50万円借り入れした時、月々の最低返済額を消費者金融で比較してみた

借り入れをすれば、
当然、毎月返済をしていく必要がある。

そして返済額を把握しておかないと、
返済できなくなってしまった…
なんていうことにもなりかねないものだ。

ここでは「消費者金融」「銀行カードローン」別に、
50万円まで借り入れした時の、

  • 月々最低返済額はどのくらいなのか?
  • 金利(実質年率)はどのくらいなのか?

紹介していこう。

大手消費者金融で50万円まで借りた時の月々の最低返済額と金利一覧表

消費者金融借入金額(円)借入時の
実質年率
~10万~20万~30万~40万~50万
プロミス4,000円8,000円11,000円11,000円13,000円17.8%
アコム3,000円6,000円9,000円12,000円15,000円18.0%
アイフル5,000円9,000円13,000円13,000円15,000円18.0%
SMBCモビット4,000円8,000円11,000円11,000円13,000円18.0%
レイクALSA4,000円8,000円12,000円12,000円14,000円18.0%
Sulali5,000円18.0%
ジェイスコア借入額を利息含め、
36回以内で返済
借入額を利息含め、
60回以内で返済
12.0%

銀行カードローンで50万円まで借りた時の月々の最低返済額と金利一覧表

銀行
カードローン
借入金額(円)借入時の金利
~10万~20万~30万~40万~50万
ソニー銀行カードローン2,000円4,000円6,000円6,000円8,000円13.8%
三井住友銀行カードローン2,000円4,000円6,000円8,000円10,000円年14.5%
三菱UFJ銀行 バンクイック2,000円4,000円6,000円8,000円10,000円14.6%
みずほ銀行カードローン10,000円10,000円10,000円10,000円10,000円14.0%
オリックス銀行カードローン7,000円7,000円7,000円10,000円10,000円17.8%
楽天銀行スーパーローン2,000円5,000円5,000円10,000円10,000円14.5%
セブン銀行カードローン5,000円6,000円5,000円10,000円15,000円15.0%
じぶん銀行カードローン2,000円4,000円6,000円8,000円10,000円17.5%
住信SBIネット銀行 Mr.カードローン2,000円4,000円6,000円6,000円8,000円7.99%(※)

※スタンダードコースは14.79%

ちなみに上記表の最低返済額には、
金利から計算された利息も含まれている。

そしてこの利息を決める、
実質年率(金利)についても考えておくことも大切なのだ。

最低返済額と一緒に利息のことも頭にいれておこう!

ではまず、消費者金融の中で、
月々の最低返済額が一番高く設定されている、
消費者金融のアイフルから見てみよう。

アイフルで50万円借りた場合

金利(実質年率)は18%、
月々の返済額はというと15,000円だ。

内利息を計算すると7,397円なので、
差し引いた7,603円が元金の返済にあてられることになる。

※月々の利息は「借入金額×金利(実質年率)÷360×30」で計算可能。

では次に銀行カードローンの中で、
最低返済額が高めに設定されている、
「楽天銀行スーパーローン」で見てみよう。

楽天銀行スーパーローンで50万円借りた場合

最低返済額は15,000円、
実質年率はアイフルよりも低く、14.5%だ。

一ヶ月分の利息を計算すると「5,959円」となるので、
9,041円が元金の返済にあてられることとなる。

まとめるとこうだ。

 借入金額実質年率最低返済額内利息分元金返済分
アイフル500,000円18.0%15,000円7,397円7,603円
楽天銀行スーパーローン500,000円14.5%15,000円5,959円9,041円

こう見てもらうとわかると思うが、
返済額の約半分が利息として支払っているというわけだ。

要するに月々に支払う金額だけではなく、
「元金にあてられる金額がどのくらいなのか?」
を知っておかないと返済は長期化、利息も多く支払うことになる

では同様に40万円借入した時でも計算してみよう。

40万円借入時、月々の最低返済額と利息、元金返済分について

 借入金額実質年率最低返済額内利息分元金返済分
アイフル400,000円18.0%13,000円5,918円7,052円
楽天銀行スーパーローン400,000円14.5%10,000円4,767円5,233円

比較してわかるように40万円借入した場合、
楽天銀行スーパーローンだと、返済額の約半分程度しか、
元金(借金)を返済していないことになるのだ。

当然、完済までの道のりは長くなること必至、
つまり毎月の返済額が少なくて楽!と喜んでいてはダメなのだ。

ただ裏を返せば、余裕がある時に、
最低返済額以上に返済する上乗せ返済をしていくことで、
支払う利息を減らすことは可能だ。

アイフルと同額の返済額で返済した場合の利息

 借入金額実質年率最低返済額内利息分元金返済分
アイフル400,000円18.0%13,000円5,918円7,052円
楽天銀行スーパーローン400,000円14.5%13,000円4,767円8,233円

金利面のメリットを最大限に活かすなら、
銀行が設定する最低返済額よりも多めに返済することがポイントだ。

要するに金利が低いところで、
最低返済額よりも上乗せして返済していくと、
無駄な利息を払わずに、なおかつ完済までの期間も短くなるわけだ。

50万円借りる時に選ぶべきカードローンはどこ?

金利で選ぶならジェイスコアを除き、
やはり銀行カードローンとなるわけだが、
全国どこからでも借りることができるメガバンク、
ネットバンキングでスペックを比較してみよう。

銀行名借入
可能額
実施
年率
来店
不要
パート、
アルバイト
専業
主婦
借入限度額
三井住友銀行カードローン10~800万4.0~14.5%×
三菱UFJ銀行カードローン
バンクイック
~500万1.8~14.6%×
みずほ銀行カードローン~1,000万3.5~14.0%×
楽天銀行スーパーローン最大800万1.9~14.5%×
じぶん銀行カードローン~500万2.3~17.5%×
セブン銀行カードローン10、30、50万15.0%×
住信SBIネット銀行
Mr.カードローン
~1,000万0.99~14.79%
(※3)
×

パッと表を見てみると、
住信SBIネット銀行ミスターカードローンが好条件で借りられると思うだろう。

しかしここで一つ注意が必要だ。

それは50万円借りる場合、
適用される金利は上限金利となることが多いことだ。

50万円借りる先を選ぶ時は上限金利もチェックしよう

各社カードローンには、
「上限金利」と「下限金利」が表示されている。

上限金利と下限金利とは

50万円をカードローンで借りる時の上限金利と下限金利についての図解

上限金利となると、
そこまで金利面でメリットはないことがわかる

つまり、50万円以下の借入において金利で選ぶなら、
提示されているパーセンテージが高い側を参考にして選ぶことだ。

タイトルとURLをコピーしました