トラベルローンを利用する前に見てほしい特徴とその利用方法について調査した

旅行にかかる費用、交通費や宿泊代、
旅行先で色々と支払う諸費用は現金でなくても、
クレジットカードはもちろん、ローンで支払うこともできる。

そして、旅行に関する費用に利用できるローンが「トラベルローン」だ。

旅行のイメージ
せっかく旅行に行くのに費用面で妥協したくない、でもお金が足りない、
そんなときにトラベルローンは検討したいところだ

このトラベルローンだが、
以下のように大きく分けることができる。

  • 旅行代理店のトラベルローン(分割払い)
  • 信販会社・銀行のトラベルローン(目的別ローン)

では、トラベルローンとは何か?詳しく解説していこう。

スポンサーリンク

トラベルローンを比較、特徴をまとめた

トラベルローンにはどんなものがあるのか?

よく目にするトラベルローンを調査、
その特徴を比較、表にまとめてみたのでみてほしい。

各社のトラベルローン比較表

取り扱い先トラベルローン
の種類
金利借入金額旅行代金以外の利用利用可能年齢契約時の
手数料
利用条件
JTBローン
公式サイト
旅行代理店11.90%3万円~
旅行代金のみ
×18歳~調査中
H.I.S.
トラベルローン
公式サイト
旅行代理店1.5%
~19.8%
旅行代金のみ×18歳~2,160円
パーパスジャパン
公式サイト
旅行代理店利用額と返済回数による
公式サイト返済
シミュレータ参照
旅行代金のみ×18歳~調査中
地球の歩き方
ORIX
公式サイト
信販会社6.0%~
10.0%
10万円
~800万円
20~65歳調査中
バリスタイル
取り扱い終了
信販会社1.65%
~33%
旅行代金他×18歳~調査中
アプラス
トラベルプラン
公式サイト
信販会社7.2%
~14.4%
10万円
~300万円
20~65歳調査中
オリコ
マイティエール
公式サイト
信販会社6.0%
~13.2%
10万円
~300万円
20歳~必要となる場合がある
ニッセンレンエスコート
公式サイト
調査中9.80%10万円
~200万円
20~64歳調査中
楽天銀行
トラベルローン
公式サイト
銀行11.50%10万円
~100万円
20~60歳なし前年度の税込年収
300万円以上
ANA支店
トラベルローン
取り扱い終了
銀行3.6%
~14.9%
10万円
~990万円
20~65歳なし

ちなみに旅行代理店で案内される、
トラベルローンは信販会社の分割払いが多く、
旅行代理店と信販会社が提携し、案内しているローンだ。

また、信販会社・銀行のトラベルローンは、
「目的別ローン」であり、旅行費用を目的に融資するといったものだ。

トラベルローンといっても利用する借入先によっては、借りることができない項目(旅先でのお小遣いなど)があるので注意が必要だ。

トラベルローンで交通費・宿泊代のみ借りたい場合なら

交通費や宿泊代だけといった、
旅行代金のみローンで支払いたいなら、
旅行代理店のトラベルローン(分割払い)を利用するとよいだろう。

旅行代理店のトラベルローン(一例)
  • JTBローン
  • H.I.S.トラベルローン
  • パーパスジャパン

しかし、旅先で使いたい費用まではローンで捻出できない

つまり、旅先で食事をしたり、
お土産を買ったり、お小遣いといった、
旅行に関する諸費用等は借りることができないのだ。

旅行代理店で案内されるローンの場合、
どんなことに利用できるのか?事前に確認しておこう

支払いと返済の仕組みについて

支払いだが旅行代理店のトラベルローンの場合、
信販会社から旅行代理店へローンを組んだ金額が支払われる。

返済はご自身の金融機関口座から引き落としとなり、
利用者がトラベルローンを契約した信販会社に返済していく形となる。

トラベルローンで交通費や宿題以外の諸費用も借りたい場合なら

旅行に関する諸費用も借りたいなら、
信販会社や銀行のトラベルローン(目的別ローン)を利用しよう。

信販会社・銀行のトラベルローン(一例)
  • 地球の歩き方 ORIX
  • アプラス トラベルプラン
  • オリコ マイティエール
  • ニッセンレンエスコート
  • 楽天銀行トラベルローン

