住信SBIネット銀行ミスターカードローンを調査してわかった特徴と利用する前に知っておきたいこと

3.5
住信SBIネット銀行ミスターカードローンのバナー画像
住信SBIネット銀行ミスターカードローンのココがおすすめ!
  • プレミアムコースなら超低金利で借り入れ可能!
  • 最大1200万円の大型融資にも対応
  • 提携ATMの借入・返済手数料は無料で利用可能
  • 金利引き下げ条件を満たせば-0.6%の優遇金利で借入可能

利用できるかは借入審査次第だが、もしプレミアムコースで借り入れできれば、驚くべき超低金利での借り入れが可能だ。ただスタンダードコースでも比較的好条件で借り入れできる。またミスターカードローンであれば、普段使いでお世話になるであろう提携TMの利用手数料もかからないので、条件が合えば利用価値は高いカードローンだろう。

借入限度額実質年率最短融資時間土日融資WEB契約完結
~1,200万円1.59~14.79%(※)2~7日×
パート・アルバイト専業主婦電話以外の在籍確認総量規制保証人
××対象外不要

※下限金利はプレミアムコースの場合

住信SBI銀行カードローンの公式サイトはこちら

住信SBIネット銀行ミスターカードローンってどんなカードローン?

ネットバンキングとしても評判が良く、
高スペックの住信SBIネット銀行のカードローン、
それがミスターカードローンだ。

住信SBIネット銀行ミスターカードローンに申込できる人

会社員派遣社員公務員アルバイトパート
自営業水商売専業主婦学生年金受給者
×××
  • 20~65歳までの人で安定した収入がある人
  • SMBCコンシュマーファイナンス、住信SBIネット銀カード(株)の保証が受けれる人

住信SBIネット銀ミスターカードローンのプレミアムコースで借りるには?

まずはスタンダードコースと、
プレミアムコースの金利比較表を見て欲しいのだが、

借入金額スタンダードコースプレミアムコース
10~100万円以下14.79%7.99%
100~200万円以下11.49%6.39~6.99%
200~300万円以下8.99%5.29~5.99%

ご覧の通り、カードローンの中でも、
下限金利で借り入れできるプレミアムコースだが、
実際にはスタンダードコースでの借り入れとなることが多い

ではどうしたらプレミアムコースで借り入れできるのか?

住信SBIネット銀行に聞いてみたが、保証会社(※)の審査次第とのこと。

※SMBCコンシューマーファイナンス株式会社、住信SBIネット銀カード株式会社

では、プレミアムコースでの借りられない場合、
他のカードローンから借りても良いのでは?と思われるかもしれない。

そこで三井住友銀行カードローンと、
300万円まで借り入れした時の金利を比較してみた。

借入金額住信SBIネット銀行
(スタンダードコース)
三井住友銀行
カードローン
100万円以下14.79%年12.0~14.5%
100~200万円以下11.49%年10.0~12.0%
200~300万円以下8.99%年8.0~10.0%

借入金額内の下限金利でいうと、
そこまで魅力はないようにも思えるが、
平均して低金利で借り入れできることもわかるだろう。

またもしSBI証券口座や、
住信SBIネット銀行住宅ローンを利用していれば、
上記金利より「-0.5%」の金利で借り入れできる

さらにミライノ カード(JCB)を所有し、
住信SBIネット銀行を引落口座に設定することで、
「-0.1%」の金利で利用することも可能だ。

SBIレギュラーカード、SBIゴールドカード、SBIプラチナカード、SBIワールドカードのいずれかを所有し、引落口座に設定した場合も同様に「-0.1%」の金利で利用可能だ。

