楽器をローンで買う時に知っておきたい情報を網羅、解説しよう

ギターやベース、ピアノなどなど、欲しい楽器があっても現金がない時、もしくは分割で買いたい時に利用を考えるのがローン、もしくはクレジットカードでの支払いだ。

この記事では楽器をローンで買う時に必要な以下、情報を中心に解説していきたい。

  • 楽器を買う時に利用できるローンについて
  • 楽器店のローン「分割払い」について
  • スルガ銀行の「楽器・音響機器購入ローン」について

筆者自身もローンで楽器を買ってきたからこそわかる、知っておいてほしいことをお伝えしていこう。

楽器ローンの審査が不安、利用しやすさならココ!
楽天銀行スーパーローンバナー画像
キャンペーンの期間・金利について

  • キャンペーン金利:年1.33%~10.15%(通常金利より30%オフで利用可能)
  • 申し込み期間:2020年4月8日(水)15:59まで
  • 入会期間:2020年2月18日(火) – 2020年4月24日(金)まで
  • 金利30%オフ適用期間:2020年2月18日(火) – 2020年4月24日(金)まで
30%OFF時の金利条件一覧

利用限度額金利
800万円年1.33%~3.15%
600万円以上800万円未満年2.1%~5.46%
500万円以上600万円未満年3.15%~5.46%
350万円以上500万円未満年3.43%~6.23%
300万円以上350万円未満年3.43%~8.75%
200万円以上300万円未満年4.83%~10.15%
100万円以上200万円未満年6.72%~10.15%
10万円以上100万円未満年10.15%
利用限度額別に見た一ヶ月の利息

利用限度額 上限金利 一ヶ月間の利息
800万円3.15%20,712円
700万円5.46%31,414円
600万円5.46%26,926円
500万円5.46%22,438円
400万円6.23%20,482円
300万円8.75%21,575円
200万円10.15%16,685円
100万円10.15%8,342円
50万円10.15%4,171円
30万円10.15%2,503円
20万円10.15%1,668円
10万円10.15%834円
管理人
管理人

特筆すべきは100万円以下借りた場合、金利10.15%で借りられることだ。この金利条件は審査が厳しくなるフリーローンを除き、他にない。つまり、100万円以下で借りる予定であれば、この楽天銀行スーパーローンが最も利息を減らすことができるわけだ。キャンペーン期間中であれば、是非、利用を検討してみてほしい。


※キャンペーン金利は期間中のみ。期間終了後も残高がある場合は、通常金利が適用(年1.9%~14.5%)。※キャンペーン金利適用期間終了後に借入残高がある場合、キャンペーン金利適用期間終了翌日より通常金利が適用(年1.9%~14.5%)。※入会日から入会月の翌月末迄に一括返済および増額返済をした場合、キャンペーン金利は対象外。※返済が一度でも延滞すると金利30%オフのキャンペン金利は適用されません。

借入限度額実質年率アルバイトの借入WEB完結申込
最大800万円 1.33%~10.15%
(通常1.9%~14.5%)
最低返済額利用できる年齢口座開設ATM手数料
2,000円~20~62歳不要無料(利用可能なATM)
スポンサーリンク

楽器を買う時に利用できるローンの種類とは

楽器を買う時に利用するローンといえば、

  • 楽器店で案内されるローン
    …分割払い(ショッピングクレジット)
  • インターネット上で組めるローン
    …Webbyなど
  • デジマートなどWEBショップ提携のローン
    …スルガ銀行の楽器購入専用ローンなど

などが一般的に利用されているローンだ。

Webbyはインターネットで組めるJACCSのローン (WEB完結型ショッピングクレジット) だ。筆者が実際にWebbyを利用して楽器を購入した体験談も記事にしているので、併せてご覧いただきたい。

筆者も石橋楽器の無金利キャンペーンはよく利用したことがあるが、大手楽器店であれば、信販会社と提携しているローン(ショッピングクレジット)を利用でき、かつ無金利キャンペーンや超低金利で利用できる場合もある。

大手楽器店以外であっても、同様に信販会社のローンは利用できるが、金利(分割手数料)は高くなる傾向がある。

つまり、楽器を購入するお店によって、ローンを利用する条件が異なってくるものだ。

楽器を購入する時にローンを利用する人の割合ってどのくらい?

どのくらいの人がローンを利用しているのか?大手楽器店で働く友人に聞いたところ、40~50%の人がローンで楽器を購入しているとのこと。

仲の良い個人経営の楽器店のオーナーの話では、高額な楽器を扱っていることもあるが、80%ほどの人がローンを利用しているとのことだった。

そもそも楽器をローンで買うのはやめたほうがいいんじゃないの?

楽器をローンで買う必要はない!という人もいるが…筆者は違うと考えている。

なぜなら同じ楽器、例えば、ギターで考えてみても2本と存在しないからだ。

筆者もギターやエフェクターが好きで、ローンを利用し様々な物を買ってきた一人だ。

前から欲しかった楽器はもちろん、素晴らしい楽器との出会いは突然に訪れるものだ。ブラッと立ち寄った楽器店で、悩んだ末に楽器店のローン(分割払い)で買った経験もある。

楽器ローンで衝動買いした古いアコギ

同じ楽器には二度と巡り会えない…と考え、ローンを組んでも利息は考えないようにしてきた一人だ。

ギターをローンで買ってきた筆者が言えること

筆者はギターが好きで弾いているが、今まで弾いてきた中で同じ音のするギターは一本もなかった

出会った物は「一期一会」と考え、筆者は今までギターやエフェクターなどを買ってきた。

数十万円もする物、ヴィンテージギターを買う時、現金一括で購入できればよかったが、実際にはなかなか難しく、ローンを利用し、ギターや機材を購入してきた。

今まで筆者が買ったギターやエフェクターの写真
今まで買ってきたギターや機材の一部

なぜローンを利用してまで買ったのか?

