みずほ銀行カードローンを調査してわかった特徴と利用する前に知っておきたいこと

みずほ銀行カードローンに電話し、わからないことはみずほ銀行の店頭窓口にて調査してきた。みずほ銀行で借り入れを検討している人には是非ご覧いただきたい。

みずほ銀行カードローンのバナー画像
みずほ銀行カードローンのココがおすすめ!
  • 新金利で以前よりも利用時の金利がわかりやすくなった!
  • みずほ銀行の住宅ローンの利用で引き下げ金利が適用される
  • みずほダイレクト・通帳があればスムーズに利用可能

みずほ銀行カードローンだが金利設定が新しくなり、借り入れ時の金利がわかりやすく生まれかわった。利用額が50万円以上の場合、収入証明書の提出は必要となるが100万円以下の借り入れで金利14.0%はカードローンの中でもトップクラスの低金利設定だ。またみずほ銀行で住宅ローンを利用している人なら-0.5%の金利引き下げも可能(適用金利はご契約極度額に応じて異なる)だ。後はムリなく返済できる範囲で、計画的に利用することも大切だ。

利用限度額実質年率融資時間土日融資
10~800万円2.0~14.0%(※1)2~3日程度×
WEB契約完結電話以外の在籍確認利用対象者保証人
×20~66歳未満(※2)不要
  • ※1 適用金利は契約極度額に応じて異なる。住宅ローンの利用で本カードローンの金利を年0.5%引き下げ可。
  • ※2 安定かつ継続した収入の見込める方
スポンサーリンク
  1. みずほ銀行カードローンの金利と利用限度額について
    1. みずほ銀行カードローンの新金利と利用限度額
  2. みずほ銀行カードローンは申込した日に借り入れできる?
    1. 借り入れまでにかかるについて時間
  3. みずほ銀行に口座がない時は借りるまでどのくらいかかる?
    1. 実際に窓口に出向き口座開設してみた
  4. 200万円以上に限度額枠を増枠する方法とは
  5. みずほ銀行カードローンの在籍確認について
    1. 「キャッシュカード兼用型」でも審査(在籍確認)はある?
    2. みずほ銀行口座に通帳残高があるなら在籍確認はない?
  6. みずほ銀行カードローンの審査結果はどのように知らされるのか?
  7. カードローンを利用したことって通帳に記載される?
  8. みずほ銀行カードローンは土日でも融資してくれる?
  9. 「キャッシュカード兼用型カードローン」が超便利!
    1. キャッシュカード兼用型とカードローン専用型の特徴一覧
    2. キャッシュカード兼用型について
    3. カードローン専用型について
  10. みずほ銀行カードローンで借り入れするには
    1. 利用可能な提携ATMについて
    2. 下記ロゴマークがあるコンビニATMなどで利用可能
  11. みずほ銀行カードローンにおける返済の仕組みと注意点
    1. みずほ銀行カードローンの返済は毎月自動引落で行われる
    2. もし自動引落できなかった場合はどうなるのか?
    3. 口座に入金をせずに放置した場合はどうなるのか?
    4. みずほ銀行カードローンも自動引落以外で返済できるが任意返済扱いとなる
    5. みずほ銀行カードローンの返済は自動引落以外だと任意返済扱いになる
    6. みずほ銀行カードローンの自動融資サービスにも注意が必要
  12. 返済シミュレーション
  13. 借入額に対する金利と月々の最低返済額
    1. 最低返済額が高めなのはメリット
  14. まとめ!みずほ銀行カードローンはこんな人におすすめ!

みずほ銀行カードローンの金利と利用限度額について

2017年3月に銀行の過剰融資が問題となってから、いち早く自主規制をかけたみずほ銀行カードローンだが、2017年7月に入り、融資時の条件が正式に変更された。

以前との変更点は「金利」「利用限度額」、そして50万円以上の利用には「収入証明書」の提出が必要となったことだ。

みずほ銀行カードローンの新金利と利用限度額

利用限度額金利
10万円~100万円14.0%
100万円~200万円12.0%
200万円~300万円9.0%
300万円~400万円7.0%
400万円~500万円6.0%
500万円~600万円5.0%
600万円~800万円未満4.5%
800万円2.0%

以前と比べると利用限度額は下がったものの、上限金利は2.0%と低くなった。

しかし金利2.0%で利用できるのは、800万円借り入れした時なので現実的に考えると、金利が下がったことはあまり関係ないだろう。

ポイントとしては100万円以下の借り入れした時で、金利14.0%(下限金利)で利用できることだ。

この金利設定はカードローンの中でも、低めに設定されている。

みずほ銀行カードローンは申込した日に借り入れできる?