つまりは最大で「-0.6%」の優遇金利で借り入れできるため、
もし優遇金利で利用できる人なら利用価値は大きいだろう。

住信SBIネット銀行ミスターカードローンの即日融資について

住信SBIネット銀行ミスターカードローンの場合、
即日融資は不可能だ。

ただし、融資までの時間については、
口座の有無で若干時間は変わるといったところだ。

住信SBIネット銀行の口座がある場合

  1. 申込
  2. 仮審査
  3. 本人確認書類の提出
  4. 本審査
  5. カードローン口座開設
  6. 借入

申込は会員ログインをした状態で行い、
本審査までスムーズに進めば、融資までは時間短縮は可能だ。

融資までの時間は最短で2日程度、
ただ約束はできないため、融資までは2~7日間ほどかかると言われた。

住信SBIネット銀行の口座がない場合

申込~融資までの手順は、
口座がある場合と大きく変わらない。

口座開設はWEB上で可能、
キャッシュカードが手元に届くまで、
手続きが完了してから7日~10日は時間がかかる

融資までは契約等の手続きがどのくらいかかるか?
によるが少なくとも10日前後はかかるとみておきたいところだ。

申込に必要な物

本人確認書類

住信SBI銀行ミスターカードローンの申込に必要な本人確認書類一覧

スマートフォンで撮影し、アップロードにより提出可能

収入証明書

借入する金額によっては、
収入を証明する書類が必要となる。

収入証明書として認められるのは下記の書類となる。

提出可能な収入証明書一覧
源泉徴収票、課税証明書、確定申告書、直近の給与明細3か月分(現在の仕事が勤続年数が1年未満の人)

50万円以上の借入を希望する場合は用意しておきたい

契約完了後の自宅に郵送物は届く?

すでに住信SBIネット銀行の口座を持っている場合、
インターネット上で手続きが完了できるため、郵送物は届かない。

しかし口座を持っていない場合、
銀行口座開設時の書類(キャッシュカードなど)は必ず届く。

ただこれはカードローン利用のため、必須のため致し方ないだろう。

住信SBIネット銀行ミスターカードローンの在籍確認について

在籍確認は勤務先会社へ、
電話で確認する以外の方法はないそうだ。

実はかつて筆者も申し込みしたことがあったが、
在籍確認の電話確認がとれず…審査に落ちたことがあった。

その時は勤めていた会社の電話受付に、
「そんな人は在籍していない」と回答されたおかげで、
問答無用に審査落ちになった経験がある。

筆者がミスターカードローンで在籍確認に失敗した理由

ちなみにこの時、住信SBIネット銀行は、
銀行名は一切名乗らず、個人名でかけてきたのだ。

「どちらさまですか?」という電話受付の問いに、
銀行名さえ言ってくれれば、怪しまれず答えたかもしれない。

とにかく、住信SBIネット銀行カードローンは、
在籍確認に不安を感じる人なら止めておいたほうがよいだろう。

ちなみにこの在籍確認をクリアできれば、
必要な書類を提出し、本審査に入る。

必要書類はWEBアップロードサイトがあるので、
まずはここに登録、スマホなどで撮影しアップロードが可能だ。

ミスターカードローンの事前登録画面

在籍確認についての相談窓口が用意された

現在では公式サイトに、
在籍確認に関して相談できるようになっている。

ミスターカードローンの在籍確認相談フォーム

ボタンの先には相談フォームが用意されているので、
在籍確認に不安がある人なら利用すべきだ。

住信SBIネット銀行ミスターカードローンは借り換えに利用できる?

低金利であるため、利用できれば、
借り換えにはもってこいのカードローンといえるだろう。

住信SBIネット銀行ミスターカードローンで借り換えした時のイメージ図

ただし、公式サイトでは案内されておらず、
借り換えの利用を推していないため、審査も厳しくはなるだろう。

借り換えが可能な銀行カードローンと言えば、現在では楽天銀行スーパーローンで借り換えできるぐらいだ。

低金利で借りれるってことは審査はやっぱり難しい?

借入審査自体の難易度は、
保証会社から検証することが可能だ。

住信sbiネット銀行の保証会社は、
プロミスだが審査も住信SBIネット銀行と共に行う。

実はこのプロミス自身も消費者金融として、
個人融資をしている会社なのだが、貸付実績(※)は良くないのだ。

※新規申込者に対して融資をした実績

そのため、審査の難易度は低いとはいえないのが現実だ。

ただこれも好条件で借り入れできることを考えると、
その分、審査は厳しくなるのは仕方がないのかもしれない。

ミスターカードローンは土日でも借りれる?

