じぶん銀行カードローンを調査してわかった特徴と利用する前に知っておきたいこと

3
じぶん銀行カードローンのバナー画像

じぶん銀行カードローンの特徴

  • じぶん銀行の口座がなくても借入可能
  • 特別優遇金利で借入できる(※)
  • 借り換えにも利用できるカードローン(※)

※印はauユーザー限定のサービス

じぶん銀行カードローンだが「auユーザー」なら利用しない手はない。auユーザーであれば「誰でもコース」で-0.1%の優遇金利で借り入れができる(2.1%~17.4%)。さらに利用条件をクリアすれば「借り換えコース」なら1.7~12.5%の優遇金利で借り入れできる可能性がある。また「au ID」を利用することで申込時の入力も簡単にできるのも嬉しいポイントだ。

借入限度額実質年率最短融資時間土日融資WEB契約完結
10~800万円1.7~17.5%2日~×
パート・アルバイト専業主婦電話以外の在籍確認総量規制保証人
×対象外不要

じぶん銀行カードローンの公式サイトはこちら

じぶん銀行カードローンに申込できる人

会社員派遣社員公務員アルバイトパート
自営業水商売専業主婦学生年金受給者
○ ※1×××

※1 事業資金としての資金使途は不可

20~70歳までの人で安定した収入がある人

保証会社であるアコム(株)の保証が受けられる人

契約時に必要な物

契約時には以下、書類が必要となるので用意しておこう。

申込時に提出する必要書類一覧

本人確認書類(下記いずれか一点のコピー)収入証明書
(50万円以上の借入する場合は必要)
運転免許証
パスポート
健康保険証(カード型・紙)
個人番号カード
住民基本台帳カード

※外国籍の人は上記の物に
運転免許証・健康保険証の他、
「在留カード」「特別永住者証明書」
「外国人登録証明書」 のいずれか1点が必要
源泉徴収票(※)
住民税決定通知書(※)
地方公共団体が発行する所得証明書(課税証明書)

※いずれも最新のもの

じぶん銀行カードローンの即日融資について

じぶん銀行カードローンだが、
口座の有無関係なしに即日での融資はできない。

これはじぶん銀行に限らず、
銀行カードローンの場合、即日融資できないのが現状だ。

じぶん銀行カードローンの在籍確認について

じぶん銀行カードローンの在籍確認は、
ご自身の働いている先へ電話で確認を行うのが基本だ。

それと在籍確認の電話だが、
携帯電話番号でも代表者の電話番号であれば、
固定電話でなくても大丈夫とのことだ。

ちなみに電話がかかってくるのは申込した後だ。

じぶん銀行に申込する前に、
数時間以内に電話がかかってくることを、
旦那さんには伝えておくとよいだろう。

在籍確認の電話が確認できない場合はどうなるの?

もし仮に在籍確認が取れない場合だが、
まず、申込した本人の携帯電話に連絡を入れるそうだ。

在籍確認が取れないからといって、
それだけで融資をしないといった対応はしないそうだ。

またどうしても電話での確認が難しい場合のみ、
相談の上、別途対応も検討する(※)とのことだった。

※身分証明書や収入証明書などの書類で在籍確認できるとは答えてくれなかった

ちなみに電話をかける時だが、
「じぶん銀行」の名前を名乗ってかけてくる。

個人名でかけることも可能だそうだが、
ご自身にとって都合の良いほうを選べばよいだろう。

電話以外の方法で在籍確認してもらえる?

あと電話以外の方法で、
在籍確認を取れないか聞いたが、
電話での確認は審査上、不可欠とのこと。

ただ稀だが審査の結果次第で、
在籍確認の電話を必要としないケースもあるそうだ。

総合的に判断するとじぶん銀行の場合、
在籍確認の電話はあると考えておくべきだろう。

auユーザーなら-0.1%金利優遇で利用できる「誰でもコース」ついて

じぶん銀行カードローンだが、
auユーザーで「au ID・パスワード」を登録さえすれば、
金利0.1%引き下げの優遇金利で借入できる

この「誰でもコース」だが、
既にID・パスワードがわかっている人なら、
「ご契約中のお客さま(ログイン)」のボタンから申し込めばOKだ。

申込画面ではまず、auID、パスワードを入力、
その後はau IDの2段認証が求められるので「許可」し、
確認事項に同意すればそのまま、個人情報の入力画面へ進める。

