レイクALSAの無利息期間を活用し利息を極限まで減らす方法を解説しよう

レイクALSAの無利息、活用すれば超低金利で借りられる?無利息の活用方法を解説しよう。

レイクALSA(レイクアルサ)の無利息期間を利用することで銀行カードローンを含む、カードローントップクラスに利息を減らし借りることが可能だ。

レイクALSAの無利息は2種類だ。

  • 60日間無利息(利用限度額:1~200万円まで)
  • 180日間無利息(利用限度額:5万円まで)

無利息で借りられるのはレイクALSAを初めて利用する人、また、60日間無利息はWEB申込限定で利用できる特典となる。

WEB申込ではない場合は60日間ではく、30日間無利息となる。

では、レイクALSAの無利息期間はどのように選べば、極限まで利息を減らすことができるのか?解説していこう。

スポンサーリンク

レイクALSAの無利息期間は「利用金額」と「返済回数」から選ぶ

レイクALSAの無利息期間を選ぶなら、実際に借入する金額と返済回数から考えればよい

レイクALSAの公式サイトを見ると「180日間」「60日間」のどちらを活用すべきか?利用金額と返済回数別に、下記比較表で紹介されている。

返済回数
↓↓↓
利用金額
5万円10万円20万円
1回どちらも同じ60日無利息60日無利息
3回180日無利息60日無利息60日無利息
6回180日無利息180日無利息60日無利息
12回180日無利息180日無利息60日無利息
24回180日無利息60日無利息

では実際、どのくらい支払う利息総額が異なるのか?詳しく見ていこう。

レイクALSAの60日間無利息を最大限に活用するには

レイクALSAの無利息期間を最大限に活用するなら、

  • 20万円以上の借り入れなら60日間無利息
  • 5万円以下(返済回12回まで)なら180日間無利息

上記の借り入れ額が無利息期間を選ぶ時とポイントとなる。

また、10万円以下の借り入れでも返済回数が3回までなら、60日間無利息を選ぶほうがお得に借りられる。

この60日間無利息はWEB申込が条件となるが、手続きも簡単なので、どこで借りようか迷っている人ならレイクALSAのWEB申込はおすすめしたい。

WEB申込をしない時の30日間無利息と180日間無利息と比較

レイクALSAのWEB申込を利用せず、30日間無利息で借りた場合と、180日間無利息とでシミュレーションしてみた。

この記事をご覧いただいている時点で、パソコンやスマホなどインターネットを利用しているはず。

わざわざ、レイクALSAでWEB申込以外を選ばないと思うが、30日間無利息は他社消費者金融のカードローンで借りた場合と同じだ。

プロミス、アコム、アイフルの場合、無利息期間は30日間

いかにレイクALSAの60日間無利息がお得に借りられるか比較してみよう。

シミュレーションは契約日に借入、実質年率18.0%、30日ごとに返済した時の利息となる。

5万円借入した場合の利息総額
返済回数1回3回6回12回
5万円まで
180日間無利息
0円0円0円1,097円
30日間無利息0円731円1,770円3,834円
60日間無利息0円236円1,128円3,060円
10万円借入した場合の利息総額
返済回数1回3回6回12回24回
5万円まで
180日間無利息
739円986円1,500円4,998円14,340円
30日間無利息0円1,463円3,542円7,779円17,356円
60日間無利息0円473円2,256円6,228円15,418円
20万円借入した場合の利息総額
返済回数1回3回6回12回24回
5万円まで
180日間無利息
2,219円3,722円6,172円15,036円32,873円
30日間無利息0円2,927円7,315円15,562円34,724円
60日間無利息0円946円4,726円12,460円30,844円
30万円借入した場合の利息総額
返済回数1回3回6回12回24回
5万円まで
180日間無利息
3,698円6,665円11,256円24,043円52,314円
30日間無利息0円4,347円11,087円23,861円52,091円
60日間無利息0円1,390円7,196円19,200円46,270円