それはもし本当に気に入った、音がする物が目の前にあるのであれば、

”買っての後悔よりも、買わない時の後悔のほうが大きい”

ということを体験したからだ。

特に古い物、1960~1970年代に生産されたギターやエフェクターなどは個体差もあるため、同じ音のするものになかなか出会えないことを知った。

一度買い逃すとなかなか同じモノは手に入らない、そんな経験をしてきた人なら痛いほど理解してもらえるはずだ。

筆者も楽器店のローン、いわゆる分割払い(ショッピングクレジット)をよく利用し楽器を買っていた。中でもオリコやジャックスといった、信販会社はよくお世話になった。

ちなみに下の写真は筆者がかつて、

石橋楽器でギターを買った時のオリコのお支払計算書

石橋楽器でギブソンレスポール購入時のオリコの分割払い明細書(お支払計算書)だ。

分割回数を最長84回、この時は何も考えず、ローンを組んでいたことが懐かしい。

楽器店のローン(分割払い)について

ではまず、実際にローンで楽器を買った経験から、楽器店でよく案内されるローン信販会社の分割払いから解説していこう。

楽器店でローンを利用するとなると、信販会社の分割払いがよく知られるところだ。

信販会社の分割払いはオリコ、アプラスなど、クレジットカードも扱っているので知っている人もいるだろう。

信販会社の分割払いを利用すれば、分割回数に応じた手数料(利息)がかかるため、商品代金の他、分割手数料も支払うことになる

大手楽器店で案内されるローンの特徴を調査した

大手楽器店であれば、ローンで楽器を購入することは可能だ。では、どのような特徴があるのか?まずは以下、表を見てみてほしい。

大手楽器店のローン(分割払い)一覧表

楽器店石橋楽器クロサワ楽器山野楽器イケベ楽器
利用可能な
分割回数
2~84回2~60回2~60回2~120回
ローンが
利用できる金額
3万円以上3万円以上1万円以上3万円以上
通常金利1.5%(1回)~
30.92%(84回)
公式サイトに公表なし0%(1回)~
30.0%(60回)
0%(1回)~
30.92%(84回)
特別金利2.0%(42回)~
10.0%(120回)
(1回~36回までは金利ゼロ)
分割54回まで 1%
分割60回まで 2%
分割84回まで 5%
(キャンペーン時期のみ)
2.5%(42回)
5.0%(60回)
7.5%(72回)
10.0%(90回)
15.0%(120回)
金利ゼロ対象3万円以上、36回まで
(新品、中古品、特価品が対象)
【新品購入のみ】
■エレキギター、ベース
5万円以上20回まで

■マーティンを購入時
5~15万(12回まで)
15万円以上(24回まで)

■ギブソンアコギを購入時
10万円以上20回まで
新品なら3万円以上、
特価品なら30万円以上、
36回まで
(新品・特価品楽器のみ対象)
信販会社オリコ、ジャックスジャックス、オリコジャックスジャックス
アルバイトの利用保証人が必要な場合有利用可能利用可能利用可能
未成年の利用保証人が必要(※)保証人が必要(※)保証人が必要(※)保証人が必要(※)
契約書等の郵送
(オンラインクレジット以外)
自宅へ郵送自宅へ郵送WeBByのためなしWeBByのためなし

※18歳未満の場合、親が代理購入するなら利用可能

石橋楽器の金利無料キャンペーンなら中古楽器も購入できる

筆者もお世話になったことがあるが、石橋楽器は金利無料でローンを利用できるキャンペーンを実施している。

金利無料キャンペーンは期間限定で案内しているものの、期間延長という形で定期的に利用できる。

金利無料で利用できる分割回数は36回まで。36回以上の分割払いでも特別金利で利用できる。

石橋楽器の特別低金利について
回数 キャンペーン金利(%)
422
482
543
604
664
725
785
846
907
967.5
1028
1089
1149.5
12010

時期によりキャンペーンも異なるため、タイミング次第ではかなり好条件の金利で購入することも可能だ。

以前、石橋楽器でエレキギター(フェンダー テレキャスター 59s)購入時、キャンペーン中で72回払いを利用した時でも、金利は1.5%程度と超低金利で利用できた。

また石橋楽器の場合、キャンペーン金利が適用される対象商品の範囲が広いため、中古楽器も含めローンが利用できるなど、使い勝手が良いのも嬉しいところだ。

大手楽器店の無金利キャンペーン比較表
楽器店無金利回数対象商品対象金額
石橋楽器36回新品、及び、中古楽器の全商品お買上げ金額合計30,000円以上、
月々のお支払額が3,000円以上
イケベ楽器36回新品、及び、特価品新品の場合は30,000円以上、
特価品の場合は300,000円以上
クロサワ楽器
(エレキギター・ベースの場合)
20回新品のみ指定ブランドのみ対象、
50,000円以上

欲しい楽器が石橋楽器で見つかった時は、金利無料キャンペーンは利用する価値大だ。

イケベ楽器のローンについて

イケベ楽器のローンは無金利、超低金利キャンペーン共に新品と特価品のみが対象となる。つまり、中古品等の場合は通常金利でローンを組むことになる。

イケベ楽器の特別金利適用条件

お買い上げ金額3万円以上の新品、及び、30万円以上の特価品

イケベ楽器の特別金利・通常金利一覧表
回数 特別金利 通常低金利
10%0.00%
30%1.34%
60%2.34%
100%3.70%
120%4.39%
150%5.42%
180%6.45%
200%7.15%
240%8.55%
300%10.66%
360%12.81%
422.50%14.98%
483.50%17.18%
544.50%19.40%
605.00%21.65%
666.50%23.94%
727.50%26.23%
788.50%28.57%
849.50%30.92%
9010.00%なし
9611.50%なし
10212.50%なし
10813.50%なし
11414.50%なし
12015.00%なし

通常金利は全ての商品が対象、30,000円以上で利用できるが、分割回数が30回を超えてくると金利が10%を超えてくるため、後ほど紹介する銀行の楽器購入専用のローンなどを代わりに利用することも検討してみてほしい。

