ソニー銀行カードローン

更新日:
ソニー銀行カードローンのバナー画像

ソニー銀行カードローンのココがおすすめ!

カードローントップクラスに低金利!

初回のみ他行への振込融資にも対応

在籍確認は相談次第で書類での確認が可能

ソニー銀行の口座があれば郵送物なしの可能性アリ

ソニー銀行カードローンはトップクラスの低金利融資をしてくれるだけでなく、口座がなくても借り入れ可能、さらに初回融資に関しては振り込みも対応してくれる。また貸付時の金利も銀行カードローン内でもトップクラスに低金利と銀行カードローンから借り入れを考えているなら、是非候補に入れていただきたい。

借入限度額 実質年率 最短融資時間 土日融資 WEB契約完結
10~800万円 2.5%~13.8% 2日~ ×
パート・アルバイト 専業主婦 電話以外の在籍確認 総量規制 保証人
× ○(要相談) 対象外 不要

ソニー銀行カードローンの公式サイトはこちら

    ソニー銀行カードローンってどんなカードローン?

    テレビCMなどで見かけない知る人ぞ知る、
    銀行カードローンゆえ、知らないことが多いかもしれない。

    ソニー銀行はネットバンキングでカードローンの中でも、
    トップクラスの低金利で融資をしてくれるのが特徴だ。

    ソニー銀行カードローンに申込できる人

    会社員 派遣社員 公務員 アルバイト パート
    自営業 水商売 専業主婦 学生 年金受給者
    × × ×

    20~65歳までの人で安定した収入がある人

    保証会社であるアコム株式会社の保証を受けられる人

    ソニー銀行の普通預金口座がないと利用できない

    もしソニー銀行の口座がない場合は、
    利用できないため、申込と同時に口座開設も行う。

    ただ融資をしてもらう場合、
    初回だけソニー銀行以外の口座へ振込融資が可能だ。

    ちなみに初回融資を希望する人は、
    仮審査後の必要書類提出するタイミングで、
    振込先の普通預金通帳かキャッシュカードの表面、
    あとは本人確認書類(申込時の名前と住所と同じ物)の送付が必要となる。

    借入返済用のカードは後日、
    郵送にて送られる(※)ので、到着まで7~10日ほどはかかるそうだ。

    ※本人限定郵便にて送られてくる

    初回振込融資について

    ソニー銀行に口座がない場合でも、
    初回融資に限り、自身の指定する金融機関に振込してくれる

    また、振込融資ができない金融機関はまず「ない」とのこと。

    全銀ネットワーク(全国銀行融資決済ネットワーク)に登録されている、
    金融機関なら問題なく振込は可能だそうだ。

    全銀ネットワークの公式サイト画面

    全銀ネットワーク:https://www.zengin-net.jp/

    ただし振込が可能な時間帯は、
    14:30までに振込依頼ができれば当日中、
    それ以降の場合は翌日(金融機関の営業日)となる。

    口座は開設必須?もし開設するならどうしたらよいの?

    毎月の返済はソニー銀行の円普通預金口座からのみ、
    口座開設は返済の上で必須となる。

    もし口座を持っていない場合だが、
    事前に口座開設してからカードローンに申し込むより、
    カードローン申込と同時に口座開設がおすすめ(※)とのことだった。

    ※申し込みと同時に口座開設したほうが手間もかからず、開設までの時間も早いそうだ

    申込~借入までの手順について

    申込から契約までの流れ
    • 申込
    • 仮審査
    • 仮審査結果をメールにてお知らせ
    • (必要書類の提出…必要な人のみ)
    • 本審査
    • 契約
    • 借入

    提出する必要書類は、
    「50万円以上の融資を希望する人」
    「外国籍の人」が該当し、提出書類は以下のものとなる。

    必要書類
    50万円以上の融資を希望する場合、
    右記いずれか1点のコピー
    源泉徴収票、住民税課税決定通知書、確定申告書、
    課税証明書、納税証明書(その1・その2)
    外国籍の人の場合
    永住許可を確認できる、
    右記書類のいずれかコピーを1点
    在留カード、特別永住者証明書

    該当しない人であれば、特に提出する必要はない。

    よって、本審査の結果が出るのを待つだけOK、
    本審査の結果はメールにて知らされる。

    ソニー銀行キャッシュカードがローン専用カードして使用できる場合もある

    手持ちのキャッシュカードがそのまま、
    ローン専用カードとして使える場合、 自宅に郵送物は届かない。

    手持ちのキャッシュカードによっては利用不可。カード発行パターンで利用可能か確認してみよう

    もしキャッシュカードがローン専用カードとして、
    利用できない場合届くのを待ってからの利用か、
    MONEYKitテレホンバンキング経由で借入するかだ。

