プロミスの特徴(審査・即日融資・金利・在籍確認など)を申し込みした体験から解説しよう

プロミスは大手消費者金融であり、
金利、サービス面を見てもトップクラスのスペックを誇るキャッシングだ。

借入時の不安を解消してくれる、
サービスも提供していることから当サイトでも申込者数が多い。

特にカードレスでキャッシングできることや、
融資までの時間の速さは他社と比べても秀でているといえるだろう。

プロミスのバナー画像
プロミスのココがおすすめ
  • WEB完結ならカードレスでキャッシング可能
  • 在籍確認の電話連絡なしで借入可能
  • 最短1時間融資が可能!
  • 30日間無利息キャッシングができる
  • アプリローンの利用でスマホから申し込み、借入・返済も可能
  • WEB申込&返済を口フリ(口座振替)にすれば郵送物なし

最短1時間で融資というスピードキャッシングが可能なプロミス。30日間の無利息キャッシングも可能(メールアドレスとWEB明細の利用登録は必要)とサービス面でも非常におすすめのキャッシングだ。さらに新サービス「WEB完結」を利用すれば、カードレスで借入可能(対象金融機関は200行以上)、さらに土日も借入可能、そしてアプリローンならスマホからの申込だけでなく、借入・返済可能といつでも借りたい時に借りれるのも嬉しい点である。

借入限度額実質年率最短融資時間土日融資WEB契約完結
1~500万円4.5%~17.8%最短1時間
パート・アルバイト専業主婦電話以外の在籍確認総量規制保証人
×
(申込完了後すぐ相談)
対象不要
スポンサーリンク

プロミスに申込できる人

会社員派遣社員公務員アルバイト・パート外国人
自営業水商売専業主婦学生年金受給者
××
  • 学生の場合、 20歳以上でアルバイトなど収入がある場合に限る
  • 20~69歳までの人で安定した収入がある人
  • 外国籍の方は「在留カード」「特別永住者証明書」いずれかが必要

プロミスで借入する時に必要な物

本人確認書類

プロミスの申込に必要な本人確認書類一覧

上記提出書類に記載されている住所が現住所と異なる場合は「納税証明書」「社会保険料、公共料金の領収書」などが必要

収入証明書の提出が必要な場合

利用限度額が50万円を超える、
もしくは他社(消費者金融や信販会社)からすでに、
100万円以上の借入をしている場合、下記書類の提出が必要となる。

収入証明書として認められる書類一覧
源泉徴収票、確定申告書、給与明細書(直近2ヶ月分&1年分の賞与明細書 ※)

※賞与がない場合は給与明細書2ヶ月分でOK

プロミスのWEB完結なら「カードレスキャッシング」が可能!

「WEB完結」サービスを利用することで、
カードレスキャッシングに対応してくれるようになった。

カードレスでプロミスを利用できれば、
全てインターネット上から借入や返済ができるので、
カードをなくして利用できなくなる心配もない。

また、カードを人に見られ、
プロミスを利用していることも知られる心配も無用だ。

プロミスのWEB完結を利用するには

  • WEBから申込をする
  • 返済を「口フリ(口座振替)」を選択する

口座振替に対応する金融機関は、
以下の金融機関(※)などを利用していることが条件となる。

※利用可能な金融機関は200行以上あり

口座振替に対応している金融機関
三井住友銀行、三菱UFJ銀行、みずほ銀行、ゆうちょ銀行、セブン銀行、その他(※)

