みずほMyWingを調査してわかった特徴と利用する前に知っておきたいこと

3
みずほMyWingのココがおすすめ!
  • みずほ銀行口座があれば、手続きは簡単!
  • 融資以外にも色々なフォローサービスがある
  • 金利は14.0%で借入可能!
  • みずほ銀行のキャッシュカードで利用できる

みずほMyWingは融資以外、お金に関する悩みやライフスタイルについてまで、複合的にフォローする新しいタイプの商品だ。初めて借入する人は100万円、大型融資には対応していないが、金利14.0%で借入できるのは他社と比較してもメリットといえる。残念ながら融資までは3日程度かかること、みずほ銀行の口座が必要となる。また利用は男女問わず利用できるが、みずほMyWing契約者の特典からすると女性にメリットが多いのは確かだ。

借入限度額実質年率最短融資時間土日融資WEB契約完結
10~200万円9.0%~14.0%最短3日×
パート・アルバイト専業主婦電話以外の在籍確認総量規制保証人
30万円×対象外不要

みずほMywingの公式サイトはこちら

みずほMyWingってどんなカードローン?

みずほMyWingは、
みずほ銀行が扱っている商品で、

  • わたし応援ローン
  • わたし応援住宅ローン

の2種類を取り扱っている。

一般的に借入する場合は、
「わたし応援ローン」を利用すると考えてもらえばOKだ。

あと公式サイトはこちらと、
女性用の融資商品かと思われるが男性でも利用可能だ。

また単に融資をするだけではない。

マネーコンサルフォンやじぶん磨きセミナーなど、
ライフスタイルまで支援するサービスを行っている一風変わった商品だ。

お金に関する悩み相談や自分磨きのセミナーに参加できる!

みずほMyWingを利用している人の特典として、
お金に関する悩み相談ができるマネーコンサルフォンや、
利用残高に応じ、プレゼントも抽選でもらえるのだ。

みずほMywingの特典(マネーコンサルフォンについて)

申込条件も難しくないので、
利用しているなら、十分に当選する可能性もある。

また自分磨きセミナーも用意されているなど、
単にお金を借りるだけではないといった、
他社の融資商品にはない、独自サービスが豊富だ。

初回融資は100万円まで

みずほMyWingだが、
初回の利用限度額は100万円までだそうだ。

もし100万円以上の融資を希望する場合は、
みずほ銀行のカードローンの利用を勧められた。

またみずほMyWingの利用限度額は、
10万円、20万円、30万円、50万円、100万円、
といった感じで一万円単位では設定されない。

ちなみにみずほMyWingの利用限度額は200万とある。

みずほMyWingの利用限度額画面

これは既に、みずほMyWingを利用している人が、
「200万円まで利用額を増額できる可能性があるよ」というだけだ。

みずほMywingに申込できる人

会社員派遣社員公務員アルバイトパート
自営業水商売専業主婦学生年金受給者
×××
  • 20~66歳未満の人で安定した収入がある人
  • 保証会社である株式会社オリエントコーポレーションの保証を受けられる人

