ペットローンとは?ペット購入に利用できるローンについて解説しよう

更新日:

当たり前のことだが、
犬も猫も…気に入ったコはそのコしかいない。当然の話だ。

気に入った猫ちゃんと同じ猫ちゃんにまた出会える可能性は非常に低い

出会った時に連れて帰る、
もしくはキープしておくことに間違いはない。
そのためにローンを組みたいというのはよくわかる。

ではペットをローンで買う場合、
知っておいてほしいことを解説していこう。

ペットを買う時に借りやすいローンはココ

プロミスのバナー画像

ペットをローンで買うなら、借り入れまで簡単なプロミスがおすすめだ。プロミスは30日間無利息で借りられる(※)他、24時間365日振込融資にも対応、最短60分以内の最速融資も可能だ。またアプリローンを利用すれば、スマホから契約まで可能、手軽に利用できるのも魅力だ。もしくはやや審査は厳しくなるが、ネット銀行ならではの金利条件で翌日融資も可能楽天銀行のカードローンもおすすめだ。

※メールアドレスとWEB明細の利用登録は必要

借入限度額 実質年率 最短融資時間 土日融資 WEB契約完結
1~500万円 4.5%~17.8% 最短1時間
パート・アルバイト 専業主婦 電話以外の在籍確認 総量規制 保証人
×
(申込完了後すぐ相談)
対象 不要

プロミスの公式サイトはこちら

    ペットを買う時に利用できるローンとは

    ペットショップで犬や猫を買う場合、
    決して安い買い物ではないことも確かだ。

    生後60日以内で見る、
    人気の犬種、猫種の価格相場を調査してみたところ、

    犬種 販売価格相場
    トイプードル 20~37万
    ロング・チワワ 20~38万
    柴犬 13~28万
    猫種 販売価格相場
    アメリカンショートヘア 21~28万
    ブリティッシュショートヘア 21~38万
    スコティッシュフォールド 20~28万

    ※情報参考元:ペットの専門店コジマ ペット人気ランキング 価格は前後あり

    血統書付きか否かなどなど、
    価格にバラつきがあるが決して安い買い物ではない。

    ちなみにローンを利用するとなると、

    • ペットショップが提携している信販会社のローンを利用する
    • 銀行などのペットローンを利用する
    • 他のローン(フリーローンやカードローン)を利用する

    という方法が挙げられる。

    ペットショップで扱っているローンを利用する

    ペットショップによっては、
    信販会社と提携しているところもあるので、
    提携信販会社のローンを組めるところもある。

    例えば「Coo&RIKU」の場合なら、
    (株)オリエントコーポレーションのローン(※)が用意されている。

    ※引用元:クーちゃんローンでのお支払い

    また店頭、通信販売であれば、
    クレジットカードで支払うことも可能だ。

    ただクレジットカードの場合、
    分割で支払えないところもあるので注意が必要(※)だ。

    ※クレジットカードでペットを購入する際、他にも気を付けてほしいことがある。筆者が「ペットショップでクレカを利用し買った猫がすぐに死んだ時に遭遇したトラブル体験談」もご覧いただきたい。

    銀行などのペットローンを利用して購入する

    銀行、消費者金融の中には、
    ペットローンを扱っているところもある。

    ペット購入を目的としてローンを組むため、
    いわゆる目的別ローンと言われるものに該当する

    ペット購入に利用できる銀行の目的別ローンについて

    「ペットを買う」という目的で利用するローンだ。

    ちなみにペットの購入で利用できる、
    目的別のローンを扱っているところは意外と少ない。

    よく知られるところ、
    筆者が現状で確認できたところだと、

    • スルガ銀行ペットローン
    • ペットオーナーズ(スルガ銀行グループ)
    • イオン銀行イオンアシストプラン

    といったところだ。
    では各ペットローンの特徴を見てみよう。

    ↓横スクロールで詳細情報が確認できます

    会社名 イオン銀行
    イオンアシストプラン
    公式サイト
    スルガ銀行
    ペットローン
    公式サイト
    ダイレクトワン
    ペットオーナーズ
    公式サイト
    金利(実質年率) 3.8%~13.5% 2.5%~7.5% 4.9%~17.0%
    利用限度額 30万円~700万円 1万円~800万円 1万円~50万円
    WEB完結
    融資までの時間 2日~ 2日~ 最短即日~2日
    口座の有無 必要 不要 不要
    申込可能な年齢 20歳~60歳 20歳~65歳 20歳~69歳
    学生の借入 × ×
    年金受給者の借入
    ペット購入資金
    病気治療費用
    飼育機器購入費用
    返済期日 毎月27日 毎月1日 自身で設定
    使い道を証明する物 調査中 調査中 調査中

