カードローンの審査について様々な視点で検証してみた

更新日:

ローンと呼ばれるものに関しては、
審査に通らなければ、お金を借りることはできない。

それは当サイトでも紹介している、
消費者金融、銀行カードローンも例外ではない。

ではローンにおいて、
一体何を審査するのか?説明していこう。

    そもそも…審査なしでローンは利用できない?

    まずはじめにいっておくと世の中のローンを、
    審査なしを全くなしで利用することは100%不可能だ。

    ローンを利用するということは、
    貸し手側からすれば信用を元に貸すわけであり、
    貸しても大丈夫な相手かを判断するには、
    審査は必要不可欠なのだ。

    ただ審査をなしで借りたいという人もいるだろう。

    審査なしで借りたい理由は人それぞれ、
    ひょっとすると審査に不安を感じる事由次第では、
    審査なしで借りるのと変わらず借りれる可能性もある。

    どういうことか?

    当サイトでも紹介している、
    消費者金融や銀行のカードローンを例に解説していこう。

    カードローンの審査は2段階で行われる

    審査の目的は貸す上で、
    お金を貸しても大丈夫な人かを判断するためだ。

    そして審査は2段階で行われ、
    「仮審査」「本審査」に分かれている(※)場合が多い。

    ※一次審査、二次審査と記載しているところもある

    仮審査と本審査と聞くと、
    本審査のほうが重要なのでは?と思うかもしれない。

    しかし本審査はあくまで仮審査の内容を確認するものなのだ。

    例えば、申込してきた本人かどうか、
    また申込時に申告した職場で働いているか、
    などを本人確認書類や在籍確認でチェックするだけであり、
    まずは仮審査の結果が重要となるのだ。

    カードローンの仮審査とは何を審査するのか

    仮審査におけるチェック項目だが、
    申込時に入力する全ての項目がチェック対象と考えてよい。

    • 名前:申込した本人かどうか(本人確認書類で確認)
    • 住所:住所不定ではないか
    • 電話番号、メールアドレス:何かあった時に連絡が取れるか
    • 年収:どのくらい稼ぎがあるのか
    • 勤め先情報:本当に働いているのか
    • 勤続年数:安定して職についていて収入は見込めそうか
    • 利用目的:資金用途によっては貸し倒れのリスクも検討(ギャンブル等)
    • 他社借入額:どのくらい借金総額があるのか

    などなど申込時に入力する情報は、
    正確かつ嘘の情報は入力しないことが重要だ。

    例えば、審査に落ちるかも…
    と他社からの借入額を偽ったとしよう。

    しかし残念ながら偽っても嘘とわかってしまうのだ。

    これは仮審査において、
    過去の借入状況のデータを保管する、
    信用情報機関のデータを必ず参照するからだ。

    • 消費者金融の場合…CIC
    • 銀行の場合…CIC、JICCJBA

    上記の信用情報機関には、
    どこでいつ借りたか?データとして残されているのだ。

    どこの信用情報機関の情報を参照するかは申込時にある、
    「個人情報の利用に関する同意書」などに書かれている(※)

    参考:三井住友銀行カードローンの個人情報の利用に関する同意書

    現在いくらぐらい借りているのか、
    過去に滞納や踏み倒したことがないか、
    自己破産はしていないかをチェックされる(※)。

    ※どういったことをチェックされるか?詳細はCICの信用情報の見方についての記事をご覧いただきたい

    よって、申込後に行われる仮審査は、
    信用情報機関のデータで問題がないかを確認し、
    申込してきた時点で融資しても問題ないかをチェックするわけだ。

    仮審査で落ちる時はどんなときか

    数社から既に借入している、
    滞納や踏み倒し、自己破産をしている場合、
    仮審査で落とされる可能性が非常に高い。

    またもし他社から借入をしていないとしても、
    他社で借入できる状態で申込した時も落とされる可能性がある。

    なぜなら筆者もかつて、
    上記の理由で落とされた経験がある(※)のだ。

    ※詳細はバンクイックの審査に落ちた理由を検証してみたをご覧いただきたい

    それと審査にはスコアリングと呼ばれるものもある。

    これは様々な項目から、
    融資可能かを判断するためのものだが、
    今まではなかなか可視化されないものだった。

    そこで話題なのが、
    J.Score(Jスコア ※)のAIを活用した自動スコアリングというものだ。

    J.Score(ジェイスコア)のバナー画像

    J.Scoreで叩き出されたAIスコアは、
    あくまでJ.Scoreから借りる場合に関係するのだが、
    もしここで借入可能となれば、他社でも借りれる可能性はあるわけだ。

