レイクALSA(レイクアルサ)のカードレスについて調査した

更新日:

レイクアルサ スマホアプリ「e-アルサ」

レイクALSAもスマホサービス「e-アルサ」を利用した、
カードレスでいつでも借入&返済が可能(※)。

※セブン銀行ATMが近くにあれば、スマホATM取引で可能

手数料も無料で利用できるなど、
同様の他社カードレスキャッシングよりも、
一つ上をいくサービスを行っているのがレイクALSAだ。

ただ、レイクALSAのカードレス、
それだけがメリットではない。詳しく解説していこう。

レイクALSAの詳細は「レイクアルサ(レイクALSA)を調査してわかった特徴と利用する前に知っておきたいこと」も併せてご覧いただきたい

    レイクALSAのカードレス契約には「e-アルサ」からも申し込もう

    レイクALSAをカードレスで契約するには、
    「e-アルサ」というアプリから申込すればOKだ。

    レイクアルサ(レイクALSA) e-アルサ App Store画面

    ダウンロードは無料、
    まずはお試し感覚でも構わない。ダウンロードしてみよう。

    「e-アルサ」のダウンロード方法

    アプリストア等から同意事項等を確認し、
    アプリ「e-アルサ」をダウンロード、画面にある、
    「新規お申込み」から申込が可能だ。

    レイクアルサ e-アルサ 申込画面

    ダウンロード後、パスコードを聞かれるが、
    これは他のアプリ起動時等にも使うご自身で設定したパスワードだ。

    レイクアルサ(レイクALSA) e-アルサ パスコード画面

    ちなみにこの「e-アルサ」だが、
    「生体認証」を使用してログインできるのも便利だ。

    レイクアルサ(レイクALSA) e-アルサ 生体認証画面

    必要書類も「e-アルサ」から提出可能

    必要書類の提出もスマホカメラを利用し、
    アプリから送信可能、「e-アルサ」で申込を完結できる。

    レイクアルサ(レイクALSA) e-アルサ 申込画面

    また審査結果もアプリから確認できるため、
    メールと違い、見落としやタイムラグがないのも嬉しい。

    「e-アルサ」を利用し、セブン銀行ATMでいつでも借入・返済が可能

    レイクALSAをカードレス契約した場合、
    スマホアプリ「e-アルサ」を利用した借入、返済が可能(※)だ。

    「e-アルサ」での利用をレイクALSAでは「スマホATM取引」と呼んでいる。

    そして、このスマホATM取引を利用するためには、
    セブン銀行ATMが必須となる。

    レイクALSAのスマホATM取引(セブン銀行ATM)での借入手順

    • アプリの画面から「お借入れ」をタップ、借入の手続きを行う
    • スマホのバーコードリーダーの起動
    • セブン銀行ATMのTOP画面から「スマートフォンでの取引」ボタンを押す
    • ATMで表示されたQRをバーコードリーダーで読み取り
    • QRコードを読み取り、すると企業番号(4桁)が表示される
    • 企業番号をATMへ入力、画面右下にある確認ボタンを押す

    あとはATM画面の表示に従って手続きするだけでOKだ。

    セブン銀行「スマホATM取引」の利用可能時間について

    月曜日 5時00分~23時50分
    火曜日・水曜日 0時15分~23時50分
    木曜日 1時30分~23時50分
    金曜日・土曜日・日曜日 0時15分~23時50分

    月曜日以外、深夜でも利用できるのは何かとメリットは大きいはずだ

    さて、何かと便利なレイクALSAのカードレスだが、
    実は知っておいてほしいことが、次に説明する内容だ。

    レイクALSAのカードレス契約なら自宅に郵送物は届かない

    スマホから手軽に申し込めるのもメリットだが、
    一番のメリットと言えるのが、カードレスで契約した場合、
    自宅にカードなど郵送物が届かないことだ。

    借入返済用のカードだけでなく、
    契約書の発行もないのがレイクALSAのカードレス契約なのだ。

    レイクアルサのカードレス契約ならキャッシングカードも契約書の発行もない

    つまり、家族に知られたくない人なら、
    レイクALSAのカードレスは利用価値大というわけだ。

    ただカードレスでレイクALSAを利用したい場合、
    誰でも必ず利用できるわけではない。成功させるコツがあるのだ。

    レイクALSAのカードレス契約を成功させるコツ

    カードレスを成功させるには、
    引き落し先となる金融機関口座の本人確認を取れるか?だ。

    というのも、カードレス契約をするためには、
    返済用の引き落とし口座の登録が必須となるからだ。

    アプリで申込を進めていくと、
    金融機関の認証画面に進むこととなるが、
    この金融機関の本人確認は年々厳しくなっている。

    金融機関口座の本人確認は嫌らしいほどに厳しさを増しているイメージ図

    そしてこの本人確認で失敗すると、
    カードレス契約はできなくなってしまうのだ。

    レイクALSAに問い合わせたところ、 実はこの金融機関の本人確認を失敗するケースがあるため、 カードレス契約できず、通常契約になってしまう人も多いそうだ。

    本人確認は金融機関ごとに違うため、事前にチェックしておこう

    事前に引き落とし口座で利用する、
    金融機関に本人確認で必要な物(※)は何か?
    確認しておくのがよいだろう。

    ※パスワードや認証コードなど

    特に暗証番号などは複数求められる場合もあり、
    暗証番号は問い合わせしても、教えてもらえないことがほとんどだ。

    面倒ではあるが金融機関の口座開設、
    もしくはインターネットバンキング設定時の書類を探しておこう。

    カードレス契約に失敗した場合は通常契約となる

    カードレス契約ができない時は通常契約となる。

    ここで通常契約となると、
    本人確認書類や引き落し口座確認のため、
    基本的に郵送物が自宅に届く

    郵送物を避けたい場合の対処方法

    もし郵送物が届くと困るという場合、
    自動契約機にて手続きを行えば大丈夫だ。

    自動契約機で手続きを行いたい場合だが、
    申込完了後、少し時間を空けてレイクALSAに連絡、
    郵送ではなく、自動契約機で手続きすると伝えればOKだ。

    ただ、電話をした時、
    自動契約機で必要な物が不明な場合もある(※)。

    ※審査中でまだ必要な物が確定していない時がある

    この場合は折り返し、
    レイクALSAから連絡があるので、
    何が必要なのか?連絡を待とう(1~2時間程度かかる)。

    カードレス契約をした後にカードを発行したい場合

    カードレスで契約したものの、
    やっぱりカードがないと不便…という時もあるだろう。

    この場合、レイクALSAの自動契約機でカード発行は可能だ。

    自動契約機でカードを発行してもらう場合、
    レイクALSAへの連絡は不要で必要な物を持参、
    直接、自動契約機に出向けばよい。

    必要なものは本人確認書類だ。

    • 運転免許証
    • 健康保険証
    • パスポート

    これらを一点、事前に用意し、
    あとは自動契約機でカード発行手続きをすればOKだ。

    まとめ!レイクALSAのカードレスサービスについて

    レイクALSAはカードレスで契約できれば、
    家族だけでなく、誰にも知られずに借入することができる

    そしてカードレス契約のためには、
    引き落とし口座設定時、金融機関の本人確認をクリアしなければならない

    ただ、この本人確認については、
    事前準備をしておけば、そこまで難しいものではない。

    レイクALSAのカードレスは、
    とにかく便利であるため是非、フル活用してほしいところだ。

    レイクALSA公式サイトはこちら