レイクALSA(レイクアルサ)の金利を下げるには無利息を活用すべし

更新日:

レイクアルサ(レイクALSA)のバナー画像

「レイクALSA」であれば、
金利を下げて借りることができるため、
利息も減らせる=好条件で借りることが可能だ。

この記事ではレイクALSAの金利について、
また独自サービスである無利息で金利を下げて利用する方法を紹介したい。

    レイクALSAの金利と決まり方

    レイクALSAの金利は「4.5%~18.0%」だ。

    適用される金利は契約限度額で決まる

    • 契約限度額が200万円以下…12.0%~18.0%
    • 契約限度額が200万円以上…4.5%~15.0%

    適用される金利の詳細を見てみよう。

    契約限度額200万円以下

    最大の借入残高で決定 適用金利
    1~999,999円 15.0%~18.0%
    1,000,000~2,000,000円 12.0%~15.0%

    契約限度額200万円以上

    契約限度額(極度額) 適用金利
    2,000,001~3,000,000円 9.0%~15.0%
    3,000,001~4,000,000円 7.0%
    4,000,001~5,000,000円 4.5%

    100万円以下で借りる場合を見ても、
    下限金利(15.0%)と上限金利(18.0%)に差があるが、
    初めてレイクALSAで利用する場合、18.0%の金利が適用されることが多い。

    一概に言い切れないが公式サイトで公表されている下限金利で利用できる可能性は低い。これは筆者も数社、消費者金融(レイクALSAをはじめ、プロミスやSMBCモビット)と契約してきたが、下限金利が適用された経験はなかった。

    レイクALSAと他社消費者金融の金利を比較してみた

    ちなみにレイクALSAの金利だが、
    消費者金融の中で見ても一般的な金利で特質すべきものではない。

    会社名 実質年率
    レイクALSA 4.5%~18.0%
    プロミス 4.5%~17.8%
    SMBCモビット 3.0%~18.0%
    アコム 3.0%~18.0%
    アイフル 3.0%~18.0%

    レイクALSAの金利は「4.5%~18.0%」、
    下限金利で比較すると他社のほうが低いのがわかる。

    また上限金利でいえば、
    僅か0.2%の差とはいえ、プロミスに分がある。

    金利だけを見る限りでは、
    レイクALSAを選ぶ気が起きなくなる。

    しかし、レイクALSAで注目してほしいのが、
    長期間金利0円になる「無利息」特典があることだ。

    レイクALSAの無利息を他社カードローンと比較してみた

    レイクALSAは2種類の無利息がある。

    では他社、消費者金融で提供されている、
    無利息サービスとどう違うのか比較してみよう。

    消費者金融名 無利息期間 利用できる人 適用金額 適用時期
    レイクALSA 60日 初めて利用する人&WEB申込 1~200万円 契約日の翌日から
    180日 初めて利用する人 5万円まで
    プロミス 30日 初めて利用する人、ポイントサービスで利用可 全額 初めて借入した日から
    アコム 30日 初めて利用する人 全額 契約日の翌日から
    アイフル 30日 初めて利用する人 全額 契約日の翌日から

    レイクALSAの場合、他社とは違い、
    無利息期間が長いことがわかるはずだ。

    またWEBからの申し込みが条件となるが、
    1~200万円までの借り入れに対し、60日間は全額無利息になる。

    レイクアルサ(レイクALSA)の60日間無利息のバナー

    この60日間無利息は以前、キャンペーンで行われていた好評のサービスだった

    WEBからの申し込み限定となるが、
    この記事を読んでくれている人であれば、
    WEBからの申し込みは特に問題はないはずだ。

    WEB申込以外の場合は30日間の無利息が適用される

    レイクALSAでWEB申込以外の方法、
    自動契約機や電話での申し込みした場合は、
    60日間の無利息は利用できない。利用できるのは、

    • 30日間
    • 5万円まで180日間

    の2種類となる。

    インターネットが使える環境である人なら、 わざわざWEB申込以外で申し込むメリットはないだろう。

    レイクALSAの無利息でどこまで利息総額は減るのか?検証してみた

    レイクALSAの無利息を利用すれば、
    どこまで利息総額を減らせるのか?検証していこう。

    今回の検証ではレイクALSAの無利息を適用し、
    公式サイトにある返済回数のシミュレーションを元(※)に、
    銀行カードローンで借りた時の利息総額を比較してみた。

    比較する返済回数と返済金額

    • 返済回数…3、6、12、24回(※)
    • 返済金額…5万、10万、20万、30万、50万円

    ※返済回数1回の場合、レイクALSAでは利息総額0円のため割愛する

    ではどのくらい利息総額が減らせるのか?見ていこう。

    【返済3回】レイクALSAの無利息と銀行カードローンで支払う利息総額の比較表

    返済金額
    (返済回数3回)
    ↓↓↓
    レイクALSA 楽天銀行のカードローン
    180日無利息 60日無利息 金利14.5%
    50,000円 0円 236円 1,212円
    100,000円 986円 473円 2,425円
    200,000円 3,722円 946円 4,851円
    300,000円 6,665円 1,390円 7,278円
    500,000円 12,641円 2,337円 12,130円

