レイクALSAの無利息を活用し利息を極限まで減らす方法を解説!

レイクALSAの無利息、活用すれば超低金利で借りられる?無利息の活用方法を解説しよう。

レイクALSA(レイクアルサ)の無利息を活用することで、銀行カードローンを含む、カードローントップクラスの金利で利息を減らすことができます。

レイクALSAの無利息は2種類。

  • 60日間無利息(利用限度額:1~200万円まで)
  • 180日間無利息(利用限度額:5万円まで)

無利息で借りられるのはレイクALSAを初めて利用する人、また、60日間無利息はWEB申込限定で利用できる特典ですが、これだけ長期間無利息で借りられるのはレイクALSA以外、なかなかありません。

WEB申込ではない場合は60日間ではく、30日間無利息となる。

では、レイクALSAの無利息期間はどちらを選べば、極限まで利息を減らすことができるのか?利用方法を解説していきましょう。

スポンサーリンク

レイクALSAの無利息は「利用金額」「返済回数」から選ぶ

レイクALSAの無利息期間を選ぶなら、実際に借入する金額と返済回数から考えましょう

レイクALSAの公式サイトを見ると「180日間」「60日間」のどちらを活用すべきなのかか?利用金額と返済回数別に以下の比較表で紹介されています。

返済回数
↓↓↓
利用金額
5万円10万円20万円
1回どちらも同じ60日無利息60日無利息
3回180日無利息60日無利息60日無利息
6回180日無利息180日無利息60日無利息
12回180日無利息180日無利息60日無利息
24回180日無利息60日無利息

では実際、どのくらい支払う利息総額が変わってくるのか?詳しく見ていきましょう。

レイクALSAの60日・180日無利息を最大限に活用するには

レイクALSAの60日、180日の無利息を最大限に活用するなら、借り入れ額が無利息期間を選ぶ時のポイントとなります。

借り入れ額によって選ぶべき無利息
  • 20万円以上の借り入れなら60日間無利息
  • 5万円以下(返済回12回まで)なら180日間無利息

また、10万円以下の借り入れでも返済回数が3回までなら、60日間無利息を選ぶほうが利息は減らすことができます。

この60日間無利息はWEB申込が条件となりますが、WEBから申し込みしたほうが手続きも簡単です。

WEB申込をしない時の30日間無利息と180日間無利息と比較

この記事をご覧になっている人であれば、わざわざWEB申込以外を選ばないと思いますが、レイクALSAのWEB申込を利用しない場合、30日、もしくは180日間いずれかの無利息となります。

管理人
管理人

30日間無利息は他社消費者金融(プロミス、アコム、アイフル)のカードローンで借りた場合と同じです。

では30日間無利息で借りた場合と180日間無利息、そしていかにレイクALSAの60日間無利息がお得に借りられるのか?比較してみました。

シミュレーションは契約日に借入、実質年率18.0%、30日ごとに返済した時の利息を計算しています。

5万円借入した場合の利息総額
返済回数1回3回6回12回
5万円まで
180日間無利息
0円0円0円1,097円
30日間無利息0円731円1,770円3,834円
60日間無利息0円236円1,128円3,060円
10万円借入した場合の利息総額
返済回数1回3回6回12回24回
5万円まで
180日間無利息
739円986円1,500円4,998円14,340円
30日間無利息0円1,463円3,542円7,779円17,356円
60日間無利息0円473円2,256円6,228円15,418円
20万円借入した場合の利息総額
返済回数1回3回6回12回24回
5万円まで
180日間無利息
2,219円3,722円6,172円15,036円32,873円
30日間無利息0円2,927円7,315円15,562円34,724円
60日間無利息0円946円4,726円12,460円30,844円
30万円借入した場合の利息総額
返済回数1回3回6回12回24回
5万円まで
180日間無利息
3,698円6,665円11,256円24,043円52,314円
30日間無利息0円4,347円11,087円23,861円52,091円
60日間無利息0円1,390円7,196円19,200円46,270円

