山形銀行カードローン

更新日:
山形銀行カードローンのバナー画像

山形銀行カードローンのココがおすすめ!

申し込み~融資までWEBで完結

口座がなくても利用できる(※)

※口座レス型「山形銀行カードローン NEO」での申し込みとなる

山形銀行カードローンだが営業区域内なら山形銀行カードローン、営業区域内に住んでいる(近くに支店がある人)&口座がない人なら「NEO」なら利用することで借入可能だ。また山形銀行の普通預金口座があれば振込融資も可能、手元にローン専用カードが届く前に借入可能だ。

借入限度額 金利 最短融資時間 土日融資 WEB契約完結
10~500万円 4.5%~14.6%
(固定金利)
2日~ ×
パート・アルバイト 専業主婦 電話以外の在籍確認 総量規制 保証人
× 調査中 対象外 不要

山形銀行カードローンの公式サイトはこちら

    山形銀行カードローンってどんなカードローン?

    山形県を中心に営業区域とする、
    山形銀行のカードローンで営業区域内の人のみの利用となる。

    ただもし県外、営業区域外に住んでいて、
    口座を持っていない、さらに近くに山形銀行の支店があれば、
    「山形銀行カードローン NEO(※)」なら融資はしてもらえる

    ※以前は「チェリーS」という商品があったが現在は「NEO」で案内されている

    この「NEO」だが金利などスペック面をみても、
    山形銀行カードローンと変わらない。

    違いとしてNEOなら口座、来店不要で利用できるため、
    営業区域外の人が利用できるように用意されたカードローンなのだ。

    しかしNEOも近くに支店がなければ利用できない(※)ため、
    全国対応のカードローンとはいえないのが現実だ。

    ※ちなみに筆者は大阪在住だが利用できないと言われた

    山形銀行カードローンに申込できる人

    会社員 派遣社員 公務員 アルバイト パート
    自営業 水商売 専業主婦 学生 年金受給者
    × ×

    20~70歳までの人で安定した収入がある人

    保証会社であるアコム(株)の保証を受けられる人

    山形銀行カードローンの金利について

    利用限度額 金利
    ~100万円 14.6%
    100万円~200万円 12.0%
    200万円~400万円 8.0%
    300万円~500万円以下 7.0%
    500万円 4.5%

    山形銀行カードローンの申し込みから融資までの流れについて

    口座の有無で手順が異なるが、
    口座があれば下記手順で契約まで手続き可能だ。

    山形銀行カードローンの申込から契約までの手順について

    山形銀行カードローンで申込する時に必要な書類について

    すでに山形銀行の普通預金口座があるなら、
    提出する書類は不要で申込、契約可能だ。

    なぜなら口座開設時、
    下記、本人確認書類は提出しているからだ。

    山形銀行の口座開設に必要な必要書類一覧

    もし口座がない場合、
    上記の本人確認書類は必要となるので用意しておこう。

    「NEO」に申し込む時に必要な書類について

    ちなみに口座レス型の「NEO」に申し込む場合は、

    • 運転免許証
    • 健康保険証

    といった本人確認書類を、
    WEB申込画面からアップロードする必要がある。

    「NEO」の審査は本人確認書類確認後に進められ、
    在籍確認等行われていく形となる。

    山形銀行カードローンの融資までにかかる時間について

    山形銀行カードローンだが、
    口座があっても審査に数日、時間がかかる。

    振込融資を利用しない場合、借入までにかかる時間について

    ちなみに振込融資を利用しない場合、
    手元にローン専用カードが届くのを待つことになる。

    なので、利用できるようになるのは、
    早くても借りるまで1週間程度かかることになる。

    また振込融資を選択した場合でも、
    ローン専用カードは必ず自宅に届く。

    カードが届くのが困る人なら、
    カード発行のないカードローンを選ぶのも一つだろう。

    カード発行なしで利用できるカードローン
    プロミス、モビット

    山形銀行の普通預金口座がない場合

    営業区域内に住んでいる人が条件となるが、
    申込後、まずは仮審査が行われる。

    仮審査は申込した本人の情報と勤め先への在籍確認、
    それらから融資可能額を決定するまでの審査だ。

    融資額を確認、問題がなければ正式に申込をする。

    また融資までの時間はかなりかかる

    なぜなら必要書類を揃えて正式に申し込む(※)のと、
    口座開設は別途、本店、もしくは支店窓口で行う必要があるので、
    非常に面倒で時間もかかってしまう。

