三井住友銀行カードローン

更新日:
三井住友銀行カードローンのバナー画像

三井住友銀行カードローンのココがおすすめ!

三井住友銀行のローン契約機(ACM)でカードを受取後、速やかに借入※1

土日祝でも申込可能

三井住友銀行の普通預金口座がなくても申込可能

借入・返済は三井住友銀行ATMもしくは提携コンビニATMなら手数料無料

※1 正式な審査結果のご連絡は、本人確認書類をご提出いただいた後、最短で翌営業日となります。

筆者が利用時に、対応がスムーズで銀行ならではの金利で融資してくれた経験もある銀行カードローンだ。 三井住友銀行ATMをはじめ、提携コンビニATMなら無料で利用できるなど、サービス面においても充実の 銀行カードローンだ。

借入限度額 実質年率 審査時間 土日融資 WEB契約完結
10~800万円 4.0%~14.5% 翌営業日 ※1 ○ ※2
パート・アルバイト 専業主婦 電話以外の在籍確認 総量規制 保証人
× × - 不要

※1:正式な審査結果のご連絡は、本人確認書類をご提出いただいた後、最短で翌営業日となります。

※2:営業日内に正式な審査通過が必要

三井住友銀行カードローンの公式サイトはこちら

    三井住友銀行カードローンに申込できる人

    会社員 派遣社員 公務員 アルバイト パート
    自営業 水商売 専業主婦 学生 年金受給者
    ○ ※1 × × × ×

    ※1 事業資金としての資金使途は不可

    20~69歳までの人で安定した収入がある人

    保証会社であるSMBCコンシューマーファイナンス株式会社の保証が受けられる人

    申込~借り入れまでの手順について

    「WEB完結」申込が可能な場合

    三井住友銀行の普通預金口座と、
    キャッシュカードを持っていれば、以下の手順でWEB完結申込が可能だ。

    では、申込から借入までの流れを見てみよう。

    • カードローンの申込
    • 本人確認書類の提出・審査
    • 審査結果の連絡
    • 契約&利用開始

    このWEB完結申込であれば、
    契約後、手持ちのキャッシュカードですぐに利用可能だ。

    ちなみにWEB完結以外の申込の場合、
    借り入れは手元にカードが届くのを待つ(※)か、
    三井住友銀行のローン契約機、もしくはプロミスの無人契約機で、
    カードを発行すれば、すぐに利用できる。

    ※カードを郵送してもらう場合、~7日程度はかかる

    三井住友銀行カードローンで借りるまでにかかる時間が変わった

    2018年1月以降の即日融資は行っていない。
    以下、最短で借りるための情報を解説しよう。

    即日融資を行っていない理由として、
    即日での審査はできなくなったことが原因だ。

    審査時間に対する三井住友銀行側の回答としては、
    「本人確認書類の提出と確認のため」とのことだが、
    最短2日程度で借り入れできる可能性はある

    あとは三井住友銀行の普通預金口座の有無で、
    最短融資までの手順は異なってくる。

    三井住友銀行に口座がある場合

    口座があれば、インターネットから申し込み、
    手持ちのキャッシュカードにローン機能を付けてもらう、
    これが最短で借りる手順となる。

    ローン機能は申込後に行われる、
    審査回答の電話があった後に自動的に付けられる。

    つまり、審査回答で融資OKとなれば、
    その後すぐに提携ATM等で借りることができるわけだ。

    審査時間については、ホームページにも「正式な審査結果のご連絡は、本人確認書類をご提出いただいた後、 最短で翌営業日となります。」と記載がある。そのことからもあらかじめ本人確認書類を手元に用意しておいた方がス ムーズだと考えている。

    手持ちのキャッシュカードが古い場合はどうなるのか?

