質屋で借りる前に消費者金融や銀行カードローンの利息とサービスを比較すべし!

テレビでも特集されていたが、
質屋を利用する人が増えているという。

質屋が利用される理由として、
質入れする物品があれば、いつでもお金を借りられるからだ。

中には24時間営業している質屋もあるため、
急にお金が必要になった時でも借りることができるなど、
その便利さで利用者も増えていると考えられる。

スポンサーリンク

質屋で借りても消費者金融や銀行と同じく利息がかかる

ただ一般的にお金を借りるというと、
消費者金融からキャッシングして借りる、
もしくは銀行カードローンを利用するイメージもあるだろう。

ちなみに質屋で借りるのも、
消費者金融や銀行から借りる場合も、
借りた金額に対し、利息はかかるものだ。

特に消費者金融の場合、
高い金利だと18%以上と高金利のイメージがある。

しかし質屋の利息を見てみると、
「1%~3%」程度だ。

質屋の大黒屋の利息

かなり低い金利で借りられる!
と思うかもしれないがこれは年利ではなく、
月利であることを知ってほしいのだ。

では月利で借りた場合の利息はどうなのか?
質屋の利息マジックについて紐解いていきたい。

利息は月利ではなく年利で考えてみる

年利とか月利とか言われてもわからない!
という人のためにまず、月利1.0%と3.0%で取られる、
1ヶ月の利息を計算してみた。

月利1.0%と3.0%で50万円借りた時の30日間にかかる利息

月利1%月利3%
5,000円15,000円

単利計算(元利合計)はこちらの高精度計算サイトを利用した

では次に同じく50万円借りて、
大手消費者金融の金利(実質年率)と、
銀行カードローンの金利から1ヶ月にかかる利息を見てみよう。

会社年利利息
プロミス17.8%7,315円
三井住友銀行カードローン年14.5%5,959円

いかがだろうか。

このように1ヶ月の利息を比べてみると、
質屋の月利が3%の場合だと非常に高くなることがわかるはずだ。

実は質屋が月利3%とした場合、
もし消費者金融や銀行カードローンの、
年利に置き換えると…なんと36.5%となるのだ。

これだけの高金利となると、
質屋の金利は違法ではないか?と思う人もいるかもしれない。

しかし違法にならないのだ。

これは消費者金融が従う貸金業法、
銀行カードローンの従う銀行法とは違う、
法律の下で営業しているからだ。

質屋の金利が違法じゃない理由

質屋営業法(※)の第36条によれば、
年109.8%(0.3%/日)までの金利は問題とされていない。

※引用元:質屋営業法 第三十六条

要するに消費者金融の場合、
貸金業法(※)で定められている金利、
年20%を超える貸付ができないわけだが、全く別の話なのだ。

※貸金業法 上限金利の引き下げ
上限金利の引き下げについては、従来の出資法では金銭の貸付けを行う者が業として金銭の貸付けを行う場合においての上限金利は29.2%、利息制限法がそれぞれの金額に応じて20%から15%となっていましたが、出資法の上限金利が20%に引き下げられました。

引用元:貸金業法 上限金利の引き下げ

それと法律以外に大きく違う点として、
質屋で借りるのに質入れする物(担保)が必要だ。

それに対し、消費者金融や銀行カードローンでは、
無担保(保証人なし)で借りることができる。

この担保の有無が影響してくるのは返済できない時だ

質屋で返済ができなくなった時はどうなるのか

質屋で質入れして手に入れた、
お金+利息分を支払わず放置すれば質流れとなる。

質流れになれば、
借りたお金の代わりに預けていた物の所有権が、
質屋側の移るということになる。

要するにお金は返さなくてもよいが、
質入れした物品は返ってこないというわけだ。

ちなみに質流れまでの期間は、
大手質屋の情報を参考にすると3ヶ月(※)といったところだ。

※引用元:大黒屋 流質期限・質流れ

質入れと買取について

実は質屋からお金を借りる場合、

  • 質入れ
  • 買取

の2パターンがある。

質屋に質入れできる物って何?

