消費者金融のイメージって?借りたことで離婚の危機に陥った経験から分析

更新日:

消費者金融から借りることに後ろめたさがある、
もしくは実際に周囲から虐げられた人はいないだろうか。

実は筆者も実際に経験したことで、
消費者金融から借りたことが、
家族(妻)に知られたことで家庭崩壊の危機、
離婚の危機にまで発展した話から語ろう。

    消費者金融からお金を借りて離婚の危機にまで発展した話

    借りた理由は市府民税を滞納していて、
    それを一括返済しようとした時に借りやすいと考えた、
    消費者金融から20万円ほど借入した。

    借りたまでは良かったが、
    借りたことが発覚したのは自宅に届いた、
    ローン専用カード等が入った封書を家族(妻)が受け取ったからだ。

    受け取った妻は筆者宛の封書を開封、
    そこには誰もが知る大手消費者金融の名前の入った、
    カードなど諸々が同封されていたため、知られてしまったのだ。

    会社勤めをしていない独身の時、
    支払うのが面倒臭くて滞納していた市府民税だったので、
    それを妻に告白するのが見栄からかできなかった。

    結果、借りた理由を問い詰められ、
    「こんなにお金にだらしない人だとは思わなかった。
    しかも消費者金融から借りるなんて!何考えてんの!」
    と罵声を浴びせられた。

    幸い、妻が離婚の相談した友人の夫が、
    ギャンブルでお金を使い込んでしまった挙句、
    同じように消費者金融から借りたことを伝えられ、
    「ウチはまだマシか」と開き直ってくれたことで離婚の危機は去った。

    しかしそれから会話のない日々が続いた。
    今思い出しても非常に酷な時間だったのでよく覚えている。

    この時、つくづく実感したのが、
    消費者金融からの借入=マイナスイメージでしかないことだった。

    これは消費者金融から借りたことが、
    歴史的背景からのマイナスイメージが影響していると考える。

    消費者金融から借りることのイメージが良くない理由を考えた

    一般的にお金を借りる時、
    消費者金融からとなるとイメージが良くない。

    消費者金融のイメージが悪いのは、
    かつて高金利で貸付していた時のイメージがあるからだ。

    また映画やドラマに登場する、
    鬼のような取り立てのイメージも大きいかもしれない。

    またサラ金という言葉も聞いたことがあるだろうか?

    これは「サラリーマン金融」の略称であり、
    または当時、団地に住んでいた人をターゲットに、
    貸付していたため、「団地金融」とも呼ばれていた。

    そしてこの当時の金利だが、
    今では信じられない高金利で貸付していた。
    なんと金利の上限(上限金利)は…30%以上だったのだ。

    金利推移からみた消費者金融(サラ金)の歴史

    では金利はどのくらいだったのか、
    消費者金融(サラ金)の歴史を振り返り、
    上限金利の推移を見てみよう。

    上限金利の推移
    1954年 109.5%
    1983年 73.00%
    1986年 54.75%
    1991年 40.004%
    2000年 29.20%
    2010年 20.00%

    過去の上限金利はこちらと、
    月々の利息も半端なく取られたことになる。

    当時の上限金利による利息がどれだけ凄まじいか計算してみた

    金利もパーセントだとわかりにくいので、
    10万円借り、金利109.5%だった頃の一ヶ月の利息を計算してみた。

    100,000×109.5%÷365×30=9,000円

    一ヶ月に9,000円の利息が付くことになり、
    これを単純に一年で換算すると…

    9,000円×12=108,0001円

    一年経てば、借りた金額(元金)を超えてしまうわけだ。

    これは10万円借りた場合だが、
    100万円借りたとすれば単純に上記利息の10倍となる。
    借りた金額が大きければ大きいほど金利の影響は大きくなる。

    もちろんこれは利息分だけの話であり、
    これに元金返済分を加えた金額を毎月返済していく。

    当然、返済していこうとしても、
    月々の返済が苦しくなった人がいることは想像できる。

    しかし2010年以降はこのような金利で貸付はされていない。
    それは貸付時の金利が利息制限法(※)で決められているからだ。

    ※一定の金利以上で貸付してはいけないと貸金業法の出資法で決められた(引用元:上限金利の引き下げ)

    借りたら金利(実質年率)はかかる

    消費者金融にしても銀行にしても、
    お金を借りれば金利は必ず取られるものだ。

    これは貸す方としては利息で利益を得ているからだ。

    ただ「金利」という言葉は、
    キャッシング会社の公式サイトを見ても、
    最近はほとんど目にすることがないかもしれない。

    そこで注目してほしいのが「実質年率」という言葉だ。

    消費者金融の公式サイトで見かける実質年率とは

    ちなみに実質年率=金利と言わないのは、
    実質年率には貸し手側の色々なコストが含まれているからだ。

    色々なコストとは何か?だが、
    貸し手側の諸費用、事務手数料、管理費などなどが含まれている。

    ただ借り手からすれば、
    実質年率の他、何か請求されることもないので、
    実質的に「金利」と考えて問題はない。

    例えば「プロミス」の場合なら、
    借入利率「4.5%~17.8%」と書かれている部分を、
    「金利」と考えてもらえばよいわけだ。

    ちなみに大手消費者金融、
    メガバンクの銀行カードローンの実質年率(金利)はこちらと、

    会社名 実質年率
    SMBCコンシューマーファイナンス プロミス 4.5~17.8%
    アコム 4.7~18.0%
    アイフル 4.5~18.0%
    SMBCモビット 3.0~18.0%
    三井住友銀行カードローン 4.0~14.5%
    みずほ銀行カードローン 2.0~14.0%
    楽天銀行スーパーローン 1.9~14.5%

