プロミスの在籍確認について筆者と友人2名で申し込みした経験から詳しく解説!

プロミスの在籍確認は電話以外の方法でも可能なのか?申し込みした経験から詳しく解説しよう

プロミスは在籍確認自体ありますが、電話以外の方法でも在籍確認をしてくれる場合もあります。

筆者もプロミスに申し込みした際、勤め先に電話以外の方法で在籍を確認できないか相談しましたが、この時、電話以外の方法で在籍確認を取ることができました。

また筆者の同僚二人がプロミスに申し込みした時に、在籍確認の経験も踏まえて解説しています。

この記事ではプロミスの在籍確認について、電話以外の方法で在籍確認を考えている人に必要な情報をまとめていますので、ぜひ、最後までご覧になってみてください。

スポンサーリンク

プロミスの在籍確認はどんな感じで電話がかかってくる?

プロミスからかかってくる在籍確認の電話は「プロミス」の名をかたらず、個人名でかけてくるため、電話に出た人はプロミスからかかってきたとはわかりません。

実は筆者も勤め先の同僚(佐々木さん)に「プロミスからの在籍確認の電話にでてほしい」と頼まれたことがあった。

失礼いたします。○○と申しますが、佐々木さんはいらっしゃいますか?

佐々木は席を外しております。失礼ですがどちらさまでしょうか?

プロミス<br>スタッフ
プロミス
スタッフ

「個人的に用があっただけなのであらためます」

と言われ、電話を切られました。筆者は在籍確認の電話であることを事前に知らされていたため、何も不審に思うこともありませんでした。

しかし、電話に出た人によってはこの在籍確認の電話は不審に思うかもしれないと感じました。

ちなみにこの時、同僚の佐々木さんだがプロミスで無事、借り入れすることができました。つまり、筆者の対応で在籍確認は問題なかったわけです。

プロミスの在籍確認は在籍していることが分かればクリアできる

筆者の対応として、プロミスからの問いかけに対し「席をはずしている」と返答したわけですが、これで在籍は確認できます。

席を外している=在籍しているが「今は不在」

ということがわかったためです。

つまり、申し込みした本人が電話に出られなくても、在籍していることがわかる答えを勤め先の人が伝えてくれれば、プロミスの在籍確認はクリアできます。

プロミスの在籍確認に失敗するケースはどんな時?

電話に出た勤め先の人の返答次第では、プロミスの在籍確認に失敗してしまうリスクもあります。

では、プロミスの在籍確認に失敗するケースを再現してみましょう。

プロミス<br>スタッフ
プロミス
スタッフ

「田中と言いますが○○さんはいらっしゃいますか?」

勤め先<br>電話受付
勤め先
電話受付

「申し訳ございません、どちら(会社)さまでしょうか?」

プロミス<br>スタッフ
プロミス
スタッフ

失礼しました。またあらためます。

上記のやり取りであれば、在籍しているのか?という問いかけに対し、プロミス側は在籍の確認は取れていません。なぜなら、

  • 席を外している
  • 少々お待ちください

といった在籍していることを匂わせる返答がなかったためです。

つまり、在籍している有無を確認できないため、在籍確認を取ることができないからです。

ただ、勤め先への電話で在籍確認が取れないからといって、即審査に落とすわけではないとプロミスのスタッフは言っていました。

もし在籍確認が取れなかった場合、申込者に連絡を入れ、今度どのように在籍を確認するか?相談する形を取るとのことです。

プロミスからの在籍確認の電話を勤め先で疑われないために

在籍確認の電話はできれば、スムーズに済ませておきたいところ。

ポイントはいかに勤め先の人に疑われず、ご自身が勤め先に在籍していることを伝えてもらえるかです。

そこで必要となるが「疑われないための言い訳」です。

プロミスからかかってくる電話を疑われない言い訳例

  1. 自分宛に電話がかかってくる旨だけを伝える
  2. 理由を聞かれたら「クレジットカードを作ったから」と伝える

このように伝えておけば、勤務先の人に不審に思われ、詮索されることもないでしょう。

なぜなら、クレジットカードを作る機会も多いためです。

例えば、AmazonやYahooといったショッピングサイトでもクレジットカードを作れば、お得に買い物もできるキャンペーンを実施しています。

つまり、クレジットカードを作ることは、実に自然な「よくある話」といえるでしょう。

とにかく重要なのはプロミスからの電話を不審な電話と思われないこと。

ただ、どうしても電話での在籍確認が難しい場合もあるかもしれません。

電話での在籍確認が困難な場合、プロミスでは電話なしで在籍確認を依頼する方法もあることをお伝えしましょう。

プロミスの在籍確認を電話なしで行う方法とは

基本的に在籍確認は勤め先に電話がかかってくるのが一般的ですが、プロミスの場合、勤め先への電話なしで在籍確認を行う方法があります

プロミスで電話なしに在籍確認を行ってもらうには?

