J.Score(ジェイスコア)を調査してわかった特徴と利用する前に知っておきたいこと

2.5
J.Score(ジェイスコア)のバナー画像
ジェイスコアのココがおすすめ 見出し
  • AIスコアでいくら借りられるか事前に確認できる
  • 銀行カードローンよりも低金利で借入できる
  • 最短即日で融資してもらえる
  • 専業主婦以外は借入できる可能性あり

J.Score(ジェイスコア)は一般的なカードローンとは違い、「AIスコア診断」を利用することで申込時に自分がいくら借りられるかをチェックできる。AIの自動審査(AIスコア)はアプリから可能でいくつかの項目に答えていくことで自動審査が行われ、数分で完了する。審査結果はAIスコアで数値化されたデータが算出され、表示される。これはご自身の信用情報を数値化したものと考えてもらえばよい。ちなみにスコアは600点以上で融資対象となるので、もしスコアが届かない時はジェイスコアアプリのハビットチェンジを利用することでスコアアップも可能だ。

借入限度額実質年率アルバイトの借入WEB完結申込
10万円~1,000万円年0.8%~12.0%
最低返済額利用できる年齢総量規制ATM手数料
2,000円~20~70歳以下対象無料

ジェイスコアの公式サイトはこちら

スポンサーリンク

ジェイスコアってどんなキャッシング?

業界内で初となる、
AIスコア・レンディングを導入したキャッシングだ。

公式サイトを見ると申込とは別に、
AIスコア判断という項目があり、AIスコアを算出、
借入可能かを確認してから申し込む新しいスタイルをとっている。

~AIスコアとは~
AIを活用して、お客さまのさまざまな情報から、お客さまの信用力と可能性をスコア化したものです。AIスコアは、信用力のスコア化において従来重視された情報に加え、必ずしも重視されなかったお客さまの情報を活用することで、スコアの精緻化を目指しています。

引用元:ジェイスコア公式サイト AIスコアより

このAIスコアはご自身の信用情報を数値化したものといえ、
数値が600点以上であれば、ジェイスコアの融資対象者となる仕組みだ。

ジェイスコアは消費者金融であり、銀行カードローンではない

ジェイスコアだが業態としては消費者金融だ。

つまり銀行カードローンとは違い、
貸金業法に基づく貸付をしているため、総量規制の対象になる(※)。

※年収の3分の1を超える貸付はできない

ジェイスコアに申込できる人

会社員派遣社員公務員パート・アルバイト外国人
○(※)
自営業水商売専業主婦学生年金受給者
×

※在留カード、特別永住者証明書が必要

  • 20~70歳以下の人で安定した収入がある人

ジェイスコアで申込する時に必要な書類について

申し込みには本人確認書類、
あと借入する金額によっては収入証明の提出も必要だ。

本人確認書類について

ジェイスコアに申し込む際に必要な本人確認書類一式

マイナンバー(個人番号)カードは通知カードでは不可

収入証明書類の提出が必要な場合

借入額が50万円を超える、
もしくは他社からの借入額が100万円を超える場合、
以下、収入証明書類が必要となる。

収入証明と認められる書類
源泉徴収票、住民税決定通知書 or 納税通知書、所得(課税)証明書、給与明細書(直近2ヶ月分 ※)

※本人の氏名(フルネーム)」「発行年月」「発行元名」「月収」が明記されていること

ジェイスコアの審査、借入までの流れについて

AIスコア診断結果で融資可能なら、
スコアレンディング(借入)に申し込み審査を受ける。

貸付時の審査はAIスコア診断結果とは別であり、
仮審査と本審査に分けて行われる。審査、借入までの流れ

  1. スコアレンディング申込
  2. 仮審査(メールにて結果を通知)
  3. 本審査(本審査には本人確認、収入証明書の提出が必要)
  4. 契約

ただし、AIスコア診断も必須なため、結果的に審査は、
「AIスコア診断」「仮審査」「本審査」で行われると考えておこう。

仮審査まで進めば「CIC(信用情報機関)」に情報は登録される

AIスコア診断はジェイスコア内での話だが、
仮審査まで進むと「CIC」といった信用情報機関へ、
申込したというデータは残る(ジェイスコア側も信用情報を照会する)。

つまり、AIスコア診断まではお試しでするのは良いが、
仮審査に申し込むなら、借入する気がなければしないほうがよい。

なぜなら、複数回の申し込みが続くと、
新規借入時の弊害になってしまうから(※)だ。

※世にいう申し込みブラックのことだ

また仮審査の時点でご自身の信用情報を照会するため、
AIスコア診断で嘘をついて高スコアを出しても、仮審査で落ちるだろう。

ジェイスコアで即日に融資してもらうには

ジェイスコアで即日融資を希望するなら、
14時までに契約を完了させることが条件とのこと。

ジェイスコアの融資は、
金融機関口座への振込融資となる

金融機関口座への振込融資の時間は、
全銀システム稼働時間拡大(※)したが、
ジェイスコアは対応していない。

※モアタイムシステムのことだ。詳細は「振込融資で24時間365日借りれるおすすめのカードローンを調査、選ぶならココ!」で解説している

そのため、即日融資を希望するなら、
振込受付が「14:45」までというリミットから考えると、
諸々の手続きをふまえ、14時まで契約しておく必要があるのだ。

ただし、審査等は申し込みした順に処理するとのこと。

つまりジェイスコアで即日融資するなら、
インターネットで24時間受付はしているので、
夜間の内にAIスコア診断、申し込みを済ませておき、
午前中に契約できれば、即日融資の可能性は高くなるわけだ。