まず申し込みした日中の契約、借り入れはできない。

ただ少なくとも、早く借り入れするためには、既にみずほ銀行の預金口座をもっており、

  • みずほダイレクトを利用している
  • 通帳がある

のいずれかを持っていることが必要だ。

カードローン新聞管理人のみずほ銀行の通帳写真
本人確認書類
運転免許証、運転経歴証明書、パスポート(写真および住所のページ)、
各種健康保険証(被保険者および被扶養者のページ)、印鑑証明書、住民票、
在留カード、特別永住者証明書、住民基本台帳カード
収入証明書
源泉徴収票・住民税決定通知書・課税証明書・納税証明書

借り入れまでにかかるについて時間

審査が混み合っている時は審査完了まで、2~3日は時間がかかるとの回答だった。

特に3~4月、年末年始にかけては、混みあっている可能性が高く難しいとのこと。

また、審査が完了しても、カードローン専用口座開設に1日程度がかかってしまう(※)。

※キャッシュカード兼用型を選んだ場合の話で、カードローン専用型では不可

なので、申込をしてから融資を受けるまで、3~4日程度かかると考えておいたほうがよいだろう。

ちなみに混みあっていない時でも、審査、カードローン口座を開設するまで、最低でも2日~3日はかかるそうだ。

みずほ銀行に口座がない時は借りるまでどのくらいかかる?

融資時間はWEB申し込みで、同時に口座開設ができるかによるとのことだ。

また同時に口座開設ができるのは運転免許証を持っている場合のみで、所要時間は約1週間程度かかるとのことだった。

もし運転免許証を持っていない場合だと、WEB上からは口座開設はできない。

WEBで口座開設できないとなると、

  • 店頭窓口での開設
  • 郵送での手続き

のどちらかとなるため、2~3週間ほどかかってしまうそうだ。

実際に窓口に出向き口座開設してみた

ちなみに筆者は店頭窓口で口座開設をしたが、手続き開始から完了までにおおよそ一時間程度かかった。

それと口座開設の理由も聞かれたので、カードローン希望なら「個人ローンのため」と答えよう。

あと口座開設時に必要なものだが、身分証明書(筆者はパスポートを持参した)と、銀行印に使う印鑑(シャチハタ不可)でOKだった。

提出のタイミングだが申し込み後、審査結果がメールで届いた後に写真に撮り、登録用URLから登録するだけOKだ。

200万円以上に限度額枠を増枠する方法とは

もしみずほ銀行カードローンで限度額枠を200万円以上に増枠してほしい場合について聞いてみたが、増枠専用のフォームや用紙がないため、新規申し込みで申し込めばOKとのことだ。

現状の限度額が200万円の場合で100万円増枠したければ、希望限度額は300万円と選択すればOKだ。

ちなみに申し込み自体は「WEB」「電話」「郵送」「窓口」から行えるが、簡単なのはやはり「WEB」からだ。

みずほ銀行カードローンの在籍確認について

みずほ銀行カードローンの在籍確認だが、会社に電話する以外の方法では行っていないとのことだった。

会社に電話が入ることを想定し、

「クレジットカードを作った」
「銀行口座を開設した」
「ローンを組んだから」

理由は何でも良いので、電話がかかってくる事を職場に伝えておくのがよいだろう。

「キャッシュカード兼用型」でも審査(在籍確認)はある?

