クレジットカードのリボ払いとカードローンで借金が増えたSさんの話

更新日:

借金に悩むSさんのイメージ写真

クレジットカードは便利だが、
気が付いた時には利用残高が増えていた…
なんてことはないだろうか。

その原因となり得るのがリボ払いによる返済だ。

今から話す体験談は現在、食品会社の営業として働く、
Sさんが実際にクレジットカードのリボ払いがきっかけで、
借金を作ってしまった話だ。

    クレジットカードのリボ払いとは

    リボ払いは利用した金額のわりに、
    毎月の返済が少額&定額で支払い可能な返済方法だ(※)。

    ※日本クレジット協会:リボ払いの特徴と利用上の注意

    返済額はクレジットカードで異なるが、
    数十万円利用しても月々の支払いは定額のため、
    翌月に大きく増えないため返済は楽になる。

    しかしそのため、気が付いた時には、
    利用残高が予想以上に増えてしまっていたというケースだ。

    そして浪費癖があったSさんは、
    正にそのリボ払いの罠にハマッてしまったのだ。

    クレジットカードの利用残高が増えたのはリボ払いの長期コースが原因

    【Sさん】
    リボ払いの借金を問題視したのは、
    使い込んだ金額が47万円ぐらいまで増えた時でした。

    お恥ずかしいのですが…
    欲しいものがあると我慢できなくて、、
    クレジットカードなら分割で支払えるので、
    あまり考えず、毎月支払えるだろ!と利用していました。

    本来であれば利用残高はどのくらいか?
    確認すべきでだしたが残高を見るのが怖くなってきて…
    ある時から明細書を見なかったんですね。

    ただ自分の中では毎月返済しているので、
    多少は残高が減っているものだと思っていましたが、
    現実は利用残高が一切減らず、予想よりも増えていたんです。

    理由は利用残高を確認しなかったことは勿論、
    減っているからと思ってちょこちょこ使っていたこと、
    あとはリボ払いの返済コースを長期コースにしてしまったことでしょうね、、

    Sさんが利用したクレジットカードのリボ払いの長期コースとは

    Sさんが利用していたのは、
    セゾンのクレジットカードだった。

    セゾンのクレジットカード画像

    ちなみにSさんが長期コースに切り替えたのが、
    利用額が47万円ほどの時で理由が月々の支払いが厳しかったからだ。

    セゾンカードの標準コースでの返済シミュレーション結果

    セゾンカード ご返済シミュレーションにて計算

    セゾンカードの長期コースは、
    最低月3000円からの返済額設定なのだが、
    Sさんとしては毎月の返済額を減らせる方法と考えたそうだ。

    リボ払いがやばい理由…毎月の返済額を減らせると安易な考えはNG

    【Sさん】
    ある時、スーツや靴などを購入し、
    10万円ほど使ってしまいまして、支払い額がグッと増えたんです。

    毎月の返済額でいうと1万円ぐらい増えてしまい、
    ちょっとこのまま返済するのが辛いな…と。

    その時に明細書の裏はこちらと、
    今は標準コースで長期コースに変更すれば、
    毎月の返済額が5,000円程度ですが減らせることがわかりました。

    その時の私からすれば、5,000円減るだけでも助かったので、
    迷わず長期コースに変更しました。

    長期コースの案内は明細書の裏面にも記載があるが、
    確かに毎月の返済を減らすことは可能だ。

    セゾンカードの明細書にみるリボ払い

    確認のため、返済シミュレーションで計算してみた(※)が、
    確かに返済額が減ることは確認できた。

    セゾンカードのリボ払い返済シミュレーション結果

    ※参照元:セゾンカード「ショッピングリボ」のご返済シミュレーション

    【Sさん】
    「いつかお金ができた時にまとめて支払おう」
    「とりあえず月々の支払いが何とかなればOK!」
    そんな風に考えていました。実際、返済は少しですが楽になりましたし。

