親和銀行カードローンを調査してわかった特徴と利用する前に知っておきたいこと

3
親和銀行カードローンのバナー画像
親和銀行カードローンのココがおすすめ!
  • 親和銀行の口座とキャッシュカードがあればWEBで完結!
  • 振込融資を利用すれば最短2日で借入可能
  • 口座がなくても申し込み可能

九州、山口県に住んでいる、もしくは親和銀行の普通預金口座を持っている人が利用できるカードローンだ。特徴としては借入時の金利が固定金利であること、普通預金口座とキャッシュカードがあれば、インターネットで融資まで手続きも可能だ。難点としては融資まで2日かかるので急ぎで融資を希望する人には向かないということだろう。

借入限度額実質年率最短融資時間土日融資WEB契約完結
10~1,000万円3.0%~14.5%
(固定金利)
最短2日×
パート・アルバイト専業主婦電話以外の在籍確認総量規制保証人
××対象外不要

親和銀行カードローンの公式サイトはこちら

親和銀行カードローンってどんなカードローン?

親和銀行は九州長崎県周辺地域を営業区域とする地方銀行だ。

親和銀行カードローンの営業区域について

親和銀行カードローンが利用できるのは、

  • 九州に住んでいる人
  • 山口県に住んでいる人
  • 親和銀行の普通預金口座を持っている人

に限られ、全国対応の融資はしていない。

親和銀行カードローンに申込できる人

会社員派遣社員公務員アルバイトパート
自営業水商売専業主婦学生年金受給者
××
  • 20~69歳までの人で安定した収入がある人
  • 保証会社であるSMBCコンシューマーファイナンスの保証が受けられる人

サービス内容や金利などを見ても、
メガバンクのカードローンに迫るスペックを持っているのが特徴だ。

親和銀行カードローンの金利について

利用限度額金利
10万円~100万円14.5%
100万円~200万円12.0%
200万円~300万円10.0%
300万円~400万円8.0%
400万円~500万円7.0%
500万円~600万円6.0%
600万円~700万円5.0%
700万円~800万円4.0%
800万円~1,000万円3.0%

また、メガバンクや大手消費者金融で取り扱っている、
インターネットで手続きを完了できる、WEB完結申込も利用可能だ。

ただ、インターネット申込に対応しているとはいえ、
24時間いつでも申込できるわけではない。

申込ができる時間については、
平日、土曜日、日祝日で異なるので注意が必要だ。

曜日受付時間
平日0:00~24:00
(日祝日の翌日は7:00~24:00)
土曜0:00~21:00
(祝日の翌日は7:00~21:00)
日祝日7:00~21:00

時間外に申込しようとすると、

親和銀行カードローンの時間外に申込した時の画面

申込ボタンが表示されないので、
完全に受付していないというわけだ。

親和銀行カードローンの申し込みから融資までの流れが知りたい

親和銀行の普通口座の有無で、
申込方法だけでなく、融資までの手順は異なる。

まず口座がある場合なら、WEB完結申込が可能なため、
全てインターネット上で手続きが完了できる。

親和銀行の普通預金口座がある(WEB完結申込を利用した)場合

  1. インターネット申込
  2. 審査
  3. カード(※)を発行、郵送
  4. 融資(条件次第で振込融資も可能)

※発行されるカードは借入・返済時に利用する

審査に無事通れば、
条件はある(後で説明する)が振込融資も利用できる

また、300万円以上の融資を希望する場合、
親和銀行のWEB完結申込は利用できないとのことだ。

親和銀行の普通預金口座がない場合

  1. 申込(WEB、電話、郵送、FAX)
  2. 郵送にて契約の手続き
  3. カードを発行、郵送
  4. カードを受け取り
  5. 借入

口座がある場合と違い、
自署、捺印が必要な、契約の手続きが必要となる。

要するに口座がなくても融資はしてもらえるが、
融資までは時間がかかるということだ。

また、郵送されるカードだが、
両申込ともに後日、自宅に届けられる(※)。

※郵送物はカードローン契約である記載はせずに送られてくる

親和銀行カードローンの融資までにかかる時間は?

口座がある場合でWEB完結申込を利用しても、
最短で2日は融資まではかかるため、即日融資はできない。

融資が即日でできない理由は、
貸付の審査に1日かかってしまうためだ。

早くても審査回答は翌日となるため、
融資までは最低でも2日はかかってしまうというわけだ。

親和銀行カードローンの融資までにかかる時間イメージ

また、2日で融資してもらうには振込融資を利用する。

振込融資をしてもらうための条件とは

振込融資をしてもらうには、

  • キャッシュカードを持っていること
  • 口座開設時の住所と現住所が一緒であること

が条件となる。

もし、キャッシュカードを持っていないなら、
手元にカードが届いてからの利用となる。

利用できるようになるまで、
7日程度はかかると考えておいたほうがよいだろう。

親和銀行カードローンの審査について

融資判断の審査は信用情報機関(CIC・JICC)の情報と、
保証会社である「SMBCコンシューマーファイナンス(株)」で行われる。

信用情報機関の情報は過去に支払いの延滞、
遅延、未払い、自己破産、あと他社借入状況などを確認する。

実際に親和銀行カードローンから借入に成功した、
友人、読者を併せた3名について紹介しておこう。

項目スペック
O氏T氏I氏
年齢29歳(独身)33歳(既婚、子2人)42歳(既婚、子1人)
性別男性男性男性
職業工場勤務
(食品加工)
営業職
(製薬会社)
自営業
(雑貨屋)
勤務年数1年6か月5年2か月3年8か月
年収280万円400万円620万円
健康保険社会保険社会保険国民健康保険
親和銀行の口座ありなしあり
他社借入アイフルから30万円なしプロミスから50万円

