トラベルローンとは?その特徴について徹底解説!

更新日:

トラベルローンとは、
旅行に関する費用に利用できるローンだ。

旅行のイメージ

このトラベルローンを扱っているのは、
主に旅行代理店や信販会社、銀行などだ。

ただトラベルローンと言ってもが同じではなく、
以下のように大きく分けることができる。

  • 信販会社の分割払い(ショッピングクレジット)
  • 信販会社・銀行の目的別ローン

ちなみに旅行代理店で案内される、
トラベルローンは信販会社の分割払いが多い。

また銀行のトラベルローンは、
トラベルローンという名前でなくても、
目的別ローンであれば利用できると考えてよい。

目的別ローンとなると信販会社、
多くの銀行などで取り扱われているため、
この記事では基本、トラベルローンに焦点をあて解説していく。

当サイトで借りることできた人が多いカードローン!

楽天銀行スーパーローン

楽天銀行スーパーローンバナー画像
借入限度額 実質年率 土日融資 WEB契約完結
最大800万円 1.9%~14.5% ×
パート・アルバイト 電話以外の在籍確認 総量規制 保証人
× - 不要

楽天銀行スーパーローンの公式サイトはこちら

    トラベルローンを比較、特徴をまとめた

    ではよく目にするトラベルローンを調査、
    その特徴を比較、まとめてみた。

    各社のトラベルローン比較表

    ↓横スクロールで詳細情報が確認できます

    取り扱い先 業態・種類 金利 借入金額 旅行代金以外の利用 利用可能年齢 契約時の
    手数料
    利用条件
    JTBローン
    公式サイト
    信販会社、
    分割払い
    11.90% 3万円~
    旅行代金のみ
    × 18歳~ 調査中 -
    H.I.S.
    トラベルローン
    公式サイト
    信販会社、
    分割払い
    1.5%
    ~19.8%
    旅行代金のみ × 18歳~ 2,160円 -
    地球の歩き方
    公式サイト
    信販会社、
    分割払い
    6.0%~
    10.0%
    10万円
    ~800万円
    20~65歳 調査中 -
    パーパスジャパン
    公式サイト
    信販会社、
    分割払い
    利用額と返済回数による
    公式サイト返済
    シミュレータ参照
    旅行代金のみ × 18歳~ 調査中 -
    バリスタイル
    取り扱い終了
    信販会社、
    分割払い
    1.65%
    ~33%
    旅行代金他 × 18歳~ 調査中 -
    アプラス
    トラベルプラン
    公式サイト
    信販会社、
    目的別ローン
    7.2%
    ~14.4%
    10万円
    ~300万円
    20~65歳 調査中 -
    オリコ
    マイティエール
    公式サイト
    信販会社、
    目的別ローン
    6.0%
    ~13.2%
    10万円
    ~300万円
    20歳~ 必要となる場合がある -
    ニッセンレンエスコート
    公式サイト
    調査中 9.80% 10万円
    ~200万円
    20~64歳 調査中 -
    楽天銀行
    トラベルローン
    公式サイト
    銀行、
    目的別ローン
    11.50% 10万円
    ~100万円
    20~60歳 なし 前年度の税込年収
    300万円以上
    ANA支店
    トラベルローン
    取り扱い終了
    銀行、
    目的別ローン
    3.6%
    ~14.9%
    10万円
    ~990万円
    20~65歳 なし -

    旅行代金分のみを分割して支払いたい人なら

    旅行代金のみをローンで支払いたいなら、
    旅行代理店で案内している分割払いでもよいだろう。

    しかし、旅先で使いたいお金まではローンを組めない。

    旅行代金以外にもローンを利用した人なら

    旅行に関する諸費用も借りたいなら、
    信販会社や銀行のトラベルローンを利用しよう。

    旅行代金を分割するのではなく、
    希望する金額を借りるというスタイルなので、
    色々と用立てできるのは便利だ。

    利用できる項目は以下の場合だ。

    トラベルローンに利用できる目的
    旅行代金(国内、海外旅行に伴う諸費用)、交通機関に関わる費用、宿泊費用、パック旅行費用など

    あと楽天銀行や三菱UFJ銀行のように、
    利用するには前年度に一定以上の収入(年収)が必要な場合もある。

    トラベルローンへの申し込みについて

    申し込みに必要な物(必要書類)は、
    利用するトラベルローンにより多少異なる。

    信販会社の分割払い(ショッピングクレジット)の場合

    本人確認書類

    信販会社の分割払いの申し込みに必要な本人確認書類

    基本的に提出する書類は少なく、
    年収等も申込書に記載、証明書は不要だ。

    信販会社や銀行のトラベルローン(目的別ローン)の場合

    本人確認書類

    信販会社や銀行のトラベルローンの申し込みに必要な本人確認書類

    あとは申込時、
    年収を確認できる物の提出が必要だ。

    年収を確認できるもの(収入証明書)