クロサワ楽器のローンについて

クロサワ楽器のローンだが、無金利で購入できるのは新品購入のみとなり、分割できる回数も少ない。

クロサワ楽器の無金利で購入できる商品
  • エレキギター、ベース
    …5万円以上(20回まで無金利)
  • マーティンを購入時
    …5~15万(12回まで無金利)
    …15万円以上(24回まで無金利)
  • ギブソンアコギを購入時
    …10万円以上(20回まで無金利)

ちなみにエレキギター、エレキベースの場合、指定ブランドが対象となるため、全ての商品ではない。

エレキギター・エレキベースで無金利対象の指定ブランド
エレキギターの場合 Gibson、Fender U.S.A.、P.R.S.、G&L、Dean、J.W.Black Guitars、John Page Guitar、BrianMay Guitars、Ibanez、Schecter
エレキベースの場合Gibson、Fender U.S.A.、G&L、Dean、J.W.Black Guitars、Ibanez、NS Design、Schecter、MTD、ZON、Elrick、Mike lull、Marleaux、Human Bass

購入したい楽器が指定ブランドであればよいが、分割回数が20回までとなるため、月々の返済額は多めの返済となることは覚悟しておきたい。

また、クロサワ楽器の通常金利だが、公式サイト上では公表されていない。

今回、公式サイトからリンクされているジャックスのクレジットお支払い計算シミュレーションを利用し、どのくらいの金利(実質年率)か?調べてみた。

結果、50万円以下、50万円以上で金利が変わるだけでなく、分割できる回数も異なることがわかった。

クロサワ楽器の通常金利一覧表
50万円以下
実質年率(%)
50万円以上
実質年率(%)
000
329.76なし
619.38.22
1017.548.21
1218.198.21
1515.64なし
1815.518.21
2014.44なし
2414.788.22
3014.498.24
3613.578.21
4212.828.22
4812.238.24
5412.138.2
6011.958.28
66なし8.23
72なし8.22
78なし8.24
84なし8.25

商品を購入する際に金利だが、50万円以下の場合でおおむね10%超え、50万以上の場合の8%程度だった。

微妙に分割する回数で金利が上下するのが気になるところだが、50万円以下の商品を購入する場合は、他のローン(楽器専用購入ローンやカードローン)を利用し、支払ったほうが良いことがわかった。

超低金利で購入できる時もあるが期間限定でしか利用できない

クロサワ楽器も期間限定(例えば、年末年始など)で超低金利キャンペーンを行う場合がある。

  • 分割54回まで…1%
  • 分割60回まで…2%
  • 分割84回まで…5%

他の楽器店と比べても引けを取らない金利条件でローンを利用できることは覚えておきたい。

ヤマハの楽器ローンについて

ヤマハの楽器ローンは「自由返済型 フレックスプランα」で案内している。

ヤマハの楽器ローン「自由返済型 フレックスプランα」バナー画像
「自由返済型 フレックスプランα」のスペック
実質年率3.9%
利用条件申し込み金額が25万円以上
支払い回数24回~120回
対象楽器ピアノ、エレクトーン、電子ピアノ、中古ピアノ、エレクトーン、
管弦打楽器本体、M楽器本体、防音室(アビテックス 定型タイプ)

金利条件はかなり良いため、ヤマハで対象楽器を購入する際は利用したい楽器ローンだ。

デジマート決済で利用するローンについて

欲しい楽器を探す時、デジマートを利用している人も多いだろう。

では、デジマートで楽器を買う時に利用するローンについて説明しておこう。

デジマート決済のローンは購入先楽器店のローンを利用することになる

例えば、イシバシ楽器のデジマート店で買うとしよう。

イシバシ楽器のデジマート店の場合、「デジマート決済」に対応しているので、デジマート上から直接、購入することができる

デジマートの石橋楽器店でレスポールを購入する時の画面
デジマートの石橋楽器店でレスポールを購入する時のローン選択画面

ただしこの場合、利用するのはイシバシ楽器店のローンとなるのだ。

つまり、デジマートで楽器をローンで買う場合、販売先の各楽器店のローンを利用することとなる。

楽器店のローンを利用する時に必要な物や手順について

楽器店のローン(分割払い)を利用する時に用意しておきたいものは以下のものだ。

楽器店のローンを利用する時に用意しておく物

  • 印鑑(引き落としに利用する銀行に使用した銀行印)
  • 顔写真付きの身分証明書(運転免許証、パスポート)
  • 引き落としに利用する銀行口座情報(支店名・口座番号)

また、ローンの審査だが、勤務先に在籍確認の連絡が入るのは覚えておきたい。ちなみに未成年の場合は親の承諾が必要だ。

未成年がローンで楽器を買う場合は親が代理購入すればOK

楽器店のローンを18歳の人が利用したい場合、 親(保護者)が代理購入することになる(※)。

※近年は親が代わりにローンを組まなければならない傾向が見られる

では未成年がローンを利用する際の大手楽器店の対応状況を見てみよう。

楽器店名未成年がローンで購入する時の対応
イシバシ楽器保護者が代理購入
クロサワ楽器調査中
島村楽器18~19歳の場合は両親が保証人になれば購入可能
イケベ楽器WeBByにて決済、保護者の同意が必要

共通して言えることは、親の助けがなければ、ローンで楽器は買えないということだ。

楽器店のローンを利用する際の手順について

楽器店のローンを利用する際の手順は以下の流れとなる。

  1. 購入楽器を決めた後、契約書類に必要事項を記載
  2. 申し込みした本人宛に申し込み事項の確認し、審査。
  3. 審査自体は何も問題がなければ、~1時間程度で契約完了

申し込みする時間にもよるが、基本的に申込した日に審査結果がでるため、即日に手続きは完了、購入した楽器を持ち帰ることは可能だ。

楽器店のローンで審査に通らない人の傾向を楽器店で働く友人に聞いてみた

楽器店のローンの審査を行うのは信販会社であり、審査時の判断基準となるのが、

  • 安定した収入があるか
  • 年収はどのくらいあるのか
  • 他のローンは利用しているか
  • 連絡のとれる連絡先はあるか
  • 住所のわかる本人確認書類はあるか
  • 申込書の記入に嘘はないか