ご覧の通り、レイクALSAを利用するのであれば、30日間無利息を選ぶ理由はなく、60日間無利息が適用されるWEB申込を選ぶべきでしょう。

レイクALSAの無利息を最大限に活用する方法

レイクALSAの無利息を最大限に活用するには、返済回数を減らす=月々の返済額をコントロールすることです。

無利息を活用しつつ返済回数を調整すれば、銀行カードローンを凌ぐ、カードローントップクラスの好条件で借り入れできるのです。

では、銀行カードローンとレイクALSAで5万円~50万円借りた時、完済までに支払う利息総額の差を比較してみましょう。

管理人
管理人

銀行カードローンは楽天銀行をピックアップ、レイクALSA返済回数別にシミュレーションしてみました。

【返済3回】レイクALSAの無利息と銀行カードローンで支払う利息総額の比較表
返済金額
(返済回数3回)
↓↓↓
レイクALSA楽天銀行のカードローン
180日無利息60日無利息金利14.5%
50,000円0円236円1,212円
100,000円986円473円2,425円
200,000円3,722円946円4,851円
300,000円6,665円1,390円7,278円
500,000円12,641円2,337円12,130円

返済回数が3回の場合、月々の返済額は増えますが利息総額はかなり減らせます。

20万円以上借り入れした場合、月々の返済額負担が増えますが、60日間無利息の効果が最大限に発揮されることがわかります。

【返済6回】レイクALSAの無利息と銀行カードローンで支払う利息総額の比較表
返済金額
(返済回数6回)
↓↓↓
レイクALSA楽天銀行のカードローン
180日無利息60日無利息金利14.5%
50,000円0円1,128円2,133円
100,000円1,500円2,256円4,269円
200,000円6,172円4,726円8,539円
300,000円11,256円7,196円12,812円
500,000円21,756円11,924円21,354円

返済回数6回の場合、5万円までの借り入れなら180日間無利息が最大限に活用できます。

また50万円借りた場合であれば、60日間無利息は利息総額を約半分まで減らすことができることも注目です。

【返済12回】レイクALSAの無利息と銀行カードローンで支払う利息総額の比較表
返済金額
(返済回数12回)
↓↓↓
レイクALSA楽天銀行のカードローン
180日無利息60日無利息金利14.5%
50,000円1,097円3,060円4,008円
100,000円4,998円6,228円8,020円
200,000円15,036円12,460円16,047円
300,000円24,043円19,200円24,076円
500,000円44,116円32,673円40,128円

返済回数が12回であっても、利息総額は銀行カードローンより減らすことができます

ちなみに返済回数が24回だとどうなるのか?チェックしてみました。

【返済24回】レイクALSAの無利息と銀行カードローンで支払う利息総額の比較表
返済金額
(返済回数24回)
↓↓↓
レイクALSA楽天銀行のカードローン
180日無利息60日無利息金利14.5%
100,000円14,340円15,418円15,789円
200,000円32,873円30,844円31,588円
300,000円52,314円46,270円47,386円
500,000円91,203円77,123円78,982円

