CICで信用情報を開示すれば、借り入れできるかどうかが判断できる!

更新日:

信用情報とは消費者金融や銀行が貸付する時に参照する、
ご自身の過去~現在に至るまでの借り入れ状況の公的データのことである。

いわゆる「CIC」「JICC」といった公的機関で管理し、
希望であれば「開示請求」を行うことで閲覧することも可能なのだ。

このページでは筆者自身が実際に、
CICに信用情報を開示した時の手順や、
データ(開示報告書)の見方を解説している。

    信用情報を開示するなら「CIC」のデータだけでも十分!

    信用情報を扱っている公的機関はいくつかあるが、
    まずは「CIC」の信用情報を閲覧すれば十分である。

    これは審査を行う消費者金融自体が、
    「CIC」のデータを審査に用いているからだ。

    ※銀行フリーローンなどからの借り入れしている場合は「JICC」への開示も必要

    例えば、下の画像はプロミスの申し込み時の同意事項だが、
    赤丸の部分を見て欲しい。

    プロミスの同意事項画面

    「株式会社シー・アイ・シー」の名前があるのがわかるはずだ。

    このように本来貸し手側が貸付審査時に利用するデータはこちらことで、
    自身が借り入れできる状況かどうかを事前判断できるのだ。

    ちなみ「CIC」の開示請求は非常にかんたんだ。

    CICならPC・スマホから簡単に開示請求ができる

    今回はスマホ(i-Phone)から開示した方法、
    インターネット開示について紹介しよう。

    開示自体は8:00~21:00の間であれば可能だ。

    開示には手数料1,000円、
    支払いはクレジットカードのみとなるのだが、
    利用できるクレジットカードは限られる。

    インターネット開示で利用できるクレジット(デビット)カードについて

    CIC開示(インターネット開示)の際、
    使えるクレジット(デビット)カードだが、
    発行会社がどこか?がポイントとなる

    例えば、クレジットカード右下にあるマークがVISAでも、
    発行元によっては、利用することができるのだ。

    例えば、VISAのマークであっても、
    発行元が「クレディセゾン」であれば利用できるわけだ。

    利用できるクレジットカード一覧

    CICのインターネット開示で利用できるクレジットカード発行元会社一覧

    引用:ご利用可能なクレジットカード

    発行元はクレジットカード裏面に記載されている。

    より正確に把握したければ、
    「発行元はどこか?」問い合わせしてみよう(※)。

    ※クレジットカードの明細書にある電話番号、いつも見ているクレジットカード会社のWEB管理画面などから

    また手続きをする上でCICに電話を1回だけかけるのだが、
    使用するクレジットカードを契約した電話番号からかける必要があるので注意が必要だ。

    開示請求時に必要となる電話番号について

    開示請求時に必要となる電話番号だが、

    • 現在契約しているクレジットカード会社に登録している電話番号
    • 割賦払い(携帯代を分割払いした時)に登録した電話番号

    があれば利用できる。

    開示請求時に必要となる電話番号について

    インターネット開示ができないケース

    ただ支払い時に利用する、
    クレジットカードの会社に登録した電話番号が、
    今使えない、違う場合は下記の条件に該当しなければ、
    インターネット開示ができないので注意が必要だ。

    • 契約しているクレジットカードの会社があり、利用できる電話番号を登録している
    • 支払い時に利用するクレジットカードの電話番号を覚えており、申込画面で入力できる

    この条件を満たせない場合はインターネット開示はできず、
    郵送他の方法で開示請求を行う必要がある

    支払いに利用するクレカの電話番号が今使えない時の開示手順
    1. 今使える電話番号で受付番号を取得(クレジットカード契約時に登録した電話番号に限る)
    2. 申込入力画面で支払いに利用するクレカ契約時に登録した電話番号も記載

    ややこしいのだが要するにクレジットカードを契約、
    クレジット会社に登録(届け出)した電話番号が今使えるなら、
    開示請求自体はできるというわけだ。

    CICの開示手順について

    手順は以下の通りだ。

    1. CICの開示請求ページを開く
      CIC開示請求ページURL
      http://www.cic.co.jp/mydata/sp/procedure.html

    2. ページに表示されている「0570-021-717」へ電話をする
      (使用するクレジットカードを契約した電話番号)
      ガイダンスに従い、受付番号を取得しメモ、
      画面下部「ご利用前の最終確認」ボタンをクリックする

      CIC開示手順申込画面

    3. するとポップ画面が現れるので、
      下部にある「スマートフォンで開示を行う」ボタンをクリックする。

      CIC開示手順申込画面の最終確認画面

    4. 端末機能の確認画面に移動、画面下部「承諾」にチェックをいれ、
      「インターネット開示を行う」をクリックする。

      CIC開示手順申込承諾画面

    5. 「お客様情報の入力」画面に個人情報を入力していく。
      開示種別は「初回開示」でOK。あとは取得した受付番号、
      電話番号他、個人情報を入力していく。

      CIC開示手順申込画面のお客様情報の入力項目

    6. 開示される情報はPDF形式で保存するので保存方法を確認しておく。

      CIC開示におけるPDFダウンロードについての説明画面

    7. 問題なければ、ページ株「確認」ボタンをクリック。
    8. 入力確認画面が表示されるので、間違いがないか確認する。
    9. 情報開示のPDFを開く時にパスワードが求められるので入力する。
      パスワードは初回開示の場合は「受付番号」6桁と、
      クレジットカードカードの有効期限4桁を入力する。