ご覧の通り、レイクALSAの無利息で30日間無利息を選ぶ理由はない。レイクALSAの無利息期間を活用するためにはWEB申込が必須といえる。

無利息サービスを活用して銀行カードローンより好条件で借りる方法とは

レイクALSAの無利息を活用し、返済回数を減らすことで銀行カードローンを凌ぐ、カードローントップクラスの好条件で利用することが可能だ。

では、銀行カードローンで借りた時とレイクALSAで無利息&返済回数を減らし利用した時の完済までに支払う利息総額の差で比較してみよう。

銀行カードローンは楽天銀行の金利をピックアップ、返済回数別にシミュレーションしてみた結果が以下の表だ。

【返済3回】レイクALSAの無利息と銀行カードローンで支払う利息総額の比較表
返済金額
(返済回数3回)
↓↓↓
レイクALSA楽天銀行のカードローン
180日無利息60日無利息金利14.5%
50,000円0円236円1,212円
100,000円986円473円2,425円
200,000円3,722円946円4,851円
300,000円6,665円1,390円7,278円
500,000円12,641円2,337円12,130円

返済回数が3回の場合、一回の返済額は多くなるが、返済額が増えれば増えるほど、利息総額はかなり減らせることがわかる。

10万円以上の借り入れをする場合でも、まとまったお金が入る、返済できる人であれば、60日間無利息のメリットは大きいだろう。

【返済6回】レイクALSAの無利息と銀行カードローンで支払う利息総額の比較表
返済金額
(返済回数6回)
↓↓↓
レイクALSA楽天銀行のカードローン
180日無利息60日無利息金利14.5%
50,000円0円1,128円2,133円
100,000円1,500円2,256円4,269円
200,000円6,172円4,726円8,539円
300,000円11,256円7,196円12,812円
500,000円21,756円11,924円21,354円

返済回数6回であれば、5万円までの借り入れなら180日間無利息を最大限に活用できる。

また50万円借りた場合でも60日間無利息であれば、利息総額を約半分まで減らすことができるのも注目したい。

そしてこの表で見ると、20万円借りた時に注目してほしいのだが、レイクALSAの60日間無利息を利用した時、利息総額は「4,725円」だ。

この利息総額は金利「8.06%」で借りるのと一緒なのだ。

20万円を金利8.06%で借りられるカードローンは金利の低い銀行カードローンを見回しても存在しない。

つまり、他社の無利息を利用した借り入れ含め、カードローン中でトップクラスに金利を下げた条件で利用できるのだ。

しかし、3~6回といった返済回数の場合、
月々の返済額が増えるため、毎月の返済は厳しい人もいるだろう。

では返済回数を12回にした場合で見ていこう。

【返済12回】レイクALSAの無利息と銀行カードローンで支払う利息総額の比較表
返済金額
(返済回数12回)
↓↓↓
レイクALSA楽天銀行のカードローン
180日無利息60日無利息金利14.5%
50,000円1,097円3,060円4,008円
100,000円4,998円6,228円8,020円
200,000円15,036円12,460円16,047円
300,000円24,043円19,200円24,076円
500,000円44,116円32,673円40,128円

このように支払う利息総額を、銀行カードローンより減らすことができるのだ。

ちなみにもし返済回数が24回となるとどうなるのか?も確認してみよう。

【返済24回】レイクALSAの無利息と銀行カードローンで支払う利息総額の比較表
返済金額
(返済回数24回)
↓↓↓
レイクALSA楽天銀行のカードローン
180日無利息60日無利息金利14.5%
100,000円14,340円15,418円15,789円
200,000円32,873円30,844円31,588円
300,000円52,314円46,270円47,386円
500,000円91,203円77,123円78,982円

