おきぎん(沖縄銀行)カードローン チェキット

更新日:
沖縄銀行カードローン チェキットのバナー画像

沖縄県内を営業区域とする地方銀行、沖縄銀行のカードローンがチェキットだ。申込から融資を受けるまで早くて2週間、申込はインターネットから可能だが、契約等は郵送でのやり取りが必要となる。金利に関しては100万円以下なら14.6%と消費者金融を利用するよりは低めだが、200万円以下の利用でも金利14.6%は他の銀行カードローンと比較すると見劣りしてしまうのが正直なところだ。ただ、地域密着の銀行のためか、接客や電話対応は非常に丁寧でわからないことも親切に教えてくれるなど、好感の持てる銀行ではあった。

借入限度額 金利 最短融資時間 土日融資 WEB契約完結
10~200万円 14.6% 10日程度 申込のみ可 ×
パート・アルバイト 専業主婦 電話以外の在籍確認 総量規制 保証人
× × 対象外 不要

チェキットの公式サイトはこちら

    おきぎんカードローン チェキットってどんなカードローン?

    チェキットは沖縄を中心に営業区域を持つ、
    沖縄銀行のカードローンだ。

    チェキットは沖縄銀行の営業区域内に住んでいる人なら利用できる

    以前は利用限度額が1,000万円とあったが、
    現在は現実的な利用限度額、10万円~200万円と設定されている。

    ちなみに沖縄銀行の口座がなくても利用は可能だ

    おきぎんカードローン チェキットに申込できる人

    会社員 派遣社員 公務員 アルバイト パート
    自営業 水商売 専業主婦 学生 年金受給者
    × ×

    20~70歳までの人で安定した収入がある人

    保証会社であるSMBCコンシュマーファイナンスの保証が受けられる人

    金利について

    利用限度額 金利
    ~200万円 14.6%

    注目してほしいのが利用限度額は200万円まで、
    金利は一律で14.6%ということだ。

    100~200万円借りた場合で考えると、
    14.6%という金利は他の銀行カードローンと比べても高めだ。

    メガバンクで100~200万円借りた時の金利

    利用限度額 会社名 金利
    100~200万円 三井住友銀行カードローン 年10.0%~12.0%
    三菱UFJ銀行バンクイック 10.6%~13.6%
    みずほ銀行カードローン 12.0%

    申込の時に必要な書類について

    提出可能な本人確認書類(下記いずれか一点のコピーが必要)

    • 運転免許証
    • パスポート
    • 健康保険証

    申し込みから融資までの流れが知りたい

    申し込みから融資までの流れ

    • 申込(WEB、電話、FAX、郵送)
    • 審査
    • 審査結果を電話にて回答
    • カード・申込書等が沖縄銀行から郵送される
    • 書類を沖縄銀行に返送する
    • 沖縄銀行に書類が届き手続きが行われる
    • 手続き完了
    • カードで借入可能になる

    申し込みについて

    まず申し込みだが、
    WEB(インターネット)申込からだと、
    「簡易申込み」と「通常申込み」の2種類がある。

    簡易申込みについて

    申込時に記載する項目が少ないので、
    入力が面倒だという人にはよい。

    ただし申込後、他に必要な情報は後ほど、
    沖縄銀行からかかってくる電話で答える必要がある。

    また沖縄銀行からかかってくる電話は、
    指定できるので電話をとれる時を指定しよう。

    また、電話でのやり取りは15~20分程度で終わるそうだ。

    申込時の入力の手間よりも、
    電話でやり取りが苦ではない人にはよいだろう。

    通常申込みについて

    通常申込の場合なら、
    審査に必要な項目を全て入力する必要がある。

    勤務先情報や他社借入等々、
    大体、入力に10分ほどかかるはずだ。

    通常申込の場合であれば、
    申込後に沖縄銀行から電話で伝える必要はない。

    なので、審査開始までの時間を考えると、
    通常申込みから申し込みしたほうが早いとのことだ。

    チェキットの審査について

    審査はSMBCコンシュマーファイナンスが中心に行い、
    結果ができるまでは早くても2日はかかる。

    銀行カードローンの審査時間としては一般的だが、
    問題なのが審査以降の手続きに時間がかかってしまうことだ。

    仮に審査に通ったとしても、
    チェキットが利用できるようになるまで、
    沖縄銀行と郵送での手続きが必要となるのだ。

    これは急ぎで借入したい人には非常に煩わしい。

    チェキットは即日融資可能?融資までにかかる時間は?

    まずチェキットの場合、
    申込したその日中の融資、即日融資は無理だ。

    チェキットの審査から利用開始までの流れ

    • 審査通過
    • 沖縄銀行から申込書等が送付される
    • 書類を返送
    • 手続きが沖縄銀行側で完了
    • チェキット利用開始

    お互いに郵送するまでの時間にもよるが、
    利用できるようになるまで、10日~14日程度かかる

    もし急ぎで借りたければ、
    当日中に申し込みから借入まで完了する、
    カードローンを利用したほうがよいだろう(※)。

    ※急ぎで借りたい人は即日融資可能なカードローンの特集記事をご覧いただきたい

    ちなみに沖縄銀行から送られているのは、

    • チェキット専用カード&契約書
    • 申込書&契約書&本人確認書類

    別々に2通、
    簡易書留で送られてくるそうだ。

    何でもチェキット専用カードは、
    東京のカード印刷会社から送られるため、
    やや遅れて届くそうで、14日程度かかることが多いとのこと。

    先に申込書等の書類が10日前後で届くので、
    届き次第すぐに返送すれば、手元にカードが届く頃には、
    ちょうどチェキットが利用できるようになるという話だった。