みずほMyWingの金利について

みずほMyWingの金利は利用限度額で決められている。

ただ、初めて借入する人は100万円までとなるので、
下記表でみると、金利は14.0%だ。

利用限度額金利(年)
10~100万円未満14.0%
100~200万円未満12.0%
200万円9.0%

これは大手消費者金融や、
他のメガバンクのカードローンと比べても低めの設定だ。

会社名金利(実質年率)
みずほMywing14.0%
プロミス17.8%
アコム18.0%
三井住友銀行14.5%
三菱UFJ銀行14.6%

キャッシュカードをローンカードとして使える

みずほ銀行の口座を持っているなら、
手持ちのキャッシュカードでみずほMyWingの、
借入用のローンカードとして兼用可能だ。

これはみずほMyWingを契約すると、
キャッシュカードにカードローン機能も追加されるからだ。

要するに今使っている普通預金口座にプラス、
「カードローン専用口座」が作られるためで、
専用口座から借入するイメージだ。

借入する時はATMで「カードローン」を選択、
カードローン専用口座から借入する。

ただ返済に関しては利用している金額に応じ、
指定したみずほ銀行普通預金口座から引き落とされる。

自動貸越機能について

みずほMyWingの自動繰越機能だが、
引き出したい金額分が預金口座に入っていない場合、
カードローンから自動的に借入する機能だ。

一見、便利そうだが、
知らぬ間にカードローンを利用していた…
なんてことにもなりかねない。

みずほMyWingを利用している時は必ず、
引き出す前に預金口座の残高を確認することをおすすめする。

みずほMyWingへ申込時に必要な書類について

本人確認書類の提出が必要となるのは、
みずほ銀行の口座を持っていない人のみ必要だ。

提出する本人確認書類は、
氏名・住所・生年月日が記載されていること。

代表的な本人確認書類を紹介すると、

  • 運転免許証
  • パスポート(写真&住所が写っているページのみ)
  • 健康保険証
  • 印鑑証明書
  • 住民票

などが挙げられる。
これら本人確認書類の提出する際はコピーでOKだ。

印鑑の用意も忘れずに!

あと必要なのが「印鑑」となる。

既にみずほ銀行口座を持っているなら、
口座を開いた時の銀行印を用意しておく必要がある。

申し込みから融資までの流れについて

申込~融資まで手順だが、
申込はインターネットか店頭窓口となるが、
どちらで申込をしても融資までの流れは一緒だ。

  1. 申込(インターネット or 店頭窓口)
  2. 審査
  3. 契約完了
  4. 借入OK!

それとみずほMyWingを利用するには、
みずほ銀行の口座開設は必須だ。

また、みずほ銀行の普通預金口座の有無で、
融資までの時間も若干変わってくる。

融資までにかかる時間ってどのくらい?

みずほMyWingで融資を受けるまでの時間は、
「申込方法」と「みずほ銀行の口座の有無」で変わるとのこと。

では申込方法と口座の有無でどのくらい、
利用できるまでに時間がかかるのか?解説していこう。

みずほ銀行の口座がある場合

口座がある場合、
最も早く融資まで完了するのは、
「インターネットからの申し込み」とのこと。

ネットから申し込み後、
審査が行われるのだが、審査完了~契約まで、
全て完了し、融資されるまでは3日はかかるそうだ。

審査に無事通過し、契約完了すれば、
手持ちのみずほ銀行のキャッシュカードで借入可能だ。

みずほ銀行に口座がない場合

口座がない場合は、
店頭にて口座開設手続きを行うのがもっとも早い。

みずほ銀行の店頭に行き、口座を開設、
そのまま店頭にて、みずほMyWingに申し込みをする。

店頭手続きで全て済ませた場合で、
早くて3~4日ぐらいで融資まで完了するそうだ。

ちなみに店頭で口座開設にかかる時間だが、
筆者がみずほ銀行で口座開設した時は1時間ほどで開設できた。

みずほ銀行の窓口に行けない人が口座開設にかかる時間について

もし店頭に行けない場合は、
インターネット申込後に審査が行われ、
審査通過後に口座開設の書類を郵送でのやり取りとなり、
後日、みずほ銀行のキャッシュカードが送られてくる。

