楽天銀行スーパーローン(楽天銀行のカードローン)

更新日:
楽天銀行スーパーローンバナー画像

楽天銀行スーパーローンの特徴

楽天会員ランクに応じて審査を優遇してくれる!

月々の最低返済額は2,000円から

入会で楽天スーパーポイントがもらえる

借り換えにも利用できるカードローン

楽天銀行のカードローン「楽天銀行スーパーローン」だが、銀行カードローンの中でも融資に積極的な姿勢がみられるだけでなく、 月々の返済額が~10万円までの借入なら2,000円/月、10~30万円までなら5,000円/月と低めに設定されているので返済額を減らしたい人にはかなりおすすめだ。また入会(契約)だけで楽天スーパーポイントが1000ポイントもらえるのも嬉しいところだ。また銀行カードローンといえば、融資までに時間がかかるものだが、楽天銀行スーパーローンの場合、最短翌日融資が可能と融資までの時間が早いのも魅力といえるだろう。

借入限度額 実質年率 融資時間 土日融資 WEB契約完結
最大800万円 1.9%~14.5% 2日~ ×
パート・アルバイト 電話以外の在籍確認 借り換え 総量規制 保証人
× - 不要

楽天銀行スーパーローンの公式サイトはこちら

    楽天銀行スーパーローンってどんなカードローン?

    楽天銀行は楽天市場で知られる、
    楽天グループのインターネットバンキングだ。

    その楽天銀行のカードローンが、
    この楽天銀行スーパーローンとなる(※)。

    ※「楽天銀行カードローン」とも呼ばれるが、正式には楽天銀行スーパーローンだ(商品概要説明書を参照

    ちなみに楽天銀行はインターネットバンキングであるため、
    申込~融資までWEB上で済ますことができる。

    また振込融資にも対応しており、
    楽天銀行の口座がなくても他行の口座にも行ってくれる。

    利用しなくも契約することで、
    楽天スーパーポイントが1,000ポイント付与されるなど、
    他社にはないサービスが特徴のカードローンだ。

    楽天銀行スーパーローンに申込できる人

    会社員 派遣社員 公務員 アルバイト パート
    自営業 水商売 専業主婦 学生 年金受給者
    × ×

    20~62歳までの人で安定した収入がある人

    保証会社である楽天カード、または株式会社セディナの保証が受けられる人

    楽天銀行スーパーローンの申し込み~契約までの手順について

    楽天銀行スーパーローンの申し込みから契約までの手順はこうだ。

    • 申し込み
    • 仮審査(信用情報機関の情報参照)
    • 本審査へ(在籍確認)
    • 必要書類の提出(アプリから提出可能)
    • 成約

    本審査は在籍確認の後、
    必要書類の情報と併せ行われていく。

    また必要書類の提出は、
    証明書類送付アプリ(※)からも可能だ。

    ※詳細は公式サイトのアプリ、本人確認書類の送付・各種設定も参照

    アプリから必要書類送付する方法は、
    公式サイトの「動画による解説」も参考になるはずだ。

    在籍確認後に提出が必要な書類

    • 楽天銀行スーパーローン申込書兼保証依頼書(インターネット申込の場合は不要)
    • 本人確認書類(いずれかの写し)
    • 収入証明書類(いずれかの写し)

    本人確認書類として認められる物(いずれかの写し)

    楽天銀行スーパーローンに審査に必要な本人確認書類(運転免許証,健康保険証,パスポート,マイナンバーカード)

    住民基本台帳(顔写真付)の写しも可

    収入証明書類として認められる物(いずれかの写し)

    勤務形態 収入証書類として認められる物
    会社等に努めている人 源泉徴収票・給与明細書・課税証明書
    自営業の人 課税証明書・確定申告書

    楽天銀行スーパーローンにおける収入証明書の提出について

    楽天銀行スーパーローンだが、
    公式サイト等では明言していないが、
    50万円以上の借りるなら収入証明書の提出は考えておこう

    提出する収入証明書についてだが、
    筆者が申込した後に送られてきたメールにあったが、
    源泉徴収票など収入を証明する上で一般的なものだった。

    申込後のメールに記載されていた楽天銀行スーパーローンに必要な収入証明書一覧

    ただ直近の給与明細書に関しては、
    最新のもの(1ヶ月分)でよいとのことなので、
    収入の証明には給与明細書が用意しやすいだろう。

    参照元:楽天銀行よくある質問 楽天銀行スーパーローンへの入会にあたって、必要書類はありますか?

