北海道銀行カードローン「ラピッド」を調査してわかった特徴と利用する前に知っておきたいこと

3.5
北海道銀行カードローン ラピッドのバナー画像
北海道銀行カードローン「ラピッド」のココがおすすめ
  • 他行の口座へも振込融資にも対応
  • スピーディーな借入が可能
  • 北海道に住んでいなくても利用できる
  • スマホで申し込み~契約まで手続き可能

どさんこバンクの愛称で知られる北海道銀行のカードローンは道内に住んでいなくても利用できる地方銀行カードローンだ。審査も早く、振込融資にも対応しているためスピーディーな借入も可能だ。金利こそ他銀行カードローンに比べ、やや高めではあるが、北海道銀行に口座がなくても利用できるなど、使い勝手は良いカードローンだろう。

借入限度額金利最短融資時間土日融資WEB契約完結
1~800万円1.9%~14.95%最短2日×
パート・アルバイト専業主婦電話以外の在籍確認総量規制保証人
×対象外不要

ラピッドの公式サイトはこちら

北海道銀行カードローンのラピッドってどんなカードローン?

ラピッドは北海道を営業区域とする、
北海道銀行(どさんこバンク)のカードローンだ。

公式サイトに記載はないが、
営業区域に住んでいなくても利用できるのも特徴だ。

ラピッドの利用(借入・返済)には、
「ラピッドカード」があれば利用でき、
カードは契約完了後、自宅宛てに届けられる。

またスマホで申し込みから契約まで可能なので、
手軽に手続きができるのも魅力だろう。

北海道銀行カードローン ラピッドに申込できる人

会社員派遣社員公務員アルバイトパート
自営業水商売専業主婦学生年金受給者
××
  • 20~75歳までの人で安定した収入がある人
  • 保証会社であるアコム(株)の保証を受けられる人

金利について

ラピッドの金利は「1.9%~14.95%」だが、
利用限度額別に決まっているのではなく、
審査結果等ふまえ、北海道銀行が決めるとしている。

しかし現実的に考えると、
下限金利である「1.9%」ではなく、
上限金利の「14.95%」での利用がほとんどだろう。

そして仮に「14.95%」で借入した場合で考えると、
銀行カードローンとしてはやや金利条件は悪いとはいえる。

全国利用が可能な銀行カードローンの上限金利比較
銀行名上限金利
三井住友銀行年14.5%
三菱UFJ銀行14.6%
みずほ銀行14.0%
楽天銀行14.5%
静岡銀行14.5%

この数パーセントの差をどう考えるかだが、
これは借入する金額から判断すればよい。

例えば、14.5%と14.95%の金利で、
10万円、50万円、100万円で生じる一ヶ月の利息を見てみよう。

借入金額利息
金利14.5%金利14.95%
10万円1,151円1,229円
50万円5,753円6,144円
100万円11,507円12,289円

そこまで大きな差はないように感じるが、
もし返済回数が増える場合だと利息は積み重なる。

完済までの返済期間をどう考えているかによる。

もし長期返済となるのであれば、
やはり少しでも金利は低いほうがよいだろう。

ラピッドの申し込みから融資までの流れについて

ラピッドの申込から契約までの流れ

インターネットからの申込なら、
24時間365日受付している。

また審査も平日とは対応時間が異なるものの、
土日祝日も行っている。土日でも審査を行っているのは。
銀行カードローンとしては珍しい。

ちなみに審査受付時間だが、

  • 土日…9:00~15:00
  • 平日…9:00~19:00

だそうだ。

また申込時の手順がインターネット申込か、
電話申込で若干、方法は異なる。

インターネット申込の場合

北海道銀行から送られてくる、
メールに添付されたURLから飛び先に飛び、
提出画面から写真で撮った本人確認書類を添付する。

電話申込の場合

本人確認書類の提出は、
FAX、もしくは郵送での提出となる。
急ぎであればFAXで提出したほうがよいだろう。

本人確認書類が北海道銀行に届き、
手続きが完了すれば、融資は可能となる。

ラピッドで申込する時に必要な本人確認書類
北海道カードローン「ラピッド」の申込時に必要な本人確認書類一覧

電話申込の場合はいずれもコピーを提出、
インターネット申込の場合は写真を撮り、アップロードする。

スマートフォンからの場合、
アップロードもかんたんなのでおすすめだ。

ラピッドで借入するまでにかかる時間について

ラピッドで借入するまでにかかる時間は、
最短で2日はかかるとのこと。

ただし審査次第とのことで、
申込時の手続きや必要書類の退出など含め、
スムーズに行われた時に限る

急ぎで借入したいなら振込融資を利用する

契約後の話だが急ぎで借入を希望するなら、
振込で融資をお願いするしかない(※)。

※カードは郵送されるため、一週間程度かかる。

ラピッドも他行への振込も24時間365日可能になった

ラピッドも北海道銀行が全銀システム24時間化に対応したため、
他行への振込も24時間365日可能となった

振込先金融機関により、対応時間は異なってくるが、
利便性が格段にアップしたことは確かだ。

ご自身の利用しているメインバンクが振込可能か?
ラピッドに申し込む前に確認しておこう。

ラピッドは土日でも融資してもらえる?