    実はペットショップで組む、
    ローンの金利はお店によって異なり、
    分割回数によって金利は変わってくるのだが、
    一般的に36回分割払いで金利(分割手数料)は18%程度となる。

    つまり銀行のペットローンの場合、
    一般的なペットショップで組むローンより金利は低いわけだ。

    ちなみにペットショップによっては、
    金利はかからないが保障に入るための費用を、
    分割で払うパターンもあるとのこと。

    例えば、通販もしている「Coo&RIKU」の場合、
    生命保障制度(※)にかかる費用を分割で支払うことができる。

    ※詳細:生命保障制度について

    加入にかかる費用は保障期間にもよるが、
    36ヶ月保障でみてみると購入費用の35%となる。

    例えば、30万円の犬をローンで買った場合、
    金利手数料(利息)はかからない。

    ただ生命保障制度に加入するなら、
    費用を計算すると「105,000円」かかることになる。

    これを分割回数36回で支払ったとすると、
    月々2,917円の支払いとなるわけだ。

    生命保障制度に加入する人からすれば、
    金利手数料もかからず、費用も分割にできるメリットはあるだろう。

    ペットローンの代わりに他のローンを利用するのも一つ

    消費者金融や銀行のカードローン、
    銀行フリーローンを利用するのも一つだ。

    これらのローンは使い道を問われないため、
    ペットの購入資金に利用することもできるのだ。

    金利はペットローン同様に、
    銀行のカードローンやフリーローンのほうが低い。

    ただフリーローンの場合、
    融資までに時間がかかるのと審査が厳しい場合も多い。

    ちなみによく知られている、
    銀行カードローンや消費者金融の金利を見てみよう。

    会社名 金利
    三井住友銀行カードローン 年4.0%~14.5%
    三菱UFJ銀行バンクイック 1.8%~14.6%
    みずほ銀行カードローン 2.0~14.0%
    楽天銀行スーパーローン 1.9%~14.5%
    レイクアルサ 4.5%~18.0%
    プロミス 4.5%~17.8%
    アコム 3.0%~18.0%
    SMBCモビット 3.0%~18.0%
    アイフル 18.0%
    ジェイスコア 0.8%~12.0%

    ペットショップで組むローンと変わらない、
    もしくは少し金利は低いことがわかるはずだ。

    中でも筆者の経験からして消費者金融の場合、
    銀行や信販会社のペットローンより審査は厳しくないと考えている。

    ペットローンの審査は落ちやすい?審査基準について

    ペットローンは先に説明したように、

    • 信販会社
    • 銀行
    • その他(消費者金融・銀行カードローン他)

    で取り扱っている、もしくはペットローンに代り、
    使い道が自由なカードローンが利用可能だ。

    そしてこの3パターンでいうと、
    審査基準が厳しい、借りにくいのは、
    「銀行のペットローン」だ。

    銀行の取り扱うペットローン最大の特徴は、
    借入する時の金利が非常に低いことだ。

    低金利で貸すということは銀行側からしても、
    貸しても大丈夫な人かを慎重に判断、選別するため、
    その分、審査も厳しくなるというわけだ。

    ペットショップのペットローンに通らない時について

    ペットショップのペットローンに通らない、
    審査に落ちてしまい、利用できなかったという話も聞く。

    審査に落ちてしまう理由は様々ではあるが、
    以下の事由に該当していないだろうか。

    • 過去に他社のペットローンで返済を踏み倒しことがある
    • 既に数社のペットローンを利用している(年収の3分の1以上の)
    • 最近、携帯電話の支払いをし忘れたことがある
    • 申込した時の情報に虚偽の記載があった

    いかかがだろうか。これらは何か?だが、
    「金融事故」「総量規制の対象」に瓦当していないかのチェック項目だ。

    金融事故に関しては「金融事故を起こすとキャッシングはできない…」のページで、
    総量規制に関しては「総量規制の対象となる借り入れをしている場合とは」で解説している

