社員貸付制度とは?筆者の実体験も交え解説しよう

更新日:

社員貸付制度とは福利厚生の一つとして、
従業員に貸付を行う制度のことだ。

要するに働いている会社からお金を借りることができるのだ。

この制度は福利厚生と言っているが、
従業員のお金に関するトラブルを回避する目的もある。

例えば、闇金から借入してしまう、
消費者金融から借入した時に起こり得る、
トラブル防止策(※)として用意しているというわけだ。

※会社への取り立て、給料の差し押さえなど

では社員貸付制度とは何か?
筆者の体験談もふまえ、解説していこう。

    社員貸付制度で借りたお金は給料から天引きされる?

    実は社員貸付制度で貸付したお金の返済だが、
    給料からの天引きは「労働基準法第17条」で禁止されている。

    第十七条【前借金相殺の禁止】
    使用者は前借金その他労働することを条件とする、
    前貸の債権と賃金を相殺してはならない。

    引用元:労働基準法 第十七条【前借金相殺の禁止】

    ただ実際は会社規定がある場合や、
    福利厚生の目的から貸付している場合であれば、
    返済は給料から天引きされるケースが多い(※)。

    ※福利厚生、また労使協定や貸付規定として設けられている場合は給料天引きが可能

    ちなみに社員貸付制度だが、
    会社によっては行っていないところもある。

    社員貸付制度がない場合は借りることはできる?

    結論として制度がない中でも貸付は難しい。

    制度がなければ、個人的に社長から借りるなど、
    貸してくれるかは自身がどれだけ信頼されているかにもよるだろう。

    ただ、社員貸付制度が福利厚生の一つであるからこそ、
    貸してくれるわけであり、現実的に考えると難しいだろう。

    筆者もかつて働いていた企業で見ても、
    ベンチャー企業、中小零細企業にはこの制度はなかった。

    社員貸付制度があった企業で言えば、
    上場を目の前にしていたところだけだった。

    ちなみに筆者がこの会社で、
    社員貸付制度を利用した時の話を紹介しよう。

    かつて社員貸付制度を利用した時の話

    当時、筆者は契約社員、
    消費者金融から約50万円の借金を抱えていた。

    ある時、借金の相談を上司にした時、
    筆者に社員貸付制度を利用しないか?と教えてくれた。

    入社して半年程度だったが、
    上司が筆者のことを気に入ってくれていたのか、
    手続きを進めてくれたことを覚えている。

    本来、社員貸付制度が利用できるかは従業員貸付規定による。
    筆者が利用した会社の貸付規定では勤続年数などの縛りがなく、
    正社員以外でも利用できた可能性もある。利用の可否はあくまで、
    貸付規定によるので、自社の規定を確認する必要がある。

    会社からお金を借りることや、
    利用には保証人を立てなければならない(※)など、
    抵抗はあったのだが、貸付利率(金利)を聞いて迷いも吹っ飛んだ。

    ※父親に説明し保証人になってもらった

    それは今借りている消費者金融よりも、
    毎月の返済額が減ること、金利が圧倒的に低かったからだ。

    社員貸付制度は消費者金融よりも低金利で利用できた

    その時借りていた、
    消費者金融の金利は18%だった。

    しかし社員貸付制度であれば、
    金利はたったの2%で利用できる(※)というのだ。

    ※社員貸付制度の利率は企業が決めるものなので会社により異なる

    この時点で毎月の返済額も減るだけでなく、
    利息も少なくなると予想していた。

    しかし実際に計算してみると、
    返済額だけではなく、利息がかなり軽減できることがわかったのだ。

    返済額と利息を計算してみた結果

    ちなみにそれまでの毎月の返済額は15,000円、
    社員貸付制度は月々8,000円ほどだった(※)。

    ※完済までの期間をできる限り延ばしてもらった

    返済額だけみても約半分程度に減ったが、
    何より驚きだったのが支払う利息の合計金額の差だった。

    金利18%で毎月15,000円、完済するまでの利息と、
    金利2%で毎月8,000円、完済するまでの利息を比べると、

    返済する利息合計
    金利18%の場合 金利2%の場合
    194,085円 28,025円

    これだけの差があったのだ。

    この事実を知った当時の筆者からすれば、
    社員貸付制度はメリットしかなかった。

    結果、上司の口利きもあってか、
    無事に社員貸付制度を利用することができた。

    ちなみに返済は給料から毎月天引きされたため、
    わざわざATMで返済することもなく、支払い忘れもなくなった。

    社員貸付制度を利用する時に現在の借金はチェックされる?

    社員貸付制度はあくまで福利厚生の一環であり、
    貸金業法に基づいて貸付をするわけではないので、
    利用時の借入状況、借金を確認することはなかった

    仮に他社から借金をしていて、
    多重債務の状態に陥っていたとしても、
    貸付してくれる可能性はある。

    ただし、制度を利用する上で、
    会社側の審査は行われるので必ずしも、
    利用できるものでもないことは覚えておこう。

    さて、良いこと尽くめと考えていたが、
    実は…とある出来事でデメリットに直面することになった。

    筆者が感じた社員貸付制度のデメリット

    それは退職する時に借金(残債)があれば、
    一括返済をしなければならないということだった(※)。

    ※返済に関しても規定による。一括返済を求めない場合もある。

    筆者の場合、返済期間を最長期間にしたため、
    少なくとも6年以上は在籍しなければならない計算だった。

    もちろん、制度を利用した時は、
    その会社を仕事も楽しく、辞める気も一切なかった。

    しかし働き始めて3年ほど経った時だった。

    会社でお局的存在の女性と確執が生じてしまい、
    居づらい状態になってしまったのだ。

    役職的には筆者が上だったが、
    そんなことはこの女性には関係なかった。

    女性の多い職場だったため、
    その女性を中心に嫌がらせも増えていった。

    我慢できず退職も考えたが、
    ネックになったのが社員貸付制度の借金だった。

    退職したい時に借金で縛られた

    ちなみにこの時の残債は、
    約26万円ほど残っている状態だった。

    一括返済できればよかった。

    この時に筆者は社員になっていたが、
    ボーナスも寸志程度、浪費家だったこともあり、
    一括で支払える貯蓄もなかった。

    結果、1年ほど何とか耐えつつ働いていたが、
    ついに耐えきれなくなり退職した。

    残債分の支払いはどうしたかというと、
    銀行から借り、返済したのだった。

    まとめ!社員貸付制度を利用する時の心構え

    社員貸付制度を利用するのであれば、
    まずはきちんと貸付規定を確認することだ。

    金利も返済に関する規定によっては、
    筆者のようにデメリットが生じる可能性があるからだ。

    ただ、貸付時の金利は企業によるが、
    少なくとも保証人の要らない消費者金融や、
    銀行からの貸付と比べると低金利で借りれる。

    筆者としても結果的に4年間ほど、
    日々の生活は救われたのは事実だったことは確かだ。

    もし会社勤めをしている人で、
    どこかでお金を借りたいと考えているなら、
    働いている会社に貸付制度がないかを確認してみるとよいだろう。