カードローンの審査(仮審査・本審査)について調査、スコアリングや保証会社を確認する理由とは

カードローンで借り入れしたい場合、
審査に通らなければ、お金を借りることはできない。

それは当サイトでも紹介している、
消費者金融、銀行カードローンも例外ではない。

ではカードローンにおいて、一体何を審査するのか?
審査の仕組み、スコアリングや保証会社から説明していこう。

カードローンの審査は仮審査と本審査がある

まずはじめにいっておくと世の中のローンを、
審査なしを全くなしで利用することは100%不可能だ。

ローンを利用するということは、
貸し手側からすれば信用を元に貸すわけであり、
貸しても大丈夫な相手かを判断するには、
審査は必要不可欠なのだ。

カードローンの審査は2段階で行われる

審査の目的は貸す上で、
お金を貸しても大丈夫な人かを判断するためだ。

そして審査は2段階あり、
「仮審査」「本審査」に分かれている(※)場合が多い。

※一次審査、二次審査と記載しているところもある

そしてまずは仮審査に通過しなければ、本審査に進むことはできない。

カードローンの仮審査は何を審査するのか

例えば、申込してきた本人かどうか、
また申込時に申告した職場で働いているか、
などを本人確認書類や在籍確認でチェックするだけであり、
まずは仮審査の結果が重要となる

仮審査にてチェックされる項目はスコアリングされる

仮審査におけるチェック項目だが、
申込時に入力する全ての項目がチェック対象となる。

  • 名前:申込した本人かどうか(本人確認書類で確認)
  • 住所:住所不定ではないか
  • 電話番号、メールアドレス:何かあった時に連絡が取れるか
  • 年収:どのくらい稼ぎがあるのか
  • 勤め先情報:本当に働いているのか
  • 勤続年数:安定して職についていて収入は見込めそうか
  • 利用目的:資金用途によっては貸し倒れのリスクも検討(ギャンブル等)
  • 他社借入額:どのくらい借金総額があるのか

以上の項目は申込時に入力する情報であり、
スコアリングされ、評価される。

カードローンにおけるスコアリングとは?

そもそも「スコアリング」とは何か?だが、

スコアリングとは、スコアリング(採点する)という名前からもわかるように、個々の見込み顧客が持つ、自社への価値を予測し、その価値に準じて点数化すること。 次のマーケティング活動を展開するべき見込み顧客を、抽出するための指標となる。

引用元:スコアリング シナジーマーケティング株式会社

つまり、カードローンにおいて言えば、
貸付(融資)するにあたり、問題のない人であるかどうか?
各項目を点数(スコア)化し、審査において利用しているわけだ。

しかしこのスコアリングについては、
可視化されておらず、貸し手側にしか見えないものだった。

申し込みした人自身がスコアを確認できる「J.Score」

そこで話題なのが、
J.Score(ジェイスコア)のAIスコア診断と呼ばれるものだ。

J.Score(ジェイスコア)のバナー画像

「J.Score」でAIスコア診断を行うと、
入力項目からスコア化され、表示される仕組みだ。

↓ジェイスコアでAIスコア診断を試した時に表示されたスコア画面

J.Scoreのスコア表示画面(441点)

この画面では入力情報状況は5%だが、
ライフスタイルをはじめ、様々な情報を入力していくことで、
このAIスコアは上がり、一定のスコアに到達すると借り入れできる仕組みだ。

ジェイスコアで借り入れするには、この「AIスコア」が600点以上必要だ。あくまでJ.Scoreから借りる場合だが、このAIスコアで高得点を叩き出せれば、他社のカードローンでも借り入れできる可能性は高くなるだろう。

しかし他社ではこのような、
申し込みした本人がわかるようなシステムを導入していない。

ではどうしたら不明瞭なこのスコアを、
審査通過が可能なボーダーラインまで伸ばしていくか?は、
申し込み時の入力情報、あとは信用情報機関のデータがポイントとなる。

審査に通りたいからといって申込時の入力情報は嘘をつかないこと

いくら審査に通りたいからといって、申込時の情報は、
正確かつ嘘の情報は入力しないことが重要となる。

例えば、審査に落ちるかも…
と他社からの借入額を偽ったとしよう。

しかし残念ながら偽っても嘘とわかってしまうのだ。

これは仮審査において、
過去の借入状況のデータを保管する、
信用情報機関のデータを必ず参照するからだ。

この信用情報機関のデータを確認し、
貸付(融資)しても問題ないかをチェックする。

  • 消費者金融の場合…CIC
  • 銀行の場合…CIC、JICCJBA

上記の信用情報機関には、
どこでいつ借りたか?データとして残されているのだ。

どこの信用情報機関の情報を参照するかは申込時にある「個人情報の利用に関する同意書」などに書かれている。例えば、三井住友銀行カードローンの個人情報の利用に関する同意書をご覧いただくとわかる。

現在いくらぐらい借りているのか、
過去に滞納や踏み倒したことがないか、
自己破産はしていないかをチェックされる。

どのような項目をチェックされるかは、
CICの信用情報の見方について」をご覧いただきたいが、
上記の事例を過去に起こしている場合、金融事故扱いになっている可能性が高い

これが「信用情報に傷がついている状態」とも言われ、
仮審査の通過が不可能となるケースの一つだ。

仮審査で落ちる時は他に何があるか

申込時の情報の虚偽、個人信用情報に問題がある、
信用情報に傷がついてしまっている場合はもちろんだが、
既にカードローン数社から借入している場合も仮審査に落ちる可能性がある。

これは貸金業法における総量規制の対象に該当してしまうからだ。

また、他社のカードローンで借りていない場合でも、
利用限度額、借入枠がある場合も落とされる可能性がある。

実は筆者もかつて、他社の借入枠があったため、 仮審査に落とされた経験がある。 詳しくは「 三菱UFJ銀行バンクイックの審査について審査落ちした経験を踏まえ解説しよう」をご覧いただきたい。また他社からの借り入れがある場合、総量規制については、「複数借入しているとカードローンの利用は難しい?総量規制から考える借り入れ先について」も参考にしてみてほしい。

カードローンの本審査は何を審査するのか?