    楽天銀行スーパーローンの金利を他社カードローンと比較してみた

    楽天銀行スーパーローンの金利について、
    一覧表にまとめてみたのでご覧いただきたい。

    楽天銀行スーパーローンの金利一覧表

    利用限度額 借入利率
    800万円 1.9%~4.5%
    600万円以上800万未満 3.0%~7.8%
    500万円以上600万未満 4.5%~7.8%
    350万円以上500万円未満 4.9%~8.9%
    300万円以上350万円未満 4.9%~12.5%
    200万円以上300万円未満 6.9%~14.5%
    100万円以上200万円未満 9.6%~14.5%
    100万円未満 14.50%

    この楽天銀行スーパーローンの金利だが、
    メガバンクのカードローンと比較してみても大差はないことが分かる。

    銀行名 金利
    楽天銀行スーパーローン 1.9%~14.5%
    三井住友銀行カードローン 年4.0%~14.5%
    みずほ銀行カードローン 2.0%~14.0%
    三菱UFJ銀行バンクイック 1.8%~14.6%

    この金利差だが例えば、10万円借りた場合、
    一ヶ月の利息を上限金利の低いみずほ銀行と比較してみよう。

    ちなみに上限金利で計算しているのは、
    10万円借りた場合、まず下限金利で融資はされないからだ。

    銀行名 上限金利 30日間借りた時の利息
    みずほ銀行カードローン 14.0% 1,151円
    楽天銀行スーパーローン 14.5% 1,192円

    いかがだろうか。
    そこまで金利は気にすることはないことがわかるだろう。

    だが実は楽天銀行スーパーローンの特徴、
    それは金利以上に審査において他社にはないメリットがあるのだ。

    それは楽天会員であれば、
    審査が優遇される楽天銀行スーパーローンならではの仕組みだ。

    楽天銀行スーパーローンの審査の仕組みを知り、審査落ちを回避すべし

    楽天銀行スーパーローンの審査だが、
    仮審査と本審査が存在することを確認している。

    そして、楽天銀行スーパーローンの審査は、
    他の銀行カードローンの審査とは少し異なった体制をとっている。

    楽天銀行スーパーローンの審査は自社グループ内で行われる

    楽天銀行スーパーローンの審査だが、
    自社グループ内の楽天カードも行っており、
    保証会社も担当しているのが特徴だ(※)。

    ※保証会社は楽天カード株式会社と株式会社セディナで行っている

    保証会社に株式会社セディナの名前があるため、
    2社で審査が行われると思いきや、楽天銀行が認めた場合は不要とのこと。

    楽天銀行スーパーローンの商品概要に記載されている保証会社についての説明(楽天銀行が認めた場合は株式会社セディナの審査は不要との記載)

    つまり、楽天カード株式会社、楽天銀行、
    グループ内で楽天スーパーローンの審査を行っているのだ。

    ちなみにこの「楽天カード」は、
    年々発行数を増やしているクレジットカードでもある。

    楽天カードの業績グラフ

    データ参照元:楽天株式会社 決算短信・説明会資料

    これら審査方法が影響しているためか、
    当サイトでも借りることができた!という声が多いカードローンだ。

    楽天銀行の口座があれば審査は優遇される可能性がある

    これは楽天銀行スーパーローンに限った話ではないが、
    利用するカードローンの銀行口座があるほうが審査通過率は上がる。

    特に給与振込に利用している、
    クレジットカードや公共料金などの引き落としなど、
    お金の流れが分かる状態である場合だ。

    つまり楽天銀行の口座を既に使っている人なら、
    審査に通る可能性が高くなるというわけだ。

    楽天銀行スーパーローンのメリット!楽天会員ランクによって審査を優遇!