    信販会社や銀行のトラベルローンの申し込みに必要な収入証明書

    申し込み方法について

    申し込みは各社により異なる。

    取り扱い先 申し込み方法
    JTBローン 日本全国、お近くのJTBローン取扱店
    (来店予定の店舗に事前確認がおすすめ)
    H.I.S.トラベルローン 営業所 or インターネット申込(オリコWEBセンター)
    地球の歩き方 インターネット申込
    パーパスジャパン 調査中
    アプラス(トラベルプラン) インターネット申込
    オリコ マイティエール インターネット申込
    ニッセンレンエスコート 電話、郵送
    楽天銀行トラベルローン インターネット申込

    旅行代理店であれば、
    来店時にそのままローン契約ができるケースが多い。

    旅行代理店のトラベルローンを利用するなら事前に問い合わせしよう

    実はH.I.S.の営業所に、
    トラベルローンについて問い合わせしたが、
    スタッフはトラベルローンの存在を知らなかった。

    H.I.S.の公式サイトには、
    営業所でも申し込み可能とあるが
    オリコWEBセンター(03-5226-1890)を案内された。

    利用する予定の旅行代理店があれば、
    トラベルローンが利用できるか念のため、
    事前確認はしておくほうがよいだろう。

    トラベルローンの審査について

    トラベルローンに申し込み後、
    融資を判断する審査が必ず行われる。

    この審査に通過しなければ、
    トラベルローンを利用することはできない

    トラベルローンの審査だが、
    主に保証会社が担当するケースが多い。

    取り扱い先 保証会社
    JTBローン セディナ or ジャックス
    H.I.S.トラベルローン オリエントコーポレーション
    地球の歩き方 オリックス・クレジット株式会社
    パーパスジャパン 調査中
    アプラス トラベルプラン 株式会社アプラス
    オリコ マイティエール オリコ
    ニッセンレンエスコート 調査中
    楽天銀行トラベルローン 楽天カード

    ご覧の通り、
    信販会社が審査を行うことがほとんどだ。

    ちなみに審査の難易度だが、
    年収条件があることから考えても、
    銀行のトラベルローンのほうが厳しいと考えている。

    トラベルローンの審査に落ちる場合ってどんな時?

    過去にローンを利用していた際、
    返済を怠った、踏み倒したことがあるなら、
    トラベルローンの審査に落ちる可能性がある。

    これは金融事故に該当し、
    新規のローン契約ができない状態だから(※)だ。

    ※詳しくは「金融事故を起こした人がキャッシングできない理由と確認方法」の記事をご覧いただきたい

    携帯料金の払い忘れも審査落ちの原因になり得る

    携帯料金の払い忘れなども、
    金融事故に該当してしまうことだ。

    もし携帯(スマホ)の本体代金を、
    分割払いで毎月の携帯料金で支払っている場合、
    分割払い(ショッピングクレジット)と同様だからだ。

    トラベルローンの審査に落ちる理由

    つまり、支払いのトラブルは、
    金融事故に該当してしまう可能性が高いのだ。

    もしこれらのことに該当する経験がある人は、
    トラベルローンの審査に落ちる可能性が高いと考えておこう。

    トラベルローンは学生でも利用できる?

    学生でも18歳以上であれば、
    トラベルローンは利用できる(※)。

    ※高校生以下は利用不可

    ただし、18~20歳の場合、
    親権者の同意書が必要であること、
    親に連帯保証人になってもらう必要がある。

    各社のトラベルローンにおいて、
    利用できる条件は以下のとおりだ。

    取り扱い先 学生の利用 利用条件他
    JTBローン 収入がなければ親が連帯保証人
    H.I.S.トラベルローン 親権者の同意確認が必要
    地球の歩き方 年収証明が必要
    パーパスジャパン 親権者の同意確認が必要
    アプラス トラベルプラン 収入証明書が必要
    オリコ マイティエール 調査中 調査中
    ニッセンレンエスコート 調査中 調査中
    楽天銀行トラベルローン 税込年収300万円以上

    ちなみに20歳以上でも、
    アルバイトをしていない等、収入がない場合は、
    親に連帯保証人となってもらわなければ利用できない。

    連帯保証人は借りた本人が返済できない時に、
    代わりに返済する義務が生じる(引用元:法テラス 連帯保証人について)