「キャッシュカード兼用型カードローン(※)」の場合、審査時の在籍確認はどうなっているか気になっていた。

※普段使っている銀行キャッシュカードにローン機能も付帯したもの

なぜならこの場合、みずほ銀行に口座がある状態で、勤め先の情報などを銀行側に提出しているため、改めて審査(在籍確認)はいらないのではないか?と考えたからだ。

結論から言うと在籍確認については「ある時とない時がある」という曖昧な答えだった。

これはショッピングローンなどで既にオリコ(※)を利用している場合についても聞いてみたが、同様に曖昧な答えが返ってきた。

※みずほ銀行の審査を担当するのが「オリエントコーポレーション(オリコ)」のため

みずほ銀行口座に通帳残高があるなら在籍確認はない?

ではさらに口座に残高がある場合なら、在籍確認は不要なのでは?と考え、聞いてみた。

考えとしては、みずほ銀行を利用していること、口座に残高があることから、在籍確認は不要ではないか?と。

しかしこの場合も同様に在籍確認は行われる可能性があるとのことだった。

みずほ銀行カードローンは在籍確認はあるものと考えておくほうがよいだろう。

みずほ銀行カードローンの審査結果はどのように知らされるのか?

審査に通過した時や、審査に落ちてしまった時の連絡方法だが、申込方法によって異なる。

審査結果WEB申込の場合電話申込の場合
通過した場合メール電話連絡(※)
落ちた場合メール後日郵送

※申込後に聞かれる電話番号に連絡が入る

審査に落ちた場合のことを考えると、電話申込よりもWEB申込のほうが申し込みしたことがばれるリスクは低い。

カードローンを利用したことって通帳に記載される?

みずほ銀行に問い合わせしてわかったのだが、借り入れした時はのらないが、返済履歴はのってしまうとのことだった。

なぜなら自身の普通預金口座から引き落としされるためだ。

通帳に利用歴が残らない、他に方法がないか聞いてみたが…ないと言われた。

またATMから返済したとしても、毎月の返済とは別の任意返済扱いになるため、通帳にのらないようにするのは無理ということだ。

みずほ銀行カードローンは土日でも融資してくれる?

みずほ銀行カードローンだが、残念ながら土日の融資は行っていない。

WEBからの申し込み自体は可能なのだが、審査を行っていないため、融資は不可能というわけだ。

「キャッシュカード兼用型カードローン」が超便利!

普段使っているみずほ銀行のキャッシュカードに、カードローン機能をつけることが可能だ。

これは「キャッシュカード兼用型」にするか、もしくは「カードローン専用カード型」を利用するかは申し込み時に選択することができる。

キャッシュカード兼用型とカードローン専用型の特徴一覧

 兼用型専用型
当日融資×(1週間程度)
借入他行×
コンビニ
返済他行
コンビニ
自動振替
自動融資

みずほ銀行カードローンの兼用型の場合は契約完了時に当日中の融資が可能であること、専用型の場合だと他行での借り入れができるといった点がメリットだ。

それでは各々の特徴について詳しく見ていこう。

キャッシュカード兼用型について

キャッシュカード兼用型のメリット

兼用型のメリットはカードが一枚で済むし、当日の融資も可能、「自動振替サービス」「自動融資サービス」が使える(※)ことだ。

※「自動融資サービス」を利用するには申し込みが必要

自動振替サービスカードローン口座に月々の返済分以上に残高がある時、
自動的に繰越返済してくれる
自動融資サービス利用中のみずほ銀行口座の残高不足で引き落としができない時、
自動的にカードローンから融資してくれるサービス

特に「自動融資サービス」はうっかり口座残高が足らず、公共料金やクレジットカードの引き落としがかからないのを防いでくれる。

また兼用型の場合、手持ちのキャッシングカードと交換なしに、カードローン機能が付与されるため、新たにローンカードが発行され、自宅に郵送物が届かない。

みずほ銀行カードローンに申し込みしたことがバレたくない人には、バレるリスクを軽減することができるというメリットだ。

また契約後、すぐに借り入れできるのも兼用型のみとなる(※)ので、なるべく早く借り入れを希望するなら兼用型を選ぶべきだ。

※みずほ銀行カードローンは振込サービスをしていないので、キャッシュカードは必須

キャッシュカード兼用型のデメリット

兼用型にした場合、コンビニからは借り入れはできるが、他行ATMからの借り入れができないことだ。どこでも借りたい人には向かない。

カードローン専用型について

カードローン専用型についてのメリット

兼用型とは逆にカードローン専用型の場合、他行ATMからでも借り入れ可能だ。

特に借り入れを急がない、他行のATMを利用して借り入れしたいという人は、カードローン専用型を選ぶべきだろう。

カードローン専用型についてのデリット

審査→カード発行→郵送まで、1週間以上かかるため、すぐに借り入れできないことだ。

あとカードを複数枚持ちたくない人にとっては、煩わしさを感じるぐらいだろうか。

ちなみにネットから申し込みする場合で、既に口座を持っている人が「カードローン専用型」で申し込みしたいなら、申し込み画面で「みずほ銀行口座をお持ちでない方」からの申し込みが必要だ。