    楽天銀行スーパーローンだが楽天会員ランクによって、
    借入の審査を優遇するとの情報を入手した。

    楽天銀行スーパーローンの楽天会員審査優遇に関する表示

    優遇される会員ランクはシルバー以上で、
    シルバー、ゴールド、プラチナ、ダイヤモンドランクの会員が対象となる。

    この楽天会員ランクは楽天市場で買い物をするなど、
    楽天グループのサービスを使っている頻度が高ければ高いほど、
    ランクは上がるというものだ(一番上のランクはダイヤモンド)。

    筆者もよく楽天市場や他サービスを使っているが、
    楽天会員のランクは「my Rakuten」から確認することが可能だ。

    楽天ポイントクラブの会員ランク(プラチナ会員)画面

    会員ランクによる優遇についてだが、
    会員ランクが高い(※)ほど、楽天サービスを利用していることになる。

    また過去に買い物した時の支払い状況なども把握でき、
    ランクが高い=支払いもきちんとしていて利用頻度も高いため、
    審査を担当する楽天カードからの信頼度は高くなる

    ※ランクが高い…ダイヤモンド>プラチナ>ゴールド>シルバー

    つまり審査において会員ランクは有利に働き、
    借入できる可能性が高くなるとも考えられるわけだ。

    借りる時の金利は低いほうが審査は厳しくなる

    ちなみに審査の難易度を計る上で金利も目安になる。

    低金利で借りるとなると、
    それだけ審査は厳しくなるのが一般的だ。

    理由はかんたんで、好条件の金利で融資する上で、
    貸し手側は貸し倒れのリスクなど融資の判断に慎重になるからだ。

    楽天銀行スーパーローンの審査については 「楽天銀行スーパーローンの審査について検証、審査落ちした経験からわかったこと」 を併せてご覧いただきたい。

    楽天銀行スーパーローンは「借り換え」にも利用できる

    借り換えとは他社(1社)から借りている場合、
    より良い金利条件で新たに借り換えることを意味する。

    そして楽天銀行スーパーローンの場合、
    公式サイトにて「借り換え」にも利用できると案内している(※)のだ。

    公式サイトでは「見直し」と案内しているが、これは借り換えと同じ意味だ。

    楽天銀行カードローンの見直しに関するバナー画像

    ちなみに借り換えの場合、現在他社で借りている金利条件よりも、
    楽天銀行スーパーローンの金利条件が勝っていれば、利用価値がある。

    例)10万円借りて、返済回数20回で完済した場合の支払う利息合計

    借入先 金利 利息合計
    楽天銀行スーパーローン 14.5% 13,170円
    消費者金融 18.0% 16,490円

    このように金利差から支払う利息を減らすことも可能、
    借り換えする意味もあるわけだ。

    また利息を減らすこと以外に、
    今借りている先への毎月の返済が厳しい場合、
    月々の返済額を減らしたい時にも利用するのも一つだ。

    楽天銀行スーパーローンの最低返済額

    利用残高 毎月の最低返済額
    10万円以内 2,000円
    10万円超30万円以内 5,000円
    30万円超50万円以内 10,000円
    50万円超100万円以内 15,000円
    100万円超150万円以内 20,000円
    150万円超200万円以内 30,000円