つまり、無利息の利用&返済回数を減らすことで、銀行カードローンより低金利で利用できるとも言えるわけだ。

返済回数が減る=早期返済をしたい人にはレイクALSAは非常に適しているとも言える

無利息&返済回数を減らした場合のデメリット

返済回数を減らす方法でレイクALSAを利用した場合のデメリットは「毎月の返済額が増える」ことだ。

月々の返済額を減らしたい人の場合、毎月の返済額が負担になってしまう可能性がある。

少しでも月々の返済負担を減らしたい人なら、最低返済額が少額な銀行カードローンが向いている。

ただ、銀行カードローンの場合、最低返済額で完済まで支払うと利息は膨れ上がってしまうことは知っておきたい。

無利息の活用で最低返済額のまま完済しても銀行カードローンより利息は減らせる

レイクALSAであれば、無利息の活用と最低返済額で完済することで、銀行カードローンよりも支払う利息は少なくなるのだ。

例えば、楽天銀行のカードローンとレイクALSAで支払う利息総額を10~50万円借りた時で比較してみよう。

利用額が「10万円」以内の場合
借入先金利利用額毎月の最低返済額返済回数支払う利息合計
レイクALSA
(60日間無利息)
18.0%10万円4,000円31回21,274円
レイクALSA
(180日間無利息)
18.0%10万円4,000円30回19,108円
楽天銀行カードローン14.5%10万円2,000円78回54,525円
利用額が「20万円」以内の場合
借入先金利利用額毎月の最低返済額返済回数支払う利息合計
レイクALSA
(60日間無利息)
18.0%20万円8,000円31回42,567円
レイクALSA
(180日間無利息)
18.0%20万円8,000円31回44,859円
楽天銀行カードローン14.5%20万円5,000円106回110,142円
利用額が「30万円」以内の場合
借入先金利利用額毎月の最低返済額返済回数支払う利息合計
レイクALSA
(60日間無利息)
18.0%30万円12,000円31回63,862円
レイクALSA
(180日間無利息)
18.0%30万円12,000円31回70,623円
楽天銀行カードローン14.5%30万円5,000円161回276,294円
利用額が「40万円」以内の場合
借入先金利利用額毎月の最低返済額返済回数支払う利息合計
レイクALSA
(60日間無利息)
18.0%40万円12,000円45回132,884円
レイクALSA
(180日間無利息)
18.0%40万円12,000円46回146,906円
楽天銀行カードローン14.5%40万円10,000円176回344,734円
利用額が「50万円」以内の場合
借入先金利利用額毎月の最低返済額返済回数支払う利息合計
レイクALSA
(60日間無利息)
18.0%50万円14,000円50回186,421円
レイクALSA
(180日間無利息)
18.0%50万円14,000円51回207,481円
楽天銀行カードローン14.5%50万円10,000円200回470,443円

最低返済額に甘んじて返済し続けていけば、いかに金利条件の良い銀行カードローンであっても、支払う利息は増えてしまうが、レイクALSAならそういったこともないのだ。

無利息を利用する上での注意点について

レイクALSA(レイクアルサ)の無利息を利用する際、以下のことを注意してほしい。

  • 無利息期間中に返済が滞ると無利息期間は終了する
  • 無利息期間を過ぎると通常の金利に戻る

無利息期間終了後は通常金利で利息が発生する

無利息期間を超えてしまい、通常金利に戻った状態で返済が長期化すれば、下記、金利で返済することになる。

最大の借り入れ残高適用金利
1~999,999円15.0%~18.0%
1,000,000~2,000,000円12.0%~15.0%

借り手からすれば、利息は極力減らしたいもの。

早期に完済してこそ、無利息サービスの恩恵を最大限に受けられると覚えておこう。

レイクALSAの無利息を利用するメリット・デメリット

メリット
  • 60日間と180日間という長期間、無利息で借りられる
  • 毎月の返済額を増やし、返済回数を減らせば超低金利で借りられる
  • 早期完済を目指している人の場合、大幅に利息を減らすことができる
  • 最低返済額のまま返済しても銀行カードローンよりも利息は減らせる
デメリット
  • レイクALSAを初めて利用するする人しか無利息では借りられない
  • 60日間無利息を利用したければ、WEB申込を利用する必要がある
  • 毎月の返済額を少しでも減らしたい人だと無利息を最大限に活かせない

まとめ!レイクALSAの無利息を最大限に活用するには

レイクALSAの無利息を最大限に活用するには、

  • 利用額に応じ、2種類の無利息を選ぶこと
  • 毎月の返済額を増やし、返済回数を減らすこと

を覚えておきたい。

毎月の返済額が支払えるかどうか?もレイクALSAを利用する前に確認しておきたいところだ。

無利息を上手に活用することで利息を減らせるメリットこそ、レイクALSAを選ぶべき理由となるはずだ。

レイクアルサ(レイクALSA)のバナー画像
借入限度額実質年率最短融資時間土日融資WEB契約完結
1~500万円4.5%~18.0%Webで最短60分も可能(※)
パート・アルバイト電話以外の在籍確認総量規制保証人保証会社
○(一定の収入がある人)×対象不要新生フィナンシャル株式会社
※WEBで申し込んだ場合、21時(日曜日は18時)までのき完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中に振込可能 (一部金融機関および、メンテナンス時間等を除く)
あわせて読みたい!関連記事一覧