などの項目から複合的に判断する。しかし、審査の詳細については公開されておらず、問い合わせしても回答は得られない。

そこで大手楽器で働く友人に審査に通らない、落ちてしまう人に多い傾向を聞いてきた。

他のローンの支払い(携帯料金も含む)に遅れたことがある人は審査に落ちるる傾向にあり

大手楽器店で働く友人に聞いたところ、確かにローンの審査に落ちる人は一定数いるとのことだった。

審査に落ちる人の傾向として、携帯料金や他のローンの支払いが遅れた(延滞した)人が多いとのこと。

携帯電話の支払いは関係ないと思われそうだが、割賦払いになっている場合は注意が必要だ。

なぜなら、携帯料金は携帯会社で契約している割賦払いも含まれており、未払いがある場合、事故歴として信用情報機関に登録されてしまうからだ。

事故歴として信用情報機関に登録されると融資時の審査に通過するのが難しくなり、ローンの審査に落ちる可能性が高くなる

ローンの審査は様々な項目からチェックされる

ローンの審査においては年収他、様々な項目がチェックされる。

ちなみに年収は自己申告であり、証明する物は基本的に求められない

つまり、年収で審査をしているというよりも、今までの他社を含めたローンの利用状況、年齢や職種、勤続年数など複合的に審査が行われていると考えられる。

収入よりも仕事は何年続けているのか?いわゆる「勤続年数は何年ぐらい(※)か」は大きいと感じたそうだ。

※最低でも3~6か月以上、できれば1年以上の勤務が望ましい

フリーターだと審査に通らない可能性がある

フリーター(アルバイト)の場合、ローンの審査に通らなくなってきているとのこと。これは友人の体感として、2008年頃から感じられたそうだ。

2008年といえば「割賦販売法の改正法」が行われたのもこの年だ。

「割賦販売法の改正法」
この改正法では、定義の変更により規制の抜け穴を解消し、業者の登録制・過剰与信防止などの制度整備によりクレジット規制を強化するなどしている

引用元:大和総研グループ 2008年の割賦販売法の改正より

その前後の出来事で見ても、2006年には「貸金業法改正」が行われ、2007年には「多重債務問題改善プログラム」と金融業界でも大きな動きがあり、融資が厳しくなった時期でもある。

あくまで審査次第ではあるがフリーターの場合、楽器店のローンで買うのは難しい傾向にあるとのことだった。

学生(大学生)でもローンで楽器は購入できる?

学生であっても、

  • 20歳以上
  • 安定した収入がある(アルバイトをしているなど)

上記を満たしていれば、楽器店のローンを利用することはできる。つまり、大学生や専門学生の場合、ローンで楽器を購入できる可能性はある。

しかし、フリーターが利用する時と同様、審査に通りにくくなってきているのも事実だ。

ローンの審査も2000年代初頭の頃は、楽器店でローンを組む時、職業欄は「学生」ではなく、「アルバイト」と記載したほうが審査に通ると案内されたこともある。しかし、今は割賦販売法が改正や審査が厳しくなった影響などからか、審査落ちするケースが増えていると聞いている。

学生ローンを利用して買うのも一つ

学生がローンを利用するのであれば、学生ローンも視野に入れることが可能だ。学生ローンは基本的に資金用途を問われないため、楽器を購入することは可能だ。

学生ローンは、

  • 大学生
  • 大学院生
  • 短大生
  • 専門学生
  • 予備校生

などの学生を対象としており、20歳以上で身分証(学生証、運転免許証など)があれば、親の承諾や保証人もなしでローンは利用できる

またローンで借りられる金額の目安は、年収の3分の1以下となる。

学生ローンは高校生でも利用できる?

学生ローンだが利用条件は学生であることだが、高校生は利用できない。しかし、未成年でも18歳以上なら、 利用できる学生ローンはある。

18歳以上なら利用できる学生ローン
利用できる学生ローン利用条件や特徴
アイシーローン未成年の場合は学生であること、
アルバイトしていない時は要相談
学生ローン「カレッヂ」アルバイトをしていない時は要相談
フレンド田(デン)未成年の場合は親が保証人になる必要あり、
アルバイトをしているなど安定した収入が必要

利用できるかは審査次第となるが、保証人をつけない、アルバイトをしていない場合、利用することは難しいと考えておくほうがよいだろう。

学生ローンの場合、借りられる金額は少ない

学生ローンの場合、借りることができる金額は少なく、10~50万円ぐらいが限度だ。

また、金利は楽器店のローンと比べても高くなるため、成年でなければ、特に利用するメリットは少ないともいえる。

楽器店のローンを利用するメリット・デメリット

では、楽器店のローン(信販会社が扱う分割払い)のメリット、デメリットについて見ていこう。

楽器店のローンのメリットについて

  • 高額で買えないと考えていた楽器であっても購入できる
  • 分割回数を増やせば、月々の返済額を支払える金額に設定できる

ということだろう。

また、楽器店によってはローン金利が、「○○回までは金利0%」といったキャンペーンをしている時もある。

石橋楽器の金利ゼロキャンペーンのバナー画像

欲しい楽器が見つかった時、金利ゼロで買えるなら利用しない手はないだろう。

ここまでの内容を読んでもらうと、「楽器店のローンを利用すればOK!」と思うかもしれない。

しかし、楽器店のローンにもデメリットはあるのだ。

楽器店のローンのデメリットとは

  • 大手楽器店でも通常金利の場合、金利は高めである
  • 大手楽器店で買わない場合は金利が高くなる可能性がある
  • 店頭でのローンの手続きに時間がかかる
  • 余裕のある月に増額して返済ができない
  • 一括返済(早期完済)してもそこまでメリットがない

ということが挙げることができる。

大手楽器店でも通常金利の場合、金利は高めである

金利は大手楽器店でも特別金利や無金利が利用できない場合、通常金利で買うことになると金利は高くなってしまう。

通常金利でローンを使用した場合、どのくらい分割手数料を支払うことになるか?利用前の確認は必須だ。

大手楽器店で買わない場合は金利が高くなる可能性がある

大手楽器店以外で買う場合、例えば、個人経営の楽器店で買う場合だ。

特別金利や無金利と言ったキャンペーンは行っていないことが多いため、通常金利でローンを組むことになる。

購入するお店にもよるが、分割回数を3回以上で購入するのであれば、クレジットカードよりもローンを利用したほうが、分割(金利)手数料は安くなることもある。

ローンやクレジットカードでの支払いを検討しているなら「ご自身が利用したい分割回数でどのくらいの分割手数料(金利)なのか?」チェックしておきたい。

クレジットカードを利用した支払いの場合はどうなの?

