ブライダルローンを利用する前に知っておいてほしいこと

更新日:

ブライダルローンとは、
結婚に関する費用専用ローンのことだ。

ブライダルローンは結婚式の費用だけでなく、
新婚旅行などの費用にも利用可能だ。

このページではブライダルローンのアレコレ、
また借入しやすい銀行や利息なしで借りる方法など、
役に立つ情報を紹介している。

ブライダルローンを考えているなら、
ぜひ最後まで見てみてほしい。

ブライダルローンを無利息で借りたい人が利用するならココ

プロミスのバナー画像

プロミスを利用するメリット

30日間は無利息で借りれる

申込から最短1時間で借りることが可能

アプリローンでスマホから簡単申込!

提携コンビニATMでいつでも借入、返済可能

ブライダルローンを利用すれば必ず利息はかかるが、このプロミスなら30日間の無利息で利用できる(※)ため、ご祝儀などで30日以内に全額返済すれば利息なしで利用できるとにかく申し込みもかんたん、最短1時間以内に融資もしてくれるので、式当日などの思わぬ出費にも対応してくれるのも強みのカードローンだ。またアプリローンの利用でセブン銀行ATMから出金、返済もできる。もちろん、インターネットで振込融資、返済(手数料無料)も可能、24時間振込可能な金融機関の口座を登録すれば、24時間最短10秒で振込可能だ。

※メールアドレスとWEB明細の利用登録は必要

借入限度額 実質年率 最短融資時間 土日融資 WEB契約完結
1~500万円 4.5%~17.8% 最短1時間
パート・アルバイト 専業主婦 電話以外の在籍確認 総量規制 保証人
×
(申込完了後すぐ相談)
対象 不要

プロミスの公式サイトはこちら

ブライダルローンの代わりに利用されているローン

楽天銀行スーパーローン

楽天銀行スーパーローンバナー画像

楽天銀行スーパーローンを選ぶメリット

一般的なブライダルローンよりも利用しやすい

アルバイトでも借りれる銀行カードローン

楽天スーパーポイントがもらえる

ネットでかんたん申込、煩わしさなし

理由は後述するが銀行カードローンの中でも利用しやすく、銀行カードローンの中では融資までの時間が早いのがこの楽天銀行スーパーローンだ。また借りても借りなくても、楽天スーパーポイントがもらえる特典も人気の理由だ。申込から融資までネット上で完結、しかも手続きもかんたんなので、煩わしさがないのも魅力、当サイトでも申込数が多く、借りることができたという声も多いカードローンだ。

借入限度額 実質年率 融資時間 土日融資 WEB契約完結
最大800万円 1.9%~14.5% 2日~ ×
パート・アルバイト 電話以外の在籍確認 借り換え 総量規制 保証人
× - 不要

楽天銀行スーパーローンの公式サイトはこちら

    ブライダルローンとは

    ブライダルローンは結婚式や新婚旅行、
    婚約指輪の購入費、新居準備にかかる費用などに利用できるローンだ。

    このブライダルローンは、

    • 信販会社
    • 銀行

    で取り扱っているケースが多く、
    結婚式場と提携しているブライダルローンなら、
    式場でかかる費用全てを支払うことも可能(※)だ。

    ※契約したブライダルローンから結婚式場へ直接支払われる場合もある

    ブライダルローンの利用条件について

    ブライダルローンを利用する際の条件だが、
    主な条件は各社で大きく変わることはない。

    • 本人確認書類、収入証明書の提出
    • 資金使途確認書類の提出

    上記が申込する上で必要となり、
    利用するには安定した収入があることが条件となる(※)。

    ※利用できる金額は少なくなるがアルバイトやパートをしているなら借入は可能なケースもある

    本人確認書類 運転免許証、パスポート、健康保険証などのコピー
    収入証明書 源泉徴収票、給与明細、課税証明書などのコピー
    (自営業の場合は確定申告書や課税証明書のコピー)