またWEB完結であれば、
一般的に契約後に送られてくる郵送物もなしだ。

WEB完結の申込方法について

WEB完結の手続きはかんたんで、
下記画面で契約方法を「WEB」を選択、

WEB完結申込画面

書面の受取方法を、
「Web明細」で受け取りを選択すればよい

>WEB完結申込画面のWEB明細に関する画面

申込完了後、プロミスの審査が行われる。

そして審査完了後、
カード発行の有無について聞かれるので、
「無」と答えればOKだ。

これでWEB完結の手続きは完了だ。

インターネット申込からカードを発行することも可能

プロミスのカードを発行する場合、
新規申込の場合であれば申込画面の項目で、
ご希望の契約方法を「来店」を選べばOKだ。

プロミスの申込入力画面

WEB完結で申込してもプロミスはカード発行が可能

カードレスに魅力を感じていたものの、
やはりカードが必要と感じる時もあるだろう。

「カードレス契約した後でもカード発行は可能か?」

プロミスに聞いてみたところ、
「普通に発行できますよ」とのことだった。

手順は一般的なカード再発行の方法と一緒だ。

まずはプロミスに連絡し、
カード(ローン専用カード)の発行を依頼する。

カードの受取方法は2パターン、

  • 自動契約機での発行
  • 郵送でカードを送ってもらう

いずれかを選べばOKだ。

また、カードの磁気不良、
紛失してしまった場合も再発行は可能だ。

ちなみに筆者は自動契約機で、
プロミスのカードを再発行をしたことがある。

プロミスのカードを紛失したので再発行してみた

カードの再発行を希望する場合は、
プロミスフリーコール(0120-24-0366)に連絡し、
カードを再発行してほしいと伝えることが必要となる。

筆者は既にプロミスと契約しており、
カードを紛失したのでプロミスに再発行を依頼、
受け取りは三井住友銀行ローン契約機で行った。

プロミスの自動契約機でカードを発行してもらった

プロミスのカード再発行に手数料はかからない

筆者はカードを紛失したので、
いわば自己責任だったのだが再発行に際し、
再発行の手数料は一切かからなかった。

つまり、カード発行において、
発行する手間以外、かからないというわけだ。

カードを再発行依頼するとサービスの利用は停止になる

カード再発行時の注意点として、
今まで利用していたカードは利用停止になる(※)ため、
このことは了承の上で手続きしてほしいと言われた。

※発行するまでは現在利用している会員サービスも利用停止となる

またもしカードを紛失、再発行しない場合でも、
必ずプロミスには連絡を入れ、利用停止にはしてもらおう。

プロミスは自動契約機ですぐにカードを発行できた

プロミスのカード発行は郵送か、
もしくは自動契約機でとのことだったので、
自宅近くの三井住友銀行ローン契約機(※)で発行してきた。

※プロミスの申込はできないがカード発行(契約)手続きなら可能

利用できる自動契約機に関しては、
公式サイトの店舗・ATM検索をご覧いただきたい。

ちなみに新規契約した場合で、
自動契約機でカード発行する方法も同じなので、
以下の手順は参考になるはずだ。

プロミスのカード発行にいる必要書類

必要な物は運転免許証など、
顔写真と住所を確認できるものだけが必要だ。

プロミスのカード発行時に必要な本人確認書類一覧

もし新規契約時、
50万円を超える借入を希望する場合、
収入証明書(※)も持参しておこう。

※源泉徴収票や直近2ヶ月分の給与明細書など

筆者はパスポートを手に、
三井住友銀行ローン契約機に向かった。

自動契約機におけるカード発行の手順について

筆者はまず近くの三井住友銀行に向かい、
ローン契約機を利用、契約機の画面で、

プロミスの自動契約機の写真

プロミスのボタンを選択、
「既に当社とのお取引あり」を選択、

プロミス 自動契約機の申込画面

カードの持参は「いいえ」と選択、

プロミス 自動契約機のカード所持確認画面

手続きを進めていった。

画面を進んでいくと、
まずは名前と生年月日を入力していく。
すると備え付けの連絡用受話器を取るように指示された。

受話器からプロミスのスタッフに、
本人確認のため、名前、生年月日を伝える。

あとは本人確認書類を、
自動契約機にて読み取るよう指示された。

自動契約機にて本人確認書類を提出する

受話器を置き、画面を操作、
個人情報や信用情報の取り扱いについて同意、
あとは指示どおり、機器に本人確認の情報を読み込ませた。

プロミス 自動契約機でパスポートを提出

あとはパスワードを入力(※)、
カード発行の処理が完了するのを待った。

※契約時に設定した4桁のパスワードを入力が必要

ちなみに手続きを開始し、
カード発行までにかかった時間は15分ほどで完了した。

プロミスのカードを発行した写真

またカード発行であれば、
プロミスの自動契約機だけでなく、
三井住友銀行ローン契約機でも可能なので、
発行する場所は思いのほかあるはずだ。

あとは三井住友銀行のローン契約機は、
ローン契約時に利用するところであるため、
誰かに見られると困る…という人は避けたほうがよいかもしれない。

とにかくプロミスのカード発行は、
かなり簡単でスピーディーに行えってくれたため、
煩わしさを感じることもなかった。

プロミスの在籍確認はどのように行われるのか?

