緊急を要する状況で融資できるのは、
    医療費が命に関わる状況であることも大きいが、
    融資したとしても、高額療養費から払い戻しがあるため、
    貸し手側からしても返済の見込みが立つからだろう。

    高額療養費とは

    1ヵ月の医療費の自己負担額が「80,100円+(10割相当医療費-26万7,000円)×1%」を超えたとき、超過分が請求に基づいて払い戻されます(70歳未満、一般の方。一部例外あり。

    保険見直し本舗 公的医療保険より引用

    ただ、高額療養費の払い戻しまで3か月程度かかるので、
    それまで医療費は一旦立て替える必要がある。

    立て替えるお金がない時には消費者金融からでも、
    総量規制に関係なく、借りることができるわけだが、
    この場合なら医療費の8割程度まで無利子で貸付してくれる
    「高額医療費貸付制度(※)」の利用もまず検討すべきだ。

    ※高額医療貸付制度の詳細→全国健康保険協会より引用

    個人事業主の借り入れは事業性資金のため総量規制とは関係ない

    個人事業主が事業資金として、
    借り入れした時も総量規制の対象にはならない

    ただ事業資金として借りる場合は、
    使途自由のローンよりも提出物が多くやや面倒だ。

    例えば、消費者金融プロミスにも、
    自営者カードローンといったものがあるが、
    申込利用時に必要な書類はかなり手間がかかる。

    プロミスの自営者カードローンの申込に必要な物
    運転免許証(パスポート、健康保険証+住民票でも可)、
    収入証明書(確定申告書、青色申告決算書または収支内訳書)、
    営業許可証や受注書や発注書等(事業実態を確認できるもの)

    またカードローンなどを利用する場合も、
    廃業のリスクを懸念され、融資されにくいのも難点だ。

    筆者も個人事業主になってから。カードローンの審査に落ちることが増えた。審査に柔軟といわれている、楽天銀行のカードローンにも落ちてしまった経験がある。

    複数借入があっても教育ローンやマイカーローンなら借りられる可能性あり

    総量規制という観点から考えると、
    銀行の教育ローンやマイカーローンは対象外だ。

    つまり複数の借入をしているからといって、
    教育ローンやマイカーローンを組めないことはない

    複数の借入がある人が銀行の教育ローンや、
    マイカーローンを利用できるのか?友人の体験談から検証してみた。

    複数借入をしていながらもマイカーローンに通った美容師の話

    実は筆者の友人で車が趣味で、
    車の改造、カスタムカーが好きな男がいる。

    この男が複数借入をしていながら、
    マイカーローンに通った時の話があるので紹介しておこう。

    彼は車の改造費捻出のため、
    消費者金融3社から合計で60万円借りていた。

    彼は前に支払っていたマイカーローンを完済、
    新しくローンを組もうと考えていた。

    以前、マイカーローンを組んだ時は、
    消費者金融から借入していなかったので、
    今回、ローンに通るか不安だったそうだ。

    ちなみに彼は美容師で年収は360万円、
    今の借入先には毎月きちんと返済していた。

    今の返済もあるので本当は、
    新しく車を買うことは止めよう…とも考えたが、、

    やはりどうしても欲しい気持ちを抑えきれず、
    150万円のマイカーローンに申し込みした。

    結果的には審査も無事に通り、
    欲しかった車も買うことができたそうだ。

    この話からわかったこと、
    それは他社からの借入が複数あったとしても、

    • きちんと返済している
    • 安定した収入を証明できる

    上記条件であれば、
    ローンを組める可能性はあるというわけだ。

    どうしても借りたいからといって短期間で複数回の申込はおすすめできない

    お金がどうしても必要、
    でも審査に落ちて借りられない…

    このような状況で、
    複数回の申込を短期間に行うことは避けるべきだ。

    これはいわゆる「申込ブラック」となり、
    新規の借り入れがしにくくなってしまうからだ。

    これは貸し手側が審査において、
    信用情報機関に情報を照会した記録から、
    ”どこかで信用情報を照会する必要があることを行った”
    ということが分かってしまうのだ。

    信用情報を照会した時のCICのデータ画像

    ちなみに短期間の複数回申し込みについては、
    楽天銀行スーパーローンの同意条項を見てみても、
    短期間(6ヶ月以内)での複数回申し込みは避けるよう書かれている。

    楽天銀行スーパーローンの同意条項に書かれている短期間(6ヶ月以内)での複数回申し込みは避ける注意事項画像

    楽天銀行スーパーローン 同意条項はこちらより引用

    まとめ!複数借入をしている人がお金を工面するには

    まずは現在の借り入れ状況が、
    総量規制の対象になっているのか?を確認しよう

    もし対象となる状況であれば、
    おまとめローンの利用を検討すべきだろう。

    複数の借入先へ返済していくより、
    おまとめしたほうが金利も下がるため、
    審査はかなり厳しいが結果的に返済総額を減らすことも可能だ。

    また毎月の返済額を少し減らしたい場合であれば、
    「借り換えローン」という方法もある。

    もし「借り換えローン」を検討するのであれば、
    借り換えにも利用でき、毎月の返済額を減らせる、
    「楽天銀行スーパーローン」はおすすめだ。

    「楽天銀行スーパーローン」の借り換え他、詳細記事はこちら

    そして…どうしてもローンの審査に通らない場合は、
    自己破産など債務整理も視野にいれるべきだ。

    自己破産と聞いてしまうと、
    ネガティブなイメージがあるのだが、
    人生をやり直せるきっかけにもなるのだ。

    自己破産をした時のデメリットなどは
    金融事故を起こした人がキャッシングできない…」の記事をご覧いただきたい