審査は行っているものの、
ラピッドは土日祝日の融資は対応していない

なぜなら土日祝日は振込融資を行っていないからだ。

ただ審査自体はしているので、
土日祝日に契約まで完了させておけば、
翌営業日に振込融資をしてもらうことは可能だ。

北海道銀行カードローン ラピッドの在籍確認について

ラピッドの在籍確認だが、
申込後、審査を行う段階で勤め先に電話をかける。

勤め先への電話での確認は必須とのことだ。

また勤め先に電話をかける前には、
申込した本人宛に電話はかかってこない。

もし電話での確認が取れない場合、
例えば、会社が答えてくれない時などの対象方法を聞いてみた。

電話以外で在籍確認を行ってもらいたい場合

電話ではなく、在籍を確認するには、
在籍を証明するものを提出する必要があり、
会社名が記載されているもの、確実なのは健康保険証とのこと。

給与明細でも行うことはあるが、
審査結果と照らし合わし、利用できるかを判断するそうだ。

在籍確認の電話を避けたい場合

在籍確認の電話をかけてもらいたくない場合、
その旨を北海道銀行に相談してほしいとのこと。

電話申込の場合であれば、
申込した時に在籍確認の電話を避けてほしいと伝えればOKだ。

ただし、WEB申込の場合、
申込フォームに備考欄などの項目がない。

申し込みした直後のタイミングで北海道銀行に連絡しよう

北海道銀行カードローン ラピッドの借入と返済について

借入方法について 下記方法、ATMで借入可能
  • 北海道銀行ATM
  • 提携ATM
  • 振込融資
返済方法について 下記ATMで返済可能
  • 北海道銀行ATM
  • 提携ATM

ラピッドは北海道銀行の口座を持っていても、
自動引落はできないそうで、カードでの振込返済となる。

提携ATMについて
北海道銀行カードローン ラピッドの提携ATM
提携ATM手数料
  • 手数料無料で利用可能
返済期日について
  • 35日ごと
  • 返済日を自身で指定(毎月6日以外で)

借入額に対する金利と月々の最低返済額

借入残高返済額
利用限度額
400万円以下400万円以上
~10万円¥2,000¥1,000
10万円~20万円¥4,000¥2,000
20万円~30万円¥6,000¥3,000
30万円~40万円¥8,000¥4,000
40万円~50万円¥10,000(※1)¥5,000(※2)
  • ※1 以降、10万円増すごとに+2,000円
  • ※2 以降、10万円増すごとに+1,000円

最低返済額は利用限度額によって異なる。

一見すると毎月の返済も楽に思うが、
返済額が少なければ、それだけ返済が長期化し、
支払う利息も増えてしまうことは覚えておこう。

もし利息がかかるのが嫌なのであれば、
以下のシミュレーションのように多めの返済がおすすめだ。

返済シミュレーション

ラピッドで10万円、金利14.95%で借入し、毎月1万円返済した場合

返済回数元金返済額利息
1¥100,000¥10,000¥1,229
2¥91,229¥10,000¥1,121
3¥82,350¥10,000¥1,012
4¥73,362¥10,000¥901
5¥64,263¥10,000¥790
6¥55,053¥10,000¥676
7¥45,729¥10,000¥562
8¥36,291¥10,000¥446
9¥26,737¥10,000¥329
10¥17,066¥10,000¥210
11¥7,275¥7,365¥89
利息合計¥7,365

まとめ!北海道銀行カードローン「ラピッド」はこんな人におすすめ!

ラピッドは地方銀行のカードローンだが、
全国どこからでも利用できるカードローンだ。

金利はやや高めなのは残念だが、
土日祝日を含め、年中電話対応をしているなど、
顧客サポート体制がしっかりしているだけでなく、
電話対応も非常に親切なのは好感が持てた。

金利条件が気にならなければ、
利用してみてほしいカードローンだ。

ラピッドの公式サイトはこちら

タイトルとURLをコピーしました