    もし該当するようであれば、
    これらが原因でペットローンに落ちていた可能性が考えられる。

    つまり、審査基準の難易度でいうと、

    ペットローン(銀行) > ペットローン(信販会社) = 銀行カードローン > 消費者金融

    と考えることができ、
    消費者金融が一番審査に通りやすい

    ちなみに銀行のカードローンでも、
    楽天銀行のような融資に積極的なローンもある。

    カードローンならペットローンよりも借りやすく低金利な場合もある

    消費者金融や銀行カードローンなら、
    資金用途は自由なため、ペット購入資金に利用できる。

    また銀行カードローンであれば、
    ペットショップで組むローンと比べ、低金利で利用可能だ。

    ペットを買う時に選びたいカードローンについて

    使い道を問われない、
    消費者金融、銀行カードローンは沢山あるが、
    以下の条件を満たすとなるとある程度絞ることができる。

    • ローン契約までの時間が早い
    • 手続きが簡単で借りるまでの手間がかからない
    • ペットショップのローンよりも金利が低い
    • 余裕のある時に増額や一括返済が好きなようにできる

    これらの条件を満たすカードローンで、
    おすすめできるのは以下のカードローンだ。

    プロミス

    プロミスのバナー画像

    申し込みから融資されるまで最短で1時間、24時間振込に対応している金融機関の口座であれば、いつでも最短10秒で振込融資も可能。また申し込みも入力項目が少なく、簡単でわかりやすい。また貸付実績も多い(借りることができた人が多い)カードローンであるため、ペットをローンで購入する時は最適だ。またメールアドレス、WEB明細を登録しておけば、30日間無利息で借りることもできるため、短期間で返済する人にも向いているのも特徴だ。

    借入限度額 実質年率 最短融資時間 土日融資 WEB契約完結
    1~500万円 4.5%~17.8% 最短1時間
    パート・アルバイト 専業主婦 電話以外の在籍確認 総量規制 保証人

    (申込完了後すぐ相談)
    対象 不要

    プロミスの公式サイトはこちら

    レイクアルサ

    レイクアルサのバナー画像

    新しくサービスを開始したレイクアルサはとにかく融資までが早いカードローンだ。また初めて利用する人であれば、契約額が1万円~200万円までなら180日間(5万円まで借入)or30日間無利息で借りられる。もし20万円以下借りるつもりなら、180日間無利息を利用することで他社よりも利息を減らすことも可能だ。さらにスマホアプリ「e-アルサ」を利用すれば、申込~契約までかんたんに手続き可能、近くにセブン銀行があれば、アプリを使ってATMから出金できるのも使い勝手が良いカードローンだ。

    借入限度額 実質年率 最短融資時間 土日融資 WEB契約完結
    1~500万円 4.5%~18.0% 最短1時間
    パート・アルバイト 専業主婦 電話以外の在籍確認 総量規制 保証人
    × × 対象 不要

    レイクアルサ公式サイトはこちら


    なるべく金利を下げたい、
    月々の返済額を減らしたいなら、
    楽天銀行スーパーローンはおすすめの銀行カードローンだ。

    楽天銀行スーパーローン

    楽天銀行スーパーローンバナー画像

    銀行のローンは審査が厳しいのだが、楽天銀行スーパーローンは利用できたという声も多い銀行カードローンだ。金利も銀行のペットローンに迫る低さであり、口座がなくても他行の口座への振込も可能とネットバンキングならではのサービスが魅力だ。いつも楽天市場を利用している人なら楽天スーパーポイントももらえるので嬉しいだろう。

    借入限度額 実質年率 融資時間 土日融資 WEB契約完結
    最大800万円 1.9%~14.5% 2日~ ×
    パート・アルバイト 電話以外の在籍確認 借り換え 総量規制 保証人
    × - 不要

    楽天銀行スーパーローンの公式サイトはこちら

    まとめ!ペットをローンで買うなら

    ペットをローンで買うなら、
    銀行の目的別ローンが一番、低金利で利用できる。
    しかし、審査が厳しいのが現実だ。

    ローンでペットを買うのであれば、
    ペットショップで扱っている信販会社のローン、
    もしくはカードローンのほうが敷居が低いのは確かだ。

    信販会社のローンとカードローンであれば、
    金利面で吟味してほしいのだが、ネット銀行である、
    楽天銀行スーパーローン」は好条件で借りることはできる。

    「このコだ!」と思ったコと一緒に居たいなら、
    他のローンよりも利用しやすい「プロミス」が一択だろう。

    関連記事一覧