    また資金使途確認書類だが、
    融資されるお金は何に使うのか?見積書や請求書、
    結婚式の費用なら予約確認書などのコピーを提出する。

    これらの書類だが自分で作ったものは認められず、
    業者(販売店や式場)が作成したものに限られる。

    また記載内容に漏れがあると認められない(※)ので注意が必要だ。

    ※支払先、支払う人の氏名、金額、利用目的、書類作成日が必要など

    融資実行後にも借入先へ提出するものがある

    あと本当に結婚費用に利用した、
    支払ったことを証明する書類も後日、提出が必要となる。

    例えば楽天銀行の場合だと、
    融資された日から1か月以内に提出する必要があり、
    提出しなければ、金利条件が変更される(※)。

    ※引用元:支払済確認書類をご提出いただけなかった場合

    支払いを確認する書類も支払先の業者が作成したもので、
    支払先、金額、支払日の記載が必要になるので忘れないようにしたい。

    ブライダルローンは融資されるまでに時間はかかる

    あとブライダルローンの場合、
    融資が実行されるまでに時間がかかるため、
    申込した日の融資はできない。

    借入先と手続き次第となるが、
    融資まで2週間程度かかる場合もあるのだ。

    そのため、支払日から逆算して、
    申込しておく必要があるので注意が必要だ。

    ブライダルローンで借りたお金は早めに返済を心がけよう

    実際、結婚生活を考えても、
    後々、色々とお金がかかることが多い。

    また新婚生活を過ぎた夫婦が、
    ブライダルローンの支払いで揉める話も聞く。

    一回払いも可能なので、ご祝儀で返済できるなら、
    支払いは早めに済ませておくのがよいだろう。

    各社のブライダルローンの特徴について

    申込条件は借入先によって異なる。

    また銀行の場合、ブライダルローンではなく、
    多目的ローンを利用して借入するケースもある。

    銀行のブライダルローン(多目的ローン)

    ↓横スクロールで詳細情報が確認できます

    銀行名 金利 借入限度額 融資にかかる時間 利用条件
    三菱UFJ銀行 新規受付停止中 - - -
    千葉銀行
    公式サイト
    5.0~5.25% 10~500万円 ~2週間 特になし
    楽天銀行
    公式サイト
    7.0% 10~300万円 ~1週間 特になし
    常陽銀行
    公式サイト
    4.675~5.475% ~300万円 調査中 前年度年収200万円以上、
    勤務年数1年以上など
    みずほ銀行
    公式サイト
    6.7%(固定) 10~300万円 ~1週間 前年度年収200万円以上
    住信SBIネット銀行
    公式サイト
    2.975~4.975% 10~1000万円 ~1週間 特になし

    信販会社のブライダルローン

    ↓横スクロールで詳細情報が見えます

    信販会社名 金利 借入限度額 利用条件
    ジャックス(プレシャンテ)
    公式サイト
    6.5%(1回払いは18%) 10~500万円 提携先式場のみ利用可
    オリコ(マイティエール)
    公式サイト
    6.0~13.2% 10~300万円 特になし
    アプラス
    公式サイト
    7.2~14.4% 10~300万円 特になし

    金利などの借入条件、
    あと総量規制に関係なく借りれるなど、
    銀行のブライダルローンにはメリットが多い

    しかしその分、
    年収に条件があるなど利用条件も厳しくなるわけだ。

    ただ、年収に条件がない銀行もある。

    • 千葉銀行
    • 楽天銀行
    • 住信SBIネット銀行

    上記銀行のブライダルローンなら、
    年収も条件もなく借りやすいと考えられるのだが、
    実際は…なかなかそうでもないのが現実だ。

    ブライダルローンはどのくらいの人が利用しているのか?

    ブライダルローンを利用している人の割合だが、
    知り合いの結婚式場ローン担当者に取材してきた。

    取材風景

    式場利用者のブライダルローン利用者割合は、
    全体の約30~40%の人は利用しているそうだ。

    実際、このローン担当者自身も、
    ブライダルローンの利用は勧めているそうで、
    一旦はブライダルローンで支払い、数日後に一回払い、
    というのは伝えていると言っていた。

    そもそも結婚に関する費用ってどのくらいかかる?