みずほ銀行カードローンで借り入れするには

借り入れはみずほ銀行ATM、みずほダイレクトからみずほ銀行普通預金口座への振込可能だ。

他行への直接振込はできないため、みずほ銀行普通預金口座へ振込、そこから他行の口座へ振込すればOKだ。

もちろん、提携ATMを介しての利用も可能だ。

利用可能な提携ATMについて

みずほ銀行ATMはもちろん、利用できるコンビニほぼ全国展開しているため、どこでも借りられるため、利便性は高いといえるだろう。

下記ロゴマークがあるコンビニATMなどで利用可能

E-netのロゴ
ローソンATMのロゴ
セブン銀行のロゴ

みずほ銀行カードローンにおける返済の仕組みと注意点

みずほ銀行カードローンを利用するにあたり、事前に知っておいてほしいのが返済についてだ。

一般的にカードローンの返済というと…
  • 返済日に自動引落されるか
  • 返済期日までに金融機関の指定する口座などに振込返済
  • 提携ATMから返済する

みずほ銀行カードローンも同じく、自動引落だけでなく、提携ATMからの返済も可能だ。

しかし、みずほ銀行カードローンの場合、返済において注意しておいてほしいことがある

みずほ銀行カードローンの返済は毎月自動引落で行われる

みずほ銀行カードローンの返済だが毎月、ご自身のみずほ銀行普通預金口座より、毎月指定された日に自動引落される仕組みとなっている。

みずほ銀行カードローンの返済イメージ図

そして開設したみずほ銀行の普通預金口座より毎月10日に引き落としされる(※)。

※土日祝日などを挟む場合は休み明けの営業日に引落される

ちなみにみずほ銀行の口座がない場合、自動引落はどうなるの?と思われるかもしれない。

しかしみずほ銀行カードローン利用時には、みずほ銀行の普通預金口座の開設が必須となるため、返済に関しては心配することはない。

もし自動引落できなかった場合はどうなるのか?

自動引落される日に残高不足で引落されない場合だが、後日でも口座に入金があった日の夜間に引落される仕組みだ(※)。

しかしもし自動引落されていないとなると、延滞という扱いになってしまうのだ。

もしこの延滞扱いになると、引落できなかった翌日から遅延損害金が発生する。

自動引落できなかった場合、毎月の最低返済額に遅延損害金を上乗せした返済となる。

(毎月の最低返済額×19.9%…遅延損害金利率)+毎月の最低返済額

仮に月々の最低返済額が10,000円の場合

(10,000円×19.9%)+10,000円=11,990円

遅延損害金と合わせ、11,990円の返済が必要となるわけだ。

また延滞している時点で、カードローンの新規融資も停止される

口座に入金をせずに放置した場合はどうなるのか?

