横浜銀行カードローンを調査してわかった特徴と利用する前に知っておきたいこと

3.5
横浜銀行カードローンのバナー画像
横浜銀行カードローンのココがおすすめ!
  • 借入限度額はメガバンク級の1000万円まで可能
  • 営業区域内に住んでいる人には利用価値大!
  • 提携ATM手数料が無料(※)

※横浜銀行、セブン銀行、イオン銀行、ローソンATM、イーネットに限る

地方銀行のカードローンだが借入限度額が1,000万円までとメガバンクに引けを取らない条件で融資してくれる。残念なのが神奈川や東京、群馬県など一部地域の人しか利用できない(※)ことだろう。

※神奈川・東京県全域、群馬県一部(前橋市・高崎市・桐生市)に在住・勤めている人のみ利用可能

借入限度額実質年率最短融資時間土日融資WEB契約完結
10~1000万円1.9%~14.6%2日~×
パート・アルバイト専業主婦電話以外の在籍確認総量規制保証人
××対象外不要

横浜銀行カードローンの公式サイトはこちら

横浜銀行カードローンってどんなカードローン?

横浜銀行カードローンは営業区域内である、
神奈川・東京県全域、群馬県一部(前橋市・高崎市・桐生市)に
住んでいる人なら利用可能なカードローンだ。

横浜銀行カードローンに申込できる人

会社員派遣社員公務員アルバイトパート
自営業水商売専業主婦学生年金受給者
××
  • 20~69歳までの人で安定した収入がある人
  • 保証会社であるSMBCコンシュマーファイナンスの保証が受けられる人

金利について

利用限度額金利
~100万円14.6%
100万円~200万円11.8%
200万円~300万円8.8%
300万円~400万円6.8%
400万円~500万円4.8%
500万円~600万円4.0%
600万円~700万円4.0%
700万円~800万円3.5%
800万円~900万円3.0%
900万円~1,000万円未満2.5%
1,000万円1.9%

横浜銀行カードローンの金利だが、
利用限度額で金利設定が明白なのが特徴だ。

例えば、金利が8.8%~13.8%と表記されている場合、
下限金利の8.8%で利用できるとは限らない。

しかし横浜銀行カードローンの場合、
上記のような下限金利と上限金利の幅がなく、
融資してもらいたい金額でどのくらいの金利なのか、
ハッキリわかるのは非常に良い点だろう。

横浜銀行カードローンで最短融資をしてもらうには

横浜銀行カードローンだが、
現在は即日融資には対応していない

なぜなら審査回答に最短でも2日以上かかるため、
申し込みした日には契約まで至らないからだ。

在籍確認って必須?収入証明などで確認できないの?

横浜銀行カードローンの在籍確認だが、
非通知で勤め先へ個人名でかけてくるのが基本だ。

以前はこの電話審査が必須だったが対応が変わり、
在籍確認の電話を避けたい場合は申込後、一度相談してほしいとのこと。

またもし在籍の確認が取れないからといって、
即融資不可とは判断しないそうだ。

電話以外で在籍確認をとる方法について

電話以外の方法で確認できるかは、
仮審査の次第とのことだった。

またもし、電話以外で在籍確認を行う時だが、

  • 本人確認書類(運転免許証など)
  • 収入証明書(※)

※健康保険証や給与明細などで確認するそうだ

上記書類の提出で確認する時もあれば、
申し込みした時の情報だけで確認できる時もあるとのことだった。

また横浜銀行から電話が、
勤め先にかかってくるのが嫌な人、
または勤め先が在籍を答えてくれないなど、
以下のような心配がある人の場合、

  • 営業電話の類と判断される
  • 借金をしていると同僚に勘ぐられる
  • 愛人からの電話と勘違いされる(女性スタッフから電話がある場合)
  • そもそも個人情報保護の観点から取り次いでくれない

などなど、理由は人それぞれだが、
何にせよ少しでも在籍確認の電話に不安がある人は、
横浜銀行の担当者に相談してみるべきだ。

ちなみに公式サイトにある、
「携帯(PHS)」に電話をかけてくれるとある。

しかしこれは、単に審査結果をお知らせするもので、
在籍確認とはまったく関係はないそうだ。

横浜銀行の営業区域内に出向している場合は融資可能か?

営業区域内に仕事で出向している場合、
融資してもらえないか聞いてみたが無理とのこと。

理由としては、営業区域内に住んでいることが必須のため、
会社に在籍しているだけでは、利用条件を満たさないからだ。

残念ながら横浜銀行カードローンは、
全国対応はしていないことがわかった。

横浜銀行カードローンの借入と返済について

借入方法について 下記方法、ATMで借入可能

  • 横浜銀行ATM
  • 提携ATM

返済方法について 返済方法、ATMで借入可能

  • 横浜銀行の普通預金口座から自動引落
  • 横浜銀行、提携ATMにて随時返済も可能

提携ATMについて

横浜銀行カードローンの提携ATM一覧(イオン銀行,セブン銀行,E-net,ローソンATM)

提携ATMの利用手数料について

  • 横浜銀行、セブン銀行、イオン銀行、ローソンATM、イーネットなら手数料無料(※)

※これら以外の提携ATMは手数料がかかる

返済期日について

  • 毎月10日

借入額に対する金利と月々の最低返済額

利用残高金利最低返済額
1~100,000円14.6%2,000円
100,001~200,000円14.6%4,000円
200,001~300,000円14.6%6,000円
300,001~400,000円14.6%8,000円
400,001~500,000円14.6%10,000円

横浜銀行カードローンは地方銀行とは思えない、
スペックだけでなく、最低返済額も低く設定している。

返済額が少ないということは、
返済の長期化が懸念され、利息は増えるが、
月々の返済を少しでも減らしたい人には嬉しいだろう。

返済シミュレーション

横浜銀行カードローンで10万円、金利14.6%で借入し、毎月1万円返済した場合

返済回数元金返済額利息
1¥100,000¥10,000¥1,200
2¥91,200¥10,000¥1,094
3¥82,294¥10,000¥988
4¥73,282¥10,000¥879
5¥64,161¥10,000¥770
6¥54,931¥10,000¥659
7¥45,590¥10,000¥547
8¥36,138¥10,000¥434
9¥26,571¥10,000¥319
10¥16,890¥10,000¥203
11¥7,093¥7,178¥85
利息合計¥7,178

10万円の利用ではそこまで金利が低くなく、
最低返済額で返済していくメリットは少ない。

ちなみに最低返済額で返済を続けた場合、
53,631円まで利息は膨らむことになる。

上記表のように、最低返済額に上乗せして返済するのがおすすめだ。

まとめ!横浜銀行カードローンはこんな人におすすめ!

冒頭で解説したが、
横浜銀行カードローンの良い点は、
利用限度額によって融資時の金利がハッキリしていることだ。

利用したい金額によっては、
メガバンクのカードローンよりも、
好条件の金利で利用できる可能性も十分ある。

横浜銀行の営業区域内に住んでいる人なら、
一度利用は考えてみてもよいだろう

横浜銀行カードローンの公式サイトはこちら

タイトルとURLをコピーしました