    結婚するとなると色々とお金がかかるが、
    結婚にかかる費用は地域によって異なるものだ。

    結婚から新婚旅行にかかった費用

    引用元:http://zexy.net/contents/oya/money/kiso.html

    ご覧の通り、100万円以上、
    費用はかかるだけでなく、結婚式を挙げるとなると、

    結婚費用の項目別全国平均額

    引用元:http://zexy.net/contents/oya/money/kiso.html

    平均して約340万円がかかるわけだ。

    ある程度の貯蓄がないと厳しいわけだが、
    なかなか結婚資金を貯めることができない…という人も少なくない。

    もし費用を支払うだけのお金がない、
    もしくは不足している場合に考えるのが、

    • ご祝儀で返済する
    • ブライダルローンを利用する

    という方法だろう。

    結婚式の費用はご祝儀に期待するのも一つ

    結婚式の費用を支払う時に困るのが、
    式場から前払いを請求された時だ。

    筆者も結婚式を挙げた時、全額支払うお金はなかった。

    そこで費用について式場に相談すると、
    ブライダルローンの利用を案内された経験がある。

    ただその時の筆者の考えとして、
    ブライダルローンを利用しなくても、
    貯蓄と結婚式当日にいただける、ご祝儀で支払えると考えていた。

    そこで、支払いを結婚式が終わってから、
    支払えないものか相談したのだ。

    結婚式の費用を支払うタイミングは相談できる可能性がある

    交渉次第では結婚式当日、
    もしくは終了後まで支払いを待ってもらえる場合がある

    筆者は交渉の結果、結婚式が終わった後に支払う、
    いわゆる後払いにしてもらった。

    後払いの対応をしてくれるかは、
    各式場に確認してみないとわからないが、
    もし前払いするお金がなければ、聞いてみるべきだろう。

    ただご祝儀だけでは、
    支払えない可能性があることも考えておく必要はある。

    用立てが難しいと予想される場合はやはり、
    借入は考えなければならないだろう。

    もし、結婚式の費用が足りない、
    もしくは新婚旅行なども含めた結婚資金が足りない時は、
    やはりブライダルローンは検討すべきだろう。

    ブライダルローンの審査は厳しいから落ちるって聞くけど?

    実際にブライダルローンに申込したのに、
    「審査に落ちた…」という話は聞くことがある。

    特に保証会社が銀行の場合は審査が厳しいのだ。

    要するにもし返済不能に陥った場合、
    尻拭いをするのは貸し手自身である銀行であるため、
    しっかりと返済できる人物かどうかを要判断するわけだ。

    つまり、

    • 年収
    • 借入状況

    が悪くない人であっても、
    審査に落ちてしまう場合があるのだ。

    例えば、一般的に年収400万円の人であれば、
    銀行の貸付基準としては「200万円」までは可能といわれている。

    しかしこの基準はクリアしていたのに、
    銀行のブライダルローンの審査に落ちた友人がいるのだ。

    ブライダルローンに落ちた友人の話

    彼は広告会社勤務。今は借入もなく、
    過去に借入したことはあったが、返済が滞ったこともなかった。

    彼には付き合って半年の彼女に、
    子供が出来たこともあり、急遽結婚することになった。

    年収は360万円ほどだったが、
    もともと浪費家であった彼はそこまで貯蓄がなかった。

    彼女の両親の希望で結婚式を挙げることとなったが、
    貯蓄では足りないため、ブライダルローンに希望をかけた。

    しかし…ブライダルローンの審査に落ちたため、
    借入できず、結果的に自分の両親と彼女の両親からお金を借りた。

    彼のように両親が、
    お金の工面をしてくれる場合はよい。

    もし工面してくれなかったら…
    結婚式は諦めるしかないのだろうか。

    いや、実は審査に落ちにくい、
    ブライダルローンの選び方があるのだ。

    銀行以外が保証会社を担うブライダルローンを選ぶ!

    審査は保証会社が行うため、
    保証会社が銀行自身ではない場合のほうが、
    ローンの審査難易度は下がるのだ。

    なぜなら、仮に返済の不払いがあっても、
    融資している銀行自体が責任を負うわけではなく、
    保証会社が貸付金の回収を行う。

    要するに保証会社が尻ぬぐいをする(※)のだ。

    ※返済が滞った場合、銀行は保証会社から貸付金を保証してもらえる

    要するに保証会社が銀行自身である、
    ブライダルローンよりも審査にシビアではないのだ。

    保証会社が銀行ではない&貸付条件がないブライダルローンについて

    では先ほど紹介したブライダルローンの中でも、
    年収に条件がないブライダルローンの保証会社を見てみよう。

    銀行名 保証会社名
    千葉銀行 ちばぎん保証(株) or (株)ジャックス
    楽天銀行 楽天カード株式会社
    住信SBIネット銀行 (株)JCB