質入れできる物はブランド品の時計、
貴金属はもちろんのこと、スマートフォンもできる。

またカメラやパソコン、
あと記念金貨なども質入れ可能だ。

質入れできる商品一覧

引用元:大黒屋 質入れできる商品

お金を返す気がなければ買取がおすすめ

なぜなら買取のほうが、
貸してくれる金額が多くなるからだ。

例えば、質屋の大黒屋であれば、
質入れするよりも買取の場合のほうが、
約2割増しで高値が付く=お金を用意してくれる可能性がある。

大黒屋の買取相場について

引用元:大黒屋の買取について

要するにお金を返す気がなければ、
買取してもらったほうがよい、賢い選択というわけだ。

消費者金融や銀行で返済できない場合はどうなるのか

消費者金融や銀行カードローンの場合、
質屋と違い、無担保で借りることができる。
また保証人を立てる必要もない。

あくまで個人の返済能力から判断し、
返済できると見込まれた場合にお金を借りることができる。

しかし担保がない(※)ため、
借りたお金は必ず返済はしなければならないのだ。

※返済できない場合は保証会社が返済、保証会社から催促される

消費者金融や銀行で返済しない場合のリスクとは

質屋の場合、質流れしたことがあっても、
再び質屋を利用することは可能だ。

なぜなら貸したお金は、
質入れした担保(物品等)で最悪、回収できるからだ。

しかし消費者金融や銀行から借りた場合、
返済しない=踏み倒したとなると、話は別でリスクが生じるのだ。

信用情報機関に事故歴として登録され、行く末は法で裁かれる可能性も…

返済しないとなると、
信用情報機関に事故歴として登録され、
新たに借りることができなくなってしまうのだ(※)。

※詳しくは「金融事故を起こした人がキャッシングできない理由と確認方法を説明しよう」をご覧いただきたい

さらに放置しつづければ、
裁判所から訴状、もしくは支払督促が届く。

要するに法的に裁かれることになるのだ。

質屋を利用するメリットとは

質屋を利用するメリットはズバリ、

  • 質入れできるものがあれば、誰でも現金化できる
  • 返済できない場合は質入れした物を手放すだけ

ということだ。

ちなみに質屋の利息が1.46%以下なら、
消費者金融よりも利息は減らせるため、利用価値はあるだろう。

質屋の場合は月利で計算

質屋で月利1.46%で借りた時の一ヶ月にかかる利息を計算=利息は7,300円

一ヶ月の利息を消費者金融、銀行カードローンと比較

会社利率利息
質屋月利1.46%7,300円
プロミス年利17.8%7,315円
三井住友銀行カードローン年利14.5%5,959円

ただし、これ以上の金利であっても、
消費者金融や銀行カードローンでは借りられず、
もし質入れするものがあるなら、質屋の利用が賢明だろう。

きちんと返済できるなら銀行カードローンも一択

きちんと返済することができる、
消費者金融や銀行カードローンから借りられる人であれば、
わざわざ質屋を利用する必要がないのも確かだ。

そこで候補に挙げるのが銀行カードローンだ。

メガバンク・ネットバンクのカードローン一覧(一部)

銀行名契約限度額(円)金利50万円借りた時の
一ヶ月あたりの利息(※)
三井住友銀行カードローン
詳細を見る
10~800万年4.0%~14.5%5,959円
三菱UFJ銀行カードローン バンクイック
詳細を見る
10~500万1.8%~14.6%6,000円
みずほ銀行カードローン
詳細を見る
10~800万2.0%~14.0%5,753円
楽天銀行スーパーローン
詳細を見る
最大800万1.9%~14.5%5,959円
オリックス銀行カードローン
詳細を見る
最高800万1.7%~17.8%7,315円

※上限金利(金利が最も高い場合)で計算

質屋の質利息で1.5%となれば、消費者金融よりも利息は多くなると考えよう

もしくは質入れしても、
1ヶ月以内に返済できる目途があるなら、
30日間無利息で借りられる大手の消費者金融も一択だ。

つまり、利息はなしで借りることも可能なのだ。

無利息で借りれるサービスがある消費者金融もある

30日間無利息で借りることができるのは、

  • プロミス
  • アイフル
  • アコム

上記の大手消費者金融だ。

中でもプロミスに関して言えば、
利用時の金利(実質年率)もわずかだが低いだけでなく、

会社実質年率
プロミス17.8%
アイフル18.0%
アコム18.0%

審査も無駄な手順もないため、
融資までの時間が早い

急ぎでお金が必要な人にも、
利用価値が大きい消費者金融なのだ。

もしくはお金は必要だが、
質流れするまでの間に完済できない、
でも質流れは嫌だ…という人にも利用価値はあるだろう。

ご自身にとって最良の方法を選んでみてほしい。

タイトルとURLをコピーしました