    三井住友銀行に統合されてしまった、
    銀行のキャッシュカードを利用している場合、
    ローン専用カード等の発行が必要となるか聞いてみた。

    回答として手持ちのキャッシュカードで普段、
    三井住友銀行の普通預金口座を利用できるなら、
    問題なく使えるため、新しく発行することはないとのことだった。

    三井住友銀行に口座がなくてもカードローンは利用できる

    三井住友銀行に普通預金口座がなくても利用は可能だ。

    なぜなら、カードローン契約と同時に、
    カードローン専用口座が作られるからである。

    そして借入・返済はローン専用カードで、
    三井住友銀行ATM、もしくは提携のコンビニATMなどで利用できる。

    ちなみにローン専用カードだが、
    申し込み方法によって発行方法が異なる。

    インターネット申込の場合

    インターネットで申込した場合だが、
    審査結果が電話にて連絡があった後にローン契約機にて、
    ローン専用カードを発行すればOKだ。

    もし近くにローン契約機がない場合、
    郵送で送ってもらうことも可能だ。

    ローン契約機にて申込した場合

    ローン契約機に直接行き、
    申し込みした場合だが手順は以下の通りとなる。

    • ローン契約機にて申込
    • 仮発行されたローン専用カードを受け取る
    • 審査通過の電話がかかってくる
    • 仮発行されたローン専用カードが利用可能となる

    要するにローン契約機に出向いても、
    その場で受け取るローン専用カードですぐには借りられない。

    なので、直接ローン契約機にて、申込するメリットはないともいえる。

    また仮発行されるカード自体、
    審査通過後には実際に利用するローン専用カードとなる。

    別途、ローン専用カードが発行されないので、
    審査結果が出るまではなくさないようにしよう。

    三井住友銀行カードローンの在籍確認について

    三井住友銀行カードローンの在籍確認は、
    審査の過程で勤め先への電話にて確認される。

    手順としてはまず申込した本人宛に、
    三井住友銀行から申し込み確認の電話が入り、
    その後、審査が進められていく中で在籍確認が行われる。

    なので、申し込み確認の電話があった後、
    在籍確認の電話がかかってくる(※)と考えておこう。

    ※筆者がかつて申込した時は30分以内に電話がかかってきた

    ちなみに在籍確認は会社(銀行)名を名乗らず、
    「○○さん、いらっしゃいますか?」といった感じで電話がかかってくる。

    …が、会社名を名乗らず電話がかかってくるとなると、
    困るという人もいるのではないだろうか。

    まずは申し込みした本人への電話は申込後、
    早ければ30分以内にご自身宛に電話があるそうなので、
    電話に出られるようにしておこう。

    またメールで申込確認が届く場合もある。

    申込時に入力した、
    メールアドレスへ連絡があるかもしれないので確認しておこう

    もしメールで届いた場合、
    すぐに三井住友銀行カードローンプラザへ連絡、
    在籍確認について相談することだ。

    三井住友銀行カードローンプラザ:0120-923-923

    三井住友銀行カードローンにおける在籍確認の土日対応について

    土日だと会社が休みの場合、
    在籍確認の電話に誰も出てくれない時もあるだろう。

    このように電話をかけて不在の時だが、
    月曜日以降の営業日に在籍確認の電話確認をするそうだ。

    収入証明書の提出について

    収入証明書の提出だが、
    申込→本人に申込確認の電話があった後、
    本審査に入るタイミングで、

    • 専用FAX番号に送る
    • メールに送られてくるURLから必要書類をWEBから提出する
    • 三井住友銀行のローン契約機に設置されたカメラから送る

    のいずれかだ。

    三井住友銀行カードローンの無人契約機で本人確認書類を提出した時の写真

    ちなみにローン契約機で書類を提出した後、
    審査結果の電話がかかってくるまでかかる時間は、
    2~7日程度かかるのでWEBからの提出が望ましいだろう。

    SMBCダイレクト経由で申し込む場合の注意点

    もしSMBCダイレクト経由で申し込む場合は注意点がある。

    それはカードローン申込時の個人情報(名前・住所など)と、
    SMBCダイレクト登録時の個人情報が一緒であることだ。

    もし銀行口座開設時の登録情報(住所)が異なる場合、
    まずは情報の訂正処理をしておかないとスムーズに手続きできないためだそうだ。

    三井住友銀行カードローンなら土日祝日でも契約、カード発行が可能!

