楽器店で組むローン(ショッピングローン)の裏話等を元楽器店員J・B氏(仮名)に聞いてきた

楽器店で組むローンについて、
元楽器店員であるJ・B氏(仮名)と対談、
その実態を知る機会ができた。

元楽器店員J・B氏(仮名)と対談してきた
写真はイメージ写真です。J・B氏(仮名)は身元がバレるとマズいとのことで写真は撮らせてくれなかった。

筆者も自身でローンを組んだ経験から、
体感で理解していたこともあったが今回の対談で、
確信に変わったこともあった。

この情報は楽器店のローン組む時に限らず、
信販会社のローン(ショッピングローン)を組む時の参考にもなるはずだ。

是非、最後まで読んでみてほしい。

楽器店で組むローンの審査は厳しくなった

管理人:
まずはじめにJ・Bさんは何年ぐらい楽器店に勤務されてたんですか?

J・B氏:
都内の某楽器店にて8年間勤務しました。店長代理なども務めていたので、店舗運営に関する一連のことは把握していました。

管理人:
ではさっそくですが、私の友人が最近、楽器店のローンに落ちた話がありまして。以前よりもローンの審査が厳しくなってきているように感じているのですが、実際のところどうでしょうか?

J・B氏:
やはり僕が働いていた時も年々厳しくなっているな、と体感していました。ずいぶんと昔であれば、どんな人でも通していた…といっても過言ではないのですが、まず、審査に通りにくくなったのがフリーターの方でした。

管理人:
フリーターだと審査通過が難しいのですね、、私も2005年頃だったでしょうか。アルバイトをしていれば通ると言われ、ローンを通してもらったことがありましたが。いつから厳しくなったと記憶されていますか?

J・B氏:
たしか…2008年か2009年頃だったかと。その頃から厳しくなってきたなぁ…と。未成年も親の承諾ではなく、親が代わりにローンを組んでもらうようになりました。

2008年には「割賦販売法の改正法」が施行れた。規制が強化されたことに起因していると考えられる。

管理人:
そうなんですね、、ちなみにフリーターはアルバイトをしているという認識で合っていますか?

J・B氏:
そうですね、アルバイト。あと社員であっても、働き出して3ヶ月未満、6か月未満の人もローンの審査に通りにくかった記憶があります。

管理人:
なるほど、勤務年数もやはり大きく影響するんですね。

J・B氏:
実際にかなり影響していると感じました、あと審査が通るか通らないか?これはローン会社(信販会社)の担当者による部分もありました。

管理人:
審査は信販会社の担当者による…といいますと?

J・B氏:
楽器店に営業に来ている信販会社の営業マンがいるのですが、その人次第で審査に通す、通さないというケースもありました。

管理人:
それは私も友人の働く楽器店で、信販会社の方がたまたま来てまして、任せて!と言われた記憶があります。そういうことだったんですね。

J・B氏:
あと3万円ぐらいの金額で分割するとなると、信販会社との契約次第ですが、ローンを組ませるメリットがないので嫌がられましたね。つまり、手数料(利息)が取れないからですね。

楽器店の金利ゼロキャンペーンに潜むカラクリ

管理人:
ふと思ったのですが、超低金利や金利ゼロキャンペーンといった場合、手数料は楽器屋さんの負担になるんですよね?

J・B氏:
そうなんですが…実はカラクリがありまして…確かに楽器屋が手数料は負担するんです。ただ、あとで返ってくる仕組みになっているんです。

島村楽器の金利キャンペーンバナー
大手楽器店で見かける金利ゼロ、超低金利キャンペーン

管理人:
手数料があとで返ってくる??!どういうことですか??

J・B氏:
キャンペーンをしている時に契約した数に応じ、キャッシュバックが楽器店に入る仕組みになっているんです。つまり、一旦は楽器店が負担しますが、結果、ほとんど負担せずに済む仕組みになっているわけです。

管理人:
なんと…キャッシュバック…そんな仕組みがあったとは知りませんでした。

J・B氏:
またそういうキャンペーンの時は信販会社も契約数が欲しいので、審査が甘くなっていると体感していました。買うなら金利がかからない以上にメリットがある、とも言えますね(笑)

管理人:
審査も甘くなる…この前の金利ゼロキャンペーンで買っておくべきだったなぁ…(笑)

J・B氏:
で、特にキャンペーン中にクレジットカード(クレカ)を切られると、楽器店はクレジットカードの手数料が取られるので、クレカを切られると痛かったですね、、まぁ、普段でもクレカを切られると痛いですが、、

金利ゼロキャンペーンの裏側に潜む信販会社の狙い

管理人:
それは理解できます(笑)ちなみに先ほどのキャッシュバックのお話なのですが、信販会社からすると、その時点で利益は上がらずメリットはありませんよね?

J・B氏:
ええ。でもそこはちゃんと狙いがありまして。ローンを組んで楽器を買う人であれば、またお金を借りる可能性が高いことを知っているんです。つまり、またの機会に顧客になる可能性が高くなるんです。例えば、前にO社で通ったから、またO社でローンを組もう!という経験はありませんか?

