ペットをローンで買う前に見てほしい、購入時に知っておいてほしい情報を調査、解説しよう

ペットをローンで組んでも買いたい。

その動機として、出会ったペット、
犬も猫も…気に入ったコはそのコしかいない。

もし買えなければ、二度と出会えないと考え、
ローンで買うのは後悔のない選択の一つであると筆者も考えている。

気に入った猫ちゃんと同じ猫ちゃんにまた出会える可能性は非常に低い

ただし、ペットをローンで買う上で、
購入時に知っておいてほしい情報を調査、解説していこう。

ペットをローンで買う時におすすめしたいのがココ

WEB申込&初めて利用で「60日間利息0円」!

レイクアルサ(レイクALSA)のバナー画像

ペットをローンで買うならレイクALSAの60日間無利息(利息0円)で借り、ペットショップには現金で支払うのがおすすめだ。なぜなら、ペット購入後、何かトラブルがあり、返金対応を求めた時にクレジットカードやペットショップで組むローンの場合、現金払いの時と比べ、信販会社を絡めた返金処理がなかなか難しくなるからだ。またこの60日間無利息(初めての利用&WEB申込限定で利用可能)、もしくは5万円まで180日間無利息と長期間無利息で借りられるため、返済回数や返済額を調整することでペットローン(信販会社のローン)よりも利息を減らすこともできるなど、メリット&利用しやすいカードローンだ。

借入限度額実質年率最短融資時間土日融資WEB契約完結
1~500万円4.5%~18.0%最短1時間(※)
パート・アルバイト専業主婦電話以外の在籍確認総量規制保証人

(一定の収入がある人)
××対象不要

※ 21時(日曜日は18時)までの契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中に振込可能 (一部金融機関および、メンテナンス時間等を除く)

ペットを購入する時に利用できるローンとは

ペットを購入する時に利用できるローンといえば、

  • ペットショップが提携している信販会社のローンを利用する
  • 銀行などのペットローンを利用する
  • カードローンを利用する

という方法が代表的だ。

どのローンを利用するかは自由だが、
いくらぐらいローンで支払うのか?返済はどうするのか?
しっかり検討してから選ぶのが賢いローンの使い方だ。

購入する価格帯から利用するローンを考えよう

ペットショップで犬や猫を買う場合、
決して安い買い物ではないことも確かだ。

生後60日以内で見る、
人気の犬種、猫種の価格相場を調査してみたところ、

犬種販売価格相場
トイプードル20~37万
ロング・チワワ20~38万
柴犬13~28万
猫種販売価格相場
アメリカンショートヘア21~28万
ブリティッシュショートヘア21~38万
スコティッシュフォールド20~28万