    ちなみに借り換えに利用する場合だが、
    楽天銀行スーパーローンから融資をしてもらったお金を、
    現在借りている先に返済すればOKだ。

    借り換え利用時の審査について

    一般的に借り換えする時の審査は厳しくなるが、
    楽天銀行であれば、借り換えできる可能性の期待値は高い。

    これは公式サイトでも案内していること、
    先ほど説明した楽天銀行の審査に対する姿勢からだ。

    楽天銀行スーパーローンの融資にかかる時間ついて

    楽天銀行スーパーローンは銀行カードローンの中では珍しく、
    最短で翌日融資が可能と謳っているが、申込の混み具合では~3日程度かかるとのこと。

    申込~契約までの流れ

    楽天銀行スーパーローンの申込から契約までの手順について

    即日に対応できるのは仮審査まで、
    本審査自体は翌日以降になるケースが多いが、
    翌日に審査が完了している可能性が高いため、融資までも早い

    これは審査を自社グループ、
    楽天カードで行っているからだと考えている。

    ちなみに振込融資をしてもらう場合、
    楽天銀行の口座が必須なのか?を聞いてみた。

    楽天銀行スーパーローンなら口座がなくても即日に振込融資が可能

    楽天銀行スーパーローンだが、
    楽天銀行の口座がなくても借入自体は可能だ。

    なぜなら楽天銀行スーパーローンの場合、
    楽天銀行以外の金融機関にも振込融資をしてくれるからだ。

    ちなみに楽天銀行は実店舗を持たない、
    ネットバンキングのため、

    • ローン専用カードを利用し提携ATMで借りる
    • 振込融資

    のいずれかで借入することになる。

    ローン専用カードは手元に届くまで数日かかる

    ローン専用カード(スーパーローンカード)だが、
    契約完了後、翌日には簡易書留で楽天銀行から郵送される。

    申込からカードが手元に届くまで、
    最短でも2~3日はかかるとのことだった。

    ただこれは最短での話なので、
    手続き次第では~7日程度かかる場合もある。

    なので、少しでも早く借入したい人なら、
    振込融資で対応してもらうほうがよいということになる。

    振込融資は他行でもOK!何時まで振込融資してもらえるのか?

    振込融資の場合だが、
    楽天銀行以外の金融機関への振り込みも可能だ。

    あとはどこの金融機関に振込してもらうか?で、
    振込融資可能な取扱時間が異なってくる。

    振込先金融機関 サービス受付時間 振込にかかる所要時間
    楽天銀行 24時間365日 随時
    その他金融機関 0:10~14:45 9:00~15:00

    楽天銀行に口座があれば、
    契約完了後、すぐに振込してもらうことが可能、
    仮に夕方に契約したとしても振込は可能だ。

    ただし、他の金融機関(銀行)であると、
    振込先金融機関の営業時間内といっても実際は、
    14時45分までには振込融資の受付を完了させておく必要がある。

    しかし楽天銀行の場合で言うと、
    遅くても14:30までには契約を完了させ、
    振込融資の手続きをしてほしいとのことだった。

    楽天銀行スーパーローンの在籍確認は電話確認が必須

    楽天銀行スーパーローンの在籍確認だが、
    数日後に届く審査結果のメールが届いた後に行われる。

    楽天銀行スーパーローンは申込後の審査に落ちれば在籍確認はない

    そして在籍確認は、
    働き先の会社へ電話にて確認される。

    楽天銀行スーパーローンに申込し、翌日に届いた審査結果メールに記載されていた在籍確認について

    この電話での在籍確認は楽天銀行の審査上、
    絶対に必要なものであり、避けることはできないそうだ。

    楽天銀行スーパーローンの在籍確認についての詳細は 「楽天銀行スーパーローンの在籍確認について徹底調査!」をご覧いただきたい

    在籍確認を電話で確認されるのが嫌な人の場合

    電話がかかってくるのが嫌な場合、
    在籍確認を電話以外の方法でも確認をとってくれる、
    カードローンを選ぶのも一つだ。

    在籍確認を電話以外の方法で確認できる場合があるカードローン一覧
    プロミス(※1)、SMBCモビット(※2)、三井住友銀行カードローンレディースアイフル スラリ