    借り入れ先で異なるが、
    利息計算をする時は上記のパーセンテージから、
    計算すれば利息がわかるというわけだ。

    一ヶ月あたりの利息は自分で計算ができる

    利息の計算は各社の公式サイトにある、
    返済シミュレーションを利用すればよいのだが、
    自分で計算することもできる。

    例えば、一ヶ月間借りた場合の利息であれば、

    借りた金額(残債分)×実質年率(金利)÷365×30

    上記の計算式で一ヶ月あたりの利息が計算可能だ。

    例えば、プロミスの場合、
    上限金利が17.8%なのだが先ほどと同様に、
    10万円借りた時の一ヶ月分の金利を計算してみよう。

    100,000×17.8%÷365×30=1,463円

    そして一年間で換算すると、

    1,463×12=17,556円

    利息もこれだけの違いがあるわけだ。

    こう比べてみるとだいぶんと、
    良心的になったと考える事もできる。

    現実的に考えると、
    ヤミ金などから借り入れしない限り、
    暴利で貸付されることはないというわけだ。

    強引な取り立ては存在しない

    今では強引な取り立てというものは存在しない。

    なぜなら強引な取り立てを行えば、
    貸金業法21条により貸し手側は営業停止処分などになるためだ。

    貸金業法21条 取立て行為の規制

    例えば、勤務先に押しかけることや、
    21:00~8:00までの間、電話をかける、
    自宅に訪問することもできなくなっている。

    貸金業法施行規則19条 取立て行為の規制

    要するに借り手側は法律で守られている部分が多く、
    きちんと返済していれば恐れることはないのだ。

    返済しなければ催促はされる

    返済しない場合は借入先から返済の催促はされる。

    催促される手順としては、

    1. 申込時に記載した本人の電話にかかってくる
    2. 催促状が送られてくる
    3. 返済の催促に自宅に訪問
    4. 法的に催促される
    5. 差し押さえ

    となるが貸して側はこの一連の流れの中で、
    恐喝・恫喝といったことはできない。

    だからといって返済せずに放置しておくと、
    信用情報期間のデータに事故歴として登録されるデメリットはある。

    事故歴として扱われるとどうデータに反映されるのか?金融事故に該当する事例の記事を参考にしてほしい

    また返済が遅れた場合の対応だが、
    実は銀行のほうが厳しいことも事実、既に調査済みだ。

    返済できない時の消費者金融や銀行の対応についての記事を参考にしてほしい

    とにかく貸し手側からの、
    催促(連絡)は無視することはおすすめしない。

    借りる時の保証人について

    借りるのに保証人や、
    担保が必要と考える人もいるかもしれない。

    例えば、ドラマで借金取りに追われる人は、
    連帯保証人になってしまった人という設定があるだろう。

    しかし大手消費者金融をはじめ、
    保証人不要、無担保で借入できるところがほとんどだ。

    もしくは銀行カードローンの場合、
    銀行側が何らかの保証会社を立てているためだ。

    メガバンクカードローンの保証会社一覧

    銀行名 保証会社
    三井住友銀行カードローン SMBCコンシューマーファイナンス株式会社
    三菱東京UFJカードローン アコム株式会社
    みずほ銀行カードローン 株式会社オリエントコーポレーション

    ご覧の通り、保証人の心配はしなくても大丈夫だ。

    まとめ!消費者金融から借りることはよくないことなのか?

    ここまで読んでもらうとわかるだろうが、
    消費者金融から借りることは世間のイメージほど、
    怖くもなければ、悪くないということだ。

    たしかに借金をしていることは事実であり、
    むしろ消費者金融から借りていることよりも、
    借金をしていることに後ろめたさを感じるべきだ。

    しかし、無借金で生活できる人が果たして何人いるのだろうか。

    金融庁の「貸金業利用者に関する調査・研究」によれば、
    調査した人数4427人に対し、3年以内に借入を経験した人は、
    「2361人」だったことから約半分は借金をしているデータを公表している(※)。

    ※引用元:貸金業利用者に関する調査・研究(2017年3月31日版)

    借入することを推奨するわけではないが、
    仕方のない理由で借入することは仕方がないことだ。

    ただし、今借りている借入先への返済を、
    借金を返すといったことは断じておすすめはしない。

    要するに毎月返済可能な範囲で借り、
    できれば余裕のある時に上乗せして返済することを薦めたい。