土日祝日は審査を行っていないため、
借り入れは不可能だ。

なので、申し込みしたとしても、
実際に手続きが行われるのは休み明け、
翌営業日の平日となる。

ミスターカードローンは専業主婦やアルバイトでも利用できる?

専業主婦ということは、
自身の収入がないと判断されるため、利用できない。

もし借り入れしたい場合は、
配偶者の収入、勤め先への確認が必要となる。

逆にパート・アルバイトなどで、
収入さえあれば、借入条件に該当するため、
申し込みは可能だ。

住信SBIネット銀行ミスターカードローンの借入・返済について

借入方法について 下記方法、ATMで借入可能

  • 住信SBIネット銀行の普通預金口座へ振込融資(※)
  • 提携ATM

※PC、スマホ、モバイルサイトから可能。また住信SBIネット銀行の口座へなら24時間365日振込も可能。

返済方法について 返済方法、ATMで借入可能

  • 住信SBIネット銀行の円普通預金預金口座より自動引落(※1)
  • 提携ATMからの随時返済は可能(※2)

※1 SBIハイブリッド預金、目的別口座は不可
※2 毎月の返済(約定返済)とは別扱いの上乗せ返済となるため、自動引落は別途行われる

提携ATMについて

住信SBIネット銀行の提携ATM一覧

提携ATMの利用手数料について

  • 提携ATMでの利用手数料は借入・返済ともに無料

返済日について

  • 毎月5日

借入額に対する金利と月々の最低返済額

利用残高金利最低返済額
1~100,000円14.79%2,000円
100,001~200,000円14.79%4,000円
200,001~300,000円14.79%6,000円
300,001~400,000円14.79%6,000円
400,001~500,000円14.79%8,000円

毎月の返済金額は少額返済が可能だが、
その分、最低返済額での返済を続けていくと、
かなり利息は膨らんでしまうことは覚えておきたい。

可能であれば、下記シミュレーションのように、
自動引落される最低返済額とは別に提携ATMなどから、
随時返済も併せて返済していくのがおすすめだ。

返済シミュレーション

ミスターカードローンで10万円、金利14.79%で借入し、毎月1万円返済した場合

返済回数元金返済額利息
1¥100,000¥10,000¥1,216
2¥91,216¥10,000¥1,109
3¥82,324¥10,000¥1,001
4¥73,325¥10,000¥891
5¥64,217¥10,000¥781
6¥54,997¥10,000¥669
7¥45,666¥10,000¥555
8¥36,221¥10,000¥440
9¥26,661¥10,000¥324
10¥16,985¥10,000¥206
11¥7,192¥7,279¥87
利息合計¥7,279

10万円借りた場合に自動引落される金額は2,000円、
なので上記の場合は+8,000円を提携ATMから返済していくわけだ。

こうすることで完済までの期間を短縮、
支払う利息も大きく減らすことが可能(※)なのだ。

※ちなみに2,000円のまま返済した場合に支払う利息合計は「54,934円」だ

低金利であるメリットを最大限に活かすためにも、
随時返済(上乗せ返済)は利用すべきだ。

まとめ!住信SBIネット銀行カードローンはこんな人におすすめ!

プレミアムコースで借りれるとすれば、
他社のカードローンと比較してもダントツの好条件で利用できる。

仮にスタンダードコースで借りるとなっても、
適用金利は高いものではない。

ちなみに最大の魅力は借入、
随時返済時に利用する提携ATMの手数料が無料なことだ。

利用手数料は一般的に1万円以下の利用でも108円はかかる。

塵も積もれば…ではないが、
普段使いでコストがかからないのはメリットだろう。

住信SBI銀行カードローンの公式サイトはこちら

タイトルとURLをコピーしました