    一般的に銀行カードローンは、
    土日祝日は契約手続きができないところが多い。

    しかし三井住友銀行カードローンなら、

    • プロミスの自動契約機
    • 三井住友銀行ローン契約機

    を利用することで、カード発行が可能なのだ(※)。

    ※土日の審査は不可の為、前営業日までに審査通過が必須

    ※審査の回答に2~3日かかるので最短で申込翌日以降と考えてほしい

    プロミスの自動契約

    審査に通過すれば後は、
    契約とカード発行をプロミスの自動契約機、
    もしくは三井住友銀行ローン契約機で行う流れとなる。

    プロミスのローン契約機は9:00~22:00、
    三井住友銀行のローン契約機は9:00~21:00まで利用可能なので、
    夕方以降での契約も可能と利便性も抜群だ。

    ※店舗により時間は異なるので要確認。

    契約、カード発行可能な契約機については、
    公式サイト ローン契約機検索」を参照いただきたい

    三井住友銀行公式サイトからおまとめローンや借り換えの記載が消えた

    2017年5月14日以降、
    三井住友銀行の公式サイトから、
    おまとめローン、借り換えについて削除された。

    三井住友銀行カードローン公式サイトから削除されたおまとめローン、借り換えの表記画面

    2017年4月以降、過剰融資防止の流れから、
    収入証明書の提出だけでなく、おまとめローンについても、
    見直しが計られたというわけだ。

    50万円以上の融資に収入証明書の提出が必要か確認してみた

    三井住友銀行カードローンは、
    50万円を超える申込に対し、収入証明書の提出が必要とのこと。

    収入証明書として認められるのは、
    下記、いずれかの物だ。

    • 最新の源泉徴収票
    • 最新の給与明細3か月以内の一ヶ月分
    • 課税通知書、納税証明書、所得証明書のいずれか(税務署の印鑑要)

    提出は申込後、仮審査が完了した後、
    50万円以上の融資を希望するなら、WEB、FAX、
    もしくは三井住友銀行の ローン契約機で提出が必要となる。

    三井住友銀行は年収に対しいくらまで融資してくれるのか聞いてみた

    三井住友銀行カードローンだが年収に対し、
    いくらまで融資をしてくれるのか?確認してみたところ、
    年収だけでなく、様々な情報を複合的に見て判断するとのこと。

    年収が多いからといって、
    融資額が増えるわけではないと強調していた。

    筆者もヘビーユーズ!大型融資をしてくれた銀行カードローン!

    筆者も三井住友銀行カードローンは利用しているが、
    驚きだったのは希望した金額を融資してくれたことだった。

    筆者の三井住友銀行カードローンのキャッシュカード

    ↑かなり年季が入っているが筆者の三井住友銀行カードローンのキャッシュカードだ。

    ちなみに筆者には初回でも150万円の融資をしてくれた。

    また利用額が大きくなれば金利も低くなる。

    利用限度額(契約時の借入金額) 実質年率
    100万円以下 12.0~14.5%
    100万円超200万円以下 10.0~12.0%
    200万円超300万円以下 8.0~10.0%
    300万円超400万円以下 7.0~8.0%
    400万円超500万円以下 6.0~7.0%
    500万円超600万円以下 5.0~6.0%
    600万円超700万円以下 4.5~5.0%
    700万円超800万円以下 4.0~4.5%