    しかし他社ではこのようなシステムを導入していないところがほとんどだ。

    そこでスコアリングとは違った角度で、
    審査に通るか判断するのに審査通過率を参考にする方法だ。

    消費者金融の審査通過率から審査の難易度を知る

    審査通過率とは審査を担当する、
    消費者金融が公表しているデータであり、
    どのくらいの割合で貸付しているかを数値化したものだ。

    あくまでも統計情報なので、
    さきほどのJ.Scoreのスコアリングのような、
    申込した個人を対象としたデータではないため、
    ざっくりとした判断にはなる。

    しかしローンを利用する上で、
    審査通過率が高いところに申込したほうが、
    借りれた人が多いというのは事実だ。

    要するに審査通過率(※)が高いほうが、
    審査の難易度は低いという判断基準にはなり得るのだ。

    審査はどこが行うのかは保証会社を見ればわかる

    銀行カードローンの場合だが、
    審査は保証会社に一任している場合もある。

    保証会社は商品概要にある、
    「保証会社の欄」に記載されているのでわかるはずだ。

    例えばバンクイックの商品概要はこちらと、

    保証会社がアコムであることがわかる。

    つまりバンクイックの場合、
    アコムが審査を担当しているわけだ。

    また申し込み前に確認を要求される、
    重要事項にも記載されている。

    ちなみに消費者金融が担当する、
    メガバンクカードローンの保証会社を見てみよう。

    銀行名 保証会社
    三井住友銀行カードローン SMBCコンシューマーファイナンス株式会社(プロミス)
    みずほ銀行カードローン 株式会社オリエントコーポレーション
    三菱UFJ銀行バンクイック アコム株式会社

    ちなみに審査通過率のデータは、
    各消費者金融の企業ホームページから閲覧可能で、

    SMBCコンシューマーファイナンス プロミス

    参照元:月次データ

    アコム

    参照元:マンスリーレポート

    アイフル

    参照元:月次データ

    いわゆる企業の月次データに記載され、
    PDF等でも閲覧可能なのだ。

    審査通過率ってどこで見るの?

    例えば、アコムの審査通過率データは、
    「ローン事業新規申込数、新客数及び新規貸付率」の項目に記載されており、

    アコムの貸付率の画面

    ここでいう、新規貸付率を審査通過率と捉えてもらえばOKだ。

    大手消費者金融3社の審査通過率(2018年4月~9月)

    消費者金融名 審査通過率平均 各月の審査通過率
    2018/4 2018/5 2018/6 2018/7 2018/8 2018/9
    プロミス 45.0% 43.9% 45.1% 44.8% 43.9% 46.0% 46.4%
    アイフル 46.2% 44.9% 48.2% 46.2% 45.3% 46.0% 46.3%
    アコム 44.1% 43.4% 46.3% 43.8% 43.7% 43.4% 43.8%

    ※データは各消費者金融月次データを参照

    結論をいえば、この審査通過率が高いということは、
    借入審査に通過した人の割合が多いといえるわけで、
    借り入れできるチャンスが高くなるわけだ。

    ちなみに銀行カードローンの審査通過率は、
    保証会社をしている消費者金融をチェックする必要がある。
    なぜなら借入審査は消費者金融が担当しているからだ。

    では、銀行の保証会社はどこかが担当しているのか?
    大手消費者金融の審査通過率と併せ、表にまとめてみた。

    借入審査担当消費者金融名 審査通過率 借入先銀行名
    プロミスプロミスのバナー画像
    参照データ元
    43.6% 三井住友銀行カードローン
    ジャパンネット銀行
    北洋銀行カードローン スーパーアルカ
    ひろぎん スーパーカードローンVIP
    横浜銀行カードローン
    関西アーバン銀行
    アコム
    アコムのバナー画像

    参照データ元
    46.6% ソニー銀行カードローン
    セブン銀行カードローン
    三菱UFJ銀行カードローン バンクイック
    常陽銀行カードローン キャッシュピット
    北陸銀行カードローン
    SMBCモビットSMBCモビットのバナー画像 - なし
    アイフルアイフルのバナー画像
    参照データ元
    47.3% アイカードくじらくん
    とくぎんカードローン
    宮崎太陽銀行 キャッシュフル