少しでも早めに審査してほしい場合は申し込み後、ジェイスコアに電話をして「急ぎなので優先して審査を行ってほしい」と伝えるのも一つとジェイスコアスタッフは教えてくれた。もし日中に申し込みした場合で急ぎの融資を希望するなら、連絡してみるのが良いだろう。

ジェイスコアは土日に借りることはできない

ジェイスコアだが土日には借りられない

なぜなら、土日に振込融資を手続きしても、
休み明け、金融機関の営業日の振込となってしまうためだ。

もし週末の出費に備え借りる予定であれば、
金曜日の14:45までに振込融資手続きをしておこう

ジェイスコアの在籍確認について

ジェイスコアの在籍確認は、
基本的に勤め先へ電話にて確認される

ただ審査によっては、在籍確認がない場合や、
社員証、保険証など勤め先の情報がわかる書類などで、
在籍の確認される場合もあるとのこと。

あくまでも審査次第なので、
電話での在籍確認を避けたいといった、
要望には応えられないとの回答であった。

J.Scoreの自動スコアリングで自身の信用力をチェックしてみよう

Jスコアとは利用者が収入や携帯電話利用情報など約150の質問項目を可能な範囲で入力するとAIが信用力を点数化(スコアリング)し、金利を設定する融資システム(※)

※引用元:Bloomberg

といったもので、
PCやスマホから様々な項目を入力していく。

するとJ.Scoreでの融資の可否、
そして貸付時の金利がわかるだけでなく、
自身の信用力がどのくらいか?が数値として表示されるのだ。

面白そうなので筆者も実際に試してみた。

利用にはまずジェイスコアの公式サイトに行き、
会員登録は必要だったが、メールアドレス以外の個人情報は不要だった。

J.Scoreの登録画面

そして入力項目は以下、
質疑に答えていくことで算出された。

  • 生年月日
  • 性別
  • 最終学歴
  • 勤務形態
  • 業種
  • 職種
  • 企業規模
  • 入社時期
  • 年収(おおよそ)
  • 結婚の有無
  • 子供の有無
  • 同居の家族の有無
  • 住まい(自宅の郵便番号頭3桁)
  • 住居タイプ
  • 居住年数
  • 他社でのお借入れの状況について
  • 他社でのお借入れ総件数
  • 他社でのお借入れ総額

個人情報を特定できるものでないが、
これらの20項目を順々に入力していく。

J.Scoreのスコアリングを出すための質問画面

回答が終わると、
独自のスコア(数値)を叩き出してくれる。

ちなみに筆者の場合、
以下のような属性で入力してみた。

  • 個人事業主
  • 年収400万円以下
  • 賃貸マンション
  • 結婚していて子供が一人
  • 他社借入あり(2社)
  • 借入総額100万円

結果、出たスコアはコレだ。

J.Scoreのスコア画面

ジェイスコアでスコアアップするには

それと画像の赤枠部分を見ると、
情報の入力状況が「5%」と表示されているように、
本来のスコアを出すならより情報を入力する必要がある

面白いのが自身のライフスタイルなど、
情報を入力していくことでスコアが変わることも確認した。

J.Scoreのスコアアップした画面

ちなみにこの機能だが、
ハビットチェンジと呼ばれ、スマホアプリで利用する。

引用元:ジェイスコア公式サイト 未来を変える習慣のチカラ

日々の習慣を改善することでスコアがアップすることからも、
J.Scoreの所有する膨大なデータから、多角的に判断しているわけだ。

ジェイスコアの借入と返済について

借入方法について 下記方法、ATMで借入可能

  • 振込融資(※)

※振込手数料は無料

返済方法について 下記方法、ATMで返済可能

  • 口座振替(※1)
  • Pay-easy(ペイジー)
  • 銀行振込(※2)
  • ※1 ご自身の指定した口座より毎月26日に引き落とし
  • ※2 ジェイスコアの指定する口座に振込する繰上返済、一括返済も可能

ちなみに繰上返済、一括返済する場合だが、
Pay-easy(ペイジー)、もしくは銀行振込(※)で行えばOKだ。

※振込手数料は自己負担

月々の最低返済額について

ジェイスコアの返済額は借入残高ではなく、
契約極度額に対し、返済回数の上限が決められており、
その返済回数内で完済できるよう月々返済していく形となる。

契約極度額返済回数
30万円以下36回
30万円超~100万円以下60回
100万円超~1,000万円以下120回

返済シミュレーション

契約極度額借入額金利最低返済額返済回数
100,000円50,000円12.0%2,000円29回
100,000円100,000円12.0%4,000円29回
500,000円250,000円8.0%6,000円49回
2,000,000円1,000,000円4.0%11,000円109回

上記シミュレーションはジェイスコア公式サイトご返済例からも引用

まとめ!ジェイスコアはこんな人におすすめ!

申し込みをして審査に落ちて、
信用情報に傷が付くのが怖い、今すぐ借りないけど、
どのくらい自分は借りられるのだろう?と興味のある人は、
AIスコア診断を利用できるジェイスコアはおすすめだ。

今回筆者が試しに入力したデータは、
借りる上でスコアリングは低いと判断されるものだった。

しかし正社員で勤続年数が長いなどであれば、
スコアも上がり、融資してもらえる可能性も高くなる

スマホからでも簡単に診断可能なので、
まずはご自身のスコアはどのくらいか?試してみるのも一つだ。

J.score自体、金利などの貸付条件は良いので、
もし条件が良ければ「J.score」の利用を考えてもよいだろう。

ジェイスコアの公式サイトはこちら

タイトルとURLをコピーしました