仮審査に通過すると、いよいよ本審査に進む。

本審査に進むと、

  • 勤務先への在籍確認
  • 本人確認書類の提出

が行われ、貸し手側は本審査を進めていく。

勤務先への在籍確認とは

勤務先への在籍確認とは、申込時に入力する、
勤め先へ情報、電話番号に貸し手側の会社から電話を入れ、
申し込みしてきた人が勤め先に在籍しているかを確認するものだ。

これは申し込みしてきた人が本当に働いているのか?
収入がきちんとある人なのか?判断するために行われる審査項目だ。

カードローンの場合、この在籍確認は必須であり、
在籍の確認が取れなければ、本審査通過は難しくなる。

本人確認書類の提出とは

申し込みしてきた人が本人かどうか?
住所確認も含め、本人を確認できる書類を提出する。

本人確認書類として提出する物(一例)

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 健康保険証

本人確認書類はカードローンによって微妙に異なるが、
「運転免許証」があれば、まず問題はない。

在籍確認、本人確認書類を元に本審査は進められ、
貸付(融資)に問題がなければ、契約に進み、借り入れすることができる。

本人確認書類を提出するタイミングはカードローンによって異なる。しかし審査には必ず必要となるため、申し込み前に用意しておきたいところだ。

銀行カードローンの審査は保証会社も確認すべし

銀行カードローンの場合、
審査は保証会社と第三者機関も一緒に行う。

そして、自分でも知ることができる情報が、
「保証会社」についてだ。

保証会社が分かれば、

  • どこが審査を担当しているか
  • 審査通過率

を知ることができる。

審査担当と審査通過率が分かれば、
借りたい銀行カードローンの審査難易度を測る指標の一つにもなる。

審査通過率と審査の関係については「カードローンで審査の通りやすいところを審査通過率と契約率から借入先を検証した」で解説している。興味のある人はご覧いただきたい。

銀行カードローンの保証会社はどうやって知ることができるのか

保証会社は商品概要にある、
「保証会社の欄」に記載されているのでわかるはずだ。

例えばバンクイックの商品概要はこちらと、

バンクイックの商品概要画面

保証会社が消費者金融のアコムであることがわかる。

つまりバンクイックの場合、
アコムが保証会社として審査を担当しているわけだ。

これは申し込み前に確認を要求される重要事項にも記載されている。

バンクイックの重要事項画面

では消費者金融が担当する、
メガバンクカードローンの保証会社を見てみよう。

銀行名保証会社
三井住友銀行カードローンSMBCコンシューマーファイナンス株式会社(プロミス)
みずほ銀行カードローン株式会社オリエントコーポレーション
三菱UFJ銀行バンクイックアコム株式会社

では、銀行の保証会社はどこかが担当しているのか?
大手消費者金融の審査通過率と併せ、表にまとめてみた。

※審査通過率は2019年5月~8月の過去3ヶ月の平均データ

銀行カードローンの審査を行う第三者機関とは

即日の審査ができなくなった理由としては、
今までの銀行、保証会社の審査とは別に、

  • 預金機構機関(DICJ)
  • 他行
  • 警視庁

へ専用回線を介し、審査を行うためだ。

この審査の目的としては、
「反社会的勢力への融資をしないこと」
を目的としているとのことだ。

預金機構機関(DICJ)について

ちなみに預金機構機関(DICJ)だが、
反社会的勢力に関するデータを照合、確認できる(※)。

DICJの反社会的勢力のデータ参照に関するイメージ図

※引用元:DICJ 金融支援業務より

反社会的勢力への融資は以前、
みずほ銀行の不祥事が噂され問題となったが、
要するに審査の厳正化を目的としていると考えられる。

審査に要する時間は最短で翌日、
長ければ、審査完了まで1~2週間程度かかる

2018年1月以降の銀行カードローンの審査イメージ図

そのため銀行カードローンは即日中の審査は不可能であり、
また審査も厳しく、融資に対して慎重に行っているのが現状だ。

まとめ!カードローンの審査について

カードローンの審査は、
「仮審査」「本審査」の2段階で行われる。

仮審査においては申込時の情報、
信用情報機関のデータなどからスコアリングされ行われる。

本審査は在籍確認や本人確認書類など、
申込時の情報を真偽を確認と最終的に貸付(融資)の可否が判断される。

ちなみに審査に不安、借りれないとわかっているなら、
不用意に申し込みはしないほうが得策だ。

申し込みした情報も信用情報機関に履歴として残り、短期間の複数回申し込みは新規借入の妨げになるためだ。

タイトルとURLをコピーしました