    急ぎで借りたいならチェキットフリーローンもある

    実はチェキットにはフリーローン(※)もあり、
    フリーローンであれば、最短2日で融資できるとのこと。

    ※利用限度額や金利はチェキっと変わらない。

    チェキットフリーローン

    ただフリーローンの場合、

    • 来店のみの契約
    • 最初に契約した金額のみの融資
    • 返済時に随時(上乗せ)返済できない

    となり、カードローンのように、
    利用限度額内で何度も利用はできないものだ。

    返済に関しては余裕があるからといって、
    随時返済はできないが「一部繰上返済」「全額返済」は可能だ。

    ただどちらも手数料+消費税がかかるそうで、
    返済額とは別に一部繰上返済なら5,400円(税込)、
    全額返済なら3,240円(税込)が別途必要となるそうだ。

    おきぎんカードローン チェキットの在籍確認について

    チェキットの在籍確認は絶対に必要で、
    審査の段階で勤め先に電話にて確認するとのこと。

    電話は審査担当の個人名でかけてくるそうだ。

    ただ昨今は会社側が、
    在籍を答えてくれない場合もあるので、
    電話をして確認の有無が取れない時の対応について聞いてみた。

    在籍確認が取れない時について

    もし「お答えできません」といったように、
    勤め先が在籍の確認を拒否した場合だが、まず、
    沖縄銀行からご自身宛に電話をかけるそうだ。

    そして在籍確認が取れるもの、
    例えば、直近の給与明細書(一ヶ月分 ※)をFAXで送ることで、
    在籍確認ができるケースもあるとのこと。

    ※会社名・名前・日付は記載されているものに限る

    審査次第ではあるが
    在籍確認を取る方法は模索すると言っていた。

    おきぎんカードローン チェキットの借入と返済について

    借入方法について 下記方法、ATMで借入可能

    • 沖縄銀行ATM
    • ゆうちょ銀行ATM
    • 提携ATM

    返済方法について 下記方法、ATMで返済可能

    • 口座振替タイプ…沖縄銀行普通預金口座から自動引き落とし
    • ATM・店頭入金タイプ…ゆうちょ銀行ATM、提携ATMから返済

    口座振替タイプかATM・店頭入金タイプのいずれかを選ぶ必要あり。一度決めた返済方法は後で変更できないので注意が必要

    提携ATMについて

    沖縄銀行カードローン チェキットの提携ATM

    返済期日について

    • 口座振替(自動引落の場合)…毎月7日
    • ATM・店頭入金タイプ…前月26日~7日の間(※)

    ※25日以前の返済は随時(上乗せ)返済として扱われる

    借入額に対する金利と月々の最低返済額

    利用残高 金利 最低返済額
    ~2,000円 14.6% 全額
    2,000~100,000円 14.6% 2,000円
    100,001~200,000円 14.6% 4,000円
    200,001~300,000円 14.6% 5,000円
    300,001~400,000円 14.6% 8,000円
    400,001~500,000円 14.6% 10,000円

    最低返済額は低めに設定されているので、
    毎月の返済が多くないほうが良い人には嬉しいカードローンだろう。

    ただ、上記の最低返済額で返済を続ければ、
    沖縄銀行に支払う利息はかなり大きくなることは覚えておきたい。

    できれば、以下シミュレーションのように、
    最低返済額に上乗せして返済していければ利息は減り、
    賢くチェキットを利用できると考えている。

    返済シミュレーション

    チェキットで10万円、金利14.6%で借入し、毎月1万円返済した場合

    返済回数 元金 返済額 利息
    1 ¥100,000 ¥10,000 ¥1,200
    2 ¥91,200 ¥10,000 ¥1,094
    3 ¥82,294 ¥10,000 ¥988
    4 ¥73,282 ¥10,000 ¥879
    5 ¥64,161 ¥10,000 ¥770
    6 ¥54,931 ¥10,000 ¥659
    7 ¥45,590 ¥10,000 ¥547
    8 ¥36,138 ¥10,000 ¥434
    9 ¥26,571 ¥10,000 ¥319
    10 ¥16,890 ¥10,000 ¥203
    11 ¥7,093 ¥7,178 ¥85
    利息合計 ¥7,178

    もし毎月の返済額を2,000円とした場合、
    支払う利息総額は53,631円となってしまうため、
    利用額の半分以上の利息は払うことになる。

    毎月の返済計画は個人の都合もあるだろうが、
    最低返済額に甘んじることなく、返済できればベストだろう。

    まとめ!チェキットはこんなに人におすすめ!

    融資までの時間や手間、
    借入時の金利などをみるとそこまで、
    利用価値が高いカードローンとは言えないため、
    楽天銀行など全国対応のネットバンクカードローンのほうが、
    メリットはあるかもしれない。

    ただ、普段から沖縄銀行を利用しているなら、
    返済時に自動引落できることはメリットかもしれない。

    チェキットの公式サイトはこちら