但馬銀行カードローン

更新日:
但馬銀行カードローンのバナー画像

但馬銀行カードローンのココがおすすめ!

来店、口座不要で借り入れ可能!

兵庫県・大阪府・京都府に住んでいる人なら利用可能

契約時であれば振込融資可能、他行への振込にも対応

利用、返済で「T-POINT」が貯まる

但馬銀行カードローンはいくつかあった商品が統合され、利用者からすればわかりやすくなった。また他行への振込融資にも対応してくれるため、但馬銀行の口座開設も不要だ。それと特徴的なのが毎月の返済でT-POINTが貯まることだ。普段、TUTAYAを利用している人にはメリットだろう。

借入限度額 実質年率 最短融資時間 土日融資 WEB契約完結
10~1,000万円 1.9~14.5% 2日~ ×
パート・アルバイト 専業主婦 電話以外の在籍確認 総量規制 保証人
100万円まで × 対象外 不要

但馬銀行カードローンの公式サイトはこちら

    但馬銀行カードローンってどんなカードローン?

    但馬銀行の扱うカードローンは以前、
    数種類のカードローンが存在していた(※)のだが、
    今は「但馬銀行カードローン」という商品で統一された。

    ※過去の商品については「スピードポケットプラス」の記事に残している。興味があればご覧いただきたい。

    この但馬銀行カードローンを利用できるのは、
    兵庫県・大阪府・京都府に住んでいる、働いている人が対象だ。

    但馬銀行カードローンの金利について

    但馬銀行カードローンの金利だが、
    融資額別での利率は公表されていない。

    下限金利は1.9%とメガバンク以上の金利設定だが、
    この金利で融資されることは、ほとんどないと考えておくべきだ。

    例えば、100万円以下の融資であれば、
    上限金利である14.5%が適用されるのが妥当だろう。

    但馬銀行カードローンに申込できる人

    会社員 派遣社員 公務員 アルバイト パート
    100万円まで 100万円まで
    自営業 水商売 専業主婦 学生 年金受給者
    × × ×

    20~69歳までの人で安定した収入がある人

    保証会社である(株)オリエントコーポレーション、
    またはSMBCコンシューマーファイナンス(株)の保証を受けられる人

    但馬銀行カードローンに申し込む時に必要なもの

    本人確認書類

    但馬銀行カードローンの申込に必要な本人確認書類一覧

    本人確認書類の提出は、
    運転免許証と個人番号カードなど、
    カード式のものはコピーを取り、契約書に添付する。

    但馬銀行カードローンの本人確認書類提出方法

    また上記の本人確認書類の他、
    借入額が300万円を超える場合には収入証明書(※)、
    あと契約書の届出印(印鑑)が必要となる。

    ※源泉徴収票、もしくは直近の公的所得証明書、
    個人事業主の場合は納税証明書(その2)または確定申告書(税務署受領印のある)

    届出印だが、但馬銀行の普通預金口座がある人は、
    口座開設時に使用した印鑑を用意しておこう

    但馬銀行カードローンは融資までにどのくらい時間がかかる?

    融資までかかる時間は、
    審査にかかる時間に関係してくる。

    但馬銀行カードローンの場合、
    仮審査の結果は最短で当日、もしくは翌日とのこと。

    そして仮審査通過後、契約書類等を提出、
    そこから本審査に進み、審査通過後に契約手続きを行う。

    但馬銀行の申込~融資までの手順について

    契約書類はダウンロード、FAXか郵送にて但馬銀行へ送る

    仮審査通過後となるが、
    手続きとしては契約書類をダウンロードする(※)。

    ※但馬銀行カードローン→契約書類ダウンロードページ

    契約書の必要事項に記載、
    あとはFAXか郵送で但馬銀行に送付しよう。

    ちなみにFAXでの送る場合、
    誤送信をしないよう注意してほしい

    融資までは最短でも7~8日はかかる

    あとは契約完了後、借入返済時に利用する、
    ローン専用カードが郵送され、届くまでに7日は最低かかる。

    なので、ローン専用カードを利用し借りるまで、
    最短でも7日前後はかかると考えておこう。

    急ぎであれば振込融資を依頼しよう

    但馬銀行カードローンだが、
    契約時に限り、振込融資を行ってくれる

    振込融資であれば、契約手続きが完了次第、
    融資を行ってくれるため、最短で翌日に融資が可能だそうだ。

    もし振込融資を希望する場合は、
    契約書に記載する項目があるので忘れないようにしたい。

    但馬銀行カードローンで振込融資依頼時の契約書記入欄

    また他行の口座であっても、
    振込融資はしてくれるのも嬉しいポイントだ。

    但馬銀行カードローンの在籍確認について

    但馬銀行カードローンの在籍確認だが、
    勤務先への電話確認は基本「ある」と考えておくべきだ。

    ただ在籍確認の電話を避けることもできる。

    この場合、保証会社の審査は、
    1社のみで行われるため、審査通過率は下がるそうだ。

    在籍確認の電話なしで審査を行う場合について

    但馬銀行カードローンの審査だが、

    • (株)オリエントコーポレーション
    • SMBCコンシューマーファイナンス(株)