    ソニー銀行カードローンの仮審査と本審査について

    ソニー銀行でも他社と変わりなく、

    • 仮審査
    • 本審査

    の二段階で審査を行うと明言している。

    仮審査は申込した後、
    信用情報機関の情報を参照に、
    過去、現在の借入で問題がないかを確認する。

    本審査では仮審査の結果に合わせ、
    今、融資してもきちんと返済できる人なのかを、
    本人確認や収入状況、在籍確認を行い、融資の最終判断をする。

    ちなみにソニー銀行に聞き込みした時に、
    この仮審査と本審査について、面白い話が聞けた。

    仮審査の時点で融資額(利用限度額)が伝えられる

    仮審査の結果と同時に融資できる金額(融資額)、
    利用限度額を本人に電話にて伝えられる。

    伝えられた融資額が、
    金額的に問題ないかを確認するというのだ。

    もし問題がなければ、承認してもらい、
    その後、本審査に進むといった手順をとるそうだった。

    つまり仮審査で提示された融資額に不満があれば、
    本審査に行く前に断ることも可能ということだ。

    仮審査で提示される融資額は確定されたものではない

    ただ腑に落ちない点が一つ、
    仮審査で承認された貸付限度額も、
    伝えられた額面から減額される時もあるそうで、
    「減額された場合はご理解いただけたら…」と言っていた。

    このことからあくまで仮審査で伝えられる、
    融資額は予定額であり、またソニー銀行側が、
    無駄な手続きをしないためものであるとも判断できる。

    正直なところ、
    申込者には特にメリットはないといえるだろう。

    ちなみに仮審査時に伝えられる融資額よりも、
    増額されて貸付限度額が設定されることはないとのことだった。

    ソニー銀行カードローンの審査ってどこが行っているの?

    申込時の同意事項、
    赤線を引いている部分を見てもらうとわかるのだが、

    ソニー銀行カードローンの審査はアコムが行っている

    ソニー銀行、第三者機関だけでなく、
    消費者金融大手のアコムでも行われるのだ。

    ここでポイントなのが、
    貸付の可否を判断するのはアコムであることだ。

    これは一般顧客相手に貸金業を長年営んでいる、
    消費者金融のノウハウ利用しているわけだ。

    ちなみにこのアコムだが、
    消費者金融の中でも新規貸付実績が高めなのも特徴だ。

    新規貸付実績が高めということは、申し込みをして借入できた人が多いということだ

    ソニー銀行カードローンは在籍確認の電話はいつかかってくるの?

    申し込み時に記載した勤め先で本当に働いているのか?
    確認するために会社に在籍確認の電話がかかってくる。

    在籍確認が行われるタイミングは申込手順で見ると、

    1. 申込
    2. 仮審査
    3. 本審査←在籍確認はココ

    この中でいうと本審査の時だ。

    なので、融資を行うかを決める、
    審査の重要事項と位置付けられているのだ。

    ちなみに銀行から融資を受ける場合、
    この在籍確認はほぼ9割の銀行が電話での確認をしている。

    しかし、ソニー銀行の在籍確認は、
    電話以外の方法でも在籍確認は可能なのだ。

    電話以外で在籍確認を行いたい場合

    申し込み後にその旨をソニー銀行側に伝えればOKとのことだった。

    連絡先は申込完了画面に表示される、
    ソニー銀行専用ダイヤル(※)に申し込み後に連絡し、

    「在籍確認の電話を会社にあると困るので他の方法でお願いできますか?」

    …などと相談してほしいとのことだった。

    ※ソニー銀行専用ダイヤル:0120-365-386

    あと電話に代わりに必要となる、
    在籍を証明する書類等々に関してだが、
    ケースバイケースとのことで明言してくれなかった。

    ただ筆者の経験上、身分証明書や、
    源泉徴収票といった収入証明書を用意しておけば問題ないだろう。

    ソニー銀行カードローンの利用に必要な書類(運転免許証,パスポート)

    おまとめローンに利用することってできるの?

    おまとめローンという形で案内はしていないが、
    ソニー銀行カードローンは使い道自由なので、
    他社の返済に回そうが自分で使おうがは自由ということだ。

    ただし、複数から借り入れしている場合、
    ソニー銀行カードローンから借りるのは難しいと考えている(※)。

    ※詳しくは「他社で複数借入しているとカードローンの利用は難しい!」をご覧いただきたい

    ちなみにソニー銀行カードローンは、
    銀行カードローン中、月々の最低返済額は低い部類に入る。

    おまとめローンに限らず、
    月々の返済額をとにかく減らしたい!人にはおすすめできる。

    50万円以上借りる場合は収入証明書の提出が必須。

    ソニー銀行カードローンの強みをスタッフに聞いてみました!