信販会社や銀行のトラベルローンであれば、
交通費や宿泊代だけでなく、諸費用も含めた希望額を借りられる

信販会社・銀行のトラベルローンで利用できる項目
利用できる目的
旅行代金(国内、海外旅行に伴う諸費用)、交通機関に関わる費用、宿泊費用、パック旅行費用など

ちなみに楽天銀行トラベルローンの場合、
前年度が300万円以上の収入(年収)が必要となる。

また、銀行のトラベルローンの場合、
年収の条件の他、融資までの手続きに手間がかかるのも難点だ。

支払いと返済の仕組みについて

旅行代理店ではなく、信販会社・銀行のトラベルローンの場合、
利用者がローンを組んで融資してもらったお金を旅行代理店に支払う

つまり、旅行代理店のトラベルローンよりも一手間かかるわけだ。

返済に関しては旅行代理店のトラベルローン同様、
契約した信販会社、銀行に支払えばOKだ。

返済は利用するトラベルローンで異なるが、
契約先の金融機関口座(銀行普通預金口座)から、
ご自身の金融機関口座、自動引落しされることが多いため、
引き落としに利用する金融機関の情報を用意しておこう。

トラベルローンへ申し込む時に必要な物とは

申し込みに必要な物(必要書類)は、
利用するトラベルローンにより多少異なる。

旅行代理店のトラベルローン(分割払い)の場合

本人確認書類
信販会社の分割払いの申し込みに必要な本人確認書類(運転免許証,パスポートなど)

基本的に提出する書類は少なく、
年収等も申込書に記載、収入証明書も不要だ。

あとは申し込み時には返済時に利用する、
引き落とし金融機関口座の情報、銀行等のお届け印も用意しておこう。

信販会社や銀行のトラベルローン(目的別ローン)の場合

本人確認書類
信販会社や銀行のトラベルローンの申し込みに必要な本人確認書類(運転免許証,パスポートなど)

それと申し込み時、
年収を確認できる物の提出が必要だ。

年収を確認できるもの(収入証明書)
信販会社や銀行のトラベルローンの申し込みに必要な収入証明書
利用目的を証明する書類の提出(資金用途確認書類)が必要

信販会社・銀行のトラベルローンの場合、
利用目的(旅行)を証明する確認書類の提出が必要だ。

つまり、資金用途確認書類が必要となる。

資金用途確認書類は見積書などを提出するのだが、
ご自身で作成した物ではなく、旅行代理店が作成した書類が必要なのだ。

ローンで利用したい目的に関する全ての情報を事前に確認できる書類を提出しなければならない。

ツアーなどで行く旅行であればよいが、
フリーで計画する旅行の場合、事前に細かな見積もりは難しいため、
旅行代理店のツアー以外で利用する場合は難しいのが現実だ。

また、融資が決定されるまで1週間以上かかる時もあるため、
必要書類を揃えることを含め、計画的に利用することも覚えておきたい。

申し込み方法について

申し込みも各社により異なる。見てみよう。

取り扱い先申し込み方法
JTBローン日本全国、お近くのJTBローン取扱店
(来店予定の店舗に事前確認がおすすめ)
H.I.S.トラベルローン営業所 or インターネット申込(オリコWEBセンター)
地球の歩き方インターネット申込
パーパスジャパン調査中
アプラス(トラベルプラン)インターネット申込
オリコ マイティエールインターネット申込
ニッセンレンエスコート電話、郵送
楽天銀行トラベルローンインターネット申込

JTBやH.I.Sなど旅行代理店であれば、
来店時にそのままローン契約ができる場合が多い。

旅行代理店のトラベルローンは利用できるか?事前に問い合わせしよう

実はH.I.S.の営業所に、
トラベルローンについて問い合わせしたが、
スタッフはトラベルローンの存在を知らなかった。

H.I.S.の公式サイトには、
営業所でも申し込み可能とあるが
オリコWEBセンター(03-5226-1890)を案内された。

利用する予定の旅行代理店があれば、念のため、
トラベルローン自体が利用できるかも事前に確認しておこう

トラベルローンは審査なしで利用できる?