ちなみにクレジットカードの分割払いやリボ払いを利用する方法もあるが、分割する回数によっては、分割手数料(金利)が高く、手数料(利息)がローンよりも増える場合もある。

またクレジットカードでキャッシングを利用する場合も同様で、実質年率(金利)が高い場合もあるので利用前に確認しておこう。

筆者がよく利用しているセゾンカードの場合、ショッピングリボ払いであれば、長期・定額コースで実質年率12.0%、標準コースで9.6%。

キャッシングを利用した場合、実質年率12.0%~18.0%であり、決して低い条件で利用できるわけではない。特にリボ場合の場合、毎月の返済額が少額であるため、返済が長期化、より多くの手数料(利息)を支払うカラクリがある。

セゾンカードの分割払い(ショッピング)手数料
支払回数(回)345678910111213141516171819
実質年率(%)  9.0  9.610.010.310.510.610.710.810.910.911.011.011.111.111.111.111.1
支払回数(回)2021222324252627282930313233343536
実質年率(%)11.211.211.211.211.211.211.211.211.211.211.211.211.211.211.111.111.1

セゾンカードの場合、リボ払いを利用せず、単に分割払いをするのであれば、そこまで実質年率(金利)は高くならない。ポイント付与やキャッシュレス還元などを考えれば、クレジットカードの分割払いがお得なケースもある。お手持ちのクレジットカードの実質年率を一度、チェックしてみよう。

店頭でのローンの手続きに時間がかかる

楽器店の店頭でローンを組んだ場合、待ち時間が生じることは頭に入れておきたい。

対応する店員やお店の込み具合にもよるが、申込書の記入、そして審査が終わるまで含めると、おおよそ1時間程度は店頭にて待つこととなる。

待つのも楽しみという人ならよいが、時間のない時であれば、待つのは苦痛だろう。

余裕のある月に増額して返済ができない

今月は少し余裕があるから多めに返済し、早くローンを終わらせることができない。

毎月決められた返済額以上の返済はできず、できるのは多少引かれた手数料を含めた残債分を一括で返済することだけだ。

一括返済(早期完済)してもそこまでメリットがない

楽器店のローンで早期完済するメリットはない。

一括返済(早期完済)した時、支払う手数料(利息)はどうなるのか?楽器店に確認しても明確な回答が得られなかったのだが、実際に筆者がギターをローンで買った時、早期返済した時の例を見てみよう。

筆者がエレキギターをWebby(ジャックスの分割払い)で購入し、早期完済した時のデータ
利用額324,000円
契約時の返済回数72回
契約時の分割手数料16,200円
早期完済したタイミング返済3回目(残り69回)
早期完済した時に一括返済した金額314,176円
早期完済による利息軽減額-10,124円
返済回数3回で支払った利息額6,076円

ローンを支払いはじめ3回、残回数69回の残す状態で一括返済したのだが、支払った利息額は6,076円。

72回で完済した時の分割手数料が16,200円、僅か3回の支払いで37.5%の分割手数料を支払っていることになる。

早期完済した際、場合によっては事務手数料も取られることもある。

もし早期に一括返済を考えている人であれば、

  • 分割回数を増やさず手数料を極力減らす
  • 早期返済によるメリットは少ないことも理解しておく

ことを覚えておきたい。

ちなみに早期完済時の手数料計算だが、信販会社によって異なる(※)。

※早期完済については割賦販売法に規定はないため。こちらの消費者相談事例をご覧いただきたい

「分割手数料・利率」は「金利(実質年率)」と考えてOK

ちなみに楽器店のローンを利用した場合、月々の返済額には商品代金の他に「分割手数料」が含まれている。

ショッピングローン明細書

分割手数料については、楽器店やクレジット会社のホームページにも記載されている。

分割手数料のパーセンテージに注目してほしい
ショッピングクレジット実質年利表
三木楽器のローン(分割払い)の金利
三木楽器のショッピングローン金利表

実はこの「分割手数料・利率」は、カードローンなど一般的なローンにおける「金利(実質年率)」と一緒と考えてもらってOKだ。

ショッピングクレジットの実質年率

つまり、楽器店のローン以外でも「金利(実質年率)」を見て、より好条件のローンを利用するのも一つであり、候補として挙がってくるのが銀行のローンだ。

銀行のローンを利用して楽器を買う方法とは

低金利でローンを組める候補として挙げることができるのが「銀行」のローンだ。

金利にフォーカスすると、楽器店のローン(通常金利の場合)よりも低い場合があり、増額返済もでき、一括返済した時に利息を減らせる可能性があるのだ。

一括返済の場合、利息はどのように計算されるのか?