    ソニー銀行カードローンの強みは、

    • とにかく業界トップクラスの低金利
    • 利用できるコンビニATMがとにかく便利
    • 利用限度額が800万円と大型融資も可能

    とのこと。

    この中で気になったのが、
    どうしたら800万円の大型融資をしてくれるのか?ということだ。

    …答えとしては、予想はしていたのだが、
    年収や現状の借り入れ状況、履歴を含めての判断次第とのことだった。

    ただ大型融資の話をしていて興味深かったのが、
    「年収以上の融資が可能な場合はあります」との回答と、
    「消費者金融ではないので」というキーワードが頻出したことだ。

    あくまで個人的な想像だが、銀行である誇りと、
    融資に対して前向き積極的な貸付姿勢の表れと筆者は感じた。

    ソニー銀行カードローンの借入と返済について

    借入方法について 下記方法、ATMで借入可能

    • 振込融資(※)
    • Moneykit
    • テレホンバンキング
    • 提携ATM

    返済方法について 下記方法、ATMで返済可能

    • ソニー銀行普通預金口座から引落のみ(※)

    ※提携ATMからの返済は上乗せ返済として扱われる

    提携ATMについて

    ソニー銀行カードローン提携ATM一覧(イオン銀行,セブン銀行,ゆうちょ銀行,E-net,ローソンATM,三井住友銀行,三菱UFJ銀行)

    イオン銀行では返済は不可能

    提携ATMの利用手数料について

    セブン銀行、イオン銀行ATMは借入・返済が無料で利用可能。
    他ATMからの返済は無料、借入時は月4回までは無料(以降は108円)。

    返済期日について

    • 2、7、12、17、22、27日のいずれかから設定可能

    借入額に対する金利と月々の最低返済額

    利用残高 金利 最低返済額
    1~100,000円 13.8% 2,000円
    100,001~200,000円 13.8% 4,000円
    200,001~300,000円 13.8% 6,000円
    300,001~400,000円 13.8% 6,000円
    400,001~500,000円 13.8% 8,000円

    最低返済額は全銀行カードローン中、
    トップクラスに低い返済額設定をされているといっても過言ではない。

    月々の返済額を減らしたい人には、
    正にうってつけの銀行カードローンといえる。

    ただし、返済額が少ないということは、
    返済が長期化する可能性も高いともいえるわけだ。

    余裕のある時は上乗せ返済など、
    多めの金額を返済していったほうがよい。

    なぜならいくら低金利とはいえ、
    最低返済額での返済は利息がかさむからだ。

    どういうことか?
    シミュレーションしてみよう。

    返済シミュレーション

    ソニー銀行カードローンで10万円、金利13.8%で借入し、毎月1万円返済した時

    返済回数 元金 返済額 利息
    1 ¥100,000 ¥10,000 ¥1,134
    2 ¥91,134 ¥10,000 ¥1,034
    3 ¥82,168 ¥10,000 ¥932
    4 ¥73,100 ¥10,000 ¥829
    5 ¥63,929 ¥10,000 ¥725
    6 ¥54,654 ¥10,000 ¥620
    7 ¥45,274 ¥10,000 ¥514
    8 ¥35,788 ¥10,000 ¥406
    9 ¥26,194 ¥10,000 ¥297
    10 ¥16,491 ¥10,000 ¥187
    11 ¥6,678 ¥6,753 ¥76
    利息合計 ¥6,753

    毎月1万円の返済の場合に対し、
    最低返済額(2,000円)で返済し続けた場合だと、
    支払う利息合計は48,478円となる。

    いくら金利の低いソニー銀行でも、
    最低返済額での返済では利息は増えてしまうのだ。

    もし余裕のある時であれば、
    最低返済額よりも上乗せして返済していければベストだろう。

    まとめ!ソニー銀行カードローンはこんな人におすすめ!

    ソニー銀行の口座があれば、
    急ぎの融資にも対応してもらえるだけでなく、
    上限金利もトップクラスの条件で利用できるのは魅力。

    またソニー銀行に口座がなくても、
    初回振込融資を利用すれば、スピーディーな借入も可能だ。

    ただ即日融資希望などとにかく急ぎであれば、
    即日融資可能なプロミスなどがおすすめだ。

    ソニー銀行カードローンの公式サイトはこちら