    ※郵送かFAXで書類を山形銀行に送付する必要がある

    書類のやり取り、口座開設を考えても、
    融資まで10~14日程度かかってしまうのだ。

    山形銀行カードローンで口座がない時の申込手順

    山形銀行カードローンの在籍確認について

    山形銀行カードローンの在籍確認は、
    勤め先に電話にて行うとのこと。

    電話以外での方法も行うことがあるそうだが、
    イレギュラーな対応となるため、基本は電話で確認とのことだった。

    電話以外の方法は在籍を証明する書類を提出する、
    との話は聞けたが、何が必要かはケースバイケースのため、
    答えることはできない、とその真相を確認はできなかった。

    ただもし電話での在籍確認が難しい場合、
    何らかの方法を一緒に考えてくれる姿勢は感じ取れた。

    個人情報の兼ね合いで在籍確認が難しい人は一度、
    在籍確認の方法を相談してみるとよい

    山形銀行カードローンの借入・返済について

    借入方法について 下記方法、ATMで借入可能

    • 振込融資(※)
    • 山形銀行ATM
    • 提携ATM

    ※山形銀行普通預金口座がある場合のみ

    返済方法について 下記ATMで返済可能

    • 自動引落
    • 山形銀行ATM、提携ATM(※)

    ※「NEO」以外は任意返済扱いになるため、最低返済額に上乗せした返済となる

    「NEO」の場合は提携ATMでの返済となる。

    毎月3日より15日間は約定返済分の返済となり、
    それより以前の返済は任意返済となるため、
    返済するタイミングに注意が必要なことは覚えておきたい。

    山形銀行カードローンチェリーSにおける返済期間の注意点

    提携ATMについて

    山形銀行カードローンの提携ATM一覧

    提携ATM手数料

    • 口座レス型(山形銀行カードローンNEOは手数料無料
    • 口座あり型は提携ATMにもよるが108円~216円で利用可能。

    返済期日について

    • 毎月3日

    借入額に対する金利と月々の最低返済額

    利用残高 金利 最低返済額
    1~100,000円 14.6% 2,000円
    100,001~200,000円 14.6% 4,000円
    200,001~300,000円 14.6% 6,000円
    300,001~400,000円 14.6% 8,000円
    400,001~500,000円 14.6% 10,000円

    最低返済額の設定は低いため、
    月々の返済を減らしたい人には嬉しいだろう。

    しかしこの最低返済額で返済し続けると、
    利息も大きくなることは念頭に入れておきたい

    理想でいえば、最低返済額以上、
    例えば、10万円借りた時には以下、
    シミュレーションのような返済がおすすめだ。

    返済シミュレーション

    山形銀行カードローンで10万円、金利14.6%で借入し、毎月1万円返済した場合

    返済回数 元金 返済額 利息
    1 ¥100,000 ¥10,000 ¥1,200
    2 ¥91,200 ¥10,000 ¥1,094
    3 ¥82,294 ¥10,000 ¥988
    4 ¥73,282 ¥10,000 ¥879
    5 ¥64,161 ¥10,000 ¥770
    6 ¥54,931 ¥10,000 ¥659
    7 ¥45,590 ¥10,000 ¥547
    8 ¥36,138 ¥10,000 ¥434
    9 ¥26,571 ¥10,000 ¥319
    10 ¥16,890 ¥10,000 ¥203
    11 ¥7,093 ¥7,178 ¥85
    利息合計 ¥7,178

    まとめ!山形銀行カードローンはこんな人におすすめ!

    営業区域内に住んでいて、
    山形銀行の口座を持っている人であれば、
    利用する価値は大いにあるカードローンだろう。

    一番向かない人は営業区域内に住んでいて、
    口座を持っていない人だ。融資までに時間もかかり、
    手間もかかってしまうからだ。

    また近くに支店がない人も、
    山形銀行カードローンは利用できないのも難点だ。

    山形銀行カードローンの公式サイトはこちら