    銀行が保証会社ではないところは、

    • 楽天銀行
    • 住信SBIネット銀行

    となる。

    さて、この2社の場合だが、
    おすすめしたいのは楽天銀行だ。

    借りる時の審査の不安を解消できる理由

    理由としては審査を行っているのが、
    新規顧客獲得、業績を伸ばしている楽天カードだから(※)だ。

    情報参照元:2018年度決算短信・説明会資料

    同じ楽天グループということもあってか、
    借りれたという声も多いのが楽天銀行なのだ。

    ちなみに楽天銀行のブライダルローンよりも、
    楽天銀行のカードローン、楽天銀行スーパーローンをおすすめしたい。

    楽天ブライダルローンと比較してみると、

    商品名 金利 利用限度額 融資までの時間
    楽天ブライダルローン 7.0% 10~300万円 数日(審査次第)
    楽天銀行スーパーローン 1.9%~14.5% ~800万円 最短翌日

    楽天ブライダルローンは金利条件が良いため、
    好条件で借りれる分、どうしても審査は厳しくなってしまう(※)。

    好条件で貸す目的別ローンはカードローンよりも審査は厳しくなるため

    この楽天銀行スーパーローンは金利面で劣る分、
    逆に審査の難易度は下げることができるというわけだ。

    また楽天銀行スーパーローンだが注目すべきは…
    申込時の提出書類などが少なく簡単に申込できることだ。

    例えば楽天ブライダルローンには提出不可欠な、
    「資金使途確認書類(※)」も提出不要なので使い道も自由だ。

    ※借入するお金を何に使うのかを証明する書類

    以上のことから利用するなら、
    「楽天銀行スーパーローン」は一択だろう。

    楽天銀行スーパーローン

    楽天銀行スーパーローンバナー画像

    諸々の理由でおすすめできる楽天銀行スーパーローンだがもう一つ利用価値がある。それは入会で楽天スーパーポイントを1,000ポイントもらえることだ。こういった特典も利用者が多い理由の一つだろう。

    借入限度額 実質年率 融資時間 土日融資 WEB契約完結
    最大800万円 1.9%~14.5% 2日~ ×
    パート・アルバイト 電話以外の在籍確認 借り換え 総量規制 保証人
    × - 不要

    楽天スーパーローンの公式サイトはこちら

    ブライダルローンを利用せず無利息で借りたいなら

    当たりまえだがブライダルローンを利用すれば、
    完済するまでは利息を支払う必要がある。

    例えば、プレシャンテで100万円借りた場合、
    一回払いで全額返済したとしても利息は15,000円かかる(※)。

    ※引用元:プレシャンテ 返済モデルケース

    これは楽天銀行スーパーローンで計算しても、
    11,917円の利息は発生してしまう。

    そこで利息を払うのが嫌なのであれば、
    無利息で借りれるところを利用すべきだろう。

    無利息&即日融資で借りれるカードローンを利用する

    上記、消費者金融のカードローンなら、
    借りたとしても30日間は無利息となるのだ。

    そしてこの無利息期間内に、
    ご祝儀などで一括返済してしまえば、
    利息なしで利用できるというわけだ。

    そしてこの中でいうと、
    プロミスは無利息の適用期間が他社とは異なる。

    プロミスの無利息期間について

    他社の無利息期間は、
    契約したその日から30日間無利息なのに対し、
    プロミスなら借りた日から30日間が無利息で利用できるのだ。

    プロミスの30日間無利息について

    要するに無利息である期間を最大限に活かせるわけだ。

    またプロミスなら土日でも借入可能、
    申込もかんたんで手間がかからないのも魅力だ。

    特にアプリローンを利用した申込なら、
    スマホだけで申込~融資まで可能、最短で1時間以内に利用できるのだ。

    プロミスアプリローンバナー画像

    便利なのがこのアプリローン、
    ご自身の指定する銀行口座への振込、
    セブン銀行ATMを利用した借入、返済もできる。

    結婚式や2次会などで費用が足りない時でも、
    すぐに借りれるなど利便性も高いのだ。

    プロミス

    プロミスのバナー画像

    無利息で借りるなら利用期間に無駄がないのも確かだが、融資までの時間も早く、さらに振込融資も対応と使い勝手も非常に良い。特に振込融資に関しては、三井住友銀行かジャパンネット銀行があれば、24時間365日即時に振込してくれる「瞬フリ」というサービスもある。二次会などで急にお金が必要となった時などでもいつでも借りれるのもメリットだろう。

    借入限度額 実質年率 最短融資時間 土日融資 WEB契約完結
    1~500万円 4.5%~17.8% 最短1時間
    パート・アルバイト 専業主婦 電話以外の在籍確認 総量規制 保証人
    ×
    (申込完了後すぐ相談)
    対象 不要

    プロミスの公式サイトはこちら

    関連記事一覧