    銀行のトラベルローンの利用は難しい

    年収に条件のある、
    銀行のトラベルローンは利用しにくいだろう。

    利用するのであれば、
    旅行代理店のトラベルローン、
    もしくは他のローンを検討するのがよい。

    またローンを組めば利息もかかる。

    親に連帯保証人になってもらうぐらいなら、
    無利子でお金をかしてもらえないか?相談するほうがよいだろう。

    ちなみに年収の条件のほか、
    融資までの手続きに手間がかかるのも難点だ。

    カードローンでも好条件で旅行費用を借りることができる

    申し込み時の手続きも簡単、
    資金用途も問われないカードローンを、
    トラベルローンの代わりに利用するのも一つだ。

    カードローンは銀行、消費者金融で取り扱っている。

    例えば、三井住友銀行カードローン、
    プロミスあたりはテレビCMで見たことがあるだろう。

    プロミスのバナー画像

    ネットバンキングの楽天銀行のカードローン、
    楽天銀行スーパーローンも融資に積極的であるし、
    AIを活用した融資で話題の超低金利なジェイスコアもある。

    ただし、金利(実質年率)自体は、
    銀行のトラベルローンと比べるとやや高めだ。

    ただ信販会社のトラベルローンで、
    分割回数を増やした場合と比較すると、
    金利差は少なく、好条件で利用できるのだ。

    では利用者が多い(学生でも利用可)カードローンと、
    一般的なトラベルローンを金利や借入条件などを比較してみよう。

    取り扱い先 ローン種類 金利(実質年率) 借入金額 利用可能年齢 WEB申込
    JTBローン 信販会社・分割払い 11.90% 3万円~旅行代金の範囲 18歳~ ×
    H.I.S.トラベルローン 信販会社・分割払い 1.5%~19.8%
    (分割回数などで異なる)
    旅行代金分の範囲 18歳~
    楽天銀行トラベルローン 銀行・目的別ローン 11.50% 10万円~100万円 20~60歳
    楽天銀行スーパーローン カードローン 1.9%~14.5% 最大800万円 20~62歳
    三井住友銀行カードローン カードローン 4.0%~14.5% 10~800万円 20~69歳
    プロミス カードローン 4.5%~17.8% 1~500万円 20~69歳
    ジェイスコア カードローン 年0.8%~12.0% 10万円~1,000万円 20~70歳

    金利(実質年率)を見ると、
    差があるように感じるのだが、
    借入金額次第ではそこまで差は生じないのだ。

    例えば、10万円借りた時、
    30日間の利息をJTBローンと比較してみよう(※)。

    30日間の利息は「100,000×金利(実質年率)÷365×30」で計算

    取り扱い先 金利(実質年率) 30日間借りた時の利息額
    JTBローン 11.90% 978円
    楽天銀行スーパーローン、
    三井住友銀行カードローン
    14.5% 1,192円
    プロミス 17.8% 1,463円(※)
    ジェイスコア 12.0% 986円

    ※プロミスは30日間無利息で借りられるサービスがあるので実質利息は0円

    あとは毎月の返済額を増やす、
    まとめて返済することでさらに利息も減らすこともできる。

    カードローンは使い道を問われないので、
    使い方次第ではトラベルローンよりもメリットはあるだろう。

    カードローンの魅力は申込~借入までが簡単なこと

    ちなみにカードローンであれば、
    50万円以下の利用であれば収入証明書は不要、
    申し込みもインターネット(WEB)で可能など手続きも簡単だ。

    あと申込時も基本的に、
    本人確認書類の提出で利用可能、
    利用先銀行口座も不要だ。

    では「借りやすさ」「サービスの豊富さ」
    「金利条件の良さ」でおすすめのローンを順にピックアップしておこう。

    • プロミス
    • 楽天銀行スーパーローンカードローン
    • ジェイスコア

    各ローンについては詳細記事を参考にしてみてほしい。

    プロミスの詳細記事はこちら

    楽天銀行スーパーローンの詳細記事はこちら

    ジェイスコアの詳細記事はこちら

    まとめ!トラベルローンについて

    トラベルローンで手軽に利用するなら、
    旅行代理店で案内しているトラベルローンだ。

    ただ旅行代金以外の費用は借りることはできない。

    もし旅行代金以外の費用も用立てしたければ、
    銀行のトラベルローンとなるが、利用時には年収などの条件もあり、
    なかなか利用しにくいのが実際のところだ。

    資金用途を問われない、
    楽天銀行スーパーローン」などカードローンの利用も、
    視野に入れてみるのも一つだろう。

    関連記事一覧