親和銀行カードローンの利用を考えているなら、
O氏のデータを参考に借入できるか?判断材料にしてみるとよいだろう。

O氏が親和銀行カードローンを利用した理由

ちなみにO氏が親和銀行カードローンを利用した理由は、
現在の借入先よりも金利が低くなるからだった。

O氏は他社借入こそあるが、
返済日はきちんと守り、返済し続けてきた。

年収も決して多くないのだが、
親和銀行で融資決定された金額は50万円だった。

そしてO氏は残債30万円を月々1万円の返済で考えていた。

結果的に利息を比較してみると、
親和銀行カードローンを利用したことで、
返済回数は30回で「13,377円」の利息を節約に成功した。

親和銀行カードローンの在籍確認について

親和銀行カードローンの在籍確認だが、
働いている先へ電話がかかってくるのは、
申込完了後、審査の段階で行われる。

在籍確認だが親和銀行の決まりとして、
電話で行うことが一般的であるとのことだった。

ただし、必ず電話で確認するわけではなく、
審査の結果、必要であれば電話で在籍確認をするとの回答だった。

どのくらいの割合で電話確認が行われているのか、
問い詰めてみるとおおよそ、約7~8割は電話で確認しているとのこと。

在籍確認が電話で行われる割合については、
信憑性を高めるため、今後もデータ集計をしていくつもりだ。

親和銀行カードローンの借入と返済について

借入方法について 下記方法、ATMで借入可能

  • 振込融資
  • 親和銀行ATM
  • 提携ATM

上記方法、ATMで借入可能。

返済方法について

  • 口座引落型の場合
    →親和銀行普通預金口座より引き落とし
    →親和銀行ATM、提携ATMにて随時返済
  • 直接入金型の場合(※)
    →親和銀行ATM
    →提携ATMにて随時返済

※返済はカードローン専用口座へ入金する

提携ATMについて

親和銀行カードローンの提携ATM一覧

提携ATM利用手数料について

曜日親和銀行ATM提携ATM
借入返済借入返済
平日無料無料(※2)108円(※3)108円(※3)
土日祝日108円(※1)無料(※1)216円216円
  • ※1  8:45~18:00のみ利用可能
  • ※2  7:00~8:45、18:00~23:00までは108円
  • ※3  8:45~18:00以外は216円

返済期日について

  • 口座引落型の場合
    →毎月1日~26日の間に返済
  • 直接入金型の場合
    →毎月14日までに返済

借入額に対する実質年率と月々の最低返済額

利用残高実質年率最低返済額
~2,000円以下14.5%全額
2,001~100,000円14.5%2,000円
100,001~200,000円14.5%4,000円
200,001~300,000円14.5%6,000円
300,001~400,000円14.5%8,000円
400,001~500,000円14.5%10,000円

最低返済額の設定は非常に低いため、
毎月の返済を抑えたい人には向いているといえる。

しかし、設定されている返済額だと、
完済まで長期化してしまい、支払う利息も増えてしまう。

例えば、30万円以下の借入をした場合でも、
毎月、最低1万円は返済していきたいところだ。

返済シミュレーション

親和銀行カードローンで10万円、金利14.5%で借入し、毎月1万円返済した場合

返済回数元金返済額利息
1¥100,000¥10,000¥1,192
2¥91,192¥10,000¥1,087
3¥82,279¥10,000¥981
4¥73,259¥10,000¥873
5¥64,132¥10,000¥764
6¥54,897¥10,000¥654
7¥45,551¥10,000¥543
8¥36,094¥10,000¥430
9¥26,524¥10,000¥316
10¥16,840¥10,000¥201
11¥7,041¥7,125¥84
利息合計¥7,125

もし返済額を1万円でなく、
最低返済額の2000円で毎月返済した場合だが、
完済までの返済回数は77回、利息合計は「52,949円」となる。

10万円借りた内の約5割の利息がかかるのだ。

以上のことから、余裕のある時は、
最低返済額(2,000円)+随時返済(8,000円)で返済が良いわけだ。

まとめ!親和銀行カードローンはこんな人もおすすめ!

金利や申込のしやすさなど、スペック的に見れば、
利用可能な地域に住んでいる人なら利用しても良いカードローンだ。

あと返済額設定も非常に低いので、
少しでも毎月に支払いを減らしたい人も利用価値はある。

ただ申込した日中での借入はできないので、
急ぎで融資してもらいたい人には向かないだろう。

親和銀行カードローンの公式サイトはこちら

タイトルとURLをコピーしました