    ※審査通過率は2015年12月~2016年2月の過去3ヶ月の平均データ

    こう比較してみると、
    審査通過率で選ぶならアイフルである。

    もしくはアコムもおすすめだ。

    そして審査を担当する消費者金融が分かれば、
    審査にかかる時間についてもわかるようになるのだ。

    カードローンの審査にかかる時間について

    基本的に消費者金融の審査は早い。

    消費者金融自身が貸付するとなると、
    大手消費者金融で30分~1時間程度で審査は完了する

    保証会社を担当する消費者金融の審査時間一覧

    消費者金融名 審査時間
    プロミス 最短30分
    アコム 最短30分
    アイフル 公式サイトに回答なし

    しかし銀行カードローンなどの保証会社として、
    審査となると半日~2日以上かかる場合もある。

    2018年1月以降だが、
    銀行カードローンの審査時間が2日以上かかるようになった。

    銀行カードローンの即日審査が停止になった理由

    2018年1月以降だが、
    銀行カードローンは即日融資ができなくなった。

    銀行カードローンの即日融資については、
    即日融資可能なカードローンの現状と即日に借入を成功させる4つのポイント!
    の記事をご覧いただきたい

    これは銀行カードローンがの審査結果が、
    申込した日中に回答ができなくなったためだ。

    銀行カードローンが即日に審査結果が出せなくなった理由

    即日の審査ができなくなった理由としては、
    今までの銀行、保証会社の審査とは別に、

    • 預金機構機関(DICJ)
    • 他行
    • 警視庁

    へ専用回線を介し、審査を行うためだ。

    この審査の目的としては、
    「反社会的勢力への融資をしないこと」
    を目的としているとのことだ。

    預金機構機関(DICJ)について

    ちなみに預金機構機関(DICJ)だが、
    反社会的勢力に関するデータを照合、確認できる(※)。

    DICJの反社会的勢力のデータ参照に関するイメージ図

    ※引用元:DICJ 金融支援業務より

    反社会的勢力への融資は以前、
    みずほ銀行の不祥事が噂され問題となったが、
    要するに審査の厳正化を目的としていると考えられる。

    審査に要する時間は最短で翌日、
    長ければ、審査完了まで1~2週間程度かかる

    2018年1月以降の銀行カードローンの審査イメージ図

    そのため即日審査は不可能であり、
    結果、時間的に考えても即日融資はできなくなるわけだ。

    要するに今までよりも審査基準を厳しく、
    融資に対して慎重に行っていくということだ。

    また審査に関して補足しておくと、
    金融庁のレポートにもあったが、

    個人顧客への貸出等における説明や審査態勢の整備、住宅ローン、消費者ローンその他の融資サービス等について、顧客のニーズや経済状況等の実態に応じた提供が行われるよう、適切な顧客説明や審査等を行う態勢が整備されているかについて検証する。

    とのこと(※)。

    ※引用元:金融庁レポート 平成28事務年度金融行政方針(平成28年10月21日公表)

    今後はカードローンに限らず、
    銀行から借りること自体、難しくなることも予想される。

    以上のことから急ぎで借りたいなら、
    消費者金融から借りたほうが早いのは確実となった。

    ちなみに公表している時間だけでなく、
    実際に申込した友人が借りるまで早かったのはプロミスで、
    借りるまで最短1時間と非常に速かった。

    まとめ!ローンを利用する際の審査について

    審査で確認される項目は申込時の情報、
    あとは信用情報機関のデータを参照にすることは確かだ。

    これらのデータで借りれない判断できるのは、
    金融事故(※1)や他社数社から借りている(※2)などの場合であり、
    借りれるかは申込してみないとわからない。

    ※1 金融事故に関しては「金融事故を起こすとキャッシングできない…」を参照
    ※2 他社複数から借入がNGな理由は「他社で複数借入している人はカードローンの…」をご覧いただきたい

    ただ、審査における項目が分かっていれば、
    申込前にきちんと調べておく必要もあり、結果的に、
    正確な情報を入力できるため、申込不備などは回避できる。

    また審査なしではローンは利用できないため、
    審査に不安、既に借りれないとわかっている人に関しては、
    不用意に申し込みはしないほうが得策だ(※)。

    ※申込した履歴は信用情報機関の残るため

    以上、審査に関する現時点でわかっていることだ。
    また新たな情報を手に入れた更新していこう。