SMBCモビットの「Tカード プラス」について解説!実際に申込もしてみてわかったこと

>「Tカード プラス(SMBCモビット next)」バナー

SMBCモビットのサービスとして、
クレジットカード、ポイントカードが一体式となった、
カードとして登場したのが「Tカード プラス」です。

カードローンだけでなく、普段使いもできるので、
使い勝手の良さも魅力的な多機能型モビットカードといえます。

この記事では「Tカード プラス」について、
また「Tカード プラス」を実際に申し込みしてわかった、
申し込み時の注意点、どんな風に届くのか?など詳しく解説していきます。

スポンサーリンク

SMBCモビットの「Tカード プラス」ってどんなカード?

「Tカード プラス(SMBCモビット next)」とは、

  • SMBCモビットのカードローン
  • 三井住友カード株式会社のクレジットカード機能
  • Tカード

の3つ機能を足したカードです。

つまりこの「Tカード プラス」なら一枚で、

  • カードローン
  • クレジットカード(マスターカード)
  • Tポイントが貯めれる

便利なカードです。

またTカードはTマネーにも対応しているため、
チャージしておけば、電子マネーとして利用できるのも魅力です。

Tカード プラスの詳細
お申し込み対象満20歳以上のモビットカード会員の方
年会費永年無料
提携先(株)SMBCモビット
追加カード・電子マネー・三井住友カード iD(専用カード)
・三井住友カード iD(携帯型)
・Apple Pay
・Google Pay
・ETC専用カード
ショッピング補償年間100万円までのお買物安心保険
※一部補償の対象とならない商品・損害あり。
※海外でのご利用および国内でのリボ払い、
分割払い(3回以上)のご利用のみ対象。
ポイントサービスクレジットカード利用200円につきTポイント1ポイント付与
また、Tポイント提携先の店頭にてカード提示でポイント付与
※ポイント付与率は店舗により異なります。
利用可能枠【総利用枠】
10~80万円

【カード利用枠(カードショッピング)】
10~80万円

【リボ払い・分割払い利用枠】
0~80万円

【キャッシング利用枠】
入会時設定不可。カード発行後にお申し込み可能
お支払い方法1回払い/2回払い/ボーナス一括払い/リボ払い/分割払い
お支払日15日締め10日払い
国際ブランドMastercard

またカードデザインは2種類、好きなデザインを選ぶことができます。

>「Tカード プラス(SMBCモビット next)」の2種類のカードデザイン画像

「Tカード プラス」の申込手順について

「Tカード プラス」を申込にはまず、
モビットカード(SMBCモビット)へ申し込みが必要で、
モビットカード契約後、「Tカード プラス」の手続きを進めていきます。

「Tカード プラス」の申し込みからカード発行まで
  1. 申し込み
  2. インターネットで支払い口座を設定
  3. 審査
  4. カード発行
  5. 自宅へカードを郵送

SMBCモビットを既に利用している人の場合

すでにSMBCモビットの既契約者であれば、
会員専用サービス「Myモビ」から行うことができます

筆者はSMBCモビットと契約済みでしたので、
申し込みは「Myモビ」の新着メッセージから申込画面へと進みました。

>「Tカード プラス(SMBCモビット next)」の申込方法(2018年10月現在、既契約者の場合)

もし、SMBCモビットと契約していないのであれば、
TカードプラスとSMBCモビットを同時申し込みも可能です。

「Tカード プラス」の申し込みする時に必要な物

「Tカード プラス」に申し込む時に必要なものは2つ。

  • 金融機関の通帳やキャッシュカード(引落し口座設定のため)
  • 運転免許証または運転経歴証明書(持っている方のみ)