返済回数が24回となると利息総額の差は減りますが、それでもまだレイクALSAの無利息が活きます。

つまり、返済回数が24回までであれば、金利14.5%以上の銀行カードローンより低金利で利用できると言えます。

早期返済をしたい人であれば返済回数も減るため、レイクALSAは早期完済を考えている人には非常に適したカードローンです。

毎月の返済額を増やす(追加返済する)には

レイクALSAで月々の返済額を増やすなら追加返済が必要です。

追加返済は自動引き落としであれば、毎月の返済(最低返済額)が引き落とされた後に追加で返済。

提携ATMや銀行振込等で返済している人であれば、最低返済額以上の返済額で返済すればOKです。

追加返済扱いとなるのは返済日から15日前以上に返済した分となります。

例えば、毎月27日が返済日であれば、28日~翌月13日の間に返済すれば、追加返済扱いとなります。

返済回数を減らした場合のデメリット

返済回数を減らした場合のデメリットは「毎月の返済額が増える」ことです。

つまり、月々の返済額を減らしたい人には向きません。

月々の返済負担を減らしたい人なら、最低返済額が少額設定されている銀行カードローンが向いているでしょう。

ただし、銀行カードローンの最低返済額のままで完済まで支払ってしまうと、利息が膨れ上がってしまうことは覚えておきましょう。

無利息を活用すれば最低返済額のまま完済しても利息は減らせる

レイクALSAであれば、無利息を活用することで最低返済額のままで完済したとしても、支払う利息は銀行カードローンより少なくなります

例えば、楽天銀行のカードローンと無利息を活用したレイクALSAで最低返済額のまま完済した場合、10~50万円借りた時に支払う利息総額を比較してみましょう。

利用額が「10万円」以内の場合
借入先金利利用額毎月の最低返済額返済回数支払う利息合計
レイクALSA
(60日間無利息)
18.0%10万円4,000円31回21,274円
レイクALSA
(180日間無利息)
18.0%10万円4,000円30回19,108円
楽天銀行カードローン14.5%10万円2,000円78回54,525円
利用額が「20万円」以内の場合
借入先金利利用額毎月の最低返済額返済回数支払う利息合計
レイクALSA
(60日間無利息)
18.0%20万円8,000円31回42,567円
レイクALSA
(180日間無利息)
18.0%20万円8,000円31回44,859円
楽天銀行カードローン14.5%20万円5,000円106回110,142円
利用額が「30万円」以内の場合
借入先金利利用額毎月の最低返済額返済回数支払う利息合計
レイクALSA
(60日間無利息)
18.0%30万円12,000円31回63,862円
レイクALSA
(180日間無利息)
18.0%30万円12,000円31回70,623円
楽天銀行カードローン14.5%30万円5,000円161回276,294円
利用額が「40万円」以内の場合
借入先金利利用額毎月の最低返済額返済回数支払う利息合計
レイクALSA
(60日間無利息)
18.0%40万円12,000円45回132,884円
レイクALSA
(180日間無利息)
18.0%40万円12,000円46回146,906円
楽天銀行カードローン14.5%40万円10,000円176回344,734円
利用額が「50万円」以内の場合
借入先金利利用額毎月の最低返済額返済回数支払う利息合計
レイクALSA
(60日間無利息)
18.0%50万円14,000円50回186,421円
レイクALSA
(180日間無利息)
18.0%50万円14,000円51回207,481円
楽天銀行カードローン14.5%50万円10,000円200回470,443円

最低返済額に甘んじて返済し続けていくと、いかに金利条件の良い銀行カードローンであっても、支払う利息は増えてしまいます。

またレイクALSAも無利息を利用できる人(初めて利用する人)であれば、最低返済額のまま完済した時でもメリットが生じることもわかりました。

無利息を利用する上での注意点について

レイクALSA(レイクアルサ)の無利息を利用する際、注意点があります。

  • 無利息期間中に返済が滞ると無利息期間は終了する
  • 無利息期間を過ぎると通常の金利に戻る

つまり、きちんと返済すること、無利息期間が過ぎると通常金利(例えば10万円借りた場合は金利18%)に戻ります。

利息を支払いたくない人であれば、無利息期間中に完済しましょう。

無利息期間終了後は通常金利で利息が発生する

無利息期間を超えると通常金利で返済していきます。

最大の借り入れ残高適用金利
1~999,999円15.0%~18.0%
1,000,000~2,000,000円12.0%~15.0%

借り手からすれば、利息は極力減らしたいもの。

先ほども紹介しましたが早期に完済してこそ、無利息サービスの恩恵を最大限に受けられると覚えておきましょう。

レイクALSAの無利息を利用するメリット・デメリット

メリット
  • 60日間と180日間という長期間、無利息で借りられる
  • 毎月の返済額を増やし、返済回数を減らせば超低金利で借りられる
  • 早期完済を目指している人の場合、大幅に利息を減らすことができる
  • 最低返済額のまま返済しても銀行カードローンよりも利息は減らせる
デメリット
  • レイクALSAを初めて利用するする人しか無利息では借りられない
  • 60日間無利息を利用したければ、WEB申込を利用する必要がある
  • 毎月の返済額を少しでも減らしたい人だと無利息を最大限に活かせない

まとめ!レイクALSAの無利息を最大限に活用するには

レイクALSAの無利息を最大限に活用するには、

  • 借り入れする金額に応じ、2種類の無利息を選ぶこと
  • 毎月の返済額を増やし、返済回数を減らすこと

を覚えておきましょう。

返済額を増やす場合は最低返済額以上、追加返済が必要です。

毎月の返済を自動引き落としに設定している場合、レイクALSAの提携ATM等から追加で返済しましょう。

会社概要
商号新生フィナンシャル株式会社
Shinsei Financial Co., Ltd.
本社〒101-8603
東京都千代田区外神田三丁目12番8号
創業1994年10月
資本金1億円
株主株式会社新生銀行
事業内容パーソナルローン、信用保証、その他
従業員数1,452名 (2020/3/31 時点)
貸金業登録番号関東財務局長(9) 第01024号
所属団体日本貸金業協会
あわせて読みたい!関連記事一覧