一括返済時に支払う利息だが、ローン残高に対し、前回返済日からの日割り分で計算される。

例えば、残債が15万円の場合で金利が14.5%、前回の返済日から10日経っている場合の利息を計算すると、

15万円×14.5%(金利)÷365×10(日)=596円

つまり、150,596円を一括で返済すればよい。

カードローンの一括返済ならショッピングクレジットよりも利息がわかりやすいことを説明するイメージ図

毎月の返済を自分でコントロールできる

銀行のローンの返済は借りた金額に応じ、毎月返済する最低金額、いわゆる「最低返済額」が設定されている。

要はこの最低返済額か、それ以上の返済をすることができるのだ。

例えば、10万円借りた場合、毎月最低2,000円の返済額で設定されている銀行もある。

最低返済額で返済していった場合、返済回数や利息が増えるのは注意したいが、金利は変わることはない。

返済が厳しい時は最低返済額で、余裕のある時は多めに返済していくなど、ご自身で返済をコントロールすることが可能だ。

スルガ銀行の楽器・音響機器購入ローンを利用する

銀行で楽器を購入できるローン中でも低金利で利用できるのがスルガ銀行の「楽器・音響機器購入ローン」 だ。

2010年ごろにできた商品で最近ならデジマートという楽器販売サイトでも案内している。デジマートの提携ローンではないそうだが、楽器をローンで買うことに特化しているといえるだろう。

スルガ銀行の「楽器・音響機器購入ローン」とは

スルガ銀行楽器・音響機器購入ローン
スルガ銀行楽器・音響機器購入ローンのバナー画像

スルガ銀行の「楽器・音響機器購入ローン」は楽器購入を目的とした低金利で利用でき、インターネットから申し込みから契約まで完結するローンだ。融資までに時間はかかるが好条件で借りられるローンであり、楽器購入時に利用を検討する人も増えている。また、楽器購入以外にも他社ローンをまとめることもできるなど利用できるなど借り換えやおまとめを考えている人にも利用価値のあるローンだ。

借入限度額実質年率最短融資時間土日融資WEB契約完結
~800万円7.0~11.0%1週間×

この楽器購入ローンは言ってしまえば、「目的ローン」の一種であり、正式な商品名は「リザーブドプランプラス」と呼ばれるカードローンだ。

筆者も問い合わせたところ、概ね金利8.0%程度で融資しているとも言われたことから、好条件で借りられるローンと言える。

ただし、低金利で利用できるため、審査は厳しめだと考えている。

実は筆者もスルガ銀行の楽器購入ローンに申し込みしたが審査に落ちてしまった。その後、楽器店 (石橋楽器) のローンを利用したが審査に通過したことからも審査の難易度は高いと感じた。

>>>スルガ銀行 楽器・音響機器購入ローンの公式サイトはこちら

この「楽器・音響機器購入ローン」はどういった特徴があるのか?利用する上で知っておきたい情報をスルガ銀行に聞き込み調査を実施、わかったことを解説しよう。

Q.楽器・音響機器購入ローンでいくらまで借りられる?

借りられる金額については年収だけでなく、総合的な判断によるため、自分が借りたい金額分を借り入れできるかは審査次第とのことだ。

既にローンをしている人であっても、高額な楽器を購入する時には融資をしている実績があるとの回答だったので、融資に積極的な姿勢を感じた。

Q.申し込みに必要なものって何?

楽器・音響機器購入ローン利用時に必要なものは以下のものだ。

  • 本人確認書類(顔写真付きのもの ※)
  • 購入予定楽器の見積書
  • 場合によっては「収入証明書」

※運転免許証、パスポートなど。パスポートの場合は公共料金の領収書も必要。

ちなみに見積書はネットから購入するなら、購入予定楽器の画面をプリントアウトしてほしいとのこと。

↓このように商品画像をキャプチャしてプリントアウトすればOK。

デジマートの商品画像

またこれらは、仮審査通過後に用意してほしいとのことだった。

Q.先に審査だけを済ませておけるってどういうこと?

デジマートで購入する場合、楽器を購入する前にまずスルガ銀行に申し込み、融資の審査をしてくれると書かれている。

要するに本来であれば、楽器をローンで買う場合は先に購入を決め、それからローンに申し込み、審査を行うものだ。

しかしスルガ銀行の楽器購入ローンなら、先に審査を行えるため、審査通過後に購入する意思を、販売店側に伝えればよいというわけだ。

スルガ銀行楽器ローンの審査過程

ただ、審査結果が出るまでの間に、欲しい楽器が売れてしまう可能性もあるので、先に購入する意思を楽器店に伝えておいたほうが良いだろう。

例えば、ローンの審査結果が出るまで、取り置きなどの対応をしてもらえるならお願いしてみるのがおすすめだ。

Q.借り入れまでにはどのくらいかかるの?

審査回答までは最短で即日、もしくは翌日までには審査結果がわかる(※)。

※土日祝日に申し込みした場合は翌月曜日に審査が行われる

またインターネットと電話での申し込みなら、インターネットのほうが融資までの時間は短縮できるそうだ。

ただそれでもやはり、融資までは7日程度かかってしまう

また電話申込の場合は融資まで10日前後かかるとのことだ。

あとインターネット申込の場合、本人確認書類の提出はスルガ銀行から送られてくるメールに本人確認書類の写真をとって送ればOKとのこと。

全てネット上で手続きを完了させることは可能

Q.借りる時や返済する時はどうしたらいい?

融資はご自身が指定する、金融機関の口座へ振込融資をしてくれる。振込できない金融機関はないそうで、どこでも振込可能だ。

返済はスルガ銀行の口座があれば、自動引落が可能だが、大抵の人が持っていないとのこと。

スルガ銀行の口座がない場合は後日、自宅に届くカードを利用し、提携ATMから返済となる(※)。

※提携ATMはイーネットのマークのあるコンビニ、セブンイレブンなどで利用可能

ちなみに返済時の提携ATM手数料は無料で利用可能だ。

Q.楽器店のローンと楽器購入ローンならどっちがお得?