申し込む時に用意しておきましょう。

申し込み時に入力する必要項目について

申込には「本人情報」「勤め先」の情報を入力も必要ですが、
「Myモビ」に登録されている情報がある程度、自動で入力されます。

細かな部分の入力は必要ですが、
ほぼ内容を確認すればOKな状態なので手間は省けます

「Tカード プラス」に個人事業主が申し込む時の注意点

個人事業主の人が申し込む時ですが、
収入に関する問いで「事業所得」のみか聞かれる箇所があります。

これはカードを発行(契約)しても大丈夫なのか?
審査において、公的書類で所得等を確認するためのものです。

事業所得のみとなる場合は、
確定申告書等の提出が必要とのことですが、
もし何らか他に所得があれば、この項目は必須ではありません

この場合、チェック項目を外して申込は可能です。

>「Tカード プラス(SMBCモビット next)」に事業所得しかない個人事業主が申し込む時の条件について

SMBCモビット会員であっても審査は必要

申し込み後、届くメールを見るとわかりますが、

>「Tカード プラス(SMBCモビット next)」申込完了後に届くメールを見ると審査が必要なこともわかる

カード発行には審査が必要で、状況は随時、審査状況照会は可能です。

照会には「お申込み番号」「暗証番号」「生年月日」が必要、「お申込み番号」はメールの先頭に記載されています

>「Tカード プラス(SMBCモビット next)」の審査状況照会画面

「Tカード プラス」は最短3日で発行してもらえる

「らくらく発行」を利用することで、
最短3日でカード発行をしてもらうことが可能です。

らくらく発行を利用する条件として、
インターネットから引落し口座を設定する必要があります

もし、らくらく発行を利用しない場合は、
口座確認等の書類返送、手続きが必要となるため、
カード発行までに時間がかかってしまいます。

どちらにせよ手間も時間もかかるので「らくらく発行」を利用しましょう

また利用するためには申し込み時、
本人確認を済ませておく必要もあるため、運転免許証も必要です。

もし免許証がないない場合は後日、
本人確認書類などを提出しなければならないため、
このらくらく発行は利用できません。

もし、運転免許証がない時はどうしたらよいのか? 申込方法について解説します

運転免許証がない時の「Tカード プラス」申し込み方法

申込画面の入力必須項目には、
運転免許証の交付番号を入力する項目がありますが、
運転免許証がなくても申し込みは可能です。

運転免許証がない時ですが、免許証の交付番号入力欄で、
「あり 123456789000」と入力、後日、本人確認書類を提出します。

画像の入力例にあるように数字を入力すればOKです
Tカード プラス申込時に免許証がない時の申込方法

あとは三井住友カード株式会社から送付される、
書類の指示に従い、返送用書類と本人確認書類のコピーを返送しましょう。

送付される封筒にSMBCモビット「Tカード プラス」の記載はない

ちなみに送られてくる書類には「Tカード プラス」の記載はなく、
「カード入会に必要なお知らせ」と書かれた封筒で届きました。

Tカード プラスのカード入会に必要なお知らせ封筒

筆者も届いた時には何のカード?と困惑しましたが、
同じような封筒が送られてきたら「Tカード プラス」のものと理解しましょう。

Tカード プラスのカード入会に必要なお知らせに入っている入会申込書

必要書類を返送しなければ審査は行われず、カード発行も遅れる

本人確認書類が三井住友カード株式会社に届かなければ、
審査も行われないため、手元にカードが届くまで時間がかかってしまいます。

Tカード プラスも本人確認書類が審査には必要

必要書類返送後、審査に通った場合

必要書類返送後、審査が行われますが、
審査結果は申込時に入力したメールアドレスに届きます。

SMBCモビット「Tカード プラス」は運転免許証がない場合、書面のやりとり含め、~3週間程度かかることがわかった
審査に通過した時の審査状況照会ページの表示
SMBCモビットのTカード プラスの審査に通った時の審査状況照会画面のステータス画像

あとはカードが届くのを待つだけです。

「Tカード プラス」の審査に通り、カードが到着しました

審査に通った通知がきてから約1週間、
ようやく手元に「Tカード プラス」が入った封筒が届きました。

「Tカード プラス」のカードが同梱された封筒の写真、SMBCモビットの記載はなかった

SMBCモビットの記載は一切なく、
パッと見た感じでは「三井住友カード」としかわからない封筒。

封筒の中には「Tカード プラス」のカード、

管理人が申し込み届いた「Tカード プラス」のカード写真

あとは利用枠やマイ・ペイすリボの手数料率等が書かれた用紙、
キャンペーン情報のチラシが入っていました。

管理人の「Tカード プラス」カードの利用枠設定
管理人の「Tカード プラス」カードのマイ・ペイすリボ手数料率

「Tカード プラス」なら自宅に届いても、
三井住友カードというブランドカードが届いたと思われ、
SMBCモビットに申し込みしたことを悟られずに済むことがわかりました。

「Tカード プラス」のクレカ利用時に注意してほしいこと

クレジットカードとして利用できるのは便利ですが、
注意しておいてほしいのが支払い時の「マイ・ペイすリボ」の設定です。

これはいわば「リボ払い」の設定で、
支払い時の負担を減らすことができるのは魅力ですが、
月々の返済が楽なため、知らぬ間に使いすぎてしまう可能性があるためです。

もし「マイ・ペイすリボ」を利用する場合、
毎月いくらぐらい利用したのか、面倒ではありますが、
利用残高を確認するなど、きちんと把握しておきたいところです。

>「Tカード プラス(SMBCモビット next)」のマイ・ペイすリボの設定は申込時にも可能

まとめ

SMBCモビットの「Tカード プラス」は、

  • SMBCモビットも利用している
  • これからクレジットカードを作りたい
  • Tポイントも貯めてたい

と考えている人には利用価値大です。

クレジットカードとしてもマスターカード、
国内外問わず利用しやすいため、重宝するでしょう。

また「Tポイント」も使えるサービス、施設も多く、
今まで貯めていなかった人はチェックしてほしいポイントサービスです。

この「Tカード プラス」を利用するには、
「SMBCモビット」が利用できることが条件であるため、
SMBCモビットと契約していない場合、同時に申し込みしましょう