口座に入金をしなければ、引き落としはされず、延滞状態は続き、4日程経つと自宅に支払い催促のハガキが届く

また時点で延滞情報は信用情報にも登録される(※)。

※信用情報に事故扱いとして登録され、以後の借入などができなくなる可能性がある

みずほ銀行カードローンの返済において、普通預金口座の残高は引き落としできるよう確認しておくことが重要だ。

みずほ銀行カードローンも自動引落以外で返済できるが任意返済扱いとなる

みずほ銀行カードローンだが、みずほダイレクト(みずほ銀行のインターネットバンキング)、あとはコンビニなどの提携ATMから返済することも可能だ。

みずほ銀行カードローンの提携ATMから返済する時のイメージ

…が、これらの返済は任意返済扱いとなるのだ。

みずほ銀行カードローンの返済は自動引落以外だと任意返済扱いになる

みずほ銀行カードローンの返済で注意すること、それが自動引落以外の返済は任意返済になることだ。

任意返済とは何か?だが、毎月決まった返済額とは別に返済することを指す。

カードローンの返済は通常、毎月最低限の返済額、最低返済額が設定されている。

しかし、みずほ銀行カードローンの場合、自動引落以外の方法で返済した分は任意返済となるため、別途、毎月の返済は自動引落で行われるのだ。

みずほ銀行カードローンの任意返済のイメージ図

また仮に提携コンビニATMから返済しても、もし引落日に口座残高がなく、自動引落されない時は返済されていないと判断され、延滞扱いとなってしまうので注意が必要だ。

みずほ銀行カードローンの自動融資サービスにも注意が必要

みずほ銀行カードローンには、自動融資サービスというものがある。

~自動融資サービスとは~
公共料金の自動支払いやクレジットカードの決済等で、みずほ銀行の返済用普通預金口 座の残高が不足する場合に、ご利用限度額内で不足額を自動的にご融資いたします。

引用元:みずほ銀行カードローン 商品概要

残高不足でも公共料金や、クレジットカードの支払いができるのは良い。

しかし、自動融資サービスで引き落としされたことで、カードローンの自動引落時に残高不足になる可能性は否めない。

例えば、クレジットカードの引き落としだが、月末27~28日、もしくは月初めの1週目である場合が多い。

例)筆者がよく利用しているクレジットカードの返済日
クレジットカード毎月の返済日
セゾンカード毎月4日
楽天カード毎月27日

もし、みずほ銀行の口座で他の支払いもある時は残高はしっかり確認しておこう

返済シミュレーション

みずほ銀行カードローンで10万円、金利14.0%で借り入れし、毎月1万円返済した場合
返済回数元金返済額利息
1¥100,000¥10,000¥1,151
2¥91,151¥10,000¥1,049
3¥82,200¥10,000¥946
4¥73,145¥10,000¥842
5¥63,987¥10,000¥736
6¥54,723¥10,000¥630
7¥45,353¥10,000¥522
8¥35,875¥10,000¥413
9¥26,288¥10,000¥302
10¥16,590¥10,000¥191
11¥6,781¥6,859¥78
利息合計¥6,859

借入額に対する金利と月々の最低返済額

みずほ銀行カードローンだが、毎月の返済額が高めに設定されている。

みずほ銀行カードローンの利用額別最低返済額
利用額毎月の最低返済額
1万円未満利用残高全額を返済
1~50万円以下1万円
50~100万円以下2万円
100~150万円以下3万円
150~200万円以下4万円
250~300万円以下5万円

※100万円以上の借入は50万円増えるごとに返済額1万円追加

借りている額にもよるが、引き落としされる額が大きいため、 口座残高には注意しておきたいがメリットがある。

最低返済額が高めなのはメリット

最低返済額が高めであることはデメリットばかりではなく、完済するまで期間は短くなるメリットもある。

例えば、一般的に銀行カードローンで10万円借りた時の最低返済額は2,000円だ。

では、完済するまでに支払う利息合計、返済回数を返済額2,000円、返済額10,000円で完済まで返済し続けた時で比較してみよう。

金利は14.0%で計算
利用額毎月の最低返済額完済までの返済回数支払う利息合計
10万円2,000円74回49,719円
10,000円10回6,859円

なんと利息にこれだけの差が生じるのだ。つまり、毎月の返済額が多いことは、結果的に利息も大幅に減らせるメリットがあるわけだ。

みずほ銀行カードローンの場合、さらに任意返済を行うことで、より支払う利息を減らすことが可能だ。

とにかく早く返したい、利息を減らしたい人にとっては、みずほ銀行カードローンはおすすめできる。

まとめ!みずほ銀行カードローンはこんな人におすすめ!

メガバンクの中ではいち早く、過剰融資に対して行動を起こしたみずほ銀行だが、やはり対処後も以前と変わらぬ、好条件での借り入れが可能だ。

急ぎの融資は対応が難しいのが残念だが、融資まで数日かかっても大丈夫という人なら、条件的にも利用価値の大きい銀行カードローンといえる。