    以上だ。注意点として、
    PDFを開いた画面で「戻る」などの処理をすると、
    PDFの画面に戻れなくなることだ。

    パスワードを入力しPDFを開いたら、
    その状態のままで必ずPDFを保存することを忘れないでほしい。

    パスワードを忘れた時の再開示請求をする方法について

    初回開示の受付番号を忘れてしまい、
    パスワードがわからなくなった時の対処方法も書いておこう。

    実は開示請求して、96時間以内であれば、
    「再開示」という方法で開示手数料なしに開示可能だ。

    もし96時間以上時間が経ってしまった時は、
    再度、開示手続きが必要となる。

    それと開示手数料も1,000円かかるそうだ。

    再開示を行う手順について

    再開示は初回開示と同じように、
    まずは電話で受付番号を取得してから、
    手続き画面を進めると選択できる画面が現れる。

    再開示にチェックを入れ、
    必要な情報だけをいれて、開示請求する形となる。

    CIC再開示を依頼する時の画面

    再開示で入力不要な情報に関しては、
    「※再開示では入力不要です。」と記載されているので、
    その指示に従い入力していけばOKだ。

    CIC再開示における入力不要項目について

    手続きを進めていくと、
    パスワードを求められるので、

    「電話で取得した受付番号6桁+0000」

    を入力、PDFダウンロード画面に進み、
    あとはPDFファイルをダウンロードすれば完了だ。

    自分の信用情報を見てみよう!

    では開示した信用情報を見ていこう。
    写真のものは筆者が取得した「信用情報開示報告書」である。

    筆者の信用情報開示報告書

    これはPDFを印刷したものだが筆者の場合、
    過去にキャッシングやらクレジットカードの契約が多く、
    携帯電話の契約も分割支払いしているため、22ページほどあった。

    この信用情報だが、現在契約しているもの、
    契約完了(返済終了)しているデータなど含め、
    過去5年間のデータはこちらことができる(※)。

    ※返済が平成27年8月で完了したなら、平成32年8月までは信用情報として閲覧が可能だ。

    見ていくと、どこで借り入れしたのか、
    保証会社はどこなのか?過去の支払い状況はどうだったか?
    を確認することができる。

    CICの信用情報開示報告書でみるべきポイント

    ここでチェックして欲しいのが、
    《入金状況》《お支払の状況》(上写真の赤枠部分)という項目だ。

    信用情報開示報告書《入金状況》の見方を解説!

    まず入金状況の部分から見ていくと、

    CICの信用情報開示報告書でみる入金状況

    「状況」の項目に記号が書かれている。
    この記号の意味だが、

    A 引き落とし日などに入金がなかった
    $ 請求どおりに入金があった
    - 請求もなく入金もなかった

    という意味であり、入金状況はこちら限りだと、
    平成28年1月に返済が滞っていることがわかる。

    事実、この時は口座残高が足りず、引き落としされなかった。

    また、8~9月はカードの利用がなかったため支払いはなく、
    その後はきちんと返済してきたということがわかる。

    ちなみに記号に関しては、まだまだ種類があって、

    P 請求の一部が入金された
    R 本人以外から入金があった
    B 本人の事情とは無関係の理由で入金がなかった
    C 入金されていないが、その原因がわからない
    空欄 クレジット会社等から情報の更新がなかった(利用がなかった)

    実際のところ、特に返済に問題なければ、
    空欄以外の項目はまず目にすることはないだろう。

    これら記号の中でいうと、
    もしこれから何らか借り入れしようと考えている時、
    足かせになり得るのは「P」「C」であり、他であれば、
    そこまでシビアに考えなくてもよいと考える。

    またもし、これらの項目に該当する記載があった場合、
    特に《お支払の状況》はチェックしてみてほしい。

    ここが重要!信用情報開示報告書の《お支払の状況》をチェックする!

    そして、最後に確認してほしいのが《お支払いの状況》だが、
    中でも見て欲しい項目が「26.返済状況」だ。

    CICの信用情報開示報告書でみる返済状況

    もしこの「返済状況」の箇所に「異動」と書かれている場合、
    新規での借り入れは諦めたほうがよいかもしれない。

    なぜなら「異動」と書かれている場合は、
    いわゆる金融事故(※)に該当することを起こしている可能性がある。

    金融事故に該当する事例

    • 返済日より61日以上 or 3ヶ月以上の支払いの遅れ(遅延)があった
    • 本人に代わって保証会社が返済した
    • 裁判所が破産を宣告した

    なので金融事故に該当しているのであれば、
    まず新規の借り入れはできないと考えたほうがよい。

    ※詳しくは「金融事故を起こした人がキャッシングできない理由と確認方法を説明しよう」の頁を見てくれ

    このようにCICで開示した情報を確認するだけで、
    現在の契約、借り入れ状況がわかるだけでなく、
    自身が借り入れできる状況かを判断できる資料になるというわけだ。

    また、新規で借り入れするしないは抜きにしても、
    データは見ることで、実は今でも利用することのできる、
    クレジットカードやキャッシング、カードローンを見つけることができるかもしれないのだ。

    まとめ!CICの信用情報はチェックしておいて損はなし!

    信用情報は見るのも手間はかかるし、
    面倒臭いと感じた人もいるかもしれないが、
    チェックしておいたほうが良いと筆者は考えている。

    なぜなら、信用情報を見ることで、
    ご自身が借入できる状態かを客観的に判断できるからだ。

    もし不明点があれば、筆者に問い合わせも歓迎だ。

    当サイトへの問い合わせはこちら

    関連記事一覧