おまとめローンの最新事情と借り入れ先の選び方

更新日:

今、複数のところから借入していて、
毎月々の返済が厳しい、もしくは今よりも良い条件で借りたい、
そんな時に活用できるとされているのが「おまとめローン」だ。

実はおまとめローンといえば、
かつては銀行のカードローンなどで利用できた。

しかし銀行の過剰融資が問題視されて以降、
メガバンクを中心に自粛の傾向があり、今は案内されていない。

ではどこを利用したらよいのか?
最新おまとめローン事情を紹介しよう

    そもそもおまとめローンのメリットとは

    おまとめローンのメリットはまず、
    今までの借りていた金利よりも低金利で借りることができることだ。

    その結果毎月の利息を減らし、
    最終的な返済総額を減らすことができることだ。

    例えば現在大手3社から以下の金利条件で借りている場合、
    一ヶ月あたりの利息について計算してみよう。

    会社 借り入れしている金額 実質年率(金利)
    A社 40万円 18.0%
    B社 50万円 17.8%
    C社 10万円 20.0%

    利息の計算方法だが、
    一ヶ月あたりの利息を求めるには、

    「借入金額×金利÷365×30=利息分」

    この計算式で算出できる。計算していくと、

    A社…40万円×18.0%÷365×30日=5,918円

    B社…50万円×17.8%÷365×30日=7,315円

    C社…10万円×20.0%÷365×30日=1,644円

    そして利息合計は、14,877円となる。

    これをおまとめローンを利用することで、
    金利を下げ、利息分を減らすことができるのだ。

    例えば、おまとめローンで15%の金利で計算すると、

    100万円×15.0%÷365×30日=12,329円

    月々でいうと2,500円程度利息を減らすことができるため、
    返済回数が増えるほどこの利息差は大きく影響してくるわけだ。

    月々の返済額を減らせる可能性もある

    また利用するおまとめローンにもよるが、
    月々の返済額を減らすことも可能だ。

    おまとめローンで月々の返済額を減らせるイメージ図

    毎月の支払いが厳しい、、
    少しでも減らしたい!と考えている人には、
    おまとめローンを利用するメリットは大きいと言えるだろう。

    「おまとめローン」と「借り換えローン」の違いについて

    おまとめローンを調べている時、
    「借り換えローン」という言葉も目にしたことがある人もいるだろう。

    一見すると同じように思えるのだが、
    おまとめローンと借り換えローンの違いは簡単に言うとこうだ。

    • おまとめローン…複数の借り入れをおまとめ(一本化)する
    • 借り換えローン…1社からの借り入れを低金利なローンに借り換えする

    借り換えに使えるローンというと、
    公式サイトで案内しているところでいえば、
    楽天銀行スーパーローンが知られるところであるが、
    今借りているローンよりも金利が低いところを選ぶのがポイントだ。

    おまとめローンも借り換えローンも利用する時には、
    新規で申し込むこととなるので、審査は必要となることは覚えておきたい。

    おまとめローンは審査が厳しい

    他社の借入をまとめるとはいえ、
    借入件数が多い場合だとおまとめローンは難しい。

    件数の多い借入をまとめるとなると、
    ローン審査が厳しくなるといわれているからだ。

    これは多重債務(※)状態に陥っている可能性があり、
    返済が難しいと判断されるからだ。

    引用元:多重債務について

    ただこれは一般論であるため、
    実際には申込してみないとわからないのも確かだ。

    条件次第で消費者金融のおまとめローンも利用できる

    実は消費者金融でも、
    おまとめローンを扱っているところがある。

    おまとめローンのイメージ図

    本来、消費者金融からの借入は、
    総量規制の対象となる(※)が、おまとめローンとなると話は変わってくる。

    ※詳しくは「総量規制の対象となる借り入れをしている場合とは」の記事で解説しているので参考にしてみてほしい

    消費者金融のおまとめローンを利用する時、
    現在、借入している金利よりも低金利で借りることができるなら、
    総量規制に関係なく、借入を一本化ができるのだ。

    かつてはおまとめローンと言えば銀行カードローンだった

    ちなみに総量規制の縛りがなく、
    おまとめローンにも積極的だったのが銀行カードローンだった。

    しかし記事冒頭でも書いたが、
    現在、おまとめや借り換えの案内しなくなった。

    現状でおまとめローンを考えるなら、
    消費者金融のおまとめローンを検討すべきなのだ。

    大手消費者金融のおまとめローンについて

    では、おまとめローンを取り扱っている、
    大手消費者金融を見てみよう。

    ↓横スクロールで詳細情報が確認できます

    会社名 利用方法 実質年率 利用限度額 保証人 他社への返済 利用に必要な物
    プロミス
    おまとめローン
    無人契約機、
    店頭窓口、
    WEB申込
    6.3%~17.8% ~300万円 不要 プロミスから
    直接返済
    本人確認書類
    収入証明書
    アコム
    借り換え専用ローン
    無人契約機、
    店頭窓口にて
    7.7%~18.0% 1万円~300万円 不要 アコムから
    直接返済
    本人確認書類
    収入証明書
    アイフル
    かりかえMAX
    無人契約機、
    店頭窓口、
    郵送にて
    WEB申込 
    3.0%~17.5% 1万円~500万円 不要 アイフルから
    直接返済される
    場合がある(※)
    本人確認書類
    収入証明書
    他社借入がわかる書類