トラベルローンだが、
審査なしで利用することはできない。

なぜなら申し込み後、審査は必ず行われるからだ。

つまり、審査に通過しなければ、
トラベルローンを利用することはできないのだ。

ちなみにトラベルローンの審査だが、
銀行のトラベルローンが一番、審査に通るのは難しい。

なぜなら前年度の年収に条件がある、
申し込み時に必要な物を揃えるのも難しいこと、
低金利で利用できる分、審査は厳しくなるからだ。

審査難易度を下げたければ、
旅行代理店のトラベルローン(分割払い)がよいだろう。

トラベルローンの審査に落ちる可能性がある人とは

過去にローンを利用していた際、
返済を怠った、踏み倒したことがあるなら、
トラベルローンの審査に落ちる可能性がある。

これは金融事故に該当し、
新規のローン契約ができない状態だからだ。

携帯料金の払い忘れも審査落ちの原因になり得る

携帯料金の払い忘れなども、
金融事故に該当してしまうことだ。

もし携帯(スマホ)の本体代金を、
分割払いで毎月の携帯料金で支払っている場合、
分割払い(ショッピングクレジット)と同様だからだ。

トラベルローンの審査に落ちる理由

つまり、支払いのトラブルは、
金融事故に該当してしまう可能性が高いのだ。

もしこれらのことに該当する経験がある人は、
トラベルローンの審査に落ちる可能性が高いと考えておこう。

審査を担当する保証会社からも判断する

トラベルローンの審査だが、
主に保証会社が担当するケースが多い。

もし利用しようとしているトラベルローンの保証会社が、
過去にローンを利用した時にトラブルを起こしたことがあるなら、
審査通過が難しい場合があるので避けたほうがよいだろう。

取り扱い先保証会社
JTBローンセディナ or ジャックス
H.I.S.トラベルローンオリエントコーポレーション
地球の歩き方オリックス・クレジット株式会社
パーパスジャパン調査中
アプラス トラベルプラン株式会社アプラス
オリコ マイティエールオリコ
ニッセンレンエスコート調査中
楽天銀行トラベルローン楽天カード

トラベルローンは学生でも利用できる?

学生でも18歳以上であれば、
トラベルローンは利用できる(※)。

※高校生以下は利用不可

ただし、18~20歳以下の場合、
親権者の同意書が必要であること、
親に連帯保証人になってもらう必要がある。

各社のトラベルローンにおいて、
学生(未成年)の人が利用できる条件は以下のとおりだ。

学生(未成年)がトラベルローンを利用するための各社条件一覧
取り扱い先学生の利用利用条件他
JTBローン収入がなければ親が連帯保証人
H.I.S.トラベルローン親権者の同意確認が必要
地球の歩き方年収証明が必要
パーパスジャパン親権者の同意確認が必要
アプラス トラベルプラン収入証明書が必要
オリコ マイティエール調査中調査中
ニッセンレンエスコート調査中調査中
楽天銀行トラベルローン税込年収300万円以上

連帯保証人は借りた本人が返済できない時に代わりに返済する義務が生じる。

情報参照元:法テラス 連帯保証人について

ちなみに20歳以上でも、
アルバイトをしていない等、収入がない場合は、
親に連帯保証人となってもらわなければ利用できない。

またローンを組めば利息もかかる。

親に連帯保証人になってもらうぐらいなら、
お金をかしてもらえないか?親に相談するのも一つだ。

まとめ!トラベルローンについて

トラベルローン(旅行代理店)の場合

トラベルローンで手軽に利用するなら、
旅行代理店で案内しているトラベルローンだ。

メリットとしては旅行代理店で手続きを行えば、
その場でローンの申し込みから手続き、支払いも済ますことができることだ。

デメリットは交通費や宿泊代以外の費用は借りることはできないことだ。

もし、他の費用も借りたい場合であれば、
他のローンを利用し、補填しなければならない。

トラベルローン(信販会社・銀行)の場合

交通費や宿泊代以外の費用も借りたければ、
信販会社・銀行のトラベルローンであれば借りることは可能だ。

メリットは旅行に関する様々な費用に利用できること、
そして低金利で利用できることだろう。

しかし、デメリットとしては、
申し込み時に旅行で利用することを証明する書類、
資金用途確認書類などを提出しなければならないため、
手間、そして融資までに時間がかかることだ。