    返済回数が3回となると、一回の返済額は多くなるが、返済額が増えれば増えるほど、利息総額はかなり減らせることがわかる。10万円以上の借り入れをする場合でも、まとまったお金が入る、返済できる人であれば、60日間無利息のメリットは大きいだろう。

    【返済6回】レイクALSAの無利息と銀行カードローンで支払う利息総額の比較表

    返済金額
    (返済回数6回)
    ↓↓↓
    レイクALSA 楽天銀行のカードローン
    180日無利息 60日無利息 金利14.5%
    50,000円 0円 1,128円 2,133円
    100,000円 1,500円 2,256円 4,269円
    200,000円 6,172円 4,726円 8,539円
    300,000円 11,256円 7,196円 12,812円
    500,000円 21,756円 11,924円 21,354円

    返済回数6回であれば、5万円までの借り入れなら180日間無利息を最大限に活用できる。また50万円借りた場合でも60日間無利息であれば、利息総額を約半分まで減らすことができるのも注目したい。

    【返済12回】レイクALSAの無利息と銀行カードローンで支払う利息総額の比較表

    返済金額
    (返済回数12回)
    ↓↓↓
    レイクALSA 楽天銀行のカードローン
    180日無利息 60日無利息 金利14.5%
    50,000円 1,097円 3,060円 4,008円
    100,000円 4,998円 6,228円 8,020円
    200,000円 15,036円 12,460円 16,047円
    300,000円 24,043円 19,200円 24,076円
    500,000円 44,116円 32,673円 40,128円

    返済回数が12回となると、毎月返済するとして12ヶ月間。5万円までの借り入れであれば、返済期間の半分を無利息で利用できるため、利息総額をかなり減らすことができることがわかる。

    【返済24回】レイクALSAの無利息と銀行カードローンで支払う利息総額の比較表

    返済金額
    (返済回数24回)
    ↓↓↓
    レイクALSA 楽天銀行のカードローン
    180日無利息 60日無利息 金利14.5%
    100,000円 14,340円 15,418円 15,789円
    200,000円 32,873円 30,844円 31,588円
    300,000円 52,314円 46,270円 47,386円
    500,000円 91,203円 77,123円 78,982円

    返済回数が24回となると返済期間が長期するため、利息総額も増える。ここまで返済回数が増えると、レイクALSAの無利息を利用するメリットが薄れてしまうが、それでもまだ利息総額を減らすことができることがわかった。

    いかがだろうか。

    お気づきの人もいるだろうが、
    レイクALSAの無利息を最大限に活かすには、

    • 返済回数を12回までで利用する
    • 5万円までの借り入れ&返済回数6回までなら180日間無利息
    • 10万円までの借り入れ&返済回数6回以上なら60日間無利息

    ということだった。

    レイクALSAの無利息で利息総額を減らす=金利が下がるのと同じ

    レイクALSAで利息総額を減らして利用する、
    実は金利を下げて利用する=低金利で借り入れするのと同じなのだ。

    例えば、先ほど紹介した、
    返済回数6回、返済金額20万円の利息総額を見てみよう。

    返済金額
    (返済回数6回)
    ↓↓↓
    レイクALSA 楽天銀行のカードローン
    180日無利息 60日無利息 金利14.5%
    50,000円 0円 1,128円 2,133円
    100,000円 1,500円 2,256円 4,269円
    200,000円 6,172円 4,726円 8,539円
    300,000円 11,256円 7,196円 12,812円
    500,000円 21,756円 11,924円 21,354円

    レイクALSAの60日間無利息を利用した時、
    利息総額は「4,726円」となっている。

    これは金利「8.06%」で借りるのと一緒(※)なのだ。

    こちらの返済シミュレーションで計算、金利(年率)8.06%で利息総額は「4,725円」となる

    20万円を金利8.06%で借りられるカードローンは、
    金利の低い銀行カードローンを見回しても存在しない。

    つまり、他社の無利息を利用した借り入れ含め、
    カードローン中でトップクラスに金利を下げた条件で利用できるのだ。

    レイクALSAで金利を下げてもらえる可能性もあるが…

    レイクALSAを長期間利用した場合、
    金利を引き下げてもらえるという話も聞く。

    しかし筆者がカードローンを長年利用してきた経験の中で、
    増額の提案こそあれ、金利を下げる(引き下げ)の話はなかった。

    現実的に考えると、無利息を利用した方法こそ、
    レイクALSAにおける金利を下げる確実な方法であると言えるだろう。

    まとめ!レイクALSAの金利は無利息を活用し下げる&利息総額も減らす!

    レイクALSAで確実に金利を下げ、
    返済時に支払う利息を減らしたければ、
    60日間と180日間の無利息を有効活用すべきだ。

    注意点として、60日間無利息は、
    WEBから申し込みを行わなければならないこと、
    無利息自体、過去にレイクALSAを利用したことがない人だけ、
    適用されるサービスということだ。

    一見するとレイクALSAは他社消費者金融と変わらぬ金利だが、
    独自の長期間無利息サービスと返済回数をコントロールすることで、
    カードローン中、かなりの好条件で借り入れできることを知ってほしい。

    「レイクALSA」のWEB申込はこちら

    関連記事一覧