    ただ問題だったのが、毎月の返済が少しでも減ると、
    余裕ができた!と思い、またカードを使っていたことですね。

    毎月2万円の支払いはできるから、
    2万円を超えないようにどんぶり勘定をしていました。

    結果的に返済していたのですが、
    利用残高は減らず…そんな生活が1年ほど続きました。

    セゾンカードの明細書

    【Sさん】
    結局、利用残高は45万円ぐらいのまま、
    支払い続けていたのですがまた支払いを考え直す必要に迫られました。

    それはちょうど転職し、歩合制の営業職についた時です。

    歩合制なので調子の悪い時の手取りがやることがあって、
    2万円の支払いも厳しい時がありました。

    そんな時に知ったのが銀行のカードローンでした。

    低金利&返済額の少なさに銀行カードローンは魅力を感じ利用した

    銀行カードローンを考えた理由として、
    今の金利より低く、それとやはり毎月の支払いが減ることでした。

    僕としては毎月の支払いをまず減らしたかったので、
    クレジットカードの長期コースに切り替えた時と同じ理由ですよね。

    結果的に三井住友銀行カードローンからお金を借り、
    セゾンカードに一括で返済しました。

    Sさんが利用した三井住友銀行カードローンで、
    50万円借りた時の月々の返済額は最低10,000円でよいため、
    要するに今までの返済額の半分になるというわけだ。

    銀行カードローンの特徴の一つが、
    月々の返済額が少額でも利用できる(※)ことだ。

    ※最低返済額については「50万円借りた時の最低返済額」に関する頁をご覧いただきたい

    また金利もセゾンカードがSさんの場合は13.8%、
    三井住友銀行カードローンが年12%で借りることができた。

    返済額も減り、金利も下がったことで、
    良いこと尽くめに感じたそうだ。

    そしてSさんの借金問題はここで終わらなかった。

    銀行カードローンの利用枠が予想以上に多かったことでさらに借金を作った

    【S】さん
    それと驚きだったのが希望額は50万円程度だったのが、
    この時は100万円の利用枠を作ってくれたことでした。

    しかしこの利用枠がさらに借金を増やす理由になりました。

    借金を増やした理由は自分が悪いのですが、
    結局のところ、毎月の返済ができる余裕が出てきた時に今度は、
    カードローンから借りてしまったからです。

    結果的に今は約80万円の借金が残ったままです。

    余裕のある時に返済しようと思いつつ、
    最低限の返済をしていることも多いためなかなか減りませんね。

    この話は2016年以前の話であり、
    過剰融資問題が取り上げられた2017年3月以降はこのような融資をしてくれる可能性は低い。

    Sさんが必要だったのは「50万円」だが、
    カードローンで借りることができたのは「100万円」。

    三井住友銀行カードローンの場合、
    100万円借りたとしても月々の最低返済額(※1)は「15,000円」だった(※2)。

    ※1 最低返済額=月々最低返済する必要がある返済額のこと
    ※2 引用元:三井住友銀行カードローン カードローンの毎月の返済額はいくらですか?

    もともと浪費癖があったこと、
    毎月の返済額ベースで考えていたSさんからすれば、
    借金が減らず、結果的に増えてしまったのは当然のことだろう。

    最後に、Sさんが読者の方に伝えておきたいこと

    赤裸々に借金を抱えた話をしてくれたSさんに、
    読者の方々に伝えておきたいことは何か?聞いてみた。

    【Sさん】
    そうですね…当たり前のことですが、
    僕と同じような考えで借りると借金はどんどん、
    増えてしまう可能性が高いと知ってほしいなと。

    特に金利が低くても毎月の返済が少ないと、
    全然借金は減らないということは知っておいてほしいですね。

    …とはいえ、多めに返済していくなら、
    「早く借金を返すんだ!」という強い意志がないと難しいかなと。

    僕は借金を早くなくすことよりも、
    とにかく毎月の返済が辛くないように…だけ考えていたため、
    結果的にクレジットカードの時よりも借金が増えてしまいましたから。

    金利や返済額で判断するのではなく、
    きちんと返済計画を立てて「いつまでに返す!」と決めるべきでしょうね。

    ただ今でも僕は返済を続けているので、
    口で言うよりも難しいものです。

    本当は借りないのが一番、今では…
    身の丈にあったお金の使い方をすべきと自身に言い聞かせています。

    金利が低く、返済額が少ないことで起こる問題は、
    借金が減らないだけでなく、最終的な返済総額も増えてしまうだ。

    この金利と返済額の問題については、
    金利で騙されるな!返済額と利息の関係について…
    の記事で解説しているのでぜひ、見てみてほしい。

    最後になったが貴重な体験談を話してくれたSさんに感謝したい。

    この記事を見て、自分にも当てはまるのであれば、
    今ある借金について今一度、真剣に向き合う機会になれば幸いだ。