また銀行のトラベルローンの場合、
前年度の年収に条件があるなど、利用できる人は限られる。

利用するためにはハードルが高いため、
おすすめしにくいのが正直なトラベルローンだ。

トラベルローンの代わりにカードローンを利用するのも一つ

申し込み時の手続きも簡単、
資金用途も問われないカードローンを、
トラベルローンの代わりに利用するのも一つだ。

カードローンは銀行、消費者金融で取り扱っている。

例えば、三井住友銀行カードローン、
プロミスあたりはテレビCMで見たことがあるだろう。

プロミスのバナー画像

ネットバンキングの楽天銀行スーパーローン、
長期間無利息で借りられるレイクALSAなど選択肢も豊富だ。

カードローンは銀行のトラベルローンよりも金利は高め

カードローンの場合、金利(実質年率)は、
銀行のトラベルローンと比べるとやや高めになる。

ただし、信販会社のトラベルローンで、
分割回数を増やした場合と比較すると金利差は少なくなる。

では、利用者が多い(学生でも利用可)カードローンと、
一般的なトラベルローンの金利や申し込み条件などを比較してみよう。

取り扱い先ローン種類金利
(実質年率)
借入金額利用可能年齢WEB完結
JTBローントラベルローン
(旅行代理店)
11.90%3万円~旅行代金の範囲18歳~×
H.I.S.トラベルローン トラベルローン
(旅行代理店)
1.5%~19.8%
(分割回数などで異なる)
旅行代金分の範囲18歳~
楽天銀行トラベルローン銀行・目的別ローン11.50%10万円~100万円20~60歳
楽天銀行スーパーローンカードローン1.9%~14.5%最大800万円20~62歳
三井住友銀行カードローンカードローン4.0%~14.5%10~800万円20~69歳
プロミスカードローン4.5%~17.8%1~500万円20~69歳
レイクALSAカードローン4.5%~18.0%1~1,000万円20~70歳

金利(実質年率)を見ると差があるが、
借りる金額によっては、そこまで差は生じない

例えば、10万円借りた時、
30日間の利息をJTBローンとカードローンで比較してみよう(※)。

30日間の利息は「100,000×金利(実質年率)÷365×30」で計算している

取り扱い先金利(実質年率)30日間借りた時の利息額
JTBローン11.90%978円
楽天銀行スーパーローン
三井住友銀行カードローン
14.5%1,192円
プロミス17.8%0円(※)
レイクALSA18.0%0円(※)

※プロミスは30日間無利息、レイクALSAは60日間、もしくは180日間無利息

あとは毎月の返済額を増やす、
まとめて返済(一括返済)することで、利息を減らすこともできる。

カードローンは使い道を問われないので、
使い方次第ではトラベルローンよりもメリットはある場合もある。

旅行以外の費用にも利用できるため、使い勝手が良いのもカードローンの特徴だ。

カードローンの特徴について

カードローンであれば、
50万円以下の利用であれば収入証明書は不要、
申し込みもインターネット(WEB)で可能など手続きも簡単だ。

また、契約する時も基本的に、
本人確認書類の提出で利用可能、利用先銀行口座も不要だ。

大手消費者金融のカードローン
消費者金融名借入限度額実質年率融資まで土日融資独自サービス
プロミス 1~500万円 4.5%~17.8%最短1時間30日間無利息
24時間365日振込融資
カードレスキャッシング
レイクALSA 1~500万円 4.5%~18.0%最短1時間60日or180日間無利息
カードレスキャッシング
アコム 1~800万円 3.0%~18.0%最短1時間30日間無利息
SMBCモビット ~800万円 3.0%~18.0%最短即日カードレスキャッシング
アイフル ~800万円 3.0%~18.0%最短即日30日間無利息
カードレスキャッシング

消費者金融のカードローンであれば、レイクALSAならWEB限定申込&初めて利用する場合、60日間無利息で利用できておすすめだ。

メガバンク・ネットバンクのカードローン
銀行名借入限度額金利口座開設独自サービス
三井住友銀行カードローン 10~800万円 4.0%~14.5%不要外国籍の人でも
永住権なしで借入可能
WEB完結
三菱UFJ銀行バンクイック 10~500万円 1.8%~14.6%不要特になし
みずほ銀行カードローン 10~800万円 2.0~14.0%必要住宅ローンの利用で
-0.5%の金利引き下げ
楽天銀行スーパーローン 最大800万円 1.9%~14.5%不要入会(契約)で
楽天ポイント
1,000ポイントプレゼント

カードローンは利用しやすいのが特徴だが、
トラベルローンと比べると、金利自体は高くなってしまう可能性がある。

ただ、旅行代理店のトラベルローンであれば、
利用する前にカードローンの金利と比較してみることだ。

また短期間で返済するのであれば、
カードローンは無利息で利用できるところもあるため、
利息なしで旅行費用を借りることも可能だ。

借りる金額、返済する期間から選んでみよう。