プロミスの在籍確認だが、
申込完了メールが届いて行われる審査の中で行われる。

そして在籍確認の電話がかかってくるタイミングは、
申込完了メールが届いてから、おおよそ1時間以内に勤め先へかかってくる

実際、筆者が申し込みした時も申し込み後、1時間以内にかかってきた経験がある。

つまり、申込完了メールが届いたら、
在籍確認の電話がかかってくると考えておこう。

プロミスの在籍確認についての図解

ちなみにプロミスの在籍確認の電話だが、
いきなり職場にかかってくることはない(※)。

※在籍確認の電話をかける前にまずはプロミスから申込者に電話が入る

ちなみにプロミスの在籍確認は電話なしでも対応してくれる時がある。詳しくは以下、記事をご覧いただきたい。

プロミスなら最短1時間で即日融資が可能!

プロミスは即日融資が可能、
申込から融資まで最短1時間で借入可能だ。

まずは申込後、審査が行われる。

審査は受付順に行う(※)ため、
必ず1時間で融資できるわけではないとのことだ。

※申込するタイミングによるが最短で30分審査は可能とのこと

しかし融資までの時間短縮にかなり力を入れているそうで、
できる限り早く融資をできるように心がけているとの回答だった。

ちなみに友人がプロミスで申込し、
融資までかかった時間は1時間弱だった。

タイミングと審査次第だが、
十分に1時間以内に融資してもらえる可能性はあるだろう。

最短融資を1時間で成功させるためには

最短融資を1時間で成功させるためには、
深夜~早朝にかけて申込することだ。

そこでポイントとなるのが審査完了までの時間だ

なぜなら、申込された順に審査を行うだからだ。

審査は申込順で行われることから考えると、
できるだけ早い時間に申込しておく必要がある。

そこでおすすめなのがWEB申込とのこと。

WEB申込なら24時間申込できるため、
前日の夜~深夜に申込を済ませておくことも可能だ。

それか遅くても、当日~10時までといった感じで、
午前中のできるだけ早い時間に申込してほしいと言っていた。

「瞬フリ(振込キャッシング)」なら24時間365日即日に振込融資も可能

実はプロミスの会員ページから、
いつでも振込融資できる「瞬フリ」サービスを利用すれば、
14時というタイムリミットを気にせず、借入可能だ。

この「瞬フリ」で利用できる金融機関は、
24時間振込可能な金融機関&口座をプロミスに登録すればOKだ。

プロミスで24時間365日振込可能な代表的な金融機関

  • 三井住友銀行
  • ジャパンネット銀行
  • 三菱UFJ銀行
  • ゆうちょ銀行

上記金融機関であれば受付完了後、
最短10秒で振込が完了してくれるので心強い。

また、他の金融機関であっても、
モアタイムシステムに参加していれば、
24時間365日振込融資は可能ではあるが、
振込完了までの時間は金融機関によって異なるそうだ。

モアタイムシステムに参加していない金融機関への振込はどうなる?

モアタイムシステムに参加していない、
金融機関の場合であれば、従来通りの振込スケジュールとなる。

つまり一般的に営業時間が15時なので、
余裕を見て、14時前には契約を完了させておくこと、
同時に振込手続きも完了させておく必要があるわけだ。

ローン専用カードで借入するなら自動契約機の営業時間を確認しておくこと

自動契約機の営業時間内であれば、
ローン専用カードを受けることができるので、
カードさえ手に入れたら、コンビニなど提携ATMにて借入しよう。

自動契約機は設置されている場所にもよるが、
大体が9:00~22:00(一部~21:00まで)というところが多い(※)。

※プロミスの自動契約機の店舗・ATM検索はこちらをご覧いただきたい

最寄りの自動契約機の営業時間は、
事前にチェックしておくことをおすすめする。

プロミスなら土日祝日でも即日融資が可能

プロミスなら土日祝日であっても即日融資は可能だ。

申込、審査も行っているが、
ただここで問題となるのが在籍確認の電話で、
勤め先が土日祝は休みで在籍確認が取れない場合だ。

しかしプロミスなら勤め先が休みでも、
先ほど紹介した電話なしで在籍確認ができるため問題はない

実は筆者も以前、土曜日に申込したことがあるが、
在籍確認を書類で行うことで審査を行ってもらえた経験がある。

結果、土曜日であっても無事に借りることができた。

また土日祝日の場合でも、
特定の金融機関(※)で振込融資をしてもらうか、
自動契約機(プロミス、三井住友銀行)まで出向き、
ローン専用カードを発行すれば、カードを利用し提携ATMで借入可能だ。