↑情報参考元:ペットの専門店コジマ ペット人気ランキング 価格は前後あり

血統書付きか否かなどなど、
価格にバラつきがあるがやはり、決して安い買い物ではない。

当たり前のことではあるが、
ローンを利用する金額が大きければ大きいほど、
金利は低いほうが利息(手数料)は減らすことができる

では、各々のローンの特徴を見ていこう。

ペットショップで扱っているローンを利用した場合

ペットショップによっては、
信販会社と提携しているところもあり、
提携信販会社のローンを組めるところもある。

例えば「Coo&RIKU」の場合なら、
(株)オリエントコーポレーションのローン(※)が用意されている。

ペットショップで組む、
ローンの金利はお店によって異なり、
分割回数によって金利は変わる。

一般的に36回分割払いで金利(分割手数料)は18%程度となる。

ペットショップによっては無金利でローンを組める場合もある

ちなみにペットショップによっては、
金利はかからないが保障に入るための費用を、
分割で払うパターンもあるとのこと。

例えば、通販もしている「Coo&RIKU」の場合、
生命保障制度(※)にかかる費用を分割で支払うことができる。

※詳細→ Coo&RIKU 生命保障制度について

加入にかかる費用は保障期間にもよるが、
36ヶ月保障でみてみると購入費用の35%となる。

例えば、30万円の犬をローンで買った場合、
金利手数料(利息)はかからない。

ただ生命保障制度に加入するなら、
費用を計算すると「105,000円」かかることになる。

これを分割回数36回で支払ったとすると、
月々2,917円の支払いとなるわけだ。

生命保障制度に加入する人からすれば、
金利手数料もかからず、費用も分割にできるメリットはあるだろう。

途中で増額返済はできない、一括返済しても利息はそこまで減らない

ペットショップで組むローンは、
ショッピングクレジット(ローン)と呼ばれるもので、
返済途中で早く完済したいからといって、増額返済はできない

また返済途中で一括返済したとしても、
契約時に提示された利息(手数料)を大きく減らすこともできない

つまり、購入時に提示された、
価格は支払うものと考えておく必要があるわけだ。

クレジットカードで支払うことも可能、ただ利用できない場合もある

また店頭、通信販売であれば、
クレジットカードで支払うことも可能だ。

ただ、クレジットカードの場合、
分割で支払えないところもあるので注意が必要だ。

またクレジットカードでペットを購入する際、他にも気を付けてほしいこともある。筆者がペットショップでクレカを利用し猫を買ったものの、すぐに死亡してしまった体験をご覧いただきたい。

銀行などのペットローンを利用して購入する場合

銀行の中にはペットローンを扱っているところもある。

ペット購入を目的としてローンを組むため、
いわゆる、目的別ローンと言われるものに該当するローンだ。

ペット購入に利用できる銀行の目的別ローンについて

「ペットを買う」という目的で利用するローンだ。

ちなみにペットの購入で利用できる、
目的別のローンを扱っているところは意外と少ない。

よく知られるところ、
筆者が現状で把握している銀行で言えば、

  • スルガ銀行ペットローン
  • ペットオーナーズ(スルガ銀行グループ)
  • イオン銀行イオンアシストプラン

といったところだ。
では各ペットローンの特徴を見てみよう。

会社名イオン銀行
イオンアシストプラン
公式サイト
スルガ銀行
ペットローン
公式サイト
ダイレクトワン
ペットオーナーズ
公式サイト
金利(実質年率)3.8%~13.5%2.5%~7.5%4.9%~17.0%
利用限度額10万円~700万円1~800万円1万円~50万円
WEB完結
融資までの時間2日~2日~最短即日~2日
口座の有無必要不要不要
申込可能な年齢20歳~60歳20歳~65歳20歳~69歳
学生の借入××
年金受給者の借入
ペット購入資金
病気治療費用
飼育機器購入費用
返済期日毎月27日毎月1日自身で設定
使い道を証明する物
ローンの支払い形式
特になし
契約時には
事務手数料2,700円必要
ペット購入後、
ペットショップに
スルガ銀行から一括払い
資金使途証明資料…
見積書、請求書、
パンフレット等必要

つまり、銀行のペットローンのほうが、
一般的なペットショップで組むローンより金利は低い

もし購入する金額が高い場合、
例えば、40万円以上の支払いをローンで考えているなら、
この銀行のペットローンを利用できるのが望ましい。

ただ難点として、低金利でローンを組める分、
ローンの審査は厳正であり、審査には通りにくくなる

ちなみに銀行であれば、
ペットローンにも利用でき、
低金利で借りることができるフリーローンもある。

しかし、このフリーローンも、
審査が厳しく、融資までに時間もかかる

銀行のペットローンを利用するなら、
他にローンを組んでいない、正社員(特に公務員など)等、
条件が揃っていなければ、利用できない可能性があるローンだ。

ペットローンの代わりに他のローンを利用するのも一つ

消費者金融や銀行のカードローンを利用するのも一つだ。

消費者金融や銀行カードローンなら、
資金用途は自由なため、ペット購入資金に利用できる

金利はペットショップのローンとは同じくらい、
銀行の目的別ローンと比べるとやや高めにはなる。

では、よく知られている、
銀行カードローンや消費者金融の金利を見てみよう。

ペットショップで組むローンと変わらない、
もしくは少し金利が低い借入先もあることがわかるはずだ。

またカードローンであれば、
ペットショップで組むローンと比べ、
返済額の調整などで結果、低金利で利用することも可能だ。

ペットローンの審査は通りやすいのか?まずは審査基準を知ろう

ペットローンは先に説明したように、

  • 信販会社
  • 銀行
  • その他(消費者金融・銀行カードローン他)