    金利は銀行カードローンの中でも、
    筆者も好条件で借り入れできた(※)銀行カードローンだった。

    ※150万円の融資で下限金利の10%で利用できた

    三井住友銀行カードローンの借入と返済について

    借入方法について 下記方法、ATMで借入可能

    • 三井住友銀行ATM
    • ゆうちょATM
    • 提携ATM
    • SMBCダイレクトを利用した「振込・振替」取引(※)

    SMBCダイレクト契約者のみ

    返済方法について 下記方法、ATMで返済可能

    返済はカードローン専用口座へ返済していく

    • カードローン口座への振込
    • 三井住友銀行ATM
    • 三井住友銀行普通預金口座からの自動引き落とし(※1)
    • ゆうちょATM
    • 提携ATM
    • 普通預金口座からカードローン口座への振替(※2)

    ※1 もし口座に残高がない場合は滞納扱いとなるので注意が必要

    ※2 SMBCダイレクト契約者のみ

    提携ATMについて

    三井住友銀行カードローンの提携ATM

    ※E-netマークのあるコンビニで利用可能

    提携コンビニATM利用手数料について

    • 無料(ATM時間外手数料も無料)

    返済期日について

    • 5、15、25日、月末から選択可能

    借入額(~50万円まで)に対する月々の最低返済額

    利用残高 最低返済額
    2,000円未満 約低返済時の利息と借入残高の合計額
    2,000円~10万円以下 2,000円
    10万円~20万円以下 4,000円
    20万円~30万円以下 6,000円
    30万円~40万円以下 8,000円
    40万円~50万円以下 10,000円

    三井住友銀行カードローンの最低返済額だが、
    他行のカードローンと比べても少額返済に対応している。

    返済額はなるべく少なくしたいなら、
    利用する価値は大いにあるといえるだろう。

    あとは最低返済額での返済は、
    利息が大きくなることだけは覚えておこう。

    返済シミュレーション

    三井住友銀行カードローンで10万円、金利14.5%で借入し、毎月1万円返済した場合

    返済回数 返済額 元金 利息 残高
    1 ¥10,000 ¥8,792 ¥1,208 ¥91,208
    2 ¥10,000 ¥8,898 ¥1,102 ¥82,310
    3 ¥10,000 ¥9,006 ¥994 ¥73,304
    4 ¥10,000 ¥9,115 ¥885 ¥64,189
    5 ¥10,000 ¥9,225 ¥775 ¥54,964
    6 ¥10,000 ¥9,336 ¥664 ¥45,628
    7 ¥10,000 ¥9,449 ¥551 ¥36,179
    8 ¥10,000 ¥9,563 ¥437 ¥26,616
    9 ¥10,000 ¥9,679 ¥321 ¥16,937
    10 ¥10,000 ¥9,796 ¥204 ¥7,141
    11 ¥7,227 ¥7,141 ¥86 0
    利息合計 ¥107,227 ¥100,000 ¥7,227 0

    毎月1万円の返済をした時に支払う利息に対し、
    最低返済額2,000円で返済し続けた時の利息を計算すると、
    54,160円となるため、約7倍近い利息を支払うことになる。

    最低返済額で返済し続ければ、
    利息は増えるので三井住友銀行を喜ばせることにはなる。

    しかし、ご自身にとっては、
    無駄な利息は少しでも支払わないためにも、
    返済が厳しい月以外は上乗せして返済していくことだろう。

    まとめ!近くに三井住友銀行カードローンはこんな人におすすめ!

    三井住友銀行の普通預金口座があれば、
    インターネットから申し込みするのが、スマートな申込方法だ。

    もし口座がなければインターネット申込後、
    ローン契約機でローン専用カードを発行するのが、
    スムーズに借り入れできる方法となる。

    ちなみに借入・返済においても、
    提携コンビニATM手数料が無料で利用できるだけでなく、
    全国で目にするゆうちょ、銀行ATM、提携コンビニATMで利用可能、
    何かと使い勝手の良い銀行カードローンだ。

    三井住友銀行カードローンの公式サイトはこちら