即日融資可能なカードローンの現状と即日に借入を成功させる4つのポイント!

申込したその日に借りれる、
いわゆる即日融資が可能なのが消費者金融や、
銀行のカードローンの魅力の一つだった。

しかし即日融資可能なカードローンが変わった。

それは2018年1月以降、
銀行カードローンの個人向け融資が、
即日融資が停止になったからだ。

これにより銀行カードローンは、
申込した日中の即日融資が不可能になった

筆者にとっても銀行カードローンの、
即日融資停止の話は近年最大にインパクトのある話題だった。

そもそも事の発端は2017年4月以降、
銀行カードローンの融資が問題視されてから、
融資における基準が変わってきたのだ。

銀行カードローンにおける即日融資停止の背景

銀行カードローンの過剰融資から端を発し、
その融資の在り方が問題視され話題になっていたが、
即日融資が停止となったのは驚きだった。

各銀行共に即日審査、即日融資アピールし、
すぐに借りれるイメージはCMでもおなじみだった。

問題となった過剰融資について

過剰融資の原因にもなったのだが、
銀行からの融資は総量規制の対象にならなかった。

総量規制については↓も参考にしてほしい

借り手の返済能力を見計らず、
融資していた実態は融資における判断を、
外部機関(保証会社)に任せていたことだけではない。

そもそも銀行カードローンの審査に問題があった

実は筆者も銀行カードローンの審査には、
いささか疑問を持っていた。

銀行カードローンの審査は概ね、
保証会社である消費者金融にほぼ一任していたことだ。

特に地方銀行のカードローンともなると、
審査は外部機関である保証会社に丸投げしているケースを散見した。

筆者も電話調査を行っていた際、
自社のカードローンの商品性以外はわからない、
「保証会社に一任しています」といった回答も多かったのだ。

なぜ銀行は融資の審査を保証会社任せにできていたのか

それはカードローンという商品が、
銀行にとっては利益を生む、魅力的な商品だったからだ。

また返済が滞った時は、
保証会社が代位弁済してくれるといった、
銀行からすればローリスクハイリターンな商品、
それがカードローンだったわけだ。

事実、カードローンの利益率の高さから、
ノルマも存在していたという話も持ち上がっていた。

しかし今後は銀行カードローンの融資に対し、
厳しい目が向けられていくことになる。

そして審査の在り方をを見直すことにもなった。

銀行カードローンの即日融資は審査が厳しくなったことで不可能になった

銀行カードローンの即日融資が難しくなった理由として、
即日中に審査結果を出せなくなったことが大きい。

これは今までのように保証会社、銀行の審査以外に、
預金機構機関(DICJ)へのデータ照合、確認が必要となったためだ。

残念だが即日融資を希望するのであれば、
銀行カードローンは候補から外すしかないだろう。

即日融資を希望するなら消費者金融を選ぶべし!

以上のことから即日融資を希望するなら、
今後は消費者金融のカードローンのみとなっていくだろう。

しかし消費者金融と聞くと、

  • 高金利
  • 怖い
  • 消費者金融から借りるのを知られたくない

などなどといった、
ネガティブなイメージを持っている人も少なくない。

しかし実のところ、そこまで、
銀行のカードローンと変わらないともいえるのだ。

金利は低いとは言わないが使い方次第

金利は確かに高めだ。

一般的な銀行と、
消費者金融のカードローンを比べると

カードローンの種類金利
銀行14.5%
消費者金融18.0%

4%程度の差があるわけだが、
実際にこの金利差で返済時に支払う、
月々の利息をみてみよう。

利用額金利14.50%金利18.00%
10万円¥1,192¥1,479
30万円¥3,575¥4,438
50万円¥5,959¥7,397
100万円¥14,795¥11,918