スルガ銀行の楽器購入ローンのほうが楽器店のローンよりも、利息分を含めた支払い総額は減らすことはできるとのことだった。

なぜなら、楽器購入の場合の実質年利は、年利8.0%で利用できることもある(※)そうなので、一般的な分割払いよりも金利は低くなるからだ。

※金利8.0%で利用できるかは審査次第となる

例えば、ジャックスの分割払い手数料を見ると、

ジャックスのショッピングローン分割手数料表

8.0%以下で利用するとなると、分割回数は15回以下でしか利用できない。

つまり、この場合で言えば、

  • 分割回数を15回以上で利用したい人
  • 増額返済、一括返済を検討している人

であれば、間違いなくジャックスよりも手数料(利息)は減らせるわけだ。

ちなみにこの楽器購入ローンの場合、最大分割回数は120回まで設定することが可能であり、しかも分割回数が120回でも年利8%は変わらないそうだ。

ここまで読んでもらうと楽器をローンで買うなら、スルガ銀行の楽器購入ローンで決まり!と思われるかもしれない。

しかし…実はデメリットもあるのだ。

スルガ銀行の楽器購入ローンもデメリットはある

それは、

  • 電話申込や対応が9:00~18:00まで
  • 融資までの時間が最低一週間はかかってしまう
  • 審査が厳しく、3年分の収入証明書の提出が求められる場合がある
  • 契約後はローンカードが自宅に届く
  • 個人売買では利用できない

ということだ。

電話申込や対応が9:00~18:00まで

電話対応は月~金曜日、祝日の9~18時までで、土日の対応はしていない。会社勤めの人の場合、時間帯的に電話連絡ができない人には不便だろう。

融資までの時間が最低一週間はかかってしまう

時間がかかるので急ぎで、楽器店側が審査に通るまで取り置きが不可能、もしくは今すぐ欲しい場合は使い勝手が悪いだろう。

審査が厳しく、3年分の収入証明書の提出が求められる場合がある

これは友人が申し込んだ話を聞いて知ったのだが、申し込み時に収入証明書3年分の提出を言われたとのこと。

収入証明書の提出は、他社ローンでもあり得る話だが筆者の経験上、前年度の収入証明書(源泉徴収票など)の提出のみでOKという認識をもっていたので、驚きの事実だった。

実際、3年分の収入証明書の提出を促されるのか?スルガ銀行に直接確認したところ「提出してもらう場合もあります」との回答だった。

契約後はローンカードが自宅に届く

契約後、カードが届くとなると郵送物で、ローンを利用し楽器を買ったことが家族に知られてしまう可能性がある

例えば、奥さんに楽器をローンで買ったことを知られたくない人だと困るかもしれない。

個人売買では利用できない

あくまで楽器店からの購入には利用できるが、個人間での売買には利用できないのだ。

例えば、個人売買で知られる「ヤフーオークション」の場合、ショップが出品している時だけの利用に限られるそうだ。

以上のデメリットが気にならなければ、楽器を購入する際には非常に利用価値があるローンと言えるだろう。

楽器をローンで買う時・買った時の疑問 Q&A

ここまで紹介したこと以外にも、楽器をローンで買う時、またローンで買った時の疑問を集め、解説している。何かしら解決になれば幸いだ。

ローンの途中で売却した楽器はどうなるの?

楽器をローンで購入したものの、返済が厳しくなった、どうしてもまとまったお金が必要になった、他に欲しい楽器が出てきたなどなど、ローンの返済が途中の楽器を売却したい時もあるだろう。

しかし、ローンで買った楽器を途中で売却することは本来、禁止されている。

返済途中の楽器を売却した場合はどうなるのか?だが、購入した楽器の所有権がローンを組んだ信販会社等にあり、売ったことが信販会社にばれた場合は、ローンの残債を一括返済しなければならない。

ローン返済途中の楽器を勝手に売却するのは横領罪にあたる

ただ、頻繁にローンで買い、売却する。例えば、高額な楽器をローンで買い、転売を繰り返すなど、悪質な方法をしない限り、信販会社に目を付けられることはまずない。

とはいえ、あくまでもローン返済途中の楽器を売却することはできないことは覚えておきたい。

審査が甘い楽器のローンってある?

楽器をローンで買う時の審査難易度だが、筆者自身の経験から言うと、後ほど紹介する銀行の楽器購入ローンが一番厳しく、楽器店のローンが最も審査が甘かったと体感している。

筆者が楽器をローンで買った体験から感じた審査難易度

審査が甘い…楽器店のローン(分割払い)=カードローン(消費者金融)>カードローン(銀行)>銀行の楽器購入ローン…審査が厳しい

実は筆者もスルガ銀行の楽器購入専用ローンに申し込みしたことがあるが、38万円ほどのローンでも通らなかった経験がある。その後、楽器店のローン(Webby)を利用したが審査に通過。スルガ銀行の楽器購入専用ローンの審査難易度の高さを感じた瞬間だった。

ただし、

  • 審査を全く行わずに利用したい
  • 収入はないが利用したい

といった場合は100%、ローンで買うことはできない。

審査の必要性を理解しており、収入がある人であれば、ローンを利用できる可能性は十分にある。

収入からローンでいくらまでの楽器を購入できるかシミュレーションは可能

収入がある人であれば、今の稼ぎからどのくらいの金額までローンを組めるか?シミュレーションすることも可能だ。

そして自身の年収を計算して、いくらまでローンを利用できるのか?計算してみるとよい。

例えば、以下の条件でシミュレーション、年収を計算してみよう。

  • 飲食店でアルバイトしている
  • 時給が850円で一日8時間勤務
  • 月に16日間アルバイトをしている
  • 他でローンを利用していない場合
年収計算式

時給850円×8時間×16日/月×12ヶ月=1,305,600円(年収)