※三井住友銀行・ジャパンネット銀行

実際にプロミスに申込した時に借入までにかかった時間

筆者が実際に申込した時の話だが、
WEB申込から融資まで約2時間弱で完了した経験がある。

ちなみに申込したのは土曜日の12時だった。

申し込みから借り入れまでの時間経過と流れ
  • 12:00
    WEBで申込
  • 12:15
    仮審査通過とプロミスから電話連絡。

    この時に会社への在籍確認は休みのため書類で行ってくれるよう伝える。

  • 13:10
    本審査通過とプロミスから電話連絡。

    筆者の三井住友銀行口座に振り込みしてもらうため、
    会員サービスにログイン、振込先口座番号を登録。

  • 14:00
    借り入れ完了

    筆者の口座に振込完了を確認

このような感じで融資してもらった。

ちなみに振込先口座の登録だが、
「登録内容変更」から振込先口座登録・変更を選択、

プロミスの振込先口座登録・変更について

登録しておけばOKだ。

ただこの時、筆者は他に用事をしていて、
登録まで時間をロスしてしまった。

もっと速く登録できていれば、
融資までの時間は早かったのは確かだろう。

プロミスのアプリローンなら【スマホから借入・返済が可能】

プロミスのアプリローン申し込みはもちろん、
セブン銀行ATMからスマホのみで借入、返済が可能だ。

まずはアプリをダウンロード、
カード番号と暗証番号などのログイン情報で会員ページにログインする。

プロミスのアプリログイン画面

するとスマホATM取引というボタンがあるので、
そこから手続きを行っていくというだけだ。

プロミスアプリの会員画面

画面には操作方法も記載されているので、
実際に借りるまでは難しいといった印象はなかった。

プロミスのアプリローン申込画面

近くにセブン銀行ATMがある人なら重宝するサービスだろう。

プロミスから増枠の提案を受けたので試しにお願いしてみた

カードの再発行を行った時、
無人契約機にて確認の電話をした際、

「わざわざお手続きにお越しいただいたので融資額を増しませんか?」

といった増枠の提案をプロミスから受けた。

せっかくなので、本当に増枠できるのか?
試しに増枠をお願いしてみた。

増額できない場合は利用限度額がゼロになる諸刃の刃的な審査が必要…

この時、借入できる借入極度額(利用限度額)は10万円だった。

いくら増枠できるかは審査次第とのこと、
この時、一つの気になることをスタッフから聞いた。それは…

「現状の貸付融資枠がなくなる可能性がある」

と言われたからだ。

借入極度額が10万円から、
ゼロになる可能性もあるというのだ。

「増枠の提案しておきながら、
1円も借りられなくなるかもしれないってどういうことだよ!」

一瞬、怒りを覚えたが、
この増枠審査で落とされる時はどんな時か?聞いてみた。

プロミスで増枠の審査に落ちる時の理由について

プロミスの増枠の審査に落ちる時だが、
理由を聞いてみたところ、答えはこうだった。

現在の10万円を融資可能と判断した時から今日に至るまで、
他社様の借入や問題がないかを確認し、判断します。

筆者の場合、前回の審査から今に至るまで、
新たな借入や返済の未払いはなかった。

つまり、増枠の審査に落とされることはまずない、
そう判断し、増枠をお願いしてみた。

プロミスの増枠審査にかかる時間

そして、増枠の審査が完了するまで待つこと15分。

プロミスで増枠してもらった時の証拠写真

見事、10万円から、
借入極度額を50万円まで融資枠を増やすことができた

この後、この50万円の枠の中で、
いくらまで限度額を増やすか?聞かれたので、
筆者は迷わず「50万円」と入力、手続きを完了させた。

ちなみに増枠分を減らしたい場合は、
プロミスに連絡すれば、減額は可能とのこと

なぜプロミスから増枠の話はあったのか?考察してみた

今回の増枠の話があった理由について、
筆者なりの考察をしてみた。

  • カードを再発行する意思が積極的に借入すると判断された
  • 同グループ、三井住友銀行カードローンのヘビーユーザーだったから
  • 信用情報上、特に問題はなく、返済に問題はないと判断された