50万円ぐらいまでの差は、
数百円程度にとどまることがわかる。

要するに利用する金額次第では、
そこまで大きな利息差は生まないのだ。

返済をきちんとしていればこわくない

怖いというイメージはどこからきたのか、
おそらく、ドラマや映画などの取り立てシーンや、
かつてサラ金と呼ばれていた時代を知る人ではないだろうか。

しかしそのようなことはあり得ない。

毎月きちんと返済していれば、
全くそのようなことはあり得ないだけでなく、
そもそも貸金業法という厳しい法律下の元、営業している。

この貸金業法は借り手を守るために、
様々な制約を定めている(※)わけだがもし破れば、
業務停止など厳しい処分が待っている

※引用元:貸金業法について

大手の消費者金融であれば、
処分を受けるようなリスクを冒すことは考えられないのだ。

大手消費者金融の融資までにかかる時間について

大手の消費者金融であれば、
審査さえスムーズに済めば、即日の融資は可能だ。

借入できるようになるまでの時間は、
申込したタイミング、手続きによって誤差は生じるが、
概ね、1時間~と見ておくとよい。

借りても知られない消費者金融もある

インターネットで手続きを完了できる、
ローン専用カードの発行なしでも利用できるなど、
利用している本人以外に知られにくい消費者金融もある。

どこなら知られずに借りることができるのか?詳しくは「キャッシングしてもバレずにお金を借りる」の記事をご覧いただきたい。

筆者としては銀行から借りるのと比べれば、
金利がやや高いこと、総量規制の対象になるぐらいが、
消費者金融から借りるデメリットと考えている。

では最後に即日融資を希望する場合、
申込~契約までおさえておきたいポイントも紹介しておこう。

即日に借入を成功させる4つのポイント!

即日に今すぐ借りたい人であれば、
以下4つのポイントは絶対におさえてほしい。

  • 午前中、それもできれば早い時間にWEBから申し込む
  • 申込時の個人情報は絶対に入力ミスしない&嘘は書かない
  • 消費者金融・銀行からかかってくる電話はキチンと出る
  • 申込~契約に必要な書類は用意しておく

何故なのか?解説しよう。

午前中、それもできれば早い時間にWEBから申し込む

お金を振り込みしてほしい場合、
振込先金融機関の営業時間内に契約を完了させておく必要があるからだ。

もし金融機関の営業時間が14:50の場合なら、
余裕をもって、14:30までには契約を完了させておく。

審査時間も考慮すると、
申し込み~契約までは最低でも1時間程度はみておきたい。

逆算すると最低でも13時前には、
申し込みを完了させておきたいところだ。

またできるだけ早い時間申し込む必要なのは、
申し込みした順番に審査、契約手続きが行われるためである。

申し込みが殺到している場合は、
契約までの時間がかかってしまう可能性があるため、
できるだけ早く申し込むことが即日融資成功のカギを握るわけだ。

申込時の個人情報は絶対に入力ミスしない&嘘は書かない

申込時には個人情報をはじめ、
様々な情報を入力していくわけだが、入力内容を間違えない、
さらに絶対にしてほしくないことが、嘘の情報は記載しないということだ。

まず個人情報の間違いがあると訂正する手間がかかるため。

そして嘘の情報…例えば、
他社からの借り入れしている金額や件数を偽っても、
消費者金融などであれば、信用情報機関の情報から、
ご自身の借り入れ状況を確認した時に絶対にバレてしまうものだ。

「わかっているなら入力させるなよ!」といいたくなるが、
自己申告させる点は借り手の人間性を見ているのではないかと。

また「いくら借りているかわからない」というのであれば、
「お金の管理はきちんとできていない人」と見ることもできる。

とにかく、信用情報機関の情報と相違があることで
マイナス要因として印象に残る可能性があることは十分に考えられるわけだ。

消費者金融・銀行からかかってくる電話はキチンと出る

とにかく申し込みした借入先から、
自身の携帯電話などにかかってくる電話にはきちんと対応することだ。

なぜなら申し込みの有無、個人情報、借り入れ限度額など、
確認のためにかかってくる電話のため、電話にでないとなると、
その後の手続きに支障をきたす場合があるからだ。

申し込み後は電話に出れるようにしておこう。

申込~契約に必要な書類は用意しておく

「身分証明書」「収入証明書」は用意しておこう。

借入に必要な本人確認書類

収入証明書は借りる金額によるが、
「源泉徴収票」「直近の給与明細」などは普段、
携帯しないはずなので、事前に用意しておきたいところだ。

以上、本気で今すぐに借りたいのであれば、
これら4つのポイントをおさえておこう。

まとめ!カードローンで即日融資を希望するならココ

借り手からするとメリットの多かった、
銀行カードローンの優位性がなくなりつつある今、
即日融資を希望するなら消費者金融を上手く利用することだ。

また即日融資を成功させるためのポイントをおさえつつ、
申込~契約までをスムーズに行うことだ。

ちなみに融資までの時間が非常に早く、
アプリローンでかんたん申込もできる「プロミス」はおすすめだ。

即日融資を考えているなら、
ぜひ候補に挙げてほしいカードローンだ。

タイトルとURLをコピーしました