またこの場合、楽器店のローンなのか?銀行のローンなのか?消費者金融から借りるのか?利用する先で借りられる金額は変わってくる。

楽器店のローン(分割払い)を利用した場合

楽器店のローンは「支払可能見込額」内の金額までならローンは組める可能性がある。

「支払可能見込額」とは【年収-生活維持費-クレジット債務 】で求められ、年収から諸々を差し引いた残額までなら、ローンを組めるとしている。

ちなみに「生活維持費」は法律で定められたもので、JCCA(日本クレジット協会)に記載されている。

参考URL:http://www.jcca-office.gr.jp/consumer/userule.html

例えば、年収250万円で賃貸マンションに住み、他ローンが30万円組んでいる独身の人の「支払可能見込額」を計算してみよう。

250万円-116万円-30万円=94万円

支払可能見込額は94万円、94万円までのローンは利用可能ということになる。

しかし申告する年収は自己申告、年収を証明する物の提出も不要とのこと。

年収をごまかすことは可能であり、ショッピングローンの審査においては他の項目も含めた、総合的な判断をしていると考えるべきだろう。

支払可能見込額は以下の計算式で求められる。

支払可能見込額=年収-生活維持費-クレジット債務

例えば、賃貸マンションで一人暮らしをしている人なら、生活維持費は116万円と定められている。

また他にクレジット会社へ、返済しているローンがある場合は「年間請求予定額」として差し引いて考えられる。

つまり、先ほどの年収から計算すると、

(1,305,600円-116万円【生活維持費】-0円【他ローンなし】)=145,600円

145,600円までなら利用できるという計算になるわけだ。

約15万円のローンを組めれば、エレキギターやベースであれば、ミドルクラスの楽器を購入することは可能だ。ミドルクラスの楽器もメンテナンス次第では一生使える個体もあるため、第一線で使える楽器は購入できると言えるだろう。

銀行のローンを利用した場合

銀行のローンの場合だが、年収の半分まで融資してくれる可能性があるため、652,800円まで利用できると考えることができる。

一般的に銀行の融資基準は年収の2分の1と言われているが、銀行によっては3分の1の場合もある

大きな融資額を期待できるため、ハイエンドギターやヴィンテージギターなど高額な楽器を購入できる可能性は高くなるが、審査は厳しくなるため、借りやすいかと言われると難しいところだ。

カードローン(消費者金融)を利用した場合

カードローン(消費者金融)の場合だが、総量規制で他社の借入を含め、年収の3分の1の利用までなら可能だ。

つまり、他から借りていないため、年収の3分の1までと考えると、435,200円までなら借入できる可能性がある。

消費者金融は金利が高くなることや初めて申し込みした場合は利用限度額が10万円など思っている金額を借りられない可能性はある。

ただ、審査に通過する可能性は高いため、少額の借り入れや利用額の増額なども視野に入れ、利用するのは一つだろう。

このように年収から利用できる金額を計算し、足りない分は頭金を用意し、残りをローンで利用するのも一つだ。

いずれにせよ、ローンに通るかは審査次第となるが、毎月の返済が困難になるような金額をローンで購入するのは審査に通りにくくなるだけでなく、生活を圧迫することになるのでおすすめはできない。

頭金を作ったほうがローンの審査には通りやすくなる

全額をローンで組むのではなく、頭金を用意し、ローンで組む金額を減らせば、審査に通りやすくなる。

なぜなら、ローンで組む金額が少ないほうが審査のハードルが下がるからだ。

50万円借りるのと10万円借りるのであれば、50万円貸すほうが貸し手側が審査に慎重になることは想像できるだろう。

購入予定の楽器が置いてある楽器店に、頭金ができるまで取り置き(キープ)できるか?相談するのも一つだ。

楽器店によるが、1週間程度しか取り置きできないところもあれば、2ヶ月間ほど取り置きしてくれるお店もある。

どうしても欲しい楽器であれば一度相談してみたほうが、もし買えない場合でも諦めがつくはずだ。

楽器店のキャンペーン金利で買うとローンの審査は厳しくなる?

先日、楽器店にいった時ですが、キャンペーン金利ということでいつもよりもお得に楽器が買えると案内されました。金利ゼロでも買えるということでしたが、キャンペーンをしている時って金利が低い分、審査に落ちる可能性が高くなることってあるんでしょうか?

大手楽器店の場合、ゴールデンウィークなど期間限定で、ローンをキャンペーン金利で案内している時がある。

楽器店のキャンペーン金利
石橋楽器の金利0(無金利)キャンペーンはよく知られるところだ。

キャンペーン金利だと、いつもよりお得な金利で利用できるため、本来の金利で支払うよりも利息を減らすことができる。

しかし、好条件で利用できる分、ローンの審査が厳しくなるのでは?と思われるかもしれない。

実はキャンペーン金利で生じる、利息の負担分は楽器店側が負担しているとのこと。

つまり、キャンペーン金利だからといって、ローン会社側が利息分を負担するわけではないため、審査が厳しくなることはないとのことだ。

楽器をローンで買う時に保証人は必要?

未成年以外、楽器店で組むローンをはじめ、
銀行の楽器専用ローンやカードローンも保証人は不要だ。

なぜなら保証人の代わりに保証会社が付いているからだ。

例えば当サイトで紹介した銀行から、
借り入れする場合の保証会社を見てみよう。

銀行カードローンの保証会社(一部紹介)
借入先会社保証会社
スルガ銀行楽器購入ローン(株)オリエントコーポレーション
ダイレクトワン(株)
スルガ・キャピタル(株)
楽天銀行スーパーローン楽天カード株式会社、株式会社セディナ

「保証人を立てなければ、ローンは組めない」ということはないので心配無用だ。

まとめ!楽器を買う時におすすめしたいローンの選び方

最後に楽器を買う時におすすめしたいローンの選び方をまとめよう。

楽器店のローン(分割払い)で買うなら

金利ゼロなど特別金利で利用できるなら楽器店のローンを利用すべきだろう。

ただ、購入先の楽器店のローンが通常金利の場合であれば、他のローンも視野に入れたほうがよい。

分割回数が増えた時の分割手数料(%)と、他のローンの金利(年利・実質年率)を比較してみても遅くないだろう。

銀行の楽器購入専用ローンを利用するなら

楽器購入専用ローンで買う場合、金利は低いのが特徴だ。また、増額返済や一括返済をすることで、支払う利息を減らすこともできる。

ただ難点として、ローンの審査は厳しくなることだ。

もし、審査面で不安を抱える人であれば、カードローン(特にプロミスなど消費者金融)は一択だ。

金利は楽器店の低金利キャンペーンやスルガ銀行の楽器購入専用ローンよりも金利は高めとなるが、銀行や消費者金融のカードローンも増額返済、一括返済は可能だ。

カードローンを利用しお得に楽器を買う方法も併せてご覧いただきたい