  1. インターネット申込
  2. 申込完了後、すぐにプロミスへ電話(プロミスコール:0120-24-0365)

なぜ申し込み完了後、すぐにプロミスへ連絡しなければならないのか?理由は以下の通りです。

電話がなければ自動的に在籍確認の審査に進んでしまうため

プロミスは審査が早いため、在籍確認が行われるまで時間もかかりません。

そのため、電話連絡以外の方法で在籍確認をしてほしいと伝えておかなければ、電話で在籍確認が行われてしまうためです。

申込後に届くプロミスからのメールが届かない時があるため

申込完了メールが届いても良いのでは?と思うかもしれませんが、必ずメールが届くとは限りません

例えば、迷惑メールで受け取れない、メールアドレスが間違っていれば、申込完了メールが届かない場合もあります。

メールが届くのを待っている間に電話で在籍確認が行われてしまう可能性があるためです。

時間帯によっては電話が繋がりにくいことがあるため

プロミスに電話をしてオペレーターに在籍確認について伝える必要がありますが、混みあっているとなかなかオペレーターに繋がらない時があるため、早めに行動しておきたいところ。

ちなみに連絡する電話番号だが「プロミスコール」へ、自動案内される「初めてのお申し込み(1番)」にかけましょう。

なぜなら1番であれば、22時まで受け付けているためです。

プロミスコールの「1番」以外は18時までの電話対応となります。

プロミスに電話なしで在籍確認をお願いする時の伝え方

プロミスへ電話以外の方法で在籍確認を依頼すると連絡した時の伝え方だが、単に「電話をかけてほしくない」と伝えるのではなく、

「会社が個人情報にうるさくて答えてくれない」

と言えば詮索されずに済みます。

これは個人情報絡みの理由であれば、電話での在籍確認が難しいことはプロミスも理解しているためです。

あとは電話以外の方法で在籍確認を行うためにはどうしたらよいのか?プロミススタッフの指示に従いましょう。

電話なしで在籍確認は行った場合、何が必要なのか

プロミスの在籍確認を電話以外の方法お願いした場合、勤め先に「在籍していることを証明できる書類」等を提出する必要があります。

在籍を証明できる書類はケースバイケースとのこと。

ちなみに筆者がプロミスに申し込みした際、在籍を確認できるものとして提出したのが「給与明細書」でした。

プロミスの在籍確認の電話にかわり、在籍を確認するために提出した給料明細書は「勤め先の会社名が確認できること」「エクセルなど改変できない書面であること」であれば大丈夫だった
提出した給与明細書はどのようなものか?プロミスから指示がある

提出した給与明細書は申し込みした前月分と前々月分、「賞与もあれば一緒に」との話でしたが、用意できないことを伝えると「2ヶ月分の給与明細書のみ」の提出で在籍確認を取ってもらうことができました。

審査によっては在籍確認を書類で行えない場合もある

プロミスですが書類で在籍確認ができない場合もあります。

それは審査によっては電話での在籍確認が必須と判断される時があるためです。

友人2名がプロミスに申し込みした時、在籍確認の対応は異なった

友人の一人は書類で在籍確認は取れましたが、もう一人は書類での在籍確認は不可能だったため、電話での在籍確認を促されました

どうして在籍確認が異なったのか?書類で対応してもらえなかったか?筆者なりに検証してみました。

  • 書類での審査が可能だった友人
    →正社員
  • 書類では不可、電話での確認が必要だった友人
    →派遣社員

といった違いが大きかったのでは?と考えています。

正社員の友人は転職してから3年ほど経っており、他社消費者金融からの借り入れをしており、10万円ほど利用していました。

派遣社員の友人は働き始めて約8か月、他社からの借り入れはなく、今回のプロミスが初めての借り入れでした。

このことから考え得るに、正社員と派遣社員という違いはありますが、勤続年数自体も短かったことが電話での在籍確認が必要だったと考えました。

プロミスから在籍確認以外で電話がかかってくる時って?

在籍確認の電話以外で、プロミスから勤め先へ電話がかかってくるケースは以下の場合です。

  • 申込後、申込したかの確認でかかってくる
  • 支払いの延滞などした場合

つまり、特に問題なく借り入れ、返済をしていれば、プロミスから電話はかかってくることはありません。

まとめ

プロミスの在籍確認は基本的に電話で行われますが、電話での確認が難しい場合、審査次第となりますが、電話以外の方法で在籍確認も対応してくれる可能性はあります。

電話での在籍確認が不安な人であれば、申し込み後、プロミスに相談しましょう。

また、電話に代わる在籍を確認する書類について、プロミスに問い合わせしましたが断定はできないとのこと。

しかし、在籍確認の代わり用意するものは難しい物ではないため、安心してほしいとのことでした。

在籍確認の電話が勤め先にかかってくるのが困る、嫌だと言う人は電話以外の方法も是非、検討してみましょう。

筆者も実際に申し込みした時、また後日、電話調査をした時も親切に対応、応対してくれました。プロミススタッフの対応の良さは非常に好印象でした。ちなみにプロミスの特徴については以下の記事も併せてご覧になってみてください。