思いついた理由はこの3つだ。

そして今回の件で可能性としてわかったことが、
増枠するなら「カード再発行」は一つの方法なのかもしれない。

まずはカード発行を依頼、増枠の話があるかを探る。

もし増枠の提案がなければ、その時、
「増枠してほしい」と自らアプローチするのも一つだろう。

プロミスで個人事業主が借りるなら

個人事業主でも借入は可能、
借入の際だが本人確認書類があればOKだ。

ただし、50万円以上借りる、
他社借入と合わせ、100万円を超える場合、
収入を証明する書類として、必要となるのが「確定申告書」だ。

確定申告書は最新のものを用意すること

上記金額以下の借入を希望するなら、
本人確認書類の提出だけで申込、審査が行われるわけだ。

ちなみに新規申込の話ではないが、
個人事業主だった筆者がプロミスを利用した時の話もしておこう。

筆者が個人事業主の時にプロミスを再利用した時の話

プロミスとの契約自体は、
会社勤めをしていた時済ませていたのだが、
無職の状態から独立して個人事業主になった時の話だ。

筆者は無職になったことをプロミスに伝えたので、
借入はできない…利用停止の状態だった。

そして開業から10か月を経った時に、
ふと利用したいと考え、プロミスに連絡した時の話だ。

今まで利用できない状態からだったので、
再度、貸付できるかは再審査が必要とのことで、
審査を依頼してから、10分ほど待つことになった。

結果、契約時の限度額、
10万円での融資が可能とのことだった。

ちなみに個人事業主である確認書類等の提出は必要なく、

  • 年収
  • 給与振り込み予定日(※)

を聞かれただけだった。

※筆者が外注費振込日を伝えたが、それの確認もなかった。

そう、自己申告でOKだったのだ。

既に既契約していたこともあるだろうが、
貸付に対し、柔軟であると感じ取れる出来事だった。

プロミスの30日間無利息キャッシングについて

他社の無利息キャッシングだと、
契約したその日から無利息期間がスタートするのに対し、
プロミスは初回利用時より30日間が無利息になる

プロミスの30日無利息サービスイメージ図

なので、好きなタイミングで、
無利息で借りることができるわけだ。

30日間無利息を利用するには、メールアドレスとWEB明細の登録が必要なことを覚えておこう。

プロミスの借入と返済について

借入方法について 下記方法、ATMで借入可能

  • 振込融資(※)
  • プロミスATM
  • 三井住友銀行ATM
  • 提携ATM
  • アプリローン

※ご自身が指定する金融機関(銀行)口座へ振込が可能

返済方法について 下記方法、ATMで返済可能

  • インターネット返済(※)
  • 提携ATM
  • プロミスの口座に振込
  • アプリローン

※返済は三井住友銀行、三菱UFJ銀行、楽天銀行、ジャパンネット銀行、みずほ銀行の口座のみ対応

提携ATMについて

プロミスの提携ATM(三井住友銀行ATM,ゆうちょ銀行ATM,イオン銀行ATM,E-net,ローソンATM,セブン銀行ATM)

提携ATMの利用手数料について

  • 三井住友銀行ATMは借入・返済ともに無料で利用可能
  • それ以外の提携ATMは下記利用手数料が必要
借入金額借入時返済時
10,000円以下108円108円
10,000円以上216円216円

プロミスの場合、インターネットからの振込、
返済なら手数料無料で利用できるのでおすすめしたい。

借入額に対する実質年率と月々の最低返済額

利用残高借入時の実質年率最低返済額
1~100,000円17.8%4,000円
100,001~200,000円17.8%8,000円
200,001~300,000円17.8%11,000円
300,001~400,000円17.8%11,000円
400,001~500,000円17.8%13,000円

最低返済額はやや低めに設定されているものの、
特に目立った特長はない。

ただ、やはりプロミスは利用する側にとって、
メリットのあるサービスが豊富な点が魅力といえるだろう。

もしまだプロミスを利用したことがない人であれば、
迷わずプロミスを利用して欲しい。

返済シミュレーション

プロミスで10万円、金利17.8%で借入し、毎月1万円返済した場合

返済回数元金返済額利息
1¥100,000¥10,000¥1,463
2¥91,463¥10,000¥1,338
3¥82,801¥10,000¥1,211
4¥74,013¥10,000¥1,083
5¥65,095¥10,000¥952
6¥56,048¥10,000¥820
7¥46,868¥10,000¥686
8¥37,553¥10,000¥549
9¥28,103¥10,000¥411
10¥18,514¥10,000¥271
11¥8,785¥8,913¥129
利息合計¥8,913

まとめ!プロミスはこんな人におすすめ!

WEB完結でカードレスに借入できるだけでなく、
プロミスなら在籍確認についても融通を利かせてくれる。

こっそりと借入したい人にはうってつけだろう。

もちろん、無利息で借入できるなど、
他サービスも充実しているので、
トータル的にみても利用価値は高いだろう。