    ※1 電話での在籍確認に対し要望があるなら申込完了後、すぐに相談すればOK、
    ※2 WEB完結なら電話連絡なしで利用可能

    在籍確認の電話なしで借りたいのであれば 「電話での在籍確認なしでキャッシングできる」 の記事で詳しく説明している。参考にしてみてほしい。

    楽天銀行スーパーローンで楽天スーパーポイントを確実にもらうには

    楽天銀行スーパーローンの魅力は、
    1,000ポイントの楽天スーパーポイント(※)がもらえることだ。

    ※公式サイト:楽天スーパーポイントについて

    そしてこの楽天スーパーポイントをもらうためには、
    楽天スーパーポイント口座が必要となる。

    楽天会員であれば既に楽天スーパーポイント口座は保有している

    楽天スーパーポイント口座だが、
    楽天会員であれば既に持っているため、
    別途、手続きする必要はない

    逆に楽天会員でないとポイントは付与されないため、
    申し込みする前に会員登録をしておこう(※)。

    ※申込後に楽天会員になっても付与されない

    ちなみに楽天スーパーポイント口座番号だが、
    既に楽天会員なら「楽天PointClub(※)」の画面から、
    口座番号を確認することができる。

    楽天PointClub ログイン画面

    楽天スーパーポイント口座の確認方法

    楽天スーパーポイントの口座番号確認方法

    必ず楽天会員として申し込みする

    楽天会員として申し込みすることで、
    楽天スーパーポイントは自動的に付与される。

    申込時には楽天会員用の申込ボタンから手続きを行おう。

    楽天銀行スーパーローンの借り換えに関するバナー画像

    会員ログインすることで、
    申し込み画面での入力項目の手間も省ける。

    楽天銀行スーパーローンに申し込む時に楽天会員としてログインすること

    楽天銀行の口座を持っていても別途楽天会員の登録は必要

    楽天銀行口座を持っていても、
    楽天会員に別途登録しておかなければ
    楽天スーパーポイントはもらえないので注意が必要だ(※)。

    ※楽天銀行開設時に楽天会員の登録は不要のため、会員登録をしていない場合もある

    要するに楽天スーパーポイントをもらうなら、
    事前の楽天会員登録は必須ということだ。

    また楽天会員に登録後、
    楽天銀行と楽天会員のデータを紐づけておこう(※)。

    ※連携しておかなければ特典は付与されないため。こちらの→楽天会員リンク登録より紐づけしておこう

    付与されたポイントは期間限定ポイント扱いになる

    付与される楽天スーパーポイントだが、
    15日間の期間限定ポイントとなる。

    期間内に利用しないと失効してしまうので、
    付与されたらすぐに利用してしまおう。

    楽天スーパーポイントの期間限定ポイント確認方法

    楽天スーパーポイントの付与に関する詳細情報は 「楽天銀行スーパーローンで楽天スーパーポイントを確実にもらう方法!」 で解説しているので併せてご覧いただきたい。

    楽天銀行スーパーローンの借入と返済について

    借入について 下記方法、ATMで借入可能

    • 楽天銀行普通預金口座へ振込融資
    • 楽天銀行のマークがあるATM
    • ローソンATM他、提携ATM

    返済について 下記方法、ATMで返済可能

    • 楽天銀行普通預金口座から自動引き落とし(※)
    • 楽天銀行のマークがあるATM
    • ローソンATM他、提携ATM

    楽天銀行スーパーローンで借入、
    返済を楽天銀行普通預金口座で自動引落設定すれば、
    ハッピープログラムの会員ステージが1つアップする(※)。

    ※引用元:ハッピープログラム 会員ステージ判定 対象商品・サービス

    提携ATMについて

    楽天銀行スーパーローンの提携ATM一覧(ローソンATM,E-net,セブン銀行ATM,イオン銀行ATM)

    楽天銀行スーパーローンなら毎月の返済額を減らすことができる

    楽天銀行スーパーローンだが、
    借入金額に対する返済額設定の低さに魅力がある。

    例えば、50万円まで借入した時の、
    月々の最低返済額について見てみよう。

    50万円までの借入額に対する実質年率と月々の最低返済額

    残高スライドリボルビング返済
    利用残高 実質年率 最低返済額
    ~100,000円 14.5% 2,000円
    100,001~300,000円 14.5% 5,000円
    300,001~500,000円 14.5% 10,000円