で取り扱っている、もしくはペットローンに代り、
使い道が自由なカードローンが利用可能だ。

そしてこの3パターンでいうと、
審査基準が厳しい、借りにくいのは、
「銀行のペットローン」だ。

銀行の取り扱うペットローン最大の特徴は、
借入する時の金利が非常に低いことだ。

低金利で貸すということは銀行側からしても、
貸しても大丈夫な人かを慎重に判断、選別するため、
その分、審査も厳しくなるというわけだ。

つまり、審査基準の難易度でいうと、

ペットローン(銀行) > 銀行カードローン > ペットローン(信販会社) > 消費者金融

と考えることができ、
消費者金融が一番審査に通りやすいと体感している。

審査については筆者の経験から消費者金融のほうが、
銀行や信販会社のペットローンより審査は通りやすいと考えている。

ペットショップのペットローンに通らない時について

ペットショップのペットローンに通らない、
審査に落ちてしまい、利用できなかったという話も聞く。

審査に落ちてしまう理由は様々ではあるが、
以下の事由に該当していないだろうか。

  • 過去に他社のペットローンで返済を踏み倒しことがある
  • 既に数社のペットローンを利用している(年収の3分の1以上の)
  • 最近、携帯電話の支払いをし忘れたことがある
  • 申込した時の情報に虚偽の記載があった

いかかがだろうか。これらは何か?だが、
「金融事故」「総量規制の対象」に瓦当していないかのチェック項目だ。

金融事故については「金融事故を起こすとキャッシングはできない…」、総量規制は「総量規制の対象となる借り入れをしている場合とは」をご覧いただきたい。

もし該当するようであれば、
これらが原因でペットローンに落ちていた可能性が考えられる。

まとめ!ペットをローンで買うなら

ペットをローンで買うなら、
銀行の目的別ローンが最も低金利で利用できる
しかし、審査が厳しく利用しにくい(審査落ちする)のが現実だ。

ローンでペットを買うのであれば、
ペットショップで扱っている信販会社のローン、
もしくはカードローンのほうが敷居が低く利用しやすいのは確かだ。

あとは途中で上乗せ返済(増額返済)や、
一括で返済したいと考えているのであれば、
カードローンを利用したほうが利息も減らすことができる

もし上乗せ返済や一括返済を考えているなら、
カードローンからチョイスすることをおすすめしたい。

ペットを買う時に選びたいカードローンについて

では使い道を問われない、
消費者金融、銀行カードローンの中で、
以下の条件を満たすとなると、おすすめできるところは絞られる。

  • ローン契約までの時間が早い
  • 手続きが簡単で借りるまでの手間がかからない
  • ペットショップのローンよりも金利が低い
  • 余裕のある時に増額や一括返済が好きなようにできる

これらの条件を満たすカードローンで、
おすすめできるのは以下のカードローンだ。

レイクアルサ

レイクアルサのバナー画像

レイクアルサはとにかく融資までが早い。また初めて利用する人であれば、契約額が1万円~200万円までなら180日間(5万円まで借入)or 60日間無利息(WEB申込限定)で借りられる。この無利息は利用額と返済回数によってはかなり低金利で利用できる。詳しくは「レイクALSA(レイクアルサ)を調査してわかった特徴と利用する前に知っておきたいこと」で解説しているので、併せてご覧いただきたい。

借入限度額実質年率最短融資時間土日融資WEB契約完結
1~500万円4.5%~18.0%最短1時間
パート・アルバイト専業主婦電話以外の在籍確認総量規制保証人
××対象不要

金利を下げたい、月々の返済額を減らしたいなら、当サイトでも利用できた人が多い銀行カードローン、楽天銀行スーパーローンがおすすめだ。

楽天銀行スーパーローン

楽天銀行スーパーローンバナー画像

銀行のローンは審査が厳しいのだが、楽天銀行スーパーローンは当サイトでも利用できたという声も多い銀行カードローンだ。金利も銀行のペットローンに迫る設定であり、返済額の増額、一括返済を組み合わせて利用すれば、大幅な利息の軽減も可能だ。また口座がなくても他行の口座への振込も可能とネットバンキングならではの魅力。ちなみにいつも楽天市場を利用している人なら楽天スーパーポイントも付与されるのも嬉しい点だ。

借入限度額実質年率融資時間土日融資WEB契約完結
最大800万円1.9%~14.5%2日~×
パート・アルバイト電話以外の在籍確認借り換え総量規制保証人
×不要
タイトルとURLをコピーしました