郵送での手続きとなると、
利用できるまで3週間以上、時間がかかるとのことだ。

以上のことからも、みずほMyWingの場合、
どんなに早くても融資までは3日程度かかるので、
申し込みした当日中の融資は不可能というわけだ。

みずほMyWingの審査について

融資を決める審査だが、
申込後に行われ、審査は保証会社である信販会社、
株式会社オリエントコーポレーション(以下オリコ)が担当する。

筆者の経験上だが信販会社の審査は、
消費者金融よりもやや厳しいと感じている。

しかし、みずほMywingとオリコの関係で、
融資に積極的とも判断できる情報を手に入れた。

参考にした資料だが、
オリエントコーポレーションの決算説明会資料だ。

資料の中で銀行保証事業の項目を見てもらいたい。

オリエントコーポレーション IR情報の画面

オリコの銀行保証事業が好調な理由に、
みずほ銀行の保証事業が大きく影響していることがわかるだろう。

ましてみずほMywingに関して言えば、
審査はオリエントコーポレーションに任せている。

現状でいえば銀行カードローンの中でも融資に対し、
前向きな姿勢が見受けられるカードローンといえるのではないだろうか。

ちなみにこの審査の中で、
重要項目の一つとされているのが在籍確認だ。

みずほMywingの在籍確認について

在籍確認は働いている先へ、電話で確認される。

また在籍確認の電話だが本人が不在で、
「ただいま席を外しています」といった感じでもあって、
要は在職していることがわかればよい

だが企業によっては、個人情報保護の兼ね合いで、
「お答えできません」と一切、答えてくれない場合がある。

そこで在籍の確認が取れない時
みずほMywingにどういう対応をするのか聞いてみた。

在籍確認が取れない時のみずほMyWingの対応について

本来、審査において、
電話で在籍状況を確認できない場合、
審査通過は難しく、融資してもらえないものだ。

しかし、みずほMyWingの場合、
在籍の確認が取れない場合の対処方法として、
申込した人の携帯電話に電話をかけるそうだ。

この携帯電話への連絡さえ取れれば、
「在籍確認はとれた」と判断し、審査を進めてくれるとのこと。

銀行カードローンの中でも、
上記のような対応をしてくれるところは少ないものだ。

みずほMyWingからの借入は総量規制になる?

みずほMyWingは銀行からの借入となるため、
法的に見ると総量規制(※)の対象にはなることはない。

※総量規制とは年収の3分の1以上の借入はできないという貸金業法の規制だ

しかしみずほ銀行は融資するにあたり、
融資の基準を借り手の年収の3分の1までと公表した(※)のだ。

※情報参照元:日経新聞

現状では総量規制の対象ではないものの、
借り手側からすれば、みずほMywingからの借入は、
総量規制の対象と同等扱いになるとも考えてもよいだろう。

ちなみに50万円以上の融資を希望する場合、
下記、収入証明書の提出が必要となる。

提出する収入証明書一覧(下記いずれか1点のコピーを提出)
源泉徴収票、住民税決定通知書または課税証明、納税証明書(その1・その2)

みずほMyWingの借入・返済について

借入方法について 下記方法、ATMで借入可能

  • みずほ銀行ATM
  • 提携ATM
  • 即時振替サービス(※)

店頭にてみずほMywingに申込した人に限られ、

返済方法について

  • みずほ銀行口座から引き落とし

みずほ銀行ATMや提携ATMから随時返済は可能。
毎月の返済分にあてられるわけではなく、追加返済という扱いとなる。
ATMからの随時返済の場合「カードローン」を選択し、返済。

提携ATMについて

みずほMywingの提携ATM一覧

E-netマークのあるコンビニATM(ファミリーマートなど)が利用可能

提携ATM利用手数料について

みずほ銀行提携ATM
平日 8:45~18:00左記以外の時間帯全日
無料108円~216円108円~216円

返済期日について

  • 毎月10日

借入額に対する実質年率と月々の最低返済額

利用残高借入時の実質年率最低返済額
10,000円以下14.0%前月10日時点での金額を引き落とし
100,001~200,000円14.0%10,000円
200,001~300,000円14.0%10,000円
300,001~400,000円14.0%10,000円
400,001~500,000円14.0%10,000円

最低返済額の設定は低いとはいえないが、
その分、完済までの道のりは短くなる。

無駄な利息を払いたくない、
早く借りた分を返したいという人には良いだろう。

返済シミュレーション

みずほMyWingで10万円、金利14.0%で借入した時

返済回数元金返済額利息
1¥100,000¥10,000¥1,151
2¥91,151¥10,000¥1,049
3¥82,200¥10,000¥946
4¥73,145¥10,000¥842
5¥63,987¥10,000¥736
6¥54,723¥10,000¥630
7¥45,353¥10,000¥522
8¥35,875¥10,000¥413
9¥26,288¥10,000¥302
10¥16,590¥10,000¥191
11¥6,781¥6,859¥78
利息合計¥6,859

まとめ!みずほMyWingはこんな人におすすめ!

みずほMyWingは金利やその他サービスを見ても、
利用価値は高い商品ではある。

ただし難点として、
借入できるまでに最低でも3日かかるということだ。

借入に急いでいない人で、
100万円以下の融資で十分!という人には向いているだろう。

みずほMywingの公式サイトはこちら

タイトルとURLをコピーしました