    上記の返済額はカードローンとしては一般的なものだ。

    そして楽天銀行スーパーローンの場合、
    もう一パターンの返済方法も用意されている。

    元利込定額返済
    利用残高 実質年率 最低返済額
    ~500,000円 14.5% 10,000円

    元利込定額返済の場合、
    返済額は増えるがその分、完済までの期間は短くなる。

    初回申込時での利用はできないが、
    契約後、毎月の返済に余裕のある人なら、
    元利込定額返済は利息の支払いも減るのでおすすめだ。

    特に10万円借入した場合、
    毎月2,000円か10,000円の返済では、
    最終的に支払いが完了するまでの利息が全く異なるのだ。

    それではどれだけ利息が変わるのか?
    シミュレーションしてみよう。

    返済シミュレーション

    楽天銀行スーパーローンで10万円、金利14.5%で借入、元利込定額返済で返済した場合

    返済回数 元利込定額返済の場合
    元金 返済額 利息
    1 ¥100,000 ¥10,000 ¥1,192
    2 ¥91,192 ¥10,000 ¥1,087
    3 ¥82,279 ¥10,000 ¥981
    4 ¥73,259 ¥10,000 ¥873
    5 ¥64,132 ¥10,000 ¥764
    6 ¥54,897 ¥10,000 ¥654
    7 ¥45,551 ¥10,000 ¥543
    8 ¥36,094 ¥10,000 ¥430
    9 ¥26,524 ¥10,000 ¥316
    10 ¥16,840 ¥10,000 ¥201
    11 ¥7,041 ¥7,125 ¥84
    利息合計 ¥7,125

    上記返済シミュレーションは、
    元利込定額返済で毎月1万円を返済した場合だ。

    もしこれを残高スライドリボルビング返済で、
    毎月2,000円返済した場合だと、返済回数はなんと77回、
    利息は約7.4倍の52,960円を支払うことになるのだ。

    返済額は少なく返済が楽なのは確かだが、
    その代償として、利息を多く支払うことは覚えておこう。

    余裕のある時は「最低返済額」以上の返済をしていくこと

    毎月の返済額が減ることで、
    生活において非常に助かることも多いのだが、
    余裕のある時は最低返済額以上の返済をしてほしいのだ。

    実は最低返済額分だけの返済では、
    完済までに長期間かかってしまうので、
    結果的に利息を多く支払うことになってしまうからだ。

    例えば、150万円借入している場合で、

    • A社で金利18%、毎月40,000円を返済
    • 楽天銀行で金利14.5%、毎月20,000円を返済
    • 同じく楽天銀行で好条件の金利6.9%で利用できたとし、毎月20,000円を返済

    した時を比較してみよう。

    楽天銀行スーパーローンで150万円借りた時、毎月の最低返済額が20,000円に設定されているため

    会社名 金利 毎月の返済額 返済回数 返済総額
    A社 18% 56回 ¥40,000 ¥2,221,003
    楽天銀行
    スーパーローン
    14.5% 408回 ¥20,000 ¥4,741,814
    6.9% 223回 ¥20,000 ¥2,145,828

    楽天銀行スーパーローンのシミュレーションは公式サイトのものを使用

    見ての通り、いくら金利が低くても、
    結果的に多く利息を支払う、もしくはそこまで変わらない。

    もちろん、支払いが厳しい時は、
    最低返済額で返済していけば良いのだが、
    余裕のある時は最低返済額に甘んじることなく、
    多めの返済をしていきたいものだ。

    毎月の返済額は最低返済額の半分~2倍上乗せして支払えるとよい

    毎月の返済額 金利 返済回数 毎月の返済額 返済総額
    A社 18% 56回 ¥40,000 ¥2,221,003
    楽天銀行
    スーパーローン
    14.5% 51回 ¥40,000 ¥2,009,969
    6.9% 43回 ¥40,000 ¥1,694,374

    このように毎月の返済額を増やしていけば、
    借入時の金利条件の良さを最大限に活かせるわけだ。

    ちなみに毎月の返済額を増やしたい場合、
    随時返済を行えば可能だ。

    楽天銀行スーパーローンの随時返済方法

    • 提携ATMでカードを利用する(手数料無料)
    • インターネット会員サービス「メンバーズデスク」を利用する
    • お客さま専用のカードローン返済口座へ振込

    提携ATMであれば、手数料無料で返済できるため、 ローソン等コンビニに行った時、ついでに返済するのも一つだろう。

    まとめ!楽天銀行スーパーローンはこんな人におすすめ!

    楽天銀行スーパーローンだが、
    返済額を減らしたい人に向いているだろう。

    また自社グループで審査を行っていることや、
    アルバイトでも借入できることからも、
    他社よりも利用しやすいカードローンだ。

    それと他社のカードローンにはない、
    ポイント贈呈サービスなど利用者が多いのも頷ける。

    楽天銀行スーパーローンの公式サイトはこちら