    ※基本的には申込した人が自分で借入先へ返済する

    ちなみにアイフルには、
    「おまとめMAX」というおまとめローンもある。

    アイフルのおまとめMAXバナー画像

    これは現在アイフルで借りていて、
    他社からも借りている人専用のおまとめローンだそうだ。

    またアイフルの場合だと、
    他社の借入状況を判断できる書類、
    例えば、残高がわかるもの(明細書等)の提出が必要となる。

    おまとめローンを利用する時に必要な物

    おまとめローンを利用する際だが、
    収入証明書や本人確認書類が必要となる。

    提出する収入証明書は各社、ほぼ同じだ。

    収入証明書として認められるもの
    源泉徴収票、給与明細書、所得・課税証明書

    しかし、本人確認書類に関しては、
    微妙に異なるので各社提出するものを確認しておこう。

    会社 提出する本人確認書類
    プロミス 運転免許証、パスポート、
    健康保険証&住民票
    アコム 運転免許証、個人番号カード、
    顔写真がない証明書の場合は
    住所を確認できる書類を提出する
    (住民票、公共料金の領収書、納税証明書など)
    アイフル 運転免許証、パスポート、
    個人番号カード、住民基本台帳カードなど

    これらはおまとめローン、
    借り換えを考えているなら事前に用意しておきたい。

    おまとめローンの返済について

    おまとめローンの場合、
    返済専用のローンとなるのが一般的だ。

    おまとめローンとして貸付されたお金は、
    現在借入している他社への返済に充てることが条件となる。

    おまとめローンの返済の仕組みについて

    他社への返済はアイフルを除き、
    本人に代わり、他社へ直接返済するケースがほとんどだ。

    おまとめローンを利用するならどこが良いのか

    申し込み~契約までの流れでいえば、
    プロミス、アコム、アイフルともに大きな差はないが、
    プロミスとアイフルならWEB申込ができる。

    近くに自動契約機がない場合や、
    申込に行く時間がない人であればWEB申込が利用できる、
    プロミス、アイフルが使い勝手はよいだろう。

    プロミスのおまとめローンの場合

    プロミスのバナー画像

    公式サイトにはプロミスの自動契約機、
    お客様サービスプラザでの申込のみとあるが、
    実はWEB申込でもおまとめローンには申込できるのだ。

    手順としては申込後、審査結果次第で、
    通常のフリーキャッシングかおまとめローンか、
    プロミスから提案があるそうだ。

    これは申込後に行われる審査で、
    ご自身の借入状況を把握する(※)ためだ。

    ※CICなど信用情報機関のデータを参照するため。詳しくはCICについての記事をご覧いただきたい

    もし他社の借入がある場合で、
    おまとめローンが利用できると判断されれば、
    プロミスからおまとめローンの案内がされる(※)そうだ。

    ※おまとめローン利用時は指定される書類を提出する

    ただし、おまとめローンを希望しているのであれば、
    何かしら伝えたほうが確実では?と思い聞いてみたところ、
    申込して10分後にプロミスへ電話してもらうと確実とのことだった。

    おまとめローンを利用できるかは審査次第だが、
    審査通過後、自動契約機かお客様サービスプラザにて、
    契約するという流れで利用することができる。

    アイフルのかりかえMAXの場合

    アイフルかりかえMAXのバナー画像

    手順と方法をアイフルに問い合わせたところ、
    通常申込からでも借り換えMAX等への申込はできるそうで、
    申込の入力項目の「ご利用目的」に記載くださいと伝えられた。

    …が、実際に申込画面を確認したところ、
    おまとめや借り換えを選ぶ項目は見当たらなかった。

    アイフルの申込画面にある利用目的一覧

    つまりアイフルの場合、
    通常申込後にはアイフルに連絡するか、
    公式サイトの借り換えMAX等のページから申し込みが必要だ。

    また契約自体はプロミス同様、
    自動契約機か店頭、もしくは郵送契約も可能だ。

    まとめ!おまとめローンをするなら今はここを選ぶ!

    筆者の考えとしては、
    本気でおまとめして返済していきたいのなら、
    プロミスを選ぶべきと考えている

    その理由は他社からの借入をプロミスが清算、
    あとはプロミスに返済していく仕組みだからだ。

    これがもしアイフルの場合となると、
    基本的には現在の借入先へは直接返済しない。

    つまり、おまとめローンを契約し、
    融資されたお金はまず本人に渡されてから、
    自分自身で他社へ返済する必要があるのだ。

    例えば、融資されたお金を、
    他の事に使ってしまう可能性はないだろうか。

    またきちんと返済するとしても、
    自身で他社へ返済する手間はかかるものだ。

    そう考えるとプロミスのほうが、
    おまとめローンとしては適しているといえるだろう。