    この2社で行われ、
    いずれかが保証会社とならなければ利用できない。

    しかし、電話なしで審査を行う場合だと、
    「(株)オリエントコーポレーション」のみの審査となるのだ。

    なので、どうしても勤務先に電話があるのは困る場合を除き、
    電話で在籍確認してもらったほうが利用できる確率は上がるわけだ。

    在籍確認の電話を避けるには

    ちなみに電話での在籍確認を避けた場合だが、
    申込時の入力項目「その他ご要望」の欄に、
    「勤め先へ電話をかけないでほしい」で一言そえておこう。

    但馬銀行カードローンの在籍確認を電話確認なしを依頼する場合の入力先

    但馬銀行カードローンは毎月の返済で「T-Point」が貯まる

    但馬銀行カードローンだが、
    毎月返済する約定金額に応じて「T-POINT」が貯まる。

    還元されるT-POINTは、
    返済額100円につき、1ポイントだ。

    つまり、10万円借りた場合、
    月々の最低返済額は2,000円となるので、
    20ポイントのT-POINTが付与されることとなる。

    ただあくまでポイントが付与されるのは、
    月々の返済で一番多い金額に対してとなる。

    例えば任意返済と合わせ、
    数回返済しても全てにポイントが付与されない。

    T-POINTを付与してもらうには

    T-POINTを付与してもらうには、
    事前登録が必要となる。

    但馬銀行に聞いたところ、
    「提出する契約書に記載欄があるはず」
    との回答だったが実際には見当たらないのだ。

    この場合だが、仮審査の結果メールに記載された、
    ローン担当部署の電話番号に一度、問い合わせしてほしいとのことだった。

    但馬銀行カードローンの借入・返済について

    借入方法

    • 但馬銀行他、提携ATM等からローン専用カードで出金
    • 振込融資(契約時のみ)

    返済方法

    • 口座がある場合は自動引落
      (ATM返済、但馬銀行窓口での返済は任意返済となる)
    • 口座がない場合はATM返済
      (前回借り入れした日から35日以内に残高に応じた最低返済額以上を返済)

    ちなみに口座ありタイプで、
    但馬銀行普通預金口座から自動引落の場合、
    引き落としの不足時には自動融資が実行される

    ATM返済時、残高と次回返済額は、
    但馬銀行ATMを利用するとレシートに表示、
    他ATMでは表示されないので自分で管理、確認が必要だ

    提携ATMについて

    但馬銀行カードローンの提携ATM一覧

    ATM返済時は手数料無料で利用可能

    借入時には手数料(※)がかかるが、
    返済時には手数料無料で利用できるのは嬉しい。

    ※時間帯、他行ATMや提携ATMにより、108円~216円の手数料がかかる

    特にコンビニATMでも手数料がかからないのは、
    返済のしやすさから考えてもメリットだろう。

    また全国の銀行、信用金庫でも利用できる(※)ので、
    借入、返済に困るということはないはずだ。

    返済期日

    • 口座ありタイプ
      …自動引落は毎月10日(休日の場合は翌営業日)
    • 口座なしタイプ
      …初回借入日、もしくは前回返済日から35日以内に返済

    借入額に対する月々の最低返済額

    利用残高 最低返済額
    口座ありタイプ
    口座振替で返済
    口座なしタイプ
    提携ATM等で返済
    ~100,000円 2,000円 2,000円
    100,000~300,000円 5,000円 5,000円
    300,000~500,000円 10,000円 10,000円
    500,000~1,000,000円 20,000円 20,000円
    1,000,000~2,000,000円 30,000円 30,000円

    ご覧の通り最低返済額だが、
    口座振替、ATMでの返済も変わらない。

    また最低返済額以下の返済は、
    任意返済となり元金への返済に充てられる。

    例えば、利用残高が50万円以下の場合、
    9,999円をATM等から返済すると任意返済扱いとなるため、
    別途、月々の最低返済額である10,000円が必要となる。

    また自動引落の場合であれば、
    提携ATMからの返済は全て、任意返済扱いとなるわけだ。

    返済シミュレーション

    但馬銀行カードローンで10万円、金利14.5%で借入し、毎月1万円返済した場合

    返済回数 元金 返済額 利息
    1 ¥100,000 ¥10,000 ¥1,192
    2 ¥91,192 ¥10,000 ¥1,087
    3 ¥82,279 ¥10,000 ¥981
    4 ¥73,259 ¥10,000 ¥873
    5 ¥64,132 ¥10,000 ¥764
    6 ¥54,897 ¥10,000 ¥654
    7 ¥45,551 ¥10,000 ¥543
    8 ¥36,094 ¥10,000 ¥430
    9 ¥26,524 ¥10,000 ¥316
    10 ¥16,840 ¥10,000 ¥201
    11 ¥7,041 ¥7,125 ¥84
    利息合計 ¥7,125

    まとめ!但馬銀行カードローンはこんな人におすすめ!

    おすすめとしてはやはり、
    返済金額に応じ、T-POINTが貯まること、
    返済時は提携ATMも手数料無料で利用できることだ。

    あとは金利なども悪くなく、
    利用する上でデメリットといえば、
    住んでいる地域が兵庫、大阪などであることだろう。

    利用できる人であれば、
    借入先の候補として挙げても良いカードローンだ。

    但馬銀行カードローンの公式サイトはこちら