管理人:
あります…そうやってローンを組んできました(笑)そういう方も多いんですか?

J・B氏:
でしょ(笑)そういうことなんです。多いですよ。

管理人:
つまりはお金を借りる属性の人を囲い込める、とも言えますよね。顧客情報も手に入るので、クロスセリングもできますよね?

J・B氏:
そうなんです。ですから、その時は手数料の利益は入らなくても、メリットが大きいというわけですね。あと楽器を買う人はまじめな人が多いといいますか、きちんとお金を払う人が多いとも聞いています。ですから踏み倒すリスクも他の商品を買う人よりも少ないと聞きました。

管理人:
なるほど、優良な顧客になり得るわけですね。お互いにメリットがあると?

J・B氏:
ええ、なので楽器店からすれば高額商品も売れやすくなりますし、信販会社も先ほど言ったようなメリットもある。WINWINの関係が成り立つわけですね。

楽器店で組むローン(ショッピング)に年収は関係するのか?

管理人:
そんなカラクリが…貴重な情報、ありがとうございます。それとローンを組む金額についてお聞きしたいのですが、年収と関係しますか?

J・B氏:
関係しますね。高額商品のローン、つまりはショッピングローンを組むのは難しいですね。

管理人:
しかしローンを組む際、年収は確認しないですよね?

J・B氏:
確認はしないですね。その代わり、勤務先の情報はかなり重視しています。

ショッピングローンの審査で重要視していること

管理人:
どんなことを重視しているのでしょう?

J・B氏:
電話番号、住所などから実在する会社かどうか?それと憶測にはなりますが、その会社の平均年収なども調べているのかな?と。つまりはローン申し込み時の勤め先の情報からローンを組んだ時に返済能力があるのか?判断しているのかなと。住所でいえば、本人を確認する書類も免許証が一番良いのですが、ガスなどの公共料金の明細書の提出もお願いしていましたね。

管理人:
なるほど、住所確認できますからね。住所不定ではないことを確認しているわけですよね?

J・B氏:
ええ、あとは勤務先の会社名をかなり聞かれます。申し込み時に住所がわからない、電話番号がわからないというのもNGですね。

楽器を買う時に嘘の情報でローンに申し込む人はいなかったのか?

管理人:
嘘の情報を言う人はいなかったのですか?

J・B氏:
それが不思議といないんですよね(笑)実はバンドマンって真面目なんで素直に書く人がほとんど。私が8年間務めた中で、嘘をついてローンを申し込みした人は1人だけでした(笑)

管理人:
真面目(笑)

J・B氏:
真面目(笑)あとやはり目の前の楽器が欲しい!という気持ちが強いので、嘘をついたらローンに通らないこともわかっていますよね。ですから…審査に通らなかった時の落胆ぶりを見ていると、こちらも胸が痛くなりました、、

管理人:
あぁ…欲しい楽器を買えないのは辛いですね、、今でも審査に関しては同じような状況なのでしょうか?

J・B氏:
おそらく。僕が辞めて数年経ちますが、現状は変わっていないでしょうね。審査は冒頭にお伝えしたように通りにくくなっている、厳しくなっていますよね。これは楽器店のローンに限らずです。

管理人:
はい、ぼくも楽器をローンで買う!といって、審査落ちした友人もいますし、話も聞きます。

J・B氏:
もし買うとすれば、キャンペーンの時期を狙う、頭金をある程度入れてローンを組む金額を減らす…などなど、ちょっとした工夫が必要ですよね。あとは正社員で頑張って半年以上働くなど。

管理人:
なるほどですね、なかなか語られることのない、審査について、金利等のキャンペーンについてなど、知り得ない情報を教えていただきありがとうございます。

J・B氏:
まだ暴露できることはありますが… 今回お伝えしたことが全てではないとはいえ、知っておいて損はしないはず。この対談記事を見てもらえた人の役に立てればうれしいですね。

管理人:
そうですね、私もそれを願っています。本日はありがとうございました。

J・B氏:
また何か思い出したらお伝えします(笑)

管理人:
よろしくお願いいたします!弩級の裏話、お待ちしております(笑)

J・B氏:
はい、ぜひ(笑)

まとめ!元楽器店員J・B氏と対談して楽器店のローンでわかったこと

楽器店で組む信販会社のローンが厳しくなっている、
筆者も体感していたことであったが、店員として働いていた、
J・B氏の話を聞くことで確信に変わった。

フリーターはローンを組みにくい、
勤務年数が少ない場合も審査難易度が高くなることも然りだ。

金利ゼロキャンペーンのカラクリも、
業界にいたからこそ知り得る話であり、貴重な対談となった。

フリーターでも借りられる利用しやすいローンは何か?

金利面ではどうしても高くなるが、
消費者金融のカードローンであれば借りやすい。

なぜならアルバイト(フリーター)でも、
申し込み条件等に該当し、借りることが可能だからだ(※)。

※安定した収入があると判断される等

また共通することとして、
勤務年数は半年以上であることが望ましいことも覚えておきたい。

タイトルとURLをコピーしました