下の写真は筆者が申し込みした時のものだが、

じぶん銀行カードローンに申込した時の写真

モザイク部分には、
自分の個人情報が入力されているので、
かなり入力の手間は省ける。

とにかく、手続きが簡単になるので、
auユーザーにはメリットがあることは確かだ。

auユーザーなら「借り換え」コースも利用できる

auユーザーにメリットなのが、
「借り換え」ローンとしての利用した時だ。

「借り換えコース」の場合、
優遇金利-0.5%の「1.7%~12.5%」で利用することができるのだ。

じぶん銀行カードローンの「借り換えコース」利用条件
・判定日時点でじぶん銀行でau ID登録(状況)が有効となっていること
・借り換えを希望し、当行所定の審査結果が借入可能上限額(限度額)100万円以上となること
・当行からの借入金で他社の借入金を返済すること

じぶん銀行カードローン公式サイトより引用

つまり、100万円以上の借り換えである必要があり、
100万円の借り入れ時、最低でも「12.5%」の優遇金利で利用できる。

メガバンクのカードローンが借り換えや、
おまとめローンを案内しなくなった中、貴重なカードローンといえるだろう。

借り換えに利用できる銀行カードローンは少ない。他には楽天会員なら審査の優遇がある「楽天銀行スーパーローン」ぐらいだ。

じぶん銀行カードローンの借入・返済について

借入額に対する実質年率と月々の最低返済額

利用残高最低返済額
金利9%以下金利13%以下金利13%以上
1~100,000円1,000円1,500円2,000円
100,001~200,000円2,000円3,000円4,000円
200,001~300,000円3,000円4,500円6,000円
300,001~400,000円4,000円6,000円8,000円
400,001~500,000円5,000円7,500円10,000円

金利が9%で~10万円以下の借り入れなら、
最低返済額が1,000円というのは他社にない設定といえる。

月々の返済額が少ないほうが良いという人にはうってつけだ。

ただ、完済まで長期化するため、
余裕のある時には最低返済額以上の返済をする、
繰り上げ返済していくのが理想だろう。

借入について

  • 提携ATM
  • 振込融資

返済について

  • 提携ATM
  • じぶん銀行口座から自動引き落とし

提携ATMについて

じぶん銀行カードローンの提携ATM一覧

提携ATMの利用手数料について

  • 無料

返済期日について

  • 35日ごと
  • 自動引き落としの場合は6日と26日のいずれか

返済シミュレーション

じぶん銀行で10万円、金利17.4%で借入し、毎月1万円返済した場合

返済回数元金返済額利息
1¥100,000¥10,000¥1,430
2¥91,430¥10,000¥1,308
3¥82,738¥10,000¥1,183
4¥73,921¥10,000¥1,057
5¥64,978¥10,000¥929
6¥55,907¥10,000¥800
7¥46,707¥10,000¥668
8¥37,375¥10,000¥535
9¥27,909¥10,000¥399
10¥18,309¥10,000¥262
11¥8,570¥8,693¥123
利息合計¥8,693

じぶん銀行カードローンで10万円借入した場合、
最低返済額は2,000円で設定されている。

しかし、毎月2,000円の返済だと、
利息も増えてしまうのが問題だ。

ちなみに毎月2,000円で返済し、
完済するまでにかかる利息合計は「76,834円」、
返済回数は89回まで増えてしまうのだ。

なので、できるだけ最低返済額以上の返済を心がけよう。

まとめ!じぶん銀行カードローンはこんな人におすすめ!

auを利用しているなら、
au限定割による優遇金利での借入はもちろん、
申込の際も手間をかけずにできる。

特に大きな金額を融資してもらいたい場合、
優遇金利の恩恵はかなり大きくなる。

じぶん